Microsoft Access でクエリ プロパティを変更するのには、[acc97]: 方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304451
初心者: シングル ユーザーのユーザー インターフェイスの知識を必要とします。コンピューター。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) にのみ適用します。

すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料でのクエリのプロパティを変更する方法を示していますMicrosoft へアクセスします。この情報は、このようなタスクを実行する場合に便利です。として:
  • フィールドの表示を変更します。
  • トップ値クエリを作成します。
  • テーブルの別名を追加します。
  • フィールドの標題および書式を変更します。

詳細

クエリのプロパティ

クエリのデザイン ビューですべてのクエリ プロパティを表示するのにはクエリ デザイン ウィンドウの空白部分を右クリックしをクリックしてください プロパティ ショートカット メニューの。

次の表では、すべて表示されます、クエリのプロパティとそれぞれの使用目的を説明します。

元に戻す全体を表示する
プロパティ名説明
説明Description プロパティを使用して情報を提供することができます。データベース ウィンドウでの情報個人が含まれているオブジェクトの概要テーブルまたはクエリのフィールド。
すべてのフィールドを出力します。OutputAllFields プロパティを使用して内のすべてのフィールドを表示することができます。クエリのデータ ソースを基になると、フォームまたはレポートのフィールド リストにします。このプロパティ設定はクリックしてせずにすべてのフィールドを表示する簡単な方法です。[表示] ボックス クエリの各フィールドをクエリのデザイン グリッドで。
トップ値指定した数を取得するのにレコードを使用できます。レコードまたは指定した条件を満たすレコードの割合。のたとえば、上位 10 個、または上位 25% を取得することができます。フィールド内のすべての値。
一意の値返すかどうかを示しますを使用できます。データシート ビューに表示されるフィールドに重複するデータを含むレコードがあります。場合は、クエリの出力など、1 つ以上のフィールド、組み合わせが含まれていますすべてのフィールドの値に含まれる特定のレコードを一意でなければなりません結果。
固有のレコードUniqueRecords プロパティを使って指定できるかどうか基になるデータ ソース内のすべてのフィールドに基づく一意のレコードのみを返すこれらのフィールドだけでなく、クエリでご利用ください。
アクセス許可を実行します。は、このオプ RunPermissions プロパティを使用することができます。既存のユーザー権限を上書きするのには、セキュリティで保護されたワークグループ環境。これは、クエリの表示や、追加、削除、テーブル作成、または更新を実行することができます。クエリの実行のアクセス許可を場合は必要はありません。たとえば、として、ユーザーは、クエリでは、所有者の中に読み取り専用のアクセス許可を必要するがあります、クエリは読み取り/書き込み権限を持っています。場合は、所有者の権限を設定します。所有者のアクセス許可を指定するプロパティを追加する追加クエリを実行することができますテーブルに記録します。
ソース データベース外部データベース内の基を指定します。ソース テーブルまたはクエリの存在します。
接続ソースこれらのプロパティの名前、アプリケーションは外部データベースを作成するために使用します。
レコード ロック確認するのには、RecordLocks プロパティを使用することができますどのようにレコードロックされていると、2 人のユーザーが同じレコードを編集しようとすると、同時にします。
レコード セットの種類RecordsetType プロパティを使用して、何の種類を指定することができます。レコード セットが利用可能です。
ODBC タイムアウトODBCTimeout プロパティを使用しての数を指定することができます。クエリでは、タイムアウト エラーが発生する前に Access が待機する時間を秒します。オープン データベース コネクティビティ (ODBC) データベースで実行します。このプロパティを設定することで0 に、タイムアウトは発生しません。
フィルターFilter プロパティを使用して、レコードのサブセットを指定することができます。フォーム、レポート、クエリ、フィルターを適用するときに表示されるか、テーブルです。
並べ替え順します。方法を指定するのには、OrderBy プロパティを使用できます。フォーム、クエリ、レポート、またはテーブル内のレコードをソートします。
最大レコード数返されるレコードの最大数を指定します。ODBC データベースによって Microsoft Access データベース (.mdb) に。

フィールドのプロパティ

クエリのデザイン ビューで、フィールドのプロパティを表示するのにはクエリのデザイン グリッドでフィールドを右クリックしをクリックしてください プロパティ ショートカット メニューの。

次の表では、すべて表示されます、フィールドのプロパティとそれぞれの使用目的を説明します。

元に戻す全体を表示する
プロパティ名説明
説明Description プロパティを使用して情報を提供することができます。データベース ウィンドウでの情報個人が含まれているオブジェクトの概要テーブルまたはクエリのフィールド。
形式な数字をカスタマイズするのには、[書式] プロパティを使用できます、日付、時刻、およびテキスト表示や印刷されます。ある場合の例については、価格テキスト ボックスを作成、書式プロパティ通貨型に設定でき、DecimalPlaces プロパティが 2 または自動にします。コントロールに 4321.678 を入力する場合は、数ドルの 4,321.68 として表示されます。定義済みのいずれかを使用できます。形式またはカスタム形式書式指定文字を使用してを作成できます。
定型入力定型入力] プロパティを使用して、データ入力が簡単にできます。ユーザーがテキスト ボックス コントロールに入力できる値を制御します。の例は、説明、電話番号フィールドの定型入力を作成できませんでした。新しい数値を入力する方法について: (_) ___-____。多くの場合、使用する方が簡単です。定型入力プロパティを設定するウィザード。
キャプション役に立つ情報を提供するのには、Caption プロパティを使用できます。ユーザーのさまざまなビュー内のオブジェクトのキャプションから: キャプション フィールドフィールドをドラッグして作成したコントロールに貼るラベルのテキストを指定します。フィールド リスト テーブルのフィールドを列見出しとして機能からまたはデータシート ビューをクエリします。フォームのキャプションに表示されるテキストのタイトルの指定します。フォーム ビューでバーします。レポートの標題印刷、レポートのタイトルを指定します。プレビューを表示します。ボタンおよびラベルの標題に表示されるテキストを指定する、コントロールです。
表示コントロールテーブルのデザイン ビューに、combo box/プロパティを使用することができます。フィールドの表示に使用する既定のコントロールを指定します。

フィールド リスト プロパティ

一覧のプロパティをクエリのデザイン ビューでフィールドを表示するのには[フィールド] ボックスの一覧で、フィールドを右クリックしをクリックしてください プロパティ ショートカット メニューの。

次の表では、すべて表示されます、フィールド リストのプロパティとそれぞれの使用目的を説明します。

元に戻す全体を表示する
プロパティ名説明
エイリアスカスタムの名前を指定するのには、エイリアスのプロパティを使用できます、基になるテーブルまたはクエリを同じテーブルまたはクエリを複数回を使用すると同じクエリ。
ソースソースを指定するのには、[Source] プロパティを使用できます。クエリの基になるテーブルまたはクエリの接続文字列およびソース データベース。

一般的なフィールドの詳細についてプロパティ、Microsoft では、記事を表示するのには、次の文書番号をクリックします。ナレッジ ベース:
304445 データ型とフィールド プロパティは、Access データベース内の [acc97]: 説明

関連情報

関連情報を参照フィールド、Microsoft では、記事を表示するのには、次の文書番号をクリックします。ナレッジ ベース:
304464 [Acc97]: 方法を Microsoft Access テーブルにルックアップ フィールドを追加するのには

プロパティ

文書番号: 304451 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB304451 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304451
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com