Windows XP および Windows Server 2003 の Logman.exe、Relog.exe、および Typeperf.exe ツールについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303133 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、システム モニタ、パフォーマンス ログ、および警告スナップインと組み合わせて、または単独で使用できる Windows XP の Logman.exe、Relog.exe、および Typeperf.exe コマンドライン ツールについて説明します。

上記のツールはすべて Windows XP および Windows Server 2003 の全バージョンに含まれています。また、これらのツールはコマンド プロンプトから実行することができます。

詳細

Logman.exe

Logman.exe ツールを使用すると、次の操作を実行できます。
  • 集中管理する場所からリモート コンピュータ名を指定することにより、ログ ファイル データの収集をリモートで開始または停止する。
  • 1 つのコンピュータ上でデータ収集を構成し、集中管理する場所から複数のコンピュータにその構成をコピーする。
  • 現在実行中のログおよびトレースを照会する。

ローカル コンピュータ上の既存のパフォーマンス ログの名前が Sample_Log である場合、logman start Sample_Log コマンドを実行するとログが開始されます。

Relog.exe

Relog.exe ツールを使用すると、次の操作を実行できます。
  • ログの種類を変更する。たとえば、Microsoft Windows NT 4.0 ログから Windows XP ログへ、または、バイナリ ログ ファイル (.blg) からカンマ区切り形式 (.csv) ファイルへ変更することができます。
  • ログ ファイルを再度サンプリングし、指定したカウンタ、期間、およびサンプリング間隔に基づいて新しいログ ファイルを作成する。

Win2k_log という名前の Windows 2000 ログ ファイルを Win2k_log.csv という名前の .csv ログ ファイルに変換する場合は、relog Win2k_log.blg -f CSV -o Win2k_log.csv コマンドを実行します。

Typeperf.exe

Typeperf.exe ツールを使用すると、次の操作を実行できます。
  • パフォーマンス データをコマンド ウィンドウまたはサポートされたログ ファイル形式で書き出す。
  • 特定のローカル コンピュータ上またはリモート コンピュータ上で現在利用可能なすべてのカウンタを表示する。

"XPPRO" という名前のリモート コンピュータから Memory カウンタ Available Bytes を 5 秒ごとに出力する場合は、typeperf "Memory\Available Bytes" -s XPPRO -si 00:05 コマンドを実行します。

これらのツールの詳細については、オンライン ヘルプを参照するか、コマンドを実行する際に /? スイッチを使用してください。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 303133 (最終更新日 2003-03-17) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 303133 - 最終更新日: 2007年12月1日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbinfo kbenv KB303133
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com