Internet Explorer のインストールまたはアップグレードを完了できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303399 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Internet Explorer をインストールするときに、以下の現象が発生する場合があります。
  • 次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。
    このインストールに必要なコンポーネントで、ダウンロードできなかったものがあります。

    セットアップの再開を選択して、セットアップを再実行してください。
    または
    インストールに失敗したコンポーネントがあります。すべてのアプリケーションを終了してから、セットアップを再実行してください。
    または
    このインストールに必要なコンポーネントで、ダウンロードできなかったものがあります。
  • インストール中にコンピュータが応答を停止 (ハング) します。

解決方法

この問題のトラブルシューティングを行うには、以下の手順を記載されている順に実行します。

: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピュータによっては以下の手順が異なる場合があります。この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。

方法 1 : Windows の構成を確認する

  1. Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows NT 4.0 の場合、コンピュータに管理者としてログオンしていることを確認します。
  2. オペレーティング システムに最新の Service Pack をインストールします。

    Windows NT 4.0 Service Pack 6 (SP6) の入手方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/ntserver/downloads/sp6a.mspx
    Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) の入手方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/windows2000/downloads/servicepacks/sp4/
  3. 実行中のプログラム (ウイルス対策プログラムも含みます) をすべて終了します。
Internet Explorer のアップグレードまたはインストールを実行します。成功しない場合は、次の手順に進みます。

方法 2 : RAM を 256 MB に制限する

コンピュータに取り付けた RAM (Random Access Memory) が 256 MB より多い場合、余分な RAM を取り外すか、Windows で使用する RAM を 256 MB 以下に制限します。

Microsoft Windows 95

Windows 95 を実行している場合は、RAM ドライブを使用することによって Windows が使用する RAM の容量を制限することができます。

RAM ドライブを使用してメモリの使用量を制限する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
142546 メモリのトラブルシューティングに RAM ドライブを使用する方法

Microsoft Windows Millennium Edition (Me) または Microsoft Windows 98

Windows Me、Windows 98 Second Edition、または Windows 98 を実行している場合は、システム設定ユーティリティを使用することによって Windows で利用できる RAM の容量を制限することができます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに msconfig と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [詳細設定] をクリックし、[メモリを制限する] チェック ボックスをオンにします。
  4. [MB] ボックスに、Windows での使用を許可するメモリの制限値 (たとえば 256) を入力します。
  5. [OK] を 2 回クリックし、[はい] をクリックして、コンピュータを再起動します。

Windows 2000 または Windows NT 4.0

Windows 2000 または Windows NT 4.0 を実行している場合は、Boot.ini ファイルを編集することによって Windows で利用可能なメモリ容量を制限します。Boot.ini ファイルの [Operating System] セクションの ARC パスに以下のスイッチを追加します。amount of RAM には、Windows での使用を許可する RAM の容量を指定します。
/MAXMEM=amount of RAM
たとえば、以下の ARC パスを使用すると Windows のメモリは 256 MB に制限されます。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Microsoft Windows 2000 Server"  /fastdetect /MAXMEM=256
				
: Boot.ini ファイルは、ブート ドライブのルート フォルダに隠しファイルとして格納されています。

以下の手順を実行して Boot.ini ファイルを編集します。

警告 : Boot.ini ファイルに誤った変更を加えると、Windows が動作しなくなることがあります。
  1. 管理者として Windows NT 4.0 または Windows 2000 コンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  4. ブート パーティションのルート フォルダに移動します。たとえば、マルチブート構成を使用していない場合は cd\ と入力します。
  5. attrib -a -h -s boot.ini と入力し、Enter キーを押します。
  6. copy boot.ini boot.old と入力します。

