サーバー (ハング) を応答を停止すると、メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303021
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows NT 4.0 ベースまたは Windows 2000 ベースのサーバーの場合(ハング) を応答を停止、トラブルシューティングを行うには、メモリ ダンプ ファイルを作成ことができます、問題。これは、メモリ ダンプ ファイルを作成するがバグ チェックを強制的に似ています。または、Stop エラーは、サーバー上でします。

プロシージャを実行するのにはこの資料に記載されている、リモート デバッガーと呼ばれる 2 つ目のコンピューターが必要NULL モデム ケーブルとします。

メモ: Windows 2000 を使用する場合は、メモリから転送、コンソール。この機能を使用するは、リモートを使用する必要はありません。デバッガーのコンピューターです。ただし、Windows コンピューターは、ダンプ ファイルが作成されません。たびに、応答を停止します。

追加Windows 2000 ベースのメモリ ダンプ ファイルを作成する方法についてコンピューター、Microsoft では、記事を表示するのには、次の文書番号をクリックします。ナレッジ ベース:
244139 Windows の機能に、Memory.dmp ファイルがキーボードを生成することができます。

詳細

サーバーでの手順

重要です 以前のサーバーを準備するのには、次の手順のいずれかを使用するとハングアップします。

Windows NT 4.0

Windows NT 4.0 ベースのサーバーで、次の手順を実行します。応答していません。
  1. 右クリックします。 マイ コンピューター、し プロパティ.
  2. クリックして、 スタートアップ/シャット ダウン タブします。
  3. 確認、 デバッグ情報の書き込み ボックスをオンにし、ファイルの場所があることを確認します。有効です。
  4. ヌル モデム ケーブルをサーバーのシリアル ・ ポートに接続します。

    メモ: 次の手順の残りの部分は、COM1 ポートを使用します。ただし、COM2 ポートを使用することもできます。
  5. Boot.ini ファイルを編集します。これを行うには。
    1. 一般的なブート エントリをコピーしを追加Boot.ini ファイルの末尾。
    2. 次の行を追加し、説明をします。デバッグのブートとしては。
      /debug/debugport com1/baudrate = 57600 =
      Boot.ini ファイルに次のテキストのようになります。
      [ブート ローダー]
      タイムアウト = 30
      既定マルチ (0) = ディスク (0) rdisk (0) パーティションの \WINNT (1)
      [オペレーティング システム]
      マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) (1) \WINNT="Windows NT Server バージョン 4.00 をパーティション分割する」
      マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) のパーティション \WINNT="Windows NT Server バージョン 4.00 (1) [vga]"/basevideo/sos
      マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) (1) \WINNT="Windows NT バージョン 4.00 サーバーをデバッグするを分割"/debug/debugport com1/baudrate = 57600 =
  6. サーバーを再起動しをクリックしてください ブートをデバッグします。.

Windows 2000

Windows 2000 ベースのサーバー上で次の操作を行います応答していません。
  1. 右クリックします。 マイ コンピューター、し プロパティ.
  2. クリックして、 高度な タブをクリックし 起動し、回復.
  3. クリックしてください。 完全メモリ ダンプ、し、ダンプ ファイルのメモリの場所を確認有効です。
  4. ヌル モデム ケーブルをサーバーのシリアル ・ ポートに接続します。

    メモ: 次の手順の残りの部分は、COM1 ポートを使用します。ただし、COM2 ポートを使用することもできます。
  5. Boot.ini ファイルを編集します。これを行うには。
    1. 一般的なブート エントリをコピーしを追加Boot.ini ファイルの末尾。
    2. 次の行を追加し、説明をします。デバッグのブートとしては。
      /debug/debugport com1/baudrate = 57600 =
      Boot.ini ファイルに次のテキストのようになります。
      [ブート ローダー]タイムアウト = 30既定マルチ (0) = ディスク (0) rdisk (0) パーティションの \WINNT (1)[オペレーティング システム]マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) \WINNT="Microsoft (1) Windows 2000 Advanced Server のパーティション"/fastdetectマルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) \WINNT="Microsoft (1) Windows 2000 Advanced Server のパーティション"、/fastdetect/debug/debugport com1/baudrate = 57600 =
  6. サーバーを再起動しをクリックしてください ブートをデバッグします。.

リモート デバッガーのコンピューターでの手順

Windows NT 4.0 および Windows 2000

  1. ヌル モデム ケーブルのもう一端をリモートに接続します。デバッガーのコンピューターで、COM1 ポート。
  2. デバッグ ツールは、Windows CD からをインストールします。

    Msi Windows 2000 上にあるデバッグ ツールCD と Windows NT 4.0 cd \debug\i386 フォルダーにします。また、します。Web デバッグ ツールをインストールします。そのためには、以下をご覧下さいMicrosoft の Web サイト:
    http://www.microsoft.com/whdc/default.mspx
  3. WinDBG を実行します。
  4. で、 ファイル メニューをクリックして カーネルのデバッグ.
  5. 57600 にボー レートを設定する、COM ポートを 1 に設定します。 [OK]、し いいえ ワークスペースを保存します。
  6. で、 デバッグ メニューをクリックして .
  7. いることを示すメッセージが表示された後があります。ctrl キーを押しながら BREAK を押すと、入力します。 .crash.
  8. で、 ファイル メニューをクリックして 終了、し いいえ ワークスペースを保存します。
  9. ダンプ ファイルを作成したらから Dumpchk.exe を使用して、ダンプ ファイルの整合性を確認するためのツールをデバッグします。
  10. Microsoft Support 担当者は、ダンプ ファイルを送る分析します。
サーバーに物理メモリを節約する必要があります。ダンプ ファイルを生成します。ダンプ ファイル作成手順を開始すると、物理 RAM の内容があるページング ファイルに書き込まれるオペレーティング システムがインストールされているパーティションを指定します。再起動時コンピューターのページング ファイルの内容がダンプ ファイルに書き込まれます。物理 RAM が 2 ギガバイト (GB) 以上、完全メモリ ダンプをすることはできません。ファイルの作成の手順します。また、ページング ファイルのパーティションオペレーティング システムがインストールされている物理 RAM のサイズ以上にする必要がありますまた、50 メガバイト (MB)。2 GB の制限に達した場合、またはディスクの空き容量を発行した場合オペレーティング システムがインストールされているパーティション上に発生する、必要があります。サーバーの物理 RAM を削減します。これを行うを使用して、 maxmem Boot.ini ファイルに切り替えます。

追加MAXMEM スイッチに関する情報を表示するのには、次の文書番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
108393 MAXMEM オプションで Windows NT を起動します。INI ファイル
メモ サーバ システム、自動再起動などの機能を場合(ASR) 機能は、Compaq コンピューター、無効にこのします。ダンプを中断することができます。プロセスです。Compaq システムでは、ASR が BIOS で無効にできます。 は、この資料で説明するサードパーティ製品が製造されていますマイクロソフトと関連のある企業。マイクロソフトは、保証を負わない、黙示、パフォーマンスや信頼性これらのについて製品。

関連情報

詳細については、文書番号をクリックしてください。次は、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには。
121543 リモート デバッグのセットアップ
148954 モデムを使用してリモート デバッグ セッションを設定する方法
151981 Null モデム ケーブルを使用してリモート デバッグ セッションを設定する方法

プロパティ

文書番号: 303021 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbinfo kbenv kbmt KB303021 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:303021
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com