Office Update Web サイトから Office 製品の更新に失敗する場合のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304498 - 対象製品
この資料には、Windows Installer Cleanup ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクが記載されている可能性があります。Windows Installer Cleanup ユーティリティを使用して問題を解決するためにこの資料が提示された場合、製品のインストールのサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。また、Windows インストーラーを使用する製品のアンインストールの問題のトラブルシューティング手順については、以下のサポート技術情報の資料を参照してください。

2438651 Windows ベースのコンピューターでプログラムをインストール、アンインストール、またはアップグレードするときに発生することがある問題のトラブルシューティング方法
Notice
Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティを使用して問題を解決しようとしていてこの資料が表示された場合、製品のインストールに関するサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。または Windows インストーラーを使用している製品のアンインストールに関する問題をトラブルシューティングする手順については、以下のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

重要: この資料にはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。特定の問題を回避するために、このような変更を行うことができます。これらの変更を行う前に、特定の環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Office Update Web サイトから Office の更新プログラムのインストール プロセスでの障害をトラブルシューティングする方法について説明します。

はじめに

この資料は、Office のアップデート Web サイトを使用する場合に発生する可能性があります問題をトラブルシューティングする方法について説明します。Office のアップデート Web サイトを使用する場合に発生する可能性があります現象の一覧を次に示します。
  • クリックすると、 更新プログラムの確認 更新プログラムをインストールするのには、指示に従って、更新プロセスを起動し、予期せず閉じます。
Office のアップデート Web サイトを使用する場合に発生する可能性がありますエラー メッセージの一覧を次に示します。
  • Office Update サイトで現在何らかの技術的な問題が発生しており、更新を確認することができません。
  • エラーです。カタログを表示することはできません。
  • インストールが失敗します。
  • Office の更新のカタログを表示できません。
  • Office のアップデート サイトをこのコンピューターに更新プログラムを確認することです。
  • エラー 0x80070641
  • エラー 0x51F
  • エラー 0x530
  • エラー 80070643
Office のアップデート Web サイトは、安定性と、Microsoft Office のセキュリティを向上させる更新プログラムを提供します。Office の更新プログラムを入手するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/downloads/FX101321101033.aspx

詳細

Office Update Web サイトから Office の更新処理での失敗のトラブルシューティングを行うには、以下の方法を使用して、記載されて注文。それぞれの方法を完了したら、更新します。Microsoft Office で、Office のアップデート Web サイトを使用します。

メモ 一部のサード パーティ製のブラウザーとは、インターネット サービス プロバイダー (ISP) によって提供される特定のブラウザーを使用して、Office のアップデート Web サイトにアクセスすると、Office のアップデート Web サイトが正しく機能しません。また、ブラウザー、Office Update Web サイトに正しくアクセスするのには、特別な構成を必要とする場合があります。Internet Explorer がコンピューター上で使用可能な場合は、ISP 接続を使用して、インターネットを接続します。その後、Office のアップデート Web サイトで Internet Explorer を使用してアクセスします。

方法 1: Microsoft Internet Explorer のキャッシュ フォルダー、cookie、履歴、およびオペレーティング システムの一時フォルダーの内容を削除します。

Internet Explorer のキャッシュ、一時フォルダーに実行を開始する場合割り当てられたディスク領域が不足は、Office のダウンロードすることができない場合があります。コントロールを更新します。インターネット一時ファイルを削除してディスクの空き容量キャッシュします。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして インターネットオプション.
  3. クリックして、 一般的な タブとクリック 削除ファイル[インターネット一時ファイル.
  4. オフにします。 削除すべてのオフラインコンテンツ チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
  5. クリックしてください。 Cookie を削除します。プロパティ ] 確認をされたら、します。
  6. [インターネット一時ファイル[ 設定.
  7. で、 設定 ダイアログ ボックスをクリックして オブジェクトの表示.
  8. Windows エクスプ ローラーのウィンドウが表示されます、クリックします。 詳細 で、 ビュー メニューです。
  9. 場合は、表示されているオブジェクトの状態 破損しました。は、オブジェクトを削除します。
  10. Windows エクスプ ローラーのウィンドウを閉じるしをクリックしてください ] 続いて 設定 ダイアログ ボックス。
  11. 履歴[ [履歴のクリアプロパティ [はい] 確認をされたら、します。
  12. で、 インターネット オプション ダイアログ ボックスをクリックして ].
  13. Cookie を有効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コントロール パネルをダブルクリック、 インターネット オプション アイコンをします。
    2. クリックして、 プライバシー タブとクリック 既定.
    3. クリックしてください。 ].
  14. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない ] %temp%プロパティ ].
  15. Windows エクスプ ローラーのウィンドウが表示されます、この Temp フォルダーの内容を削除します。メモ 任意のファイルを削除することはできませんが使用されています。実行されていたすべてのアプリケーションを閉じていることを確認します。その後、このフォルダーの内容の削除をやり直します。特定のファイルを削除することはできない場合は、削除することができますすべてのファイルを削除します。

