Works カレンダーの開始しようとすると、エラー メッセージ:「は 1 つまたは複数のファイルを予定表の実行に必要なアクセスできません」。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 303858 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Works カレンダーを起動すると、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
予定表の実行に必要な複数のファイルにアクセスできません。 ファイル可能性がありますが名前を変更、削除、または移動します。 Works を再インストールし、プログラムを再び開始してください。

原因

この問題は、以下の条件のいずれかに該当する場合に発生することがあります:
  • Mswkscal.wcd ファイルが壊れています。
  • コントロール パネルの [地域と言語のオプション、言語のロケールが、次の 1 に設定します。
    • ベンガル語 (インド)
    • ボスニア語 (キリル文字)
    • ボスニア語 (ラテン)
    • クロアチア語 (ラテン)
    • isiXhosa (南アフリカ)
    • isiZulu (南アフリカ)
    • マラヤラム語 (インド)
    • マルタ語 (マルタ)
    • マオリ語 (ニュージーランド)
    • ケチュア語 (ボリビア)
    • ケチュア語 (エクアドル)
    • ケチュア語 (ペルー)
    • イナリ サーミ語 (フィンランド)
    • ルレ サーミ語 (ノルウェー)
    • ルレ サーミ語 (スウェーデン)
    • 北サーミ語 (フィンランド)
    • 北サーミ語 (ノルウェー)
    • 北サーミ語 (スウェーデン)
    • スコルト サーミ語 (フィンランド)
    • 南サーミ語 (ノルウェー)
    • 南サーミ語 (スウェーデン)
    • セルビア語 (キリル文字)
    • セルビア語 (ラテン)
    • セソト サ レボア語 (South Africa)
    • Setswana (南アフリカ)
    • ウェールズ語 (英国)

解決方法

この問題場合、Mswkscal.wcd ファイルが壊れていると、以下の手順を解決します。
  1. CD を挿入して、セットアップ プログラムが起動しないように Shift キーを押します。

    メモ セットアップ プログラムが起動をした場合はセットアップ プログラムを終了します。
  2. デスクトップ、 マイ コンピューター ] をダブルクリックします。
  3. Mswkscal.wcd ファイルは CD に探します。

    次には CD 上の Mswkscal.wcd ファイルの既定の場所を示します。
    drive: \MSWorks\Common\CommApp\mswkscal.wcd
    この例では、drive は、CD-ROM ドライブのドライブ文字です。
  4. Mswkscal.wcd ファイルを選択して Ctrl キーを押しながら C をクリップボードに、ファイルをコピー キーを押します。
  5. ハード ディスク ドライブにファイル Mswkscal.wcd を探します。

    を使用しているオペレーティング システムに応じて、既定場所、ハード ディスク ドライブ上の Mswkscal.wcd ファイルは次の場所のいずれかです。
    • C:\Windows\All Users\Application Data\Microsoft\Works\mswkscal.wcd
    • Files\Common Files\Microsoft Shared\Works Shared\mswkscal.wcd
    ファイルの検索もできます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックして、 検索 ] をポイントし、[ ファイルやフォルダー ] をクリックします。 Microsoft Windows XP、Microsoft Windows 2000 および Windows Me を使用して、 [スタート ] をクリックして、 [検索 ] をポイントし 、ファイルやフォルダー をクリックします。
    2. [ 名前 ] ボックスで mswkscal.wcd 、入力を 今すぐ検索 クリックします。 Windows XP、Windows 2000、および Windows Me を使用して、[ mswkscal.wcd ファイルまたはフォルダーの名前の検索 ボックスに入力し、[ 検索開始 ] をクリックします。
  6. ハード ディスク ドライブ上の Mswkscal.wcd ファイルを見つけたら、ファイルを選択して Ctrl + V キーを押しては CD からコピーしたバージョンを使用して、ファイルを置き換えますキーを押します。

    メモ 質問とされたら、"はの確認、ファイルを上書きする]、 [はい] [クリックします。
  7. Mswkscal.wcd ファイルの新しいバージョンが読み取り専用でない確認します。 使用して Windows のエクスプローラーをファイル、ファイルをマウスの右ボタンでクリックして、[ プロパティ ] をクリックして見つけてをオフにします、 読み取り専用 ] チェック ボックスをオンします。
まだ、カレンダー、起動できない場合の動作を再インストールあります。 これを行うには、以下の手順に従ってください。

機能を削除します。

  1. 開始 の設定 、[ コントロール パネル] の順にクリックします。

    メモ Windows XP を使用する場合は 開始 ] をクリックし、[ コントロール パネル] の順 にクリックします。
  2. 追加と削除 ] をクリックしてから Works を削除します。

フォルダーの削除してから Works をインストールし

  1. デスクトップ、 マイ コンピューター ] をダブルクリックします。
  2. ハード ディスク ドライブ上の次のフォルダーに移動します。
    Windows 95、Windows 98、Windows Millennium Edition: を
    C:\Windows\All Users\Application Data\Microsoft\Works

    Windows 2000 および Windows XP の場合。
    C:\Documents と Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Works
  3. フォルダーを選択して DELETE キーを押します。
  4. CD ドライブには、CD を挿入します。
  5. 開始] をクリックして、 実行 ををクリックして入力 drive: \setup.exe 、[ 名前 ] ボックスにします。 この例では、drive は、CD-ROM ドライブのドライブ文字です。
  6. Works を再セットアップ画面に表示される指示に従います。
前の手順に [この問題が解決しない場合は Mdac_typ.exe ファイルを手動で実行してはインストールします。

