Visual Basic .NET コンパイラまたは Visual Basic 2005 コンパイラを使用してプログラムによってコードをコンパイルする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304654 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP304654
Microsoft Visual C# .NET については、次の資料を参照してください。304655

この資料では、次の Microsoft .NET Framework クラス ライブラリの名前空間を参照しています。
  • System.CodeDom.Compiler
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

.NET Framework では、プログラムによって Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の言語コンパイラにアクセスするためのクラスを公開しています。これは、独自のコード コンパイル ユーティリティを作成する場合にも使用できます。この資料には、テキスト ソースからコードをコンパイルするためのサンプル コードが含まれています。このアプリケーションでは、実行可能ファイルのビルドだけを行うか、または実行可能ファイルをビルドして実行することができます。コンパイル中に発生したエラーは、フォーム上に表示されます。

詳細

手順 1 : 要件

  • Visual Studio .NET または Visual Studio 2005
  • Visual Basic .NET 言語コンパイラまたは Visual Basic 2005 言語コンパイラ

手順 2 : プログラムによってコードをコンパイルする方法

.NET Framework には、ICodeCompiler というコンパイラ実行インターフェイスがあります。VBCodeProvider クラスは、このインターフェイスを実装し、Visual Basic のコード ジェネレータおよびコード コンパイラのインスタンスへのアクセスを提供します。以下のサンプルでは、VBCodeProvider のインスタンスを作成し、これを使用して ICodeCompiler インターフェイスへの参照を取得します。

Dim codeProvider As New VBCodeProvider()
Dim icc As ICodeCompiler = codeProvider.CreateCompiler
				

ICodeCompiler インターフェイスへの参照を取得すると、これを使用して、ソース コードをコンパイルすることができます。コンパイラにパラメータを渡すには、CompilerParameters クラスを使用します。以下に例を示します。
Dim parameters As New CompilerParameters()
Dim results As CompilerResults

parameters.GenerateExecutable = True
parameters.OutputAssembly = Output
results = icc.CompileAssemblyFromSource(parameters, SourceText)
				

上記のコードでは、CompilerParameters オブジェクトを使用して、(DLL ではなく) 実行可能ファイルを作成すること、および生成されるアセンブリをディスクに出力することをコンパイラに指示しています。アセンブリがコンパイルされるのは、CompileAssemblyFromSource への呼び出しの際です。このメソッドは、パラメータ オブジェクトとソース コード (1 つの文字列) を受け付けます。コードのコンパイル後には、コンパイル エラーがないかどうかをチェックできます。これには、CompileAssemblyFromSource からの戻り値、つまり CompilerResults オブジェクトを使用します。このオブジェクトには、コンパイル中に発生したエラーを含むエラー コレクションが含まれています。
If results.Errors.Count > 0 Then
   'There were compiler errors
   Dim CompErr As CompilerError
   For Each CompErr In results.Errors
      textBox2.Text = textBox2.Text & _
                      "Line number " & CompErr.Line & _
                      ", Error Number: " & CompErr.ErrorNumber & _
                      ", '" & CompErr.ErrorText & ";" & _
      Environment.NewLine & Environment.NewLine
   Next
End If

				

他にも、ファイルからのコンパイルなどのコンパイル オプションがあります。また、複数のファイルまたはソースを同時にコンパイルするバッチ コンパイルも可能です。これらのクラスに関する追加情報は、MSDN オンラインで参照できます。
http://search.microsoft.com/search/search.aspx?View=ja-jp&st=a

手順 3 : ステップ バイ ステップ サンプル

  1. Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の新しい Windows アプリケーションを作成します。デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. Form1 の [コード ビュー] ウィンドウで、既存のテキスト全体を以下のコードに置き換えます。
    Option Strict On
    Imports System.CodeDom.Compiler
    
    
    Public Class Form1
        Inherits System.Windows.Forms.Form
    
    #Region " Windows Form Designer generated code "
    
        Public Sub New()
            MyBase.New()
    
            'This call is required by the Windows Form Designer.
            InitializeComponent()
    
            'Add any initialization after the InitializeComponent() call
    
        End Sub
    
        'Form overrides dispose to clean up the component list.
        Protected Overloads Overrides Sub Dispose(ByVal disposing As Boolean)
            If disposing Then
                If Not (components Is Nothing) Then
                    components.Dispose()
                End If
            End If
            MyBase.Dispose(disposing)
        End Sub
        Friend WithEvents textBox1 As System.Windows.Forms.TextBox
        Friend WithEvents button1 As System.Windows.Forms.Button
        Friend WithEvents textBox2 As System.Windows.Forms.TextBox
        Friend WithEvents button2 As System.Windows.Forms.Button
    
        'Required by the Windows Form Designer
        Private components As System.ComponentModel.Container
    
