選択クエリをアクション クエリには、Access 2002 に変換する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304354
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

アクション クエリは、挿入、更新、またはレコードの削除などのタスクを実行するときに使用されます。アクション クエリに、クエリの種類を変更することによって、既存の選択クエリを変換できます。ここでは、さまざまなタイプのアクション クエリと選択クエリをアクション クエリに変更する方法を示しています。

アクション クエリに変更を加えるか、1 つの操作で多数のレコードに移動するクエリです。4 つのタイプのアクション クエリがあります: 削除、更新、追加、およびテーブル作成します。

クエリを削除します。

削除クエリ 1 つまたは複数のテーブルから一連のレコードを削除します。たとえば、製品数を検出するがないか注文の製品を削除するのに削除クエリを使用できます。

連鎖削除が有効になっている場合は、一対一リレーションシップは、複数のテーブルから 1 つのテーブルまたは一対多のリレーションシップでは、複数のテーブルからレコードを削除する削除クエリを使用できます。たとえば、アイルランドとそのすべての注文をすべての顧客を削除するのに削除クエリを使用できます。条件を追加するには、「一」テーブルと「多」テーブルを追加する必要がある場合は、クエリのレコード、主テーブルおよび関連テーブルから同時に削除できないためしかし、クエリを 2 回実行する必要があります。

関係データベースの設計の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
289533Microsoft Access でのデータベース設計に関する情報の入手先
削除クエリを使用する場合の重要な考慮事項
  • 削除クエリを使用してレコードを削除すると、操作を取り消すことはできません。そのため、データを削除する前に、選択したクエリが、クエリを実行することを確認してください。クリックしてこれを行うことができます。 データシート で、 ビュー メニューです。
  • データのバックアップ コピーを常に維持する必要があります。誤ってデータを削除する場合は、場合、バックアップ コピーから取得できます。
  • クエリに含まれていない場合でも、場合によっては、削除クエリを実行している関連テーブル内のレコード削除できます。一対多リレーションシップの「一」の側のテーブルのみがクエリに含まれている場合に発生することができ、そのリレーションシップの連鎖削除を有効にしています。「一」テーブルからレコードを削除すると、「多」テーブルのレコードも削除されます。

    たとえば、Customers と Orders テーブルが、連鎖削除が有効になっている間の関係を検討してください。[得意先] テーブルからレコードを削除するのには、[受注] テーブルに関連する注文を削除します。
  • Querys テーブルの 1 つから重複するレコードを削除するクエリなど、1 つ以上のテーブルを含む削除クエリでは、 UniqueRecords プロパティを設定する必要があるには [はい].

クエリを更新します。

更新クエリ 1 つ以上のテーブル内のレコードのグループにグローバルな変更になります。たとえば、10% すべての乳製品の価格を上げることができます。 またはジョブ カテゴリ内のユーザーの 5% ずつ給与を上げることができます。更新クエリでは、既存のテーブル内のデータを変更できます。

クエリを追加します。

追加クエリ レコードのグループを 1 つまたは複数のテーブルの末尾に 1 つまたは複数のテーブルを追加します。たとえば、新しい顧客と顧客情報のテーブルを含むデータベースを取得することとします。すべての情報を入力しないようにするには、するには、[得意先] テーブルに追加します。追加クエリする場合に便利ですも。
  • 抽出条件に基づいてフィールドを追加しています。たとえば、名前と未処理注文と顧客のアドレスを追加する可能性があります。
  • いくつかの 1 つのテーブルのフィールドを別のテーブルに存在しない場合は、レコードを追加します。たとえば、ノースウィンド サンプル データベースでは、[得意先] テーブルに 11 個のフィールドがあります。9 の [得意先] テーブルに 11 個のフィールドが一致するフィールドが別のテーブルからレコードを追加することとします。追加クエリは、一致するフィールド内のデータを追加し、残りを無視します。

テーブル作成クエリ

テーブル作成クエリ 1 つまたは複数のテーブル内のデータのすべてまたは一部から新規テーブルを作成します。テーブル作成クエリ用に便利です。
  • ほかの Access データベースにエクスポートするテーブルを作成します。たとえば、いくつかのフィールドが [社員] テーブルを含むテーブルを作成するして、人事部が使用するデータベースにテーブルをエクスポートすることができます。
  • マクロまたはコードを使用してテーブルのバックアップ コピーを自動的にします。
  • 古いレコードを含むヒストリ テーブルを作成します。たとえば、現在 Orders テーブルから削除する前に、以前のすべての注文を格納するテーブルを作成できませんでした。

選択クエリをアクション クエリに変換します。

  1. Microsoft Access 2002 を起動します。
  2. で、 ヘルプ メニューをクリックして サンプル データベース、し Northwind サンプル データベース.
  3. で、 ビュー メニューをクリックして データベース オブジェクト、し クエリ.
  4. クリックして、 請求書 クエリ、し デザイン.
  5. で、 クエリ メニューをクリックして クエリを更新します。 この選択クエリを更新クエリにします。
  6. で、 [単価] 列には、 注文の詳細 テーブル デザイン グリッドで、次の式を入力、 更新するのには 行します。この式は、価格を 10% で注文増加します。
    [受注明細].[単価] * 1.10
  7. で、 都道府県 列の種類 アメリカ合衆国 で、 条件 行します。
  8. で、 クエリ メニューをクリックして 実行 米国には 10% 出荷される受注品の単価を更新するには。
  9. 保存せず、[納品書] クエリを閉じます。

クエリの種類を変更すると、クエリのデザイン グリッドの変更

選択クエリをアクション クエリにクエリ タイプを変更すると、クエリ デザイン グリッドは次のとおりに変更されます。
  • クエリを更新します。
    グリッド「を更新」というタイトルの画面の下部に行が追加されます。式に基づくレコードのグループを更新するには、この行では、式を入力します。
  • クエリを追加します。
    テーブルの名前のメッセージが表示するには、レコードを追加するのには、行「を追加します」というタイトルを参照してくださいする必要があります。これは、レコードを追加する、テーブルのフィールドの名前です。Microsoft Access は、自動的に 2 つのテーブル間で一致するフィールド名に表示されます。
  • クエリを削除します。
    クエリのデザイン グリッドに「削除」というタイトルの下に行が追加されます。抽出条件に基づいてレコードのグループを削除するには、変更を 削除場所 クエリの抽出条件として使用する式を入力し、 条件 行します。
  • テーブル作成クエリ
    作成する新しいテーブルの名前をよう求められます。他のデータベースにこのテーブルを作成することもできます。フィールド名とデータ型を既存のテーブルにテーブルが作成されます。



関連情報

削除クエリで UniqueRecords プロパティの設定の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
240098削除クエリでのエラー メッセージの acc 2000:「指定されたテーブルから削除できませんでした」

アクション クエリの作成方法の詳細についてをクリックします。 Microsoft Access のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 アクション クエリを作成します。 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 返されたトピックを表示します。
選択クエリの作成の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
304325Access 2002 では、選択クエリを作成する方法
パラメーター クエリの作成方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
304352 方法: パラメーター クエリを Access 2002 で作成
クロス集計クエリの作成方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
304349Access 2002 では、クロス集計クエリを作成する方法


プロパティ

文書番号: 304354 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbquery kbmt KB304354 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304354
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com