アカデミック、Microsoft Windows 2000 ディレクトリ サービス インフラストラクチャ コメントと修正の設計シリーズのラーニング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303076 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではコメント、修正、含み、マイクロソフト プレス TU に含まれるヒルに関する既知のエラーについて予約教育] の横のラーニング シリーズの設計、Microsoft Windows 2000 ディレクトリ サービス インフラストラクチャ、ISBN 0-7356-1267-6/0-07-285070-1 します。

次のトピックが含まれます。

  • CD-ROM: 評価版 CD-ROM がされないブート可能なことがあります。
  • 演習を手動でページ iii: コア選択試験の正しくない数
  • ページの xxiv: 無効なハードウェアの要件
  • ホスト名とコンピューターについてのページ 30: 無効な情報 (NetBIOS) 名
  • ページ 61: 無効な重み付け合計
  • ページの 80: NT DNS が Active Directory DNS 会議が要件
  • ページ 146:「ドメイン」が「ツリー」をする必要があります。
  • 3 ポイントに修正をページ 195:
  • ページ 201: 発行割り当てする必要があります
  • 図 5. 11 で不適切な図表番号をページ 202:
  • 図 5. 9 でページ 221: 無効なドメイン ローカル グループ メンバーシップ
  • ページ 253:「プル」必要があるがプッシュ"表 6. 2 でサイト内レプリケーションの
  • ページ 306: 無効な子ドメイン名図 7. 6 で
  • ページ 346: 無効なサブドメイン名の図で
  • スキーマ マスターとドメイン名前付けマスターのバージョン情報ページ 363: 不適切な情報

詳細

CD-ROM: 評価版 CD-ROM がされないブート可能なことがあります。

Windows 2000 Server の評価版 CD が本に付属の起動できない場合があります。 不可能、評価版 CD を使って Windows 2000 Server をインストールするには Windows 2000 Server セットアップ ブート ディスク作成する必要があります。

Windows 2000 Server セットアップ ブート ディスクを作成する方法については、評価版 CD-ROM 上にある ADVSRV3.TXTfile を参照してください。

"セットアップしてを起動する新しいインストールをフロッピー ディスクからコンピューターを起動
1.、Windows 2000 セットアップ フロッピー ディスクと、Windows 2000 CD-ROM の両方を見つけます。
2. オフになっている、コンピューターにコンピューターのドライブ A の最初のセットアップ ディスクを挿入します。
3. コンピューターを入れます。
4. セットアップ指示に従います。

フォルダー、Windows 2000 のセットアップ CD-ROM の Bootdisk、Makeboot ユーティリティを使用してフロッピー ディスクのセットを作成できます。 任意のバージョンの Windows または MS-DOS を実行しているコンピューターから、セットアップ ディスクを作成することができます。

4 つの空白、書式設定された、3. 5 インチ、1. 44 MB フロッピー ディスクが必要です。 ラベルをセットアップ ディスク 1、セットアップ ディスク 2、セットアップ ディスク 3」、およびセットアップ ディスク 4。 セットアップ ディスクを作成するには
1 をフロッピー ディスク ドライブに、空白、書式設定された、3. 5 インチ、1. 44 MB のフロッピー ディスクを挿入します。
2.、CD-ROM ドライブに、Windows 2000 CD-ROM を挿入します。
3. クリック開始、ファイル名を指定して実行を実行します。
[4、ファイルを開くボックスで、d:\bootdisk\makeboot の A: (d: は CD-ROM ドライブに割り当てられたドライブ文字) を入力し、[OK] をクリックします。
5. に従って画面:"

演習を手動でページ iii: 無効な番号のコア選択試験

3 番目の段落で、ページ iii 上

変更:
「新しい認定プログラムはで構成されます 4 つの主要な要件試験および 3 つの主要な選択試験。」

: を
「新しい認定プログラムはで構成されます 4 つの主要な要件試験と 4 つの中核となる選択試験。」

ページの xxiv: 無効なハードウェアの要件

[ハードウェアの要件をページの xxiv の

変更:
"32 ビット 166 MHz Pentium プロセッサ
64 MB のメモリ 1 〜 5 台のクライアント コンピューター、ネットワークのほとんどのネットワーク環境で 128 MB 以上はお勧め"

: を
"133 MHz 以上または以上の Pentium と互換性のある CPU
256 MB の最低限の推奨 RAM; サポート 128 MB 以上"


ホスト名とコンピューター (NetBIOS) 名に関する誤った情報をページ 30:

2 番目のノート セクションで、30 をページします。

変更:
「ホスト名がありません、コンピュータ名、NetBIOS、またはその他の名前付けプロトコルとして同じである。」

: を
"ホスト名は常に同じコンピューター (NetBIOS) 名としてです。 Windows 2000 では、指定できません (ディレクトリの名前付けサービス、または DNS) の別のホストとコンピューター (NetBIOS) 名。"

ページ 61: 無効な重み付け合計

ページ 61、表 2. 1] に変更します。

"最大: 35"

: を

"最大: 25"

ページの 80: NT DNS が Active Directory DNS 要件を会議しません。

ページの 80、ノート] セクションの最後の文は、[上の段落変更します。

"組織は Windows NT 4 の DNS を実行して現在場合、DNS サービスは Active Directory DNS と互換性がも要件:"