    : このコマンドを実行すると、Boot.ini ファイルのバックアップ コピーが Boot.old という名前で作成されます。
  7. boot.ini と入力し、Enter キーを押します。
  8. 方向キーを使用して、変更する ARC パス ([operating systems] セクションの下) の末尾まで移動します。
  9. /MAXMEM=256 と入力します。
  10. Alt キーを押しながら F キーを押し、次に S キーを押します。
  11. Alt キーを押しながら F キーを押し、次に X キーを押します。
  12. attrib +a +s +h boot.ini と入力し、Enter キーを押します。
  13. exit と入力し、Enter キーを押します。
  14. コンピュータを再起動します。
Internet Explorer のアップグレードまたはインストールを実行します。成功しない場合は、次の手順に進みます。

方法 3 : スワップ ファイルのサイズと位置を確認する

コンピュータでスワップ ファイルが使用されていて、現在コンピュータに取り付けられている RAM よりスワップ ファイルのサイズが大きいことを確認します。可能であれば、スワップ ファイルをコンピュータ上の別のパーティションに移動します。スワップ ファイルの設定を確認するには、以下のうち、適切な手順を実行します。

Windows Me、Windows 98、および Windows 95

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして [コントロール パネル] をクリックします。次に、[システム] をダブルクリックします。
  2. [パフォーマンス] タブをクリックし、[メモリ] の横に表示される、コンピュータに取り付けられている RAM の容量をメモします。次に [仮想メモリ] をクリックします。
    • [仮想メモリの自動設定 (推奨)] がオンになっている場合は、Windows フォルダが含まれるディスクにはスワップ ファイルが存在し、スワップ ファイルのサイズは Windows によって決定されています。
    • [自分で設定する] がオンになっている場合は、スワップ ファイルが格納されるディスクが [ハード ディスク] ボックスに表示されます。
  3. [自分で設定する] がオンになっていない場合は、オンにします。
  4. Windows がインストールされていないパーティションがある場合は、[ハード ディスク] ボックスでそのパーティションをクリックします。
  5. [最小] ボックスに、コンピュータに取り付けられている RAM より大きい値を入力します。入力は直接またはクリックによって行います。
  6. [最大] ボックスに、[最小] ボックスに入力した値と同じか、それより大きい値を入力します。入力は直接またはクリックによって行います。
  7. [OK] をクリックし、[仮想メモリの設定の確認] メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
  8. [OK] をクリックし、コンピュータの再起動を求められたら、[はい] をクリックします。

Windows 2000 および Windows NT 4.0

  1. 管理者としてコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして [コントロール パネル] をクリックします。次に、[システム] をダブルクリックします。
  3. [コンピュータ] に表示される現在の RAM 容量をメモします。
  4. [詳細] タブの [パフォーマンス オプション] をクリックします。

    : Microsoft Windows NT 4.0 の場合は、[パフォーマンス] タブをクリックします。
  5. [仮想メモリ] の [変更] をクリックします。
  6. [すべてのドライブの総ページング ファイル サイズ] の [現在の割り当て] に表示されるページング ファイル サイズの値をメモします。
    • ページング ファイルのサイズを変更するには、以下の手順を実行します。
      1. [初期サイズ (MB)] ボックスに、コンピュータにインストールされている RAM より 12 MB 以上大きい値を入力します。
      2. [最大サイズ (MB)] ボックスにページング ファイルに割り当てる最大サイズを入力し、[設定] をクリックします。
    • ページング ファイルを別のパーティションに移動するには、次の手順を実行します。
      1. [ドライブ [ボリューム ラベル]] ボックスの一覧で、ページング ファイルの移動先のパーティションをクリックします。
      2. [初期サイズ (MB)] ボックスに、コンピュータにインストールされている RAM より 12 MB 以上大きい値を入力します。
      3. [最大サイズ (MB)] ボックスにページング ファイルに割り当てる最大サイズを入力し、[設定] をクリックします。
      4. [ドライブ [ボリューム ラベル]] ボックスの一覧で、Windows がインストールされているドライブをクリックします。
      5. [初期サイズ (MB)] ボックスに、0 と入力します。
      6. [最大サイズ (MB)] ボックスに、0 と入力し、[設定] をクリックします。
      7. [コントロール パネルの [システム]] メッセージが表示されたら、コンピュータに取り付けられている RAM よりページング ファイルの設定が小さいことを確認し、[はい] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。

