大規模なシステム ボリュームをバックアップするときにバックアップ プログラムが失敗しました。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304101 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

NTBackup.exe を使用して、または、NT バックアップ API を使用するサード パーティ製のバックアップ プログラムを使用してバックアップを作成しようとすると、バックアップが正常に完了しません。この現象は、サーバー上でプログラムをローカルで実行する場合でも発生します。さらに、以下の現象のうちの 1 つまたは複数が発生する可能性があります。
  • 1 つまたは複数、次のエラー メッセージがアプリケーション ログに表示されます。
    エラー メッセージ 1
    エラー 1450年: システム リソース不足は、要求されたサービスを完了する存在します。

    エラー 1450年: と 16 進数の 0x5aa ERROR_NO_SYSTEM_RESOURCES

    オペレーティング システム エラー 1450年システム リソース不足は、要求されたサービスを完了する存在します。

    「デバイス」への書き込みの失敗状態 1450年 =
    エラー メッセージ 2
    エラー 1130年: サーバー メモリが不足このコマンドを実行します。

    エラー 1130年と 16 進数の 0x46a ERROR_NOT_ENOUGH_SERVER_MEMORY

    バックアップまたは復元操作が異常終了します。
  • サーバー サービスによって、イベント ID 2020 およびイベント ID 2021 メッセージが生成されます。

    メモ 通常、イベント ID 2020 およびイベント ID 2021 メッセージは表示されません。
  • ヒューレット ・ パッカード社 (HP) OmniBack バックアップ プログラムを実行している場合に、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    [81:78] C:\foldername\file.name
    オフセット 436176408(:1) で 57256 バイトを読み取ることができません ([1450]。
    システム リソース不足存在、要求されたサービスを完了します。)。
  • Windows タスク マネージャーの[パフォーマンス] タブを表示すると非ページ カーネル メモリが非常に低いことがわかります。
メモ この資料で説明している問題に関連していない理由には、これらのエラー メッセージが表示します。表示される場合は、最も考えられる原因、2 つの大規模なシステム ボリュームをバックアップする場合にのみこれらのエラー メッセージはこの資料で説明するものです。

判断するこの問題が発生した場合の Windows タスク マネージャーを起動し、パフォーマンスタブをクリックします。、右下に、カーネル メモリ (K)の領域で見つけてし、ページの値をメモします。この値は約 160 mb (メガバイト) に達したときに Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows NT 4.0 では、この問題を発生ことがあります。また、この値は 160 MB を超えた場合に Microsoft Windows Server 2003 でこの問題が発生する可能性があります。ページ プール メモリのレジストリ キー値を設定する場合は発生しませんこの問題ページ プール メモリの大きい値が使用されるまで (この問題はページ プール メモリの使用量が設定値の約 80% に達したときに発生) します。プール タグをgflags設定をオンした場合、Poolmon ユーティリティを使用する場合は、 MmStタグの使用率が高い参照してください。これは、共有ファイルの追跡に使用するオペレーティング システムのメモリの割り当てに使用されるプール タグです。

原因

この問題の 2 つの原因は関連しています。頻繁な原因を次に示します。
  • メモリ キャッシュ マネージャーが処理できるより多くのファイルが開かれています。その結果、キャッシュ マネージャーは、使用可能なページ プール メモリを使い果たしました。
  • バックアップ プログラムは、API は、以前のバージョンのオペレーティング システムにアクセスできるバックアップよりも大きいファイルをバックアップしようとしています。これは、同じ結果 (ページ プールが枯渇)。

    注: この 2 つ目の問題は、Microsoft Windows NT 4.0 ベースのコンピューターで発生する可能性が高くなります。
それぞれの問題の解決方法は、Windows Server 2003、Microsoft Windows 2000、または Windows NT 4.0 でこの問題が発生するかどうかによって異なります。

解決方法

Windows Server 2003 および Windows 2000

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


2 つのレジストリ設定を変更する必要があります。常に、最初の設定を変更する必要があります。システムの構成によって、2 つ目の設定を変更する必要があります。

レジストリの設定 1

  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit開くボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ PoolUsageMaximum エントリ名と ENTER キーを押します。
  5. PoolUsageMaximumを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. 10 進数] をクリックします。
  7. のデータ値のボックスに、入力 60、し [ OK] をクリックします。

