SQL Server のデータベース ファイルをネットワークのサポートの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304261 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトでは、一般に SQL Server のパフォーマンスと信頼性を最適化するためは、Microsoft SQL Server データベース ファイルのストレージとして、ストレージ エリア ネットワーク (SAN) またはローカルに接続されたディスクを使用することを推奨します。既定では、ネットワーク データベース ファイル (ネットワーク サーバーまたはネットワーク接続ストレージ [NAS] に格納されているもの) の使用は SQL Server では有効になりません。

ただし、ネットワーク サーバーまたは NAS ストレージ サーバー上にデータベースを格納する SQL Server を構成できます。この目的のために使用されるサーバーのデータの書き込み順序やライトスルーの保証、詳細については、「関連情報」セクションである SQL Server の要件を満たす必要があります。

Windows Hardware Quality Lab (WHQL) 認定デバイス

Microsoft Windows サーバとネットワーク ・ サーバまたは NAS ストレージ サーバー Windows Hardware Quality Lab (WHQL) が自動的に認定されている、データの書き込み順序やライトスルーの保証を SQL Server のストレージ ・ デバイスをサポートするために必要を満たします。マイクロソフトはこれらの構成でのアプリケーションおよびストレージ関連の問題の両方をサポートします。

メモ SQL Server をサポートするには、NAS ストレージ ソリューションは、次のマイクロソフト web サイトに記載されているすべての要件も満たす必要があります。
http://download.microsoft.com/download/6/E/8/6E882A06-B71B-4642-9EB4-D1EA0D6223C8/SQL%20Server%20IO%20Reliability%20Program%20Requirements%20Document.docx

その他のデバイス

この資料に記載されているトランザクション データベースの入出力保証をサポートしている SQL Server の以外の WHQL 認定済みストレージ ・ デバイスを使用する場合はマイクロソフトは SQL Server および SQL Server ベースのアプリケーションを完全にサポートを提供します。ただし、デバイスまたはそのストレージ サブシステムに関する問題、あるいはそれに起因する問題は、デバイスの製造元に付託されます。この資料に記載されているトランザクション データベースの入出力保証をサポートしていない以外の WHQL 認定済みストレージ ・ デバイスを使用する場合は、Microsoft SQL Server または SQL Server ベースのアプリケーションのサポートを提供できません。WHQL 以外のストレージ ・ デバイスをサポートする I/O トランザクション データベースの使用でこの資料に記載されている保証およびデータベースの使用に適していますを限定かどうかを確認するのには、デバイスの製造元に確認します。また、正しく展開しているトランザクション データベースの使用については、デバイスが構成されていることを確認するには、デバイスの製造元に連絡します。

詳細

既定では、ネットワーク ファイル共有に、SQL Server データベースを作成できません。UNC ネットワーク上の場所、割り当てられた上のデータベース ファイルを作成しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかを生成します。

エラー メッセージ 1
5105「デバイス アクティブ化エラー"

エラー メッセージ 2
5110「ファイル 'file_name' は databasefiles のサポートされていないネットワーク デバイスで。

この現象は想定された動作です。トレース フラグ 1807 はこのチェックを回避し、ネットワーク ベースのデータベース ファイルでの SQL Server の構成を可能にします。SQL Server、およびその他のほとんどのエンタープライズ データベース システムのトランザクション ・ ログとシステム障害の発生時にトランザクション データベースの整合性を確保するの関連付けられている回復ロジックを採用または突然のシャット ダウンします。これらのプロトコルの回復は、オペレーティング システムの入出力 (I/O) 書き込みの要求に戻りますデータベース マネージャーをディスク メディアに直接書き込む能力に依存して、書き込みが実際に完全であるか、書き込みの完了を保証できるシステムの回復が保証されます。このプロトコルを使用する任意のソフトウェアまたはハードウェア コンポーネントで障害により、データの一部または全体の損失または破損、システム障害が発生した場合。これらについてログと SQL Server の復旧プロトコルの詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
230785 SQL Server 7.0、SQL Server 2000、および SQL Server 2005 のログ記録とデータ記憶アルゴリズムの拡張データの信頼性
マイクロソフトは、NAS またはネットワーク ストレージ サーバーこれらのライトスルーや書き込み順序の要件を満たしていないネットワークの SQL Server データベース ファイルをサポートしません。

ネットワークのエラーをネットワーク ファイル共有、データベースの格納に使用される可能性のあるパフォーマンスへの影響と、データベースの整合性を危険にさらすことのリスクがあるため Microsoft ローカル ディスクのサブシステムまたはストレージ エリア ネットワーク (San) のいずれかのデータベース ファイルを格納することを推奨します。

