Outlook オブジェクト モデルを使用して、MAPI では、Visual C 6.0 から取得するエントリ ID と、メッセージを開く方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304894
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料で、PR_ENTRYID の使用方法を示しています。取得したプロパティを開き、項目を使用して表示するには、MAPI を拡張、Outlook のオブジェクト モデルです。

詳細

このサンプル プロジェクトでは、Microsoft Visual を作成するにはC++ では、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio を開き、という新しい Win32 アプリケーションを作成します。"OOMEntryID"、および選択 簡単な Win32 アプリケーション.
  2. OOMEntryID.cpp ファイルを開き、その全体を交換してください。次のコードの内容。Mso.dll にパスを変更することを確認し、Msoutl.olb 音がします。
    #include "stdafx.h"
    #include "edk.h"
    
    // Import Outlook object model.
    #define IMPPROPS rename_namespace("OL")
    // Define this according to the Outlook object model 
    // version you are compiling under.
    
    //#define OL2000 // Outlook 2000
    #define OL2002 // Outlook 2002 (2002)
    
    #if defined(OL2000)
      // TODO: Verify that the path to the file is correct.
      #import "c:\Program Files\Microsoft Office\Office\mso9.dll" IMPPROPS 
      #import "c:\Program Files\Microsoft Office\Office\msoutl9.olb" IMPPROPS
    #elif defined(OL2002)
      // TODO: Verify that the path to the file is correct.
      #import "c:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Office10\mso.dll" IMPPROPS 
      #import "c:\Program Files\Microsoft Office\Office10\\msoutl.olb" IMPPROPS
    #endif
    
    struct StartOle 
    {
       StartOle() { CoInitialize(NULL); }
       ~StartOle() { CoUninitialize(); }
    } _inst_StartOle;
    
    
    void dump_com_error(_com_error &e)
    {
        _tprintf(_T("Oops - hit an error!\n"));
        _tprintf(_T("\a\tCode = %08lx\n"), e.Error());
        _tprintf(_T("\a\tCode meaning = %s\n"), e.ErrorMessage());
        _bstr_t bstrSource(e.Source());
        _bstr_t bstrDescription(e.Description());
        _tprintf(_T("\a\tSource = %s\n"), (LPCTSTR) bstrSource);
        _tprintf(_T("\a\tDescription = %s\n"), (LPCTSTR) bstrDescription);
    }
    
    using namespace OL;
    
    int APIENTRY WinMain(HINSTANCE hInstance,
                         HINSTANCE hPrevInstance,
                         LPSTR     lpCmdLine,
                         int       nCmdShow)
    {
      // MAPI session pointer.
      LPMAPISESSION  pSession = NULL; 
      HRESULT hRes = S_OK;
      
      // Please add error checking yourself.
    
      // Initialize MAPI.
      hRes = MAPIInitialize(NULL);
    
      // Log on to MAPI and get a session pointer.
      hRes = MAPILogonEx(0, NULL, NULL, MAPI_LOGON_UI, &pSession);
    
      // Open message store.
      ULONG      cbEIDStore = 0;
      LPENTRYID  lpEIDStore = NULL;
      IMsgStore  *pMsgStore;
    
      hRes = HrMAPIFindDefaultMsgStore(pSession, 
                      &cbEIDStore, 
                      &lpEIDStore);
    
      hRes = pSession->OpenMsgStore(NULL, 
                      cbEIDStore, 
                      lpEIDStore, 