        'NOTE: The following procedure is required by the Windows Form Designer
        'It can be modified using the Windows Form Designer.  
        'Do not modify it using the code editor.
        <System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> Private Sub InitializeComponent()
            Me.textBox2 = New System.Windows.Forms.TextBox()
            Me.textBox1 = New System.Windows.Forms.TextBox()
            Me.button1 = New System.Windows.Forms.Button()
            Me.button2 = New System.Windows.Forms.Button()
            Me.SuspendLayout()
            '
            'textBox2
            '
            Me.textBox2.BackColor = System.Drawing.SystemColors.Control
            Me.textBox2.BorderStyle = System.Windows.Forms.BorderStyle.None
            Me.textBox2.Font = New System.Drawing.Font("Microsoft Sans Serif", 8.25!, System.Drawing.FontStyle.Regular, System.Drawing.GraphicsUnit.Point, CType(0, Byte))
            Me.textBox2.ForeColor = System.Drawing.SystemColors.WindowText
            Me.textBox2.Location = New System.Drawing.Point(264, 56)
            Me.textBox2.Multiline = True
            Me.textBox2.Name = "textBox2"
            Me.textBox2.Size = New System.Drawing.Size(240, 232)
            Me.textBox2.TabIndex = 2
            Me.textBox2.Text = ""
            '
            'textBox1
            '
            Me.textBox1.Location = New System.Drawing.Point(16, 48)
            Me.textBox1.Multiline = True
            Me.textBox1.Name = "textBox1"
            Me.textBox1.Size = New System.Drawing.Size(240, 240)
            Me.textBox1.TabIndex = 0
            Me.textBox1.Text = "textBox1"
            '
            'button1
            '
            Me.button1.Location = New System.Drawing.Point(368, 304)
            Me.button1.Name = "button1"
            Me.button1.TabIndex = 1
            Me.button1.Text = "Build"
            '
            'button2
            '
            Me.button2.Location = New System.Drawing.Point(456, 304)
            Me.button2.Name = "button2"
            Me.button2.TabIndex = 1
            Me.button2.Text = "Run"
            '
            'Form1
            '
            Me.AutoScaleBaseSize = New System.Drawing.Size(5, 13)
            Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(544, 333)
            Me.Controls.AddRange(New System.Windows.Forms.Control() {Me.button2, Me.textBox1, Me.button1, Me.textBox2})
            Me.Name = "Form1"
            Me.Text = "Form1"
            Me.ResumeLayout(False)
    
        End Sub
    
    #End Region
    
        Private Sub button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles button1.Click, button2.Click
            Dim codeProvider As New VBCodeProvider()
            Dim icc As ICodeCompiler = codeProvider.CreateCompiler
            Dim Output As String = "Out.exe"
            Dim ButtonObject As Button = CType(sender, Button)
    
            textBox2.Text = ""
            Dim parameters As New CompilerParameters()
            Dim results As CompilerResults
            'Make sure we generate an EXE, not a DLL
            parameters.GenerateExecutable = True
            parameters.OutputAssembly = Output
            results = icc.CompileAssemblyFromSource(parameters, textBox1.Text)
    
            If results.Errors.Count > 0 Then
                'There were compiler errors
                textBox2.ForeColor = Color.Red
                Dim CompErr As CompilerError
                For Each CompErr In results.Errors
                    textBox2.Text = textBox2.Text & _
                    "Line number " & CompErr.Line & _
                    ", Error Number: " & CompErr.ErrorNumber & _
                    ", '" & CompErr.ErrorText & ";" & _
                    Environment.NewLine & Environment.NewLine
                Next
            Else
                'Successful Compile
                textBox2.ForeColor = Color.Blue
                textBox2.Text = "Success!"
                'If we clicked run then launch the EXE
                If ButtonObject.Text = "Run" Then Process.Start(Output)
            End If
    
        End Sub
    
    End Class
    					
    : このコードは Visual Basic 2005 では変更する必要があります。Visual Basic 2005 で Form1 という名前の新しいフォームを作成する場合は、コードに対応する Form1.vb ファイルと自動生成された部分を含む Form1.Designer.vb ファイルがあります。Windows フォーム デザイナでは、partial キーワードを使用して Form1 の実装を 2 つのファイルに分割します。これにより、デザイナによって出力されたコードが、ユーザーが作成したコードに混入することを防ぐことができます。Visual Basic 2005 の言語拡張の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vs05/vbasic/languageenhancements.aspx
    部分クラスおよび Windows フォーム デザイナの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms171843.aspx
  3. プロジェクトを実行します。Form1 が読み込まれたら、[Build] ボタンをクリックします。いくつかのコンパイル エラーが表示されます。
  4. テキスト ボックスに以下のコードをコピーして既存のテキストを置き換えます。
    Imports System
    
    Module Module1
    
        Sub Main()
            Console.WriteLine("Hello World!")
            Console.WriteLine("Press ENTER")
            Console.ReadLine()
        End Sub
    
    End Module
    					
  5. もう一度 [Build] ボタンをクリックします。コンパイルが正常に完了します。
  6. [Run] ボタンをクリックすると、コードがコンパイルされ、生成された実行可能ファイルが実行されます。このコンパイルでは、実行中のアプリケーションと同じフォルダに "Out.exe" という実行可能ファイルが作成されます。

    : テキスト ボックス内のコードを変更して、さまざまなコンパイル エラーを表示させることができます。たとえば、片方のかっこを削除して、コードを再ビルドします。
  7. 最後に、コンソール ウィンドウに別のテキストが出力されるように、テキスト ボックス内のコードを修正します。[Run] をクリックして出力を確認します。

関連情報

VBCodeProvider クラス
http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/cpref/html/frlrfMicrosoftVisualBasicVBCodeProviderClassTopic.asp

ICodeCompiler インターフェイス
http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/cpref/html/frlrfsystemcodedomcompilericodecompilerclasstopic.asp

プロパティ

文書番号: 304654 - 最終更新日: 2007年2月20日 - リビジョン: 4.6
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 1.0
  • Microsoft Visual Basic 2005
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbvs2005applies kbvs2005swept kbbcl kbcompiler kbhowto kbprod2web KB304654
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com