    重要:
    • 60 は、初期値として使用します。バックアップが成功しない場合は、値として 40 を使用します。実行できない場合、ページド プールの需要を削減するのには、バックアップ プログラムの動作を変更する必要があります。値は、場合は、バックアップが動作しないするまで約 25 パーセント値を大きくします。バックアップが成功しない場合は、この資料に記載されている 2 番目のレジストリ設定を使用します。
    • このレジストリ設定の値が 60 を超えるかどうかを確認します。
    • /3 GBスイッチを使用している場合は、40 を初期設定として使用します。この値は、パーセンテージの値であることに注意してください。
  8. レジストリ エディターを終了します。
  9. コンピューターを再起動します。
これらの設定は、最もストレスの多いバックアップ中にテストする必要があります、ためには月に最も多くのリソースを消費するバックアップが不明な場合は、完了する全体のバックアップ ・ サイクルを待機する必要があります。ためこのような状況は、安値をまずテストすることを推奨します。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
312362 サーバーはシステムのページ プールからメモリを割り当てることができません。

レジストリ設定 2

  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit開くボックスし、クリック [ OK ] をクリックして
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ PagedPoolSize エントリ名と ENTER キーを押します。
  5. PagedPoolSizeを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [ 16 進] をクリックします。
  7. データボックスで値を入力します。 FFFFFFFF、し [ OK] をクリックします。

    重要:
    • PagedPoolSize を 0 xffffffff (-1) に設定すると、コンピューターその他のリソースではなく、最大のページ プールが割り当てられます。これは通常、ドメイン コント ローラーまたはターミナル サーバー上で必要です。既定では、ほとんどの Windows 2000 システムは、160 MB のページド プールの最大サイズを制限するようです。これは、パブリック Web サイトから、カーネル デバッガーをダウンロードして、デバッガーを使用することで、カーネル ダンプを開いて確認できます。使用するコマンドが! vm。示しています、ページド プール 163840 KB の最大の。この値を追加することにより、システムで利用できるページ テーブル エントリ (Pte) と Windows 2000 で 343 MB のページド プールの最大値までいます。Windows Server 2003 では、値を大きくする、ページ プールの最大サイズを拡張できます。

      メモ 既定の Windows Server 2003 の最大のページ プール値は Windows 2000 よりも大きいです。通常、Windows Server 2003 の値は、50% 以上、Windows 2000 での値よりも高いです。これらのより大きい値はよりまれに、この問題が発生する場所ページ プール値は、この資料に記載されている問題を投稿できます。これは、この問題が発生することも可能です。
    • この値は、システム Pte 利用できるを制限します。Pte は、システムが使用する別の無関係なシステム リソースです。オペレーティング システムが突然停止して、開始時に、ブルー スクリーンに、stop 0x3F エラーを表示するにはこの設定にすることがあります。システム再起動のメニューまたは回復コンソールでは、前回正常起動時の再起動オプションを使用して、これから回復できます。空きシステム ページ テーブル エントリのカウンターを表示するのにには、パフォーマンス モニターを使用します。無料観測値は 40,000 を超える場合は、 PagePoolSizeの設定を追加できます。
    • 3 GB/PAE同時に実行する場合、設定しないこの設定広範なテストと正確にどのように多くのシステム PTE が環境内でする必要がありますを確立する前にします。10,000-20,000 無料の範囲の値が表示されます可能性があります。ページ プール メモリの構成が決して 10,000 空いているシステム Pte 下ドロップする記事を使用します。設定しないこの以外の値に、/ 3 GBスイッチを使用している場合。サポートされる唯一の値は 0、0A000000、FFFFFFFF です。
  8. レジストリ エディターを終了します。
  9. コンピューターを再起動します。
回避し、この問題を解決する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
256004 "STOP 0x0000003F"と"STOP 0x000000D8"エラー メッセージ Windows Server 2003 では、Windows XP、および Windows 2000 のトラブルシューティング方法