: を

"組織は Windows NT 4 の DNS を実行して現在場合、DNS サービス"はありません Active Directory DNS 要件との互換性。

ページ 146:「ドメイン」が「ツリー」をする必要があります。

"への影響を使用して複数のツリー]、[最初の段落、146] ページします。

変更:
複数のドメインを定義するかどうかを決定する"とき"

: を
複数のツリーを定義するかどうかを決定する"とき"

3 ポイントに修正をページ 195:

ページの 195、3 段階で、変更します。

3."場合、OU 独自のメンバーシップの設定は、配置、OU 内には、管理者グループします。 場合、OU は、独自のメンバーシップを設定できません、配置、OU の外に、管理者グループ。"

: を

3."場合、管理者グループが独自のメンバーシップを設定することができる、配置、OU 内には、管理者グループ。 管理者グループは、独自のメンバーシップを設定できません場合、配置、OU 以外。"

ページ 201: 発行割り当てする必要があります

[201] ページで、変更します。

"..管理ワークステーション上のソフトウェアを発行する別のグループ ポリシー"

: を

"..別のグループ ポリシーを管理ワークステーション上のソフトウェアを割り当てる」

図 5. 11 で不適切な図表番号をページ 202:

図 5. 11 では、[ページ 202、変更します。
"OU のオブジェクトを非表示を定義"

: を
"OU のグループ ポリシーの実装を定義"

図 5. 9 でページ 221: 無効なドメイン ローカル グループ メンバーシップ

[ページ 221、表 5. 9 で、読み取り専用アクセスと顧客データベースおよび追跡データベース (表 5. 8 で定義された) ものに完全なアクセスのニーズの両方使ってグループを正しく行われる、同じドメイン ローカル グループのメンバー:"CustDatabase"と"TrackDatabase"します。

グローバル グループを同じアクセス ニーズを共有する必要がありますに対してのみ適切なアクセス許可の割り当てのため、同じドメイン ローカル グループのメンバー。 必要があります別のドメインごとに異なるアクセス ニーズに対して作成されたローカル グループ。

変更:
"CustDatabase - セキュリティ、ドメイン ローカル - 国内ディスパッチャーは、国際ディスパッチャーは、マネージャー、配信の担当者

TrackDatabase - セキュリティのドメイン ローカル - 配布トラッカー、マネージャー、配布ハンドラー"

: を
"CustDatabase - セキュリティ、ドメイン ローカル - 国内ディスパッチャーは、国際ディスパッチャー、マネージャー

CustDatabase2 - セキュリティ、ドメイン ローカルの配信の担当者

TrackDatabase - セキュリティ、ドメイン ローカル - 配布トラッカー、マネージャー

TrackDatabase2 - セキュリティ、ドメイン ローカル - 配布ハンドラー"

ページ 253:「プル」必要があるがプッシュ"表 6. 2 でサイト内レプリケーションの

ページ 253、表 6. 2 で"Instrasite レプリケーションに"-「レプリケーション モデル」セル「プル」「プッシュ」があります。

変更:
「レプリケーションの遅延を減らすため、レプリケーション パートナー通知互い変更がレプリケートされ、[処理の情報をプルする場合。」

: を
「レプリケーションの遅延を減らすため、レプリケーション パートナー通知互いの変更がレプリケートされると処理の情報をプッシュし場合。」

ページ 306: 無効な子ドメイン名図 7. 6 で

図 7. 6 では中、306 をページします。

変更:
london.microsoft.com、chicago.microsoft.com、redmond.microsoft.com

: を
london.sales.microsoft.com、chicago.sales.microsoft.com、redmond.development.microsoft.com

ダイアグラムでのページ 346: 無効なサブドメインの名前

346、] ページで、ダイアグラム一覧にあるサブドメイン名が正しくありません。

変更:
au.a-100times.com
asia.a-100times.com
na.a-100times.com
sa.a-100times.com
africa.a-100times.com
euro.a-100times.com
th.a-100times.com
br.a-100times.com

: を
au.corp.a-100times.com
asia.corp.a-100times.com
na.corp.a-100times.com
sa.corp.a-100times.com
africa.corp.a-100times.com
euro.corp.a-100times.com
th.asia.corp.a-100times.com
br.sa.corp.a-100times.com"

スキーマ マスターとドメイン名前付けマスターのバージョン情報ページ 363: 不適切な情報

[363] ページで、図は、複数のスキーマ マスター (SM) と異なるドメインにドメイン名前付けマスター (DN) を示します。 これが正しくありません。 いつでもできます 1 つだけのスキーマのマスターと、フォレスト内の 1 つのドメイン名前付けマスター。

図ですべての SMS との SM および hq.corp.f-1000times.com に DN を除いて、DN を削除してください。

同じページ上の最後の箇条書き項目。

変更:
"... DC1s に、フォレスト規模の役割を割り当てられた:"

: を
"... hq.corp.f-1000times.com に DC1 にフォレスト全体にわたる役割を割り当てられた:"

Microsoft Press は、有益で正確な書籍を提供することを約束いたします。 上記のコメントと修正内容はすべて、この書籍の今後の版に含まれることになっています。 この本の新しい版を入手されている場合、上記の修正内容のほとんどまたはすべてが既に含まれている可能性があります。

プロパティ

文書番号: 303076 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • MSPRESS Academic Learning Series Designing a Microsoft Windows 2000 Directory Services Infrastructure ISBN 0-7356-1267-6
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB303076 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:303076
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com