Acc 2000: Jet 4.0 の Service Pack 5 にアップグレードした後、クエリでデータを追加すると、Access が終了します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304084 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
初心者: シングル ユーザー コンピューターのユーザー インターフェイスの知識が必要です。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) にのみ適用されます。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

クエリによって生成されるデータシートにレコードを追加しようとすると、Access が停止 (ハング) 簡単にし、最終的にせずに終了して警告またはエラー、または、アクセス可能性があります、次のエラー メッセージのいずれかを生成し、終了し、応答します。
MSACCESS は、モジュール MSJET40 でページ違反が発生します。DLL
- または -
アプリケーション エラーが発生しましたし、アプリケーション ログが生成されています。MsAccess.exe
- または -
アプリケーション エラーが発生しましたし、アプリケーション ログが生成されています。MsJet40.dll
- または -
Msaccess.exe は、エラーが発生したし、Windows を終了します。プログラムを再起動する必要があります。
- または -
MsJet40.dll にエラーが発生したし、は、Windows によって閉じられます。プログラムを再起動する必要があります。

解決方法

Microsoft Jet 4.0 Service Pack 6 (SP6) および後で、この問題を解決します。 最新の Jet 4.0 service pack の入手方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
239114 Microsoft Jet 4.0 データベース エンジン用の最新の Service Pack を入手する方法

状況

マイクロソフトはこれが問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Jet 4.0 Service Pack 6 (SP6) で修正されました。

詳細

この現象は、以下のバージョンの Msjet40.dll で発生することが確認されています。
   File name     Version      Size               
   ---------------------------------------
   Msjet40.dll   4.0.4431.1   1,503,504 bytes
   Msjet40.dll   4.0.4431.3   1,503,504 bytes  
				

問題の再現手順

警告: これらの手順を実行する場合は、コンピューターに、一般保護違反が発生します。保存して、次の手順を実行する前にし、コンピューターに、開いている作業を ことを確認します。

  1. 新しい Access 2000 データベースを作成します。
  2. デザイン ビューでは、次の表を作成します。
       Table: Table1
       ----------------------------
       Field Name: Ticket_ID
       Data Type: AutoNumber
       Indexed: Yes (No Duplicates)
    
       Field Name: TicketDate
       Data Type: Date/Time
    
       Table Properties: Table1
       -------------------------------
       PrimaryKey: Ticket_ID
    					
  3. 保存して、テーブルを閉じます。
  4. デザイン ビューでは、次の表を作成します。
       Table: Table2
       ----------------------------
       Field Name: TicketNumberID
       Data Type: AutoNumber
       Indexed: Yes (No Duplicates)
    
       Field Name: Ticket_ID
       Data Type: Number
       Indexed: Yes (Duplicates OK)
    
       Field Name:  TicketItemsDesription
       Data Type:  Text
    
       Table Properties: Table2
       -------------------------------
       PrimaryKey: TicketNumberID
    					
  5. 保存して、テーブルを閉じます。
  6. デザイン ビューでは、次の表を作成します。
       Table: Table3
       ----------------------------
       Field Name: TicketItems_ID_Loc
       Data Type: Number
       Indexed: Yes (No Duplicates)
    
       Field Name: TicketItems_Location
       Data Type: Text
    
       Table Properties: Table3
       -------------------------------
       PrimaryKey: TicketItems_ID_Loc  
    					
  7. 保存して、テーブルを閉じます。
  8. で、 ツール メニューのをクリックします 関係.追加 表 1, Table2テーブル 3 クリックし、リレーションシップ ウィンドウでは、 閉じる.
  9. 詳細 Ticket_ID Table1 テーブルにフィールドをドラッグして、 Ticket_ID Table2 テーブルのフィールドです。
  10. [リレーションシップの編集] ウィンドウで選択する] をクリックします 参照整合性を適用します。, フィールドの連鎖更新関連レコードの連鎖削除します。 チェック ボックスをオンします。
  11. クリックしてください。 作成します。 [リレーションシップ] ウィンドウを閉じます。
  12. 詳細 TicketNumberID Table2 テーブルのフィールドをドラッグして、 TicketItems_ID_Loc テーブル 3 テーブル内のフィールド。
  13. [リレーションシップの編集] ウィンドウで選択する] をクリックします 参照整合性を適用します。, フィールドの連鎖更新連鎖関連レコードの削除のオプション チェック ボックスをオンします。
  14. をクリックします 結合の種類 ボタンは、[リレーションシップ] ウィンドウで [結合の種類 2 [結合プロパティ] ウィンドウで。
  15. クリックしてください。 ] クリックし、[結合プロパティ] ウィンドウで 作成します。 [リレーションシップの編集] ウィンドウでします。
  16. 変更内容を保存し、[リレーションシップ] ウィンドウを閉じます.
  17. デザイン ビューでは、次のクエリを作成します。
       Query: MyTables
       ------------------------------
       Type: Select Query
    
       Field: Ticket_ID
       Table: Table1
    
       Field: TicketDate
       Table: Table1
    
       Field: TicketNumberID
       Table: Table2
    
       Field: Ticket_ID
       Table: Table2
    
       Field: TicketItemsDescription
       Table: Table2
    
       Field: TicketItems_ID_Loc
       Table: Table3
    
       Field: TicketItems_Locations
       Table: Table3
    					
  18. MyTables を実行します。
  19. データシートに新しいレコードを追加しようとしてください。Table2 テーブルの最初のフィールドにデータを追加して、次のフィールドに移動しようとしてくださいこの資料の「現象」に記載されているエラーのいずれかが表示されることに注意してください。

プロパティ

文書番号: 304084 - 最終更新日: 2014年1月30日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kberrmsg kbfix kbmt KB304084 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304084
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com