メモ いくつかのバージョンの Microsoft Windows あるので、次の手順が異なるコンピューター場合があります。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. CD ドライブには CD または Works 2001 CD を挿入します。
  2. 開始 ] をクリックして、 検索 ] をポイントし、[ ファイルやフォルダー ] をクリックします。 コンシューマーのプログラムの Windows 95 用の既定のステップと Windows 98 を使用します。
  3. [ 名前 ] ボックスに、 mdac_typ.exe を入力します。
  4. ファイルの場所 ] ボックスでは CD が入っている CD-ROM ドライブのドライブ文字をクリックします。
  5. 今すぐ検索 をクリックします。
  6. 見つかったファイルの一覧] で Mdac_typ.exe ファイルをダブルクリックします。
  7. MDAC アップデートをインストールする画面に表示される指示に従います。
  8. かどうかを確認するメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。
でも、カレンダー、起動できない場合は新しいユーザー アカウントを作成する必要に応じてします。 これを行うには、次の手順に従います。

新しいユーザー アカウントを作成します。

管理者としてコンピュータにログオンし、新しいユーザー アカウントを作成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コンピュータを再起動してください。 電源の自己テスト (POST) が完了したら、F8 キーを押します。
  2. [Windows 高度なオプション] メニューの [方向キーを セーフ モード ] を選択する使用して、Enter を押します。
  3. ときに開始、 Microsoft Windows XP editionedition がインストールされている Windows XP のエディションを選択して Enter キーを押すオペレーティング システムを選択する求められます。
  4. 開始するには、ユーザー名をクリックして ] 画面で、[ 管理 ] をクリックします。
  5. Administrator のパスワードを入力し、矢印のボタンをクリックします。

    メモ 場合によっては、管理者のパスワードを空白のパスワードに設定できます。 この場合は、パスワードを入力せずに、矢印ボタンをクリックします。
  6. Windows がセーフ モードで実行されていることを示すメッセージを閉じる [Yes/はい] をクリックします。
  7. [スタート ] をクリックし、 [マイ コンピューター 、右クリックし [ 管理 ] をクリックします。
  8. [ コンピューターの管理 (ローカル) ] ボックスの一覧 ローカル ユーザーとグループ ] を展開します。
  9. ユーザー のフォルダーを右クリックし、 [新しいユーザー を実行します。
  10. 適切なボックスに、ユーザー名とパスワードを入力から入力し、 [パスワードの確認 ボックスにパスワード直して。

    メモ ユーザー アカウントにパスワードを設定したくない場合、パスワード または パスワードの確認 ボックスに入力しないでください。
  11. [クリックして、 ユーザーは次回ログオン時パスワード変更が必要 </a0>] チェック ボックスをオフにします。
  12. [ パスワードを無期限にする] チェック ボックスをパスワードの有効期限たくない場合はクリックします。
  13. [ 作成 ] をクリックして 閉じる 、クリックして、[コンピューターの管理] スナップインを終了します。
  14. 通常、Windows を再起動し、[作成した新しいユーザーとしてログオンします。
  15. Works を使用して動作を開き、カレンダーを起動します。
  16. 問題が解決された場合、は、古いユーザー アカウントの [マイ ドキュメント フォルダーから必要なドキュメントをコピーします。 古いユーザーの [マイ ドキュメント] フォルダの内容をコピーするには、以下の手順を実行します:
    1. Windows をログオフします。
    2. キー Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del を 2 回押します。

      選択 してログを Windows ダイアログ ボックス が表示されます。
    3. [ ユーザー名 ] ボックスに、 管理者 を入力します。 [ パスワード ] ボックスで、管理者パスワードを入力を [OK] をクリックします。
    4. 開始 ] を右クリックし、 エクスプローラー を実行します。
    5. フォルダー ツリー] で [ ドキュメントと設定 、古いユーザー アカウント] を展開します。
    6. [user name's のドキュメント user name はこの問題が発生しましたが、古いユーザー アカウントの名前をクリックします。
    7. [ 編集 ] メニューの [ すべて選択 ] をクリックして [ 編集 ] メニューの [ コピー ] をクリックします。
    8. [ ドキュメントと設定 ] で、新しいユーザー アカウント フォルダーを展開します。
    9. ここで、new user は作成した新しいユーザー アカウントの名前 new user のドキュメント クリックします。
    10. [ 編集 ] の [ 貼り付け ] をクリックします。
    11. ファイルまたはフォルダーを置換するメッセージが表示は場合、は、置換を確認する [すべてにはい ををクリックします。
    12. [ ファイル ] の [ 閉じる ] をクリックします。
    13. Windows をログオフします。
設定を古いアカウントから、新しいアカウントに移動する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
811151破損したユーザー プロファイルのデータを新しいプロファイルにコピーする方法


言語のロケールが「「原因」に記載されているロケールに設定されてこの問題を解決する次の手順に従います。
メモ いくつかのバージョンの Microsoft Windows あるので、次の手順が異なるコンピューター場合があります。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 intl.cpl ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  2. [ 地域のオプション ] タブをクリックします。
  3. [ の設定、または独自の形式を選択するユーザー設定] をクリックと一致する項目を選択 ] ボックスで、[「原因」] セクションで、記載されていないロケール クリックを、 OK をクリックしますします。

詳細

Windows 2000 または Windows XP の場合は、実行している場合が含まれている MDAC のバージョンの Works にインストールできないことが CD。 この問題を解決する MDAC を更新する場合、MDAC の最新バージョンをダウンロードできます。 そのためには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://msdn.microsoft.com/en-us/data/aa937729.aspx

プロパティ

文書番号: 303858 - 最終更新日: 2007年4月23日 - リビジョン: 6.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works 8.0
  • Microsoft Works 7.0 Standard Edition
  • Microsoft Works 6.0 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2005
  • Microsoft Works Suite 2004 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2003 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2002 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2001 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2006
キーワード:?
kberrmsg kbnofix kbprb kbmt KB303858 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:303858
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com