ADSI を使用して、RIS クライアント コンピューターを用意する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 302467 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Active Directory でコンピューター オブジェクトの netbootGUID 属性は、そのコンピューターの GUID、利用可能な場合またはリモート インストール サービス (RIS) を使用して有効になっているコンピューターのネットワーク カード アドレスに基づいて計算される値に設定が。 netbootGUID 属性は、クライアント コンピューターの事前準備を行うフェーズ中に設定されます。 事前 ADSI (Active Directory サービス インターフェイス) を使用して、クライアント コンピューターできますはプログラムで登録 Active Directory でコンピューター オブジェクトの netbootGUID 属性を設定しています。

詳細

ネットワーク上の RIS クライアント コンピューターの起動時にネットワーク サービス要求を開始します。 (ブート情報ネゴシエーション レイヤー (BINL] サービスを使用して)、RIS サーバー、クライアント コンピューターに一致する事前登録されたクライアント コンピューター アカウントの存在 Active Directory をチェックする必要があります。 BINL 確認クライアント コンピューターの中の要求に送信される GUID を netbootGUID に一致するコンピューター オブジェクトに対して Active Directory を照会しています。

ここで提供されている、サンプルを示します。
  • プログラムで Active Directory で、 netbootGUID 属性を設定してクライアント コンピューターを用意する方法。
  • どのような netbootGUID 属性に設定を確認する方法。

コードのサンプル

プログラムによって、クライアントを用意します。

次の例では、Microsoft Visual Basic を使用してプログラムによって、Active Directory のコンピューター オブジェクトに、 netbootGUID 属性のオクテット文字列値を設定して、クライアント コンピューターを用意する方法を示します。
'Here is an example of using the CLSIDFromString function to set
'netbootGUID attribute on an existing computer object.
'You can also set netbootGUID at the creation time of the computer object

Private Declare Function CLSIDFromString _
    Lib "ole32.dll" (ByVal lpszProgID As Long, _
                    pCLSID As Byte) As Long

Private Sub Form_Load()
  Dim oComp As IADs
  Dim retval As Long
  Dim strGUID As String
  Dim pGUID(0 To 15) As Byte

  strGUID = "{EEF00083-8597-4c2c-9ACB-FC860480FC5D}"
  retval = CLSIDFromString(StrPtr(strGUID), pGUID(0))
  Set oComp = GetObject("LDAP://cn=comp1,cn=computers,dc=mydomain,dc=com")
  oComp.Put "netbootGUID", CVar(pGUID)
  oComp.SetInfo 
  Set oComp = nothing
End Sub
				

プログラムによって NetbootGUID の値を確認します。

次の例では、Microsoft Visual Basic スクリプトを使用してどのような netbootGUID 属性値に設定、コンピューターのプログラムで確認する方法を示します。
'The sample uses WMI to return the UUID on the system.
'If a UUID can not be found on the system it returns all F's.
'What RIS does in this case is it uses a zero'd out version of the MAC 
'address of the NIC the machine is booting off of. 
'This sample will return the value required to set the 
'netbootGUID attribute

Option Explicit

Dim boolWFMCapable
Dim szUUID
Dim szMac
Dim SystemSet
Dim szAdapterDescription
Dim SystemItem
Dim NetworkAdapterSet
Dim NetworkAdapter
Dim iMacCount
 
Set SystemSet = GetObject("winmgmts:").InstancesOf ("Win32_ComputerSystemProduct")
 
For Each SystemItem In SystemSet
  szUUID = SystemItem.UUID
  If szUUID = "FFFFFFFF-FFFF-FFFF-FFFF-FFFFFFFFFFFF" Then
    MsgBox "No system UUID could be found. This system does " & _
           "not appear to support Intel's Wired For Management " & _
           "specification. This script will now try and retrive " & _
           "a MAC based UUID.", vbInformation, "Not WFM capable"
    boolWFMCapable = 0
  Else
    InputBox "Successfully retrieved a system UUID, " & szUUID & _
             ". This UUID has been placed in the text area below " & _
             "for your convenience.", "WFM Capable", szUUID
    boolWFMCapable = 1
  End If
Next
 
If boolWFMCapable = 0 Then
  Set NetworkAdapterSet = GetObject("winmgmts:").InstancesOf ("Win32_NetworkAdapter")
 
  iMACCount = 0
  For Each NetworkAdapter In NetworkAdapterSet
    If NetworkAdapter.AdapterType = "Ethernet 802.3" Then
      szAdapterDescription = NetworkAdapter.Description
      If NetworkAdapter.Description <> "Packet Scheduler Miniport" Then
        szMAC = NetworkAdapter.MACAddress
        szUUID = "00000000-0000-0000-0000-"&Replace(szMAC, ":", "")
        InputBox "Based on the network adapter with the description """ & _
                 szAdapterDescription & """, your system's UUID would " & _
                 "be " & szUUID & ". This UUID has been placed in the " & _
                 "text area below for your convenience." , _<BR/>
                 "Not WFM Capable", szUUID
      End If 
    End If
    iMACCount = iMACCount + 1
  Next
End If
				

関連情報

ADSI の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
アクティブなディレクトリ サービスのインターフェイスの概要
http://technet.microsoft.com/en-us/windowsserver/2000/bb735360.aspx
リモート インストール サービスの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
RIS クライアントのインストールと管理の構成オプション
http://pssweb/eps/performance/mnp_default.asp?loadtype=dynamic&loadurl=/eps/performance/msi/documentation/risclient.htm

リモート オペレーティング システムのインストール
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb742586.aspx
プログラムによって、コンピューターの GUID を確認する方法の詳細についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
198871IShellFolder::GetDisplayNameOf 名の GUID を返します
コンピューターの GUID をリモート インストール ブート ディスクによって生成される方法の詳細についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
242920リモート インストール サービス ブート ディスクの機能
CLSIDFromString の詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms680589.aspx
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
183544Visual Basic での COM API を関連 CLSID とプログラム ID を呼び出す方法
WMI の概要については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb985153.aspx

プロパティ

文書番号: 302467 - 最終更新日: 2006年8月4日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Active Directory Service Interfaces 2.5
  • Microsoft Active Directory Service Interfaces 2.5
キーワード:?
kbhowto kbdswadsi2003swept kbmt KB302467 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:302467
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com