    次のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    変更結果はコンピュータを再起動しなければ有効になりません。
  8. [OK] を 2 回クリックし、[はい] をクリックして、コンピュータを再起動します。
Internet Explorer のアップグレードまたはインストールを実行します。成功しない場合は、次の手順に進みます。

方法 4 : ウイルス対策プログラムを削除する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. 削除するウイルス対策プログラムをクリックして、[変更と削除] または [削除] をクリックします。
  3. ウィザードに従ってウイルス対策プログラムの削除を完了し、コンピュータを再起動します。
Internet Explorer のアップグレードまたはインストールを実行します。成功しない場合は、次の手順に進みます。

方法 5 : Internet Explorer のコンポーネントを削除する

Internet Explorer の更新、および以下の Internet Explorer の追加コンポーネントをすべて削除します。
  • Microsoft Outlook Express
  • Microsoft Netmeeting
  • Microsoft Wallet
  • Microsoft Active Movie
  • Microsoft Netshow
  • Microsoft Chat
  • Internet Mail and News
  • Microsoft VRML Player
  • VDOLive Player
  • Microsoft FrontPage Express
  • Microsoft Internet Explorer Access Kit (IEAK)
削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. 削除する Internet Explorer を一覧でクリックし、[変更と削除] または [削除] をクリックします。
  3. ウィザードに従って Internet Explorer と関連コンポーネントの削除を完了し、コンピュータを再起動します。

    : 共有ファイルを削除するかどうかを確認するダイアログ ボックスが表示された場合は、削除しないでください。
  4. Windows NT 4.0 の場合は、最新の Service Pack をインストールします。

    最新の Windows NT 4.0 Service Pack の入手方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/ntserver/downloads/sp6a.mspx
  5. コンピュータを再起動します。
Internet Explorer のアップグレードまたはインストールを実行します。成功しない場合は、次の手順に進みます。

方法 6 : ファイルと設定を削除する

手順 1 : DLL ファイルの名前を変更する

以下のダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイルの名前を変更します。
Actxprxy.dll
Advpack.dll
Comcat.dll
Inseng.dll
Jobexec.dll
Url.dll
Urlmon.dll
Wininet.dll
Wintrust.dll
これを行うには、以下のうち適切な手順を実行します。

: これらのファイルの一部はコンピュータ上に存在しないこともあります。

警告 : Wintrust.dll ファイルを削除しないでください。

Windows Me、Windows 98、および Windows 95
  1. Windows をセーフ モードで起動します。 Windows をセーフ モードで実行する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    180902 Windows 98 を実行しているコンピュータを Safe モードで起動する方法
    122051 Windows 95 をセーフ モードで起動した場合の動作
  2. エクスプローラを起動します。
  3. [ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。
  4. [表示] タブをクリックします。
  5. [すべてのファイルとフォルダを表示する] をクリックし (これにより [隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない] がオフになります)、[OK] をクリックします。
  6. 以下のディレクトリをエクスプローラで表示します。drive は、Windows がインストールされているドライブです。
    drive:\Windows\System
  7. 上記の一覧に記載されているファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  8. ファイル名拡張子 .dll を .old に変更し、Enter キーを押します。
  9. 上記のファイル一覧に記載されているファイルのうちコンピュータ上にあるファイルについて、手順 7. と 8. をそれぞれ繰り返します。
Windows 2000 および Windows NT 4.0
  1. エクスプローラを起動します。
  2. [ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。

    : Microsoft Windows NT 4.0 の場合は、[表示] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。
  3. [表示] タブをクリックします。
  4. [すべてのファイルとフォルダを表示する] をクリックし (これにより [隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない] がオフになります)、[OK] をクリックします。
  5. 以下のディレクトリをエクスプローラで表示します。drive は、Windows がインストールされているドライブです。
    drive:\Winnt\System32
  6. 上記の一覧に記載されているファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  7. ファイル名拡張子 .dll を .old に変更し、Enter キーを押します。
  8. 上記のファイル一覧に記載されているファイルのうちコンピュータ上にあるファイルについて、手順 6. と 7. をそれぞれ繰り返します。