Windows NT 4.0

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


メモ Windows NT 4.0 Service Pack 6a を使用する必要があります。

最初の問題を解決します。

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 見つけてし、次のレジストリ サブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory_Management
  3. [編集] メニューで、[値の追加] をクリックし、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: UnusedFileCache
    データ型: REG_DWORD
    基数: 10 進
    データの値: 15
    メモ この番号は未使用のセグメントで利用できるプールの割合を表します。値 0 は、システムが Windows NT 4.0 の Service Pack 3 のような既定の動作を使用することを示します。5 〜 40 のシステムがプールの使用状況に基づいて、未使用のファイル キャッシュ トリムはことを示します。5 は最も積極的な (キャッシュのサイズが大きくなりますが、最低) 40 は最も積極的な (は、これによりキャッシュを削除する前に、最大拡張キャッシュできます)。

    重要:
    • 15 を初期値として使用します。バックアップが成功しない場合は、値として 5 を使用します。これが機能しない、ページド プールの需要を削減するのには、バックアップ プログラムの動作を変更する必要がありますか、または 2000年より多くの場合 Windows にアップグレードする必要があります二重ページングされているプールは (詳細については、「Windows 2000」を参照してくださいセクション) の利用可能ですです。場合は、この値を使用、バックアップが失敗するまでの約 20% 向上する可能性があります。バックアップが成功しない場合は、この資料に記載されている 2 番目のレジストリ設定を使用します。
    • /3 GBスイッチを使用している場合は、初期設定として 5 を使用します。
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. コンピューターを再起動します。
これらの設定は、最もストレスの多いバックアップ中にテストする必要があります、ためには月に最も多くのリソースを消費するバックアップが不明な場合は、完了する全体のバックアップ ・ サイクルを待機する必要があります。このため、マイクロソフトは安値をまずテストすることをお勧めします。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
171458 Windows NT が大きなファイルを開く要求で失敗します。

2 つ目の問題を解決します。

1 つの考えられる解決策は、一度に 1 つのファイルをバックアップするようにバックアップを制限することです。これも、バックアップするファイルのサイズによっては動作しないがあります。(予定ですファイルは 180 gb より小さいを使用します。)いくつかの大きなファイルをバックアップするが、各ファイルは 180 GB より小さい場合も、この解像度を試行できます。また、最初の問題を解決するのには、手順を従う必要があります。180 GB より大きいファイルの場合の回避策はありません。そのため、システムを Windows 2000 にアップグレードする必要があります。回避策としてリモートでシステムをバックアップしようとする場合は、同じ問題が発生します。
  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory_Management
  3. [編集] メニューで、[値の追加] をクリックし、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: DisablePagedPoolHint
    データ型: REG_DWORD
    基数: 10 進
    値のデータ: 1
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. コンピューターを再起動します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

NTBackupreadNTBackupwriteの両方を使用して I/O バッファーに格納します。つまり、Windows NT は、ストリームに対して実行される I/O をキャッシュします。または、ファイルのメタデータをバックアップするだけの API です。このキャッシュは、限られたリソースから取得されます。 つまり、プールおよび非ページ プール。このため、非常に多数のファイルまたはファイルが非常に大きいでは、プール リソースが不足する可能性があります。

いくつかの要因はページ プール メモリの供給を排気可能性があります。プールのタグ付けを有効にし、どのドライバーが折れるページ化プール メモリを理解するために、異なる時間間隔でプールを実行できます。場合プール、 MmStタグ (Mm セクション オブジェクト プロトタイプ Pte) が消費し、80 MB を超えるは、非常に大量のファイルがサーバー上で開いて可能性があります。

キーが存在しない場合、コンピューターで可能な最大のページ プール メモリは 343 MB のページド プール キーに FFFFFFFF を設定で Windows 2000 でのページ プールまたは 1 〜 64 MB です。可能な最大のページ プール メモリは、Windows NT では 192 MB です。既定では、メモリ マネージャーは、システムはページ プール合計の 80% に達したときに、割り当て済みのページ プール メモリをトリミングしようとします。例えば、343 MB の 80% は 274 MB です。メモリ マネージャーは需要に追いつくのに十分な高速トリミングできません、この資料の「現象」に記載されているイベントが発生します。以前のバージョン (たとえば、40% に達したとき) トリミングのプロセスを開始するには、メモリ マネージャーをチューニングする場合は、コンピューターに対応できるページ プール要求突発的ピーク ページ プール メモリが不足が実行されないように。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
192409 開いているファイルにより、レポート INSUFFICIENT_RESOURCES をカーネル


この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 304101 - 最終更新日: 2013年11月1日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbprb kbmt KB304101 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304101
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com