ネットワーク接続ストレージ (NAS) システムは、クライアントに接続する、ネットワーク リダイレクターをネットワーク プロトコル (TCP/IP など) を使用して、ファイル ・ ベースのストレージ ・ システムです。ディスク リソースへのアクセスは、共有にマップする必要がある場合、または場合は、ディスク リソースが、UNC パス (たとえば、\\Servername\Sharename) を使ってリモート サーバーとしてネットワーク上にし、既定では、ディスク ・ ストレージ ・ システムは SQL Server データベースの場所として。

パフォーマンス上の問題

同様に他のエンタープライズ データベース システムの場合、SQL Server は、I/O サブシステムに、非常に大きな負荷を配置できます。ほとんどの大規模なデータベース アプリケーション、物理 I/O の構成およびチューニングでシステム全体のパフォーマンスで重要な役割を再生します。3 主要な入出力パフォーマンスの要因を考慮するがあります。
  • I/O 帯域幅: 通常は、データベース デバイスを維持することができますが 1 秒あたりのメガバイト単位の総帯域幅
  • I/O 待機時間: 通常は、データベース システムでの I/O 要求と、I/O 要求が完了するポイントとの間のミリ秒単位の遅延時間は、
  • CPU コスト: ホスト CPU コストは、通常の 1 つの I/O を完了するには、データベース システム、CPU マイクロ秒で測定、
これら I/O 要因のいずれかがボトルネックになるし、のデータベース アプリケーションをデザインするときに、これらすべての要因を考慮する必要があります。

最も単純な形式で、NAS ソリューションは、標準的なネットワーク リダイレクター ソフトウェア スタック、標準的なネットワーク インターフェイス カード (NIC)、および標準的なイーサネット コンポーネントを使用します。この構成の欠点は、すべてのファイル I/O は、ネットワーク スタックを介して処理をネットワーク自体の帯域幅の制限が。ファイル I/O は、SQL Server などの非常に高いレベルを必要とするプログラムに特にパフォーマンスとデータの信頼性の問題が作成されます。Microsoft でテストされた一部の NAS 構成では、I/O スループットが約 3 分の 1 (1/3 に) 直接接続されている、同じサーバー上のストレージ ・ ソリューションです。この同じ構成では、NAS デバイスから I/O を完了する CPU コストが約 2 倍、ローカル I/O の。NAS デバイスおよびネットワーク インフラストラクチャが進化するにつれてこれらの比率は直接接続したストレージまたは San も向上します。さらに、アプリケーション データがデータベースのバッファプールのキャッシュはほとんど記載されている I/O ボトルネックの発生しない場合は、NAS ベースのシステム上のパフォーマンスはアプリケーションには十分な可能性があります。

バックアップと復元に関する考慮事項

SQL Server では、仮想デバイス インターフェイス (VDI) のバックアップを提供します。仮想デバイス インターフェイスはホット バックアップを実行して、SQL Server データベースをリストアするバックアップ ソフトウェア ベンダーに、高パフォーマンス、拡張性、および信頼性の高い手段を提供します。

バックアップ ・ ソフトウェアは、VDI 経由で NAS に固有の特殊なサポートなしの NAS デバイスに格納されているデータベース ファイルの動作します。ただし、これにより、大量のネットワーク トラフィックの増加のバックアップおよび復元中にします。VDI 経由のバックアップ中に SQL Server ファイルをリモートで読み取るし、SQL Server コンピューターで実行されているサード ・ パーティ製バックアップ ・ ソフトウェアにデータを渡します。復元処理は似ています。

余分なネットワークを回避するためにオーバーヘッド、バックアップ ベンダー指定してください、バックアップ ・ ベンダーおよび NAS ベンダーによる NAS 固有のサポート。SQL Server VDI ハードウェア (分割ミラー) またはデータベース ファイルのコピーを高速に、NAS にローカルの NAS デバイスでサポートされているソフトウェア (書き込み時コピー) の技術を活用するためには、バックアップ ・ ソフトウェアを使用できます。これらの技術だけでなくバックアップをネットワーク経由でのファイルのコピーのオーバーヘッドを避けるため、桁もリストア時間を短縮する可能性があります。

NAS に格納されているバックアップは、同じ failuresthat の影響のデータベース ファイルには、NAS に保存されている脆弱性です。ようにこれらのバックアップを別のメディアにコピーして保護します。

