Outlook ビュー コントロールの安全でない機能について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303833 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP303833
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Outlook 2000 のセキュリティ上の脆弱性を排除する更新プログラムをリリースしました。このアップグレードを使用することで、Outlook ビュー コントロールと連動するある種のスクリプトの実行を防止できます。

Outlook ビュー コントロールは、Web ブラウザを使用して Outlook 電子メール フォルダを参照するための Active X コントロールです。この Active X コントロールは、デフォルトでは Outlook 2000 でインストールされませんが、マイクロソフト Web サイトから Microsoft Outlook Team Folders 2000 と共にリリースされている Active X をダウンロードして使用することができます。

この脆弱性については、次の Web サイトの「マイクロソフト セキュリティ情報」の「Outlook ビュー コントロールにより、安全でない機能が利用できる (MS01-038)」にも記載されています。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS01-038.mspx
この資料では、更新プログラムのダウンロードおよびインストール方法について説明します。

詳細

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

クライアント用更新プログラム

Outlook 2000 を CD-ROM またはネットワークからインストールした場合は、次の手順に従ってクライアント用更新プログラムのダウンロードおよびインストールを行います。

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
  1. 下記の Microsoft ダウンロード センターへのリンクをクリックします。
    http://download.microsoft.com/download/outlook2000/outlctlx/1/WIN98Me/EN-US/outlctlx.exe
  2. [このプログラムをディスクに保存する] をクリックし、[OK] をクリックします。
  3. [保存] をクリックして選択したフォルダに Outlctlx.exe ファイルを保存します。
  4. エクスプローラで、[Outlctlx.exe] ファイルをダブルクリックします。
  5. 更新プログラムのインストールを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. [はい] をクリックして、使用許諾契約に同意します。
  7. Office XP の CD-ROM を挿入するように指示されたら、CD-ROM を挿入し、[OK] をクリックします。
  8. インストールが正常に行われたことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: この更新プログラムは、いったんインストールすると削除できません。

管理者用更新プログラム

管理者インストール用の Outlook ビュー コントロール更新プログラムは入手できません。『Microsoft Office 2000 リソース キット』には、企業環境においてクライアント更新プログラムを実行するためのオプションが含まれています。詳細については、次のリンクをクリックしてください。
http://office.microsoft.com/ja-jp/assistance/HA011524781033.aspx
この修正プログラムは Windows インストーラ用の修正プログラムではないため、Office 2000 のインストールを管理者インストール ポイントから実行しており、管理者用修正プログラムが適用されている状態でも、このクライアント修正プログラムを適用することができます。この資料に記載されている ActiveX コントロールはオリジナルの製品の一部ではないため、この修正プログラムをクライアント コンピュータに配布する Data1.msi は、これらのファイルを参照しません。

更新プログラムがインストール済みかどうかを判断する方法

この更新プログラムは、Outlctlx.dll を追加、または上書きします。更新後の Outlctlx.dll のバージョンは、10.0.0.3124 です。

その他の情報

Outlook ビュー コントロールは Office または Outlook インストールのコンポーネントとしてインストールされることはありません。この Active X コントロールが使用中のコンピュータにインストールされている場合は、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の 281618 に記載されているいずれかの方法を使用してインストールされています。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
281618 [OL2000] Outlook ビュー コントロールについての一般的な情報

: Outlook ビュー コントロールがコンピュータにインストールされていない場合でも、Outlook ビュー コントロール更新プログラムをインストールできます。更新プログラムを事前にインストールすることにより、Active X コントロールの更新バージョンがコンピュータに確実にインストールされるため、将来このコントロールを使用する場合にも脆弱性から保護されます。

プロパティ

文書番号: 303833 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 5.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbdownload kbfix kbinfo KB303833
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com