方法 2: Windows 2000 および XP 用 Microsoft Windows スクリプト 5.6 をインストールします。

Windows Script 5.6 をインストールします。Windows スクリプトの 5.6 を取得するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=2764

このスクリプティング ツールをインストールした後、再度 Office Update Web サイトから更新プログラムをインストールします。

方法 3: Office アップデートの検出フォルダーを削除します。

存在する場合、Office アップデートの検出フォルダーを削除、ハード_ディスクの空き容量このフォルダーに検出カタログとダウンロードした更新プログラムが含まれていますOffice のアップデート サイトで使用されるファイルです。

Office アップデートの検出フォルダーを削除するのには、以下を実行します手順説明します。

メモ 複数のバージョンの Microsoft Windows あるので、次の手順はコンピューターによって異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照して次の手順を完了してください。
  1. クリックしてください。 スタート[ すべてプログラム[ アクセサリプロパティWindows エクスプ ローラー.
  2. Windows エクスプ ローラーで、[ OfficeUpdate11 ] またはOfficeUpdate12フォルダーを探します。既定では、フォルダーは次のようにです。場所:
    C:\Program Files\OfficeUpdate11
    または
    C:\Program Files\OfficeUpdate12
  3. [ OfficeUpdate11またはOfficeUpdate12 ] フォルダーを右クリックしをクリックしてください 削除.

    削除を確認するメッセージが表示されたらをクリックしてください。[はい].
  4. Windows エクスプ ローラーを閉じます。
メモ Office の更新、Office Update Web サイトから更新した後、[C:\program files\OfficeUpdate11] フォルダーが削除されます。[OfficeUPdate12] フォルダーのローカル パス %appdata% で作成されます。最新の Office 更新プログラムは、OfficeUpdate12 フォルダーを使用します。

方法 4: Office のアップデートの ActiveX コントロールを削除します。

Office のアップデートの ActiveX コントロールが破損して可能性があります。そのためには、削除してから Office のアップデートの ActiveX コントロールを再インストールする必要があります。

削除して、Office のアップデートの ActiveX コントロールを再インストールするには、次の手順を実行します。

メモ 複数のバージョンの Microsoft Windows あるので、次の手順はコンピューターによって異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照して次の手順を完了してください。
  1. Internet Explorer を終了します。
  2. クリックしてください。 スタートプロパティ検索.
  3. で、 検索結果 ウィンドウをクリックしてすべてのファイルとフォルダー検索コンパニオン.
  4. で、 ファイル名のすべてまたは一部 ボックスで、種類 opuc.dll とプロパティ 検索.
  5. ファイルの一覧で、右クリックします。 opuc.dll とプロパティ 削除.

    確認するされたら、[削除] をクリックして [はい].
メモ Opuc.dll とファイルの複数のコピーがある場合は、それらのすべてを削除します。

方法 5: は、一時的にパーソナル ファイアウォールを無効にする、ダウンロード マネージャー、ポップアップ ブロック、および Web アクセラレータ製品

以下の製品のいずれかを使用している場合は、一時的に無効に製品をオフにしてから Office のアップデート サイトを使用します。
  • ノートンのパーソナル ファイアウォールなどのパーソナル ファイアウォールMcAfee パーソナル ファイアウォール、または Zone labs 社製
  • ダウンロード マネージャーを取得する権利
  • Web アクセラレータのダウンロードなどアクセラレータ
  • ポップアップ ブロック
警告この回避策は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性が悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をことがあります。この回避策はお勧めしませんが、各々の判断でこの回避策を実行できるように、この情報を提供します。ご自身の責任でこの回避策を使用してください。

一時的にこれらの製品のいずれかをオフにするのには、次の手順を実行します。
  1. パーソナル ファイアウォールを無効にする、ダウンロード マネージャー、ポップアップ ブロック、または Web アクセラレーション プログラム。これを行うには、製品ドキュメント、個人用ファイアウォールを表示する方法の詳細については、マネージャー、ポップアップ ブロック、または Web アクセラレーション プログラムをダウンロードします。
  2. Office のアップデート サイトを使用してください。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してくださいして 更新プログラムの確認:
    http://office.microsoft.com/en-us/downloads/FX101321101033.aspx
  3. Office のアップデート Web サイトの更新処理が完了すると、個人用のファイアウォールを有効に、ダウンロード マネージャー、ポップアップ ブロック、または手順 1 でオフの Web アクセラレータ プログラム。