手順 2 : セットアップ ログ ファイルの名前を変更する

Active Setup Log.txt と Internet Explorer Setup Log.txt ファイルが存在する場合は、これらのファイル名を変更します。変更するには、以下のうち適切な手順を実行します。

Windows NT 4.0、Windows 98、および Windows 95
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をポイントし、[ファイルやフォルダ] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに "Active Setup Log.txt";" IE Setup Log.txt" と入力します。
  3. [探す場所] ボックスの一覧の [マイ コンピュータ] をクリックし、[検索開始] をクリックします。
  4. 検索結果のファイルの一覧で [Active Setup Log.txt] を右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  5. Active Setup Log.txt ファイルの名前を oldsetup log.txt に変更し、Enter キーを押します。
  6. [IE Setup Log.txt] ファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  7. IE Setup Log.txt ファイルの名前を oldIE Setup Log.txt に変更し、Enter キーを押します。
  8. [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。
Windows 2000、Windows Me
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をポイントし、[ファイルやフォルダ] をクリックします。
  2. [ファイルまたはフォルダの名前] ボックスに "Active Setup Log.txt";" IE Setup Log.txt" と入力します。
  3. [探す場所] ボックスの一覧の [マイ コンピュータ] をクリックし、[検索開始] をクリックします。
  4. ファイルが [検索結果] ウィンドウに表示されたら、[Active Setup Log.txt] を右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  5. Active Setup Log.txt ファイルの名前を oldsetup log.txt に変更し、Enter キーを押します。
  6. [IE Setup Log.txt] ファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  7. IE Setup Log.txt ファイルの名前を oldIE Setup Log.txt に変更し、Enter キーを押します。
  8. [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。

手順 3 : Windows Update Setup Files フォルダを削除する

Windows Update Setup Files フォルダが存在する場合は、削除します。
  1. エクスプローラを起動し、Windows がインストールされているフォルダを展開します。
  2. [Windows Update Setup Files] フォルダを右クリックし、[削除] をクリックします。
  3. [フォルダの削除の確認] メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. ファイルやフォルダの削除を確認するメッセージが表示されたら、[すべて削除] をクリックします。

手順 4 : 一時ファイルを削除する

Temp フォルダの内容を削除します。
  1. エクスプローラで、Temp フォルダを参照します。
  2. [編集] メニューの [すべて選択] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [削除] をクリックします。
  4. ファイルまたはフォルダの削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. エクスプローラを終了します。
  6. コンピュータを再起動します。

手順 5 : Windows レジストリを編集する

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーに移動して、キーをクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Active Setup
  4. [レジストリ] メニューの [レジストリ ファイルの書き出し] をクリックします (または、[ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします)。
  5. [ファイル名] ボックスに active setup と入力し、[保存] をクリックします。
  6. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
  7. [キーの削除の確認] メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  8. 以下のレジストリ キーについて手順 3. 〜 7. をそれぞれ繰り返し、キーのエクスポートと削除を行います。
    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTARE\Microsoft\Internet Explorer
    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings

手順 6 : Program Files フォルダのレジストリ設定を確認する

レジストリの ProgramFilesDir および ProgramFilesPath の値を調べ、Program Files フォルダが正しく指定されていることを確認します。
  1. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーに移動して、キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
  2. レジストリ エディタの右側のウィンドウで、[ProgramFilesDir] をダブルクリックします。
  3. Program Files フォルダへのパスが [値のデータ] ボックスに正しく表示されていない場合は、Program Files フォルダへの正しいパス (たとえば C:\Program Files など) を入力します。
  4. [OK] をクリックします。
  5. [ProgramFilesPath] をダブルクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに [%Program Files%] と表示されていない場合は、%Program Files% と入力します。
  7. [OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディタを終了します。

