プライバシーの設定をカスタマイズする時のエラー メッセージ「に無効なドメインが入力された」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303477 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

プライバシーの設定をカスタマイズおよびの個々 の Web サイトの Cookie 処理をオーバーライドすると、以下の現象のいずれかが発生する可能性があります。
  • 入力すると ftp://ftp: domain_name.com Web サイトのアドレス ボックスで、次のエラー メッセージが表示されます。
    無効なドメインが入力されました。 ドメインは、インターネット ゾーンである必要があり使用、HTTP および HTTPS プロトコルでは必要があります。
  • Web サイトのアドレス ] ボックスに ftp: domain_name.com を入力すると ドメイン名 .com が 管理している Web サイト の一覧に追加されます。

原因

この現象は FTP サイトの Cookie 処理をオーバーライドしようとした場合に発生します。 Cookie は、FTP プロトコルの機能ではなく、FTP サイトのプライバシー設定を構成できないため、ことに注意ください。 プライバシーの設定は有効な だけ ハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP) またはセキュリティで保護されたハイパーテキスト転送プロトコル (HTTPS) プロトコルを使用する Web サイトです。

入力すると FTP://ftp: domain_name.com Web サイトのアドレス ] ボックスは Internet Explorer 認識いるプライバシーの設定に関連する、無効なプロトコルと、この資料の「現象」に記載するメッセージが表示します。

FTP: domain_name.com 入力すると、Internet Explorer で、URL を FTP サイトではなく、HTTP サイト。 たとえば、 ftp.microsoft.com Web サイトのアドレス ボックスに入力して [ ブロック ] または [ 許可する ] をクリックし場合、 microsoft.com が、 管理している Web サイト の一覧に追加され、microsoft.com ドメイン サイトごとのルールが作成されます。 として結果、www.microsoft.com Web サイトにアクセスするときこの Web サイトからの Cookie はいずれか、ブロックまたはサイトごとのプライバシーの設定に基づいて、コンピューターに保存されます。 これらのプライバシー設定は、Web に適用されるたとえば、http(s) のサイト://microsoft.com、http(s)://ftp.microsoft.com、http(s)://msdn.microsoft.com、Cookie の設定は、ドメイン単位で確立されたため。 ただし、FTP サイト ftp://ftp.microsoft.com、アクセスしたとき、サイトごとのプライバシー設定は適用されず、なしの Cookie がブロックされたり、Cookie は、FTP サイトの機能はないため、コンピューターに保存します。

解決方法

FTP サイトが Cookie を使用しないため、 管理している Web サイト の一覧に FTP サイトを追加することができません。 管理している Web サイト の一覧が、正しいアドレスには含まれてを管理する Web サイトのいることを確認します。 正しくないか、不適切なアドレスを一覧から削除して、正しいアドレスの アドレスの Web サイト ] ボックスで管理するすべての Web サイト入力します。 使用して、HTTP または HTTPS プロトコルとインターネット ゾーンでなければ、Web アドレス] する必要があります 。 たとえば、次は有効な Web アドレスです。
  • http://www.microsoft.com
  • http://microsoft.com
  • www.microsoft.com
次のため、この問題を解決する手順に従います。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ ツール ] メニューの [ インターネット オプション ] をクリックし、[ プライバシー ] タブ。
  3. [ Web サイト 編集 をクリックします。
  4. 管理している Web サイト の一覧、削除、 削除 ] をクリックして [ OK] をクリックする必要のあるアドレスをクリックします。
  5. [ Web サイトのアドレス ] ボックスに、正しい Web アドレスを入力し、 ブロック の Web サイトのコンピューターに Cookie を保存するしたくない場合。 または、する Web サイトのコンピューターに Cookie を保存する場合 ことを許可する をクリックします。

状況

これは仕様によるものです。

詳細

Internet Explorer での Cookie の管理についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
283185ハウツー解説: Internet Explorer 6 で Cookie を管理するには
Internet Explorer の既定のプライバシー設定の追加についてはをクリック資料以下の記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
293222Internet Explorer 6 のデフォルトのプライバシ設定
Internet Explorer のカスタム プライバシー設定の詳細についてをクリック資料以下の記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
298628[サイトごとのプライバシー操作] が期待どおりに動作しない

プロパティ

文書番号: 303477 - 最終更新日: 2007年1月31日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
    • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
    • Microsoft Windows 2000 Server
    • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
キーワード:?
kberrmsg kbprb kbmt KB303477 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:303477
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com