方法 6: Internet Explorer のセキュリティ設定を構成し、信頼済みサイトの一覧に http://office.microsoft.com を追加

インターネットを有効にするのには、Internet Explorer のセキュリティ設定を構成します。ActiveX コントロールを登録するのには、エクスプ ローラーを署名します。

重要次の手順は、セキュリティ上のリスク増加可能性があります。これらの手順は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性が悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をします。この資料で説明するのには、設計どおりに動作するために、または特定のプログラム機能を実装するプログラムを有効にするプロセスをお勧めします。これらの変更を行う前に、特定の環境でこのプロセスの実装に関連するリスクを評価することをお勧めします。このプロセスを実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。だけは本当にこのプロセスが必要とする場合は、このプロセスを使用することをお勧めします。

インターネットを有効にするのには署名済みの ActiveX コントロールを登録するには、実行するのには、エクスプ ローラー以下の手順します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして インターネットオプション.
  3. クリックして、 セキュリティ タブとクリックインターネット.
  4. クリックしてください。 既定のレベルプロパティ].
[信頼済みサイトの一覧に http://office.microsoft.com を追加します。Internet Explorer、Office のアップデートの ActiveX コントロールを読み込むことができますように正常にします。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして インターネットオプション.
  3. クリックして、 セキュリティ タブをクリックしてください信頼済みサイトプロパティサイト.
  4. オフにします。 サーバーの確認 (https:) をこのゾーン内のすべてのサイト チェック ボックスします。
  5. で、 この Web サイトをゾーンに追加します。ボックス型 http://office.microsoft.comプロパティ追加.
  6. クリックしてください。 ] 2 つの時刻。

方法 7: を特定し、破損している Office のインストールを修正

破損したインストールがある場合ことができます。コンピューター上の Microsoft Office 製品。Microsoft Office 製品をします。Windows インストーラー ベースのプログラム。場合は、コンピューターに Windows インストーラーのデータベース正常に機能していないキャッシュされた MSP ファイルですがないかどうかは、検出することができますか失敗します。識別し、が破損している Office のインストールを修正することができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 不要な Office プログラムをすべて削除します。追加と削除] コントロール パネルを使用して、コンピューターにインストールされています。

    メモ 追加と削除] を表示すると、Office プログラムのファイルの場所します。解除したと考えることはコンピューター上に存在できます。場合この条件に合わせて、それらを削除するプログラムを検索します。
  2. Office 製品を開きをクリックしてください ヘルプ、とをクリックします。 検出し、修復.
このプロセスは、すべての Office プログラムを繰り返します。検出と修復の処理が失敗した場合は、Office のインストール元とキャッシュが破損している可能性があります。このような場合は、次の資料から、FixIt を実行します。検出と修復のプロセスやアンインストール プロセスが失敗した場合は、[Office を手動で削除する必要がありますインストール、マイクロソフトの上記のようにサポートに連絡してください。

MSI のソフトウェア更新プログラムの登録破損の問題を解決する方法

破損した Office をインストールするだけでなく、Office 2003 のインストールでは、ローカルのインストール ソース ファイルが削除されたことがあります。通常、この現象が発生すると、ソース ファイルが必要な場合に、インストール メディアをよう求められます。しかし、これは常に発生しません。セットアップ プログラムのインストール ファイルのいずれか見つからないことを示すエラー メッセージが表示されることがあります。 Office ダウンロード Web サイトから更新しようとすると、ローカルのインストール ソースに関連するエラーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
875556「インストール エラー: ファイルが見つかりません」、Office Update Web サイトから Office 2003 プログラムを更新しようとするとエラー メッセージ

方法 8: スクリプトまたはプロキシの設定を無効にします。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルをダブルクリック、 インターネット オプション アイコンをします。
  2. クリックして、 接続 タブとクリック [LAN の設定.
  3. オフにします。 自動構成スクリプトを使用します。 チェック ボックスをオンし、オフにするのには、 プロキシ サーバーを使用します。 チェック ボックスします。
  4. 確認します。 [設定を自動的に検出します。 チェック ボックスをオンにします。
  5. クリックしてください。 ] 閉じるを 2 回、 [インターネットのプロパティ ダイアログ ボックス。