    : この時点ではコンピュータを再起動しないでください。

手順 7 : ネットワーク ドライブを切断する

ネットワーク共有に割り当てられたドライブ文字がコンピュータ上にある場合は、ネットワーク ドライブへの接続を切断します。
  1. デスクトップで、[マイ コンピュータ] をダブルクリックします。
  2. ネットワーク ドライブは、ネットワークに接続されたドライブのアイコンで表示されます。変更するネットワーク ドライブを右クリックし、[切断] をクリックします。

手順 8 : Winhlp32.exe ファイルを置き換える

: この手順を実行すると、Internet Explorer のインストール時またはアップグレード時に DLL 関連のメッセージの大半が表示されなくなります。この手順を実行して問題のトラブルシューティングを行う必要のないユーザーがこの手順を実行した場合にも、同様の結果が生じます。

: この手順は、Windows 2000 または Windows NT 4.0 を実行している場合にのみ使用できます。
  1. エクスプローラを起動し、以下のディレクトリを見つけます。drive は、Windows がインストールされているドライブです。
    drive:\Winnt
  2. 右側のウィンドウで [Winhlp32.exe] を右クリックし、[コピー] をクリックします。
  3. 次のフォルダに移動します。
    drive:\Winnt\System32
  4. 右側のウィンドウで [Winhlp32.exe] を右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  5. Winhlp32.exe の名前を Winhlp32.old に変更し、Enter キーを押します。

    拡張子の変更を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. [編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
  7. エクスプローラを終了します。

手順 9 : Internet Explorer をインストールする

以下の手順を記載されている順に実行して、Internet Explorer のインストールまたはアップグレードを行います。
  • 以下のマイクロソフト Web サイトから Internet Explorer をダウンロードしてインストールします。
    http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/default.mspx
  • Internet Explorer CD-ROM を使用して Internet Explorer をインストールします。
  • Internet Explorer のインストール ファイルをローカルのハード ディスクにコピーし、セットアップを実行します。
  • 以下のデフォルトのインストール フォルダ以外のフォルダに Internet Explorer をインストールします。
    drive:\Program Files\Plus!\Microsoft Internet

    または

    drive:\Program Files\Internet Explorer
: Internet Explorer をインストールするときに、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
前回のインストールが完了していません。
Internet Explorer のセットアップを実行する前にコンピュータを再起動して、そのインストールを完了してください。セットアップは終了します。
この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーに移動して、キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager
    : 上記のレジストリ キーには "Session Manager" と "SessionManager" がありますが、ここでは前者 (2 単語) が該当します。
  4. レジストリ エディタの右側のウィンドウで、[PendingFileRenameOperations] を右クリックし、[削除] をクリックします。
  5. [値の削除の確認] メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. レジストリ エディタの左側のウィンドウの [Session Manager] サブキーを展開します。
  7. FileRenameOperations サブキーが表示されている場合は、右側のウィンドウで FileRenameOperations サブキーのすべての項目をクリックして削除します。
  8. レジストリ エディタを終了します。
  9. Internet Explorer セットアップを再度実行します。

詳細

Windows 2000 ドメイン コントローラにおけるページング ファイルのサイズの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
216899 Windows 2000 ドメイン コントローラのセットアップの推奨事例
Windows 2000 でコントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] を使用して Internet Explorer を削除する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265829 Windows 2000 に Internet Explorer 5.5 または Internet Explorer 6 をインストール後、[アプリケーションの追加と削除] ツールが機能しないことがある

プロパティ

文書番号: 303399 - 最終更新日: 2007年6月1日 - リビジョン: 5.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.0
  • Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 4.0 128 ビット版
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.0
  • Microsoft Internet Explorer 4.01 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 5.01
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
    • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbupgrade kbenv kbsetup kbprb KB303399
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com