ユーザーの操作で署名した後にサイトを 'ページが検出された' エラー結果を返さない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 302661 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ユーザーにサインインするまたは、"Page Not Found"エラー メッセージを受信した後に、サイトに返されません。

解決方法

Passport マネージャー オブジェクトの LogoTag2 または AuthURL2 のいずれかのメソッドによって、Passport のログインのサーバーの URL とイメージのリンクが生成されます。 コードは LogoTag2 または AuthURL2 メソッドに戻り、URL を渡す必要があり、認証が完了すると、ユーザーが場所リダイレクトされますこの戻り値の URL を指定します。

この問題を解決をするには、次の項目をチェックします。
  • LogoTag2 または AuthURL2 メソッドの最初のパラメーターとして、戻り値の URL を渡しますでしたか。

    メソッドに戻り、URL が指定されていない場合、既定値はユーティリティを使用して Passport マネージャーの管理を使用して指定する URL を返します。 デフォルトがあるがない場合は、DefaultReturnURL 属性サイトの登録情報で指定されているを使用します。 ない既定ですべての場合、ユーザーが Passport メンバー サービスに返されます。
  • でしたにつけなければ完全修飾ドメインと、ファイルの場所、戻り値の URL ではなく、仮想ディレクトリのルートだけまたは不完全なパスのでしょうか。

    たとえば、http://www.myserver.com/default.asp 機能に対し"../default.asp"として、元の URL がありません。 またに、インターネット インフォメーション サービス (IIS) Version 4. 0 サーバーからリダイレクト後に一部のブラウザーでディレクトリ専用 URL、http://www.myserver.com/のような場合、そのルートに存在する既定のできます失敗します。
  • 戻り、URL の一部としてサインイン後に戻るようにすること、必要な場合、ポート番号を含めるでしたか。

    既定のポートは 80 です。
  • 戻り、URL の 1 つ以上がクエリ文字列変数を含むのでしょうか。

    クエリ文字列変数を使用しているが、予約されている Passport 変数のいずれかないことをも、確認:"t"、"p"、"f"します。
  • でした覚えて URL エンコードする戻り URL 正しく LogoTag2 または AuthURL2 メソッドに渡す前にしますか。

    必要なエンコーディング実現できます ASP ページで、 Server.URLEncode メソッドを使用します。
  • Passport を使って Web サイトを登録するとき、 DefaultReturnURL 値を提供するでしたか。

    この URL に戻り、URL が、サイトから送信されたログイン サーバー リダイレクトから存在しない場合に Passport サーバー コードで置き換えられます。 サイト ID は常にメソッドの呼び出しに付属され、既定の戻り値の URL の検索に使用されます。 DefaultReturnURL は、ファイル名を含む、完全なファイル パスに含めます。
  • 登録時に、 RootURL として指定したドメイン内で指定した戻り値の URL ですか。

    URL を指定する必要がありますこのルートを悪意のあるサイトのスプーフィング、サイトの ID。 を防ぐに収まるすべてを返します たとえば、 RootURL 値として"www.myserver.com"を指定して"www.someotherserver.com/default.htm"の戻り値は URL を提供しようと、Passport の Login サーバーのリダイレクトを防止し、何かが、サイトの構成に関する不適切なことを示します。

    : RootURL を登録するときにプロトコル情報を含めないようにすれば、文字列 (つまり、含めない「http://」)。 テスト モードでは、任意指定の戻り URL 機能しますが、有効なデータを返さない。
  • Passport マネージャーの管理ユーティリティを使用チェック、現在構成されているサイトの ID。 を

    場合戻り値の URL、サイト ID RootURL の相関関係が一致しない/ユーザー、サイトの ID に問題が何かを知らせる、Passport ネットワーク ページを参照してください。 ユーザーは、サイトに返されません。 ; LogoTag2 または AuthURL2 のメソッドの実際の URL の出力の読み取りが Login サーバーに提供するが、サイト ID が再確認できます、ID を探します = これらの URL のクエリ文字列パラメーターの値。

プロパティ

文書番号: 302661 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Passport 1.3
  • Microsoft Passport 1.4
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB302661 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:302661
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com