[HOW TO] NTFS または FAT パーティション用の起動ディスクの作成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 301680 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP301680
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows NT または Microsoft Windows 2000 用の起動ディスクを作成して、Intel x86 プロセッサ ベースのコンピュータで、エラーの発生した起動シーケンスのあるドライブにアクセスする方法を、順を追って説明しています。

必要条件

  • 空きフロッピー ディスク
  • Windows 2000 または Windows NT の CD-ROM、または、動作可能な Windows 2000 または Windows NT システム

起動フロッピー ディスクの作成

Windows NT ベースのコンピュータにアクセスできるかどうかによって、手順は異なります。

Windows NT コンピュータで起動フロッピーを作成する

この手順では、Windows NT ベースのコンピュータを使用して、起動フロッピーを作成します。
  1. Windows NT の format ユーティリティを使用してフロッピー ディスクをフォーマットします。たとえば、次のコマンドを入力します。
    format a:
  2. Windows NT セットアップ CD-ROM、Windows NT セットアップ フロッピー ディスク、または、起動ディスクを使用してアクセスするコンピュータと同じバージョンの Windows NT が動作しているコンピュータから、Ntldr ファイルをコピーします。場合によっては、このファイルを Ntldr._ から Ntldr に変更する必要があります。これには、コマンドラインで次のコマンドを実行します。
    expand Ntldr._ Ntldr
  3. Ntdetect.com ファイルをディスクにコピーします。
  4. Boot.ini ファイルを作成するか、Windows NT が動作しているコンピュータから Boot.ini ファイルをコピーして、アクセスするコンピュータに適合するように変更します。次の例は、パーティションが 1 つの SCSI ドライブの \WINNT に Windows NT をインストールしたコンピュータで動作するものですが、[operating systems] のセクションは、アクセスする Windows NT コンピュータの構成によって異なります。
    [boot loader]
    timeout=30
    Default= scsi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\winnt

    [operating systems]
    scsi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\winnt="Windows NT"
    コンピュータが IDE、EIDE、または ESDI ハード ドライブから起動する場合、scsi(0) を multi(0) に変更します。Boot.ini ファイルで scsi(<x>) を使う場合、コンピュータで使用されている SCSI コントローラ用の正しいデバイス ドライバをフロッピー ディスクにコピーし、その名前を Ntbootdd.sys に変更します。Boot.ini で multi(x) を使用している場合は、これを行う必要はありません。
  5. フロッピー ディスクを使ってコンピュータを起動し、Windows NT にログオンします。

Windows NT ベースのコンピュータを使用せずに起動フロッピーを作成する

この手順では、Windows NT ベースのコンピュータを使用せずに、起動フロッピーを作成します。
  1. diskcopy コマンドを使用して、Windows NT セットアップ ディスクの 1 枚目をコピーし、コピー先の新しいディスク上のファイルをすべて削除します。
  2. Ntdetect.com と Ntldr ファイルを、CD-ROM の i386 フォルダからこの新しいディスクにコピーします。
  3. Ntldr のファイル名を次のように変更します。
    Setupldr.bin
  4. Boot.ini ファイルを作成します。次の例は、パーティションが 1 つの SCSI ドライブの \WINNT に Windows NT をインストールしたコンピュータで動作するものですが、[operating systems] のセクションは、起動させる Windows NT コンピュータの構成によって異なります。
    [boot loader]
    timeout=30
    Default= scsi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\winnt

    [operating systems]
    scsi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\winnt="Windows NT"
    コンピュータが IDE、EIDE、または ESDI ハード ドライブから起動する場合、scsi(0) を multi(0) に変更しますBoot.ini ファイルで scsi(<x>) を使う場合、コンピュータで使用されている SCSI コントローラ用の正しいデバイス ドライバをフロッピー ディスクにコピーし、その名前を Ntbootdd.sys に変更します。Boot.ini で multi(x) を使用している場合は、これを行う必要はありません。
  5. フロッピー ディスクを使ってコンピュータを起動し、Windows NT にログオンします。

注意点

システム ファイルを指すパスが正しくなかったり、またはドライブ文字を含んでいたりした場合は、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
Windows NT could not start because of the following ARC firmware boot configuration problem:
Did not properly generate ARC name for HAL and system paths. Please check the Windows NT (TM) documentation about ARC configuration options and your hardware reference manuals for additional information. Boot Failed.
正しい SCSI ドライバを選択していないか、または、Ntbootdd.sys ファイルが存在しない場合、次のエラー メッセージが出力されることがあります。
Windows NT could not start because of a computer disk hardware configuration problem. Could not read from selected boot disk.Check boot path and disk hardware. Please check the Windows NT (TM) documentation about hardware disk configuration and your hardware disk configuration and your hardware reference manuals for additional information. Boot Failed.

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
102873 BOOT.INI and ARC Path Naming Conventions and Usage
102873 [NT] BOOT.INI と ARC パスの名前付け規約と使用法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 301680 (最終更新日 2001-08-08) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 301680 - 最終更新日: 2004年5月17日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbhowtomaster jptrf KB301680
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com