方法 9: オペレーティング システムに応じたコンピューターのクリーン ブートを行う

以下の Microsoft サポート技術情報資料に記載されているクリーン ブートの適切なメソッドを使用してコンピューターを起動すると、Office のアップデート Web サイトから更新しようとしてください。 Windows XP のクリーン ブートを実行し、Windows Server 2003 では、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックする方法の詳細については。
310353Windows XP でクリーン ブートを実行する方法
Windows 2000 でクリーン ブートを実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
281770Windows 2000 用のクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法
Windows Millennium Edition でクリーン ブートを実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
267288Windows Millennium Edition でクリーン ブートを実行する方法
Windows 98 でクリーン ブートを実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
192926Windows 98 用のクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法

方法 10: ネットワーク接続の問題のトラブルシューティングを行う

検出の障害は、ネットワーク接続の問題によって可能性があります。

インターネットに接続されている別のコンピューターがある場合は、実行してください。他のコンピューターを使用して、Office Update Web サイトにアクセスするのには。

場合は、コンピューターは、プロキシ サーバーの背後にあるため、Office の更新プログラムのインストール プロセスが使用できないし、プロキシ サーバーが正常に動作、Office の更新プログラムのインストール プロセスを妨げているはネットワーク管理者またはインターネット サービス プロバイダーにお問い合わせくださいする必要があります。(ISP) を使用しない方法やプロキシの構成を取得するのにはサーバーです。

方法 11: は手動でダウンロードして、更新プログラムのインストール

それぞれの更新プログラムを手動でインストールすることができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを検索します。
    http://office.microsoft.com/en-us/downloads/FX101321101033.aspx
  2. ダウンロードを参照します。、更新プログラムをダウンロードする Office のバージョンをクリックし、、更新プログラムをダウンロードする Office 製品を選択します。
  3. インストールするダウンロードの種類を選択し、特定のダウンロードを選択します。表示される次のページで特定の更新プログラムのダウンロード ページです。
  4. クリックしてください。 ダウンロード.
  5. で、 [ ダイアログ ボックスをクリックして 保存します。.
  6. ファイルを保存しをクリックするフォルダーを見つけます 保存します。.
  7. ダウンロードが完了したら、それをインストールするのには、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。インストールする更新のたびにこの手順を繰り返します。

方法 12: Windows インストーラーを手動のスタートアップの種類を変更します。

変更するのには [スタートアップの種類 Windows インストーラーは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] 「services.msc」プロパティ ].
  2. Usbehci.sys Windows インストーラープロパティ プロパティ.
  3. で、 一般的な タブをクリックしてください マニュアル 続いて [スタートアップの種類 リストとクリック ].

方法 13: を無効にして、ローカル インストール ソース ツールを使用して、ローカル インストール ソースを再度有効に

  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. 次のマイクロソフト Web サイトを検索します。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=10FA7AA3-695B-42C3-9045-B812BA0FED3E&displaylang=en
  3. クリックしてください。 ダウンロード.
  4. で、 [ ダイアログ ボックスをクリックして 保存します。.
  5. LISTool.exe ファイルを保存しをクリックするフォルダーを見つけます 保存します。.
  6. ローカル インストール ソース ツールを保存したフォルダーを開くしをダブルクリック LISTool.exe.
  7. クリックしてください。 削除して、LIS を無効にします。プロパティ 次へ.
  8. マイクロソフト ソフトウェアのライセンス条項に同意しをクリックしてください 次へ.
  9. ローカル インストール ソースを無効にする] をクリックして目的のプログラム用のチェック ボックスをオンにします 次へプロパティ 削除.
  10. クリックしてください。 ] 次のメッセージが表示されたら。
    Microsoft Office のローカル インストール ソースが正常に削除が無効になっておりされています。
  11. Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない 検出し、修復 Listool を使用して無効になっている製品は。
  12. 更新が完了したら、もう一度 LisTool.exe を実行しを選択します。 LIS を有効にします。 オプションです。
  13. マイクロソフト ソフトウェアのライセンス条項に同意しをクリックしてください 次へ.
  14. プログラムのローカル インストール ソースを有効にする] チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  15. クリックしてください。 有効にします。.
  16. クリックしてください。 ] 次のメッセージが表示されたら。
    Microsoft Office のローカル インストール ソースが正常に有効になっています。

プロパティ

文書番号: 304498 - 最終更新日: 2013年6月8日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office 2000 Premium
  • Microsoft Office 2000 Professional
  • Microsoft Office 2000 Standard
  • Microsoft Office 2000 Small Business Edition
  • Microsoft Office 2000 Developer
キーワード:?
kbmsicuu2 kbhowto kbupdate kbprb kbmt KB304498 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304498
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com