注意してください。SQL Server VDI がサポートしていない NAS バックアップのテクノロジを使用する場合、バックアップ内のデータベースの破損があります。ページや不整合など別のデバイスに保存されている場合は、ログとデータ ファイル間で破損 corruptionincludes はこのようなします。破損ページや不整合のデータベースを復元し、破損したデータにアクセスするまで SQL Server が検出されません。Microsoft は、SQL Server と連携していない NAS バックアップ テクノロジの使用をサポートしていません。

バックアップ ・ サポートおよび NAS ベンダー サポート SQL Server VDI は異なります。NAS とバックアップ ソフトウェアの供給者 VDI サポートに関する詳細を確認します。

マイクロソフトは、お客様は consulttheir の NAS ベンダーをエンド ・ ツー ・ エンドのソリューションの設計がデータベースの使用であるかどうかを確認する SQL Server データベースの展開時の NAS ソリューションを検討しています。多くの NAS ベンダーは、ベスト ・ プラクティス ・ ガイドと認定済みの構成のこの使用があります。お客様をさせること、説明した入出力要因の以前、ボトルネックが発生アプリケーションの I/O パフォーマンスのベンチマークをもお勧めします。

次のテキストとトレース フラグ 1807年を使用しない Microsoft SQL Server 2005年、Microsoft SQL Server 2000、および Microsoft SQL Server 7.0 では、上のネットワーク ベースのデータベース ファイルの動作について説明します。マッピング構文は、NET USE コマンドでネットワーク パスに関連付けられているドライブ文字を参照します。UNC 構文は、ネットワーク パスを \\Servername\Sharename などへの直接参照を参照します。
  • SQL Server 7.0 でトレース フラグ 1807 をいずれかのマップで、CREATE DATABASE ステートメントの後に、DISK INIT 下位互換性のある構文または UNC 構文を使用する場合は、エラー 5105 が発生します。
  • SQL Server 7.0 でトレース フラグ 1807 を使用マップの構文と CREATE DATABASE ステートメントの後に、DISK INIT の下位互換性のある構文を使用する場合は、ファイルの作成は成功します。UNC 構文 DISK INIT を使用すると、エラー 5105 が発生します。
  • SQL Server 2005、SQL Server 2000年または SQL Server 7.0 では、トレース フラグ 1807 を実行する場合は、CREATE DATABASE ステートメントでマップまたは UNC 構文エラー 5105 が発生 SQL Server 7.0 では、5110 のエラーが SQL Server 2000年で発生します。
  • SQL Server 2005、SQL Server 2000年または SQL Server 7.0 では、トレース フラグ 1807 を使用するには、マップを使用して実行される CREATE DATABASE ステートメントまたは UNC 構文は成功します。
ネットワーク ・ ベースのファイルをトレース フラグ 1807年を使用して、SQL Server の非フェールオーバー クラスタ リングのインストールに対してのみ SQL Serverprovides をサポートすることに注意してください。SQL Server のクラスター化されたインストールで動作しないネットワーク ・ ベースのファイル ストレージ ・ デバイスを認識され、Microsoft クラスター サービス (MSCS) クラスター管理者によって登録されている SQL Server 2005 と SQL Server 2000年が必要なためにフェイル オーバーします。

追加の注記

などのデータベース全体のデータ損失では、NAS 製品とデータベース ソフトウェアの不適切な使用または、正しく構成されていない NAS 製品でのデータベースの使用があります。場合は、NAS デバイスまたはネットワーク ソフトウェア完全に合わない、書き込み順序やライトスルーなどのデータ保証し、ハードウェア、ソフトウェア、または電源障害が発生してもデータの完全性が深刻な悪化の。

参照

書き込み順序やライトスルーの SQL Server の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
234656 SQL Server のディスク ドライブのキャッシュを使用してください。
SQL Server の書籍オンラインにします。トピック:「トレース フラグ」
SQL Server では、Microsoft SQL Server Always-On ストレージ ソリューションのレビュー プログラムの下で説明されているように、'安定したメディアへの保証された配信' をサポートするシステムが必要です。のSQL Server データベース エンジンでは、入力と出力の要件の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
967576 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件

プロパティ

文書番号: 304261 - 最終更新日: 2014年5月17日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard
  • Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Personal Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Windows CE Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • Microsoft SQL Server 2014 Developer
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2014 Express
  • Microsoft SQL Server 2014 Web
  • Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence
キーワード:?
kbinfo kbmt KB304261 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304261
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com