Exchange Server 2003 および Exchange 2000 Server の Mailbox Manager で使用されるメッセージの存在期限プロパティについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 302804 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP302804
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft Exchange Server をどのように説明2003 と Microsoft Exchange 2000 Server バージョンのメールボックス マネージャーの機能処理するメッセージを決定します。クリーニングするのには、メールボックス マネージャーを構成することができます。サーバーのメールボックスのメッセージの保存期間は、各フォルダーのサイズに基づいて。メールボックス マネージャーメッセージの有効期限を確認するのには、特定のプロパティを検査するかどうかメッセージを処理します。

詳細

メールボックス マネージャーは Exchange 2003 とプログラムです。Exchange 2000 システム アテンダント サービスの一部として実行されます。Microsoft ではExchange Server の 5.5 Service Pack 3 (SP3) および Microsoft Exchange Server 5.5 でService Pack 4 (SP4)、メールボックス マネージャーの機能のメッセージの保存期間を計算します。Exchange 2003 および Exchange 2000 の各バージョンの異なるフォルダーにメールボックス マネージャーを実行します。

メモ Exchange 2000 は、メールボックス マネージャーがサーバーにインストールされてExchange 2000 Service Pack 1 またはそれ以降の Exchange 2000 にアップグレードするとサービス パック。

Exchange 2003 および Exchange 2000 の日付の計算方法

メールボックス マネージャーは、次の MAPI プロパティを検査します。メッセージを処理するかどうかを確認します。すべてのメッセージより新しい場合[メールボックス マネージャーの受信者ポリシーによって適用される期間、メッセージは処理されません。

メモ "AND"を使用して、メールボックス マネージャーのプロパティを調査します。演算子です。したがって、すべてのプロパティの条件を満たす必要があります。
  • PR_MESSAGE_DELIVERY_TIME
  • PR_CLIENT_SUBMIT_TIME
  • PR_LAST_MODIFICATION_TIME
メールボックス マネージャーが 3 つのすべての日付よりも古いであることを確認します。クリーニング用に設定されているしきい値。場合は、3 つのすべて日付プロパティが古いです。メールボックス マネージャーの受信者ポリシーによって、適用される年齢制限よりも、メッセージが処理されます。

いくつかのメッセージのクラスでは、メールボックス マネージャーその他のプロパティについて説明します。たとえば、IPM の。予定のクラスメールボックス マネージャーは次のプロパティを調べます。
  • PR_END_DATE
  • PR_START_DATE
  • PR_APPOINTMENT_RECCURENCE 偽 = =
IPM.タスク クラスは、メールボックス マネージャーは次を検査します。プロパティ:
  • PR_TASK_COMPLETED 真
IPM.仕訳帳のタスク、メールボックス マネージャーを調べ、次のプロパティ。
  • PR_JOURNAL_END_DATE
  • PR_JOURNAL_START_DATE
メモ メッセージ、予定、タスク、および仕訳帳のエントリがない場合1 つ以上のプロパティをこの資料に記載されている、特定のメッセージの種類、メールボックス マネージャー処理しません。それら。

メールボックス マネージャーの詳細についてはExchange 2003 および Exchange 2000 では、表示するのには、以下の資料番号をクリックしてください記事では、マイクロソフト サポート技術情報:
278024メールボックス マネージャーの Exchange 2000 Server Service Pack 1
288115 メールボックス メールボックス管理処理から除外する方法
319188 Exchange 2000 および Exchange 2003 のメールボックスを管理する受信者ポリシーを使用する方法
メールボックス マネージャーの詳細についてはExchange Server の 5.5、記事を表示するのには、以下の資料番号をクリックしてくださいマイクロソフト サポート技術情報で。
289122メールボックス マネージャーによるメッセージの保存期間の計算方法
258758 方法とメールボックス マネージャーの項目の処理を理解します。
Exchange 2000 および Exchange 2003 をエミュレートするために強制することができます、Exchange Server 5.5 メッセージ削除ロジック。これを行うには、ADSI Edit ツールを使用します。または、メールボックス マネージャーの受信者ポリシー オブジェクトのmsExchMailboxManagerAgeLimit属性を編集するのには、Ldp.exe をします。

警告ADSI Edit ツール、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP を使用する場合バージョン 3 クライアントに、Active Directory の属性の変更は正しくオブジェクトは、深刻な問題が発生することができます。これらの問題をする必要がありますは、Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows 2000 Server を再インストール、Microsoft Exchange Server 2003年または Microsoft Exchange 2000 Server を使用します。または、可能性があります。Windows Server と Exchange Server を再インストールする必要があります。

マイクロソフト保証することはできません Active を誤って変更する場合に発生する、問題ディレクトリ オブジェクトの属性を解決することができます。これらの属性は、独自の変更します。可能性があります。

次の値のいずれかの msExchMailboxManagerAgeLimit の属性を設定する方法

重要Exchange Server の動作を構成する場合は、プログラムします。Exchange 2000 Server と Exchange Server に組み込まれています。2003クリックし、(は 3 つのすべてのメッセージを確認するのには、既定の動作に依存しています。メッセージを削除する前に時間) が期待どおりに動作しません。

MsExchMailboxManagerAgeLimit 属性を検索するのには、開いて、構成コンテナーに Adsiedit.msc、しのプロパティを取得します。相対的なメールボックス マネージャー ポリシー オブジェクト。
CN %name_of_policy%、CN = 受信者ポリシーは、CN = orgname %、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = ツリー、DC = exchadmin、DC = com =
値を1に設定すると、次の動作が期待できます。

はメッセージの最終変更時刻プロパティを無視することができ、メッセージの削除配信時刻と発信時刻プロパティが設定されている保存期間の制限を超える、ポリシーの設定。

2の値を設定すると、次の動作が期待できます。

は安全に無視することができます。メッセージを削除してメッセージの発信時刻プロパティを配信し、変更日付プロパティがポリシー設定で設定されている保存期間の制限を超えます。

3の値を設定すると、Exchange 2000 Server では、次の動作を予測できます。(Exchange 5.5 の動作)

は送信された、メッセージの更新日時プロパティを無視して問題ありませんし、配信時刻プロパティが設定されている保存期間の制限を超えたメッセージを削除します。ポリシー設定によって。

メモ MsExchMailboxMangerAgeLimit の値を 1、2、または 3 を設定している場合でも、次のプロパティは、IPM は考慮されます。予定のクラス:
  • PR_END_DATE
  • PR_START_DATE
  • PR_APPOINTMENT_RECCURENCE 偽 = =

プロパティ

文書番号: 302804 - 最終更新日: 2013年4月7日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbtshoot kbinfo kbmt KB302804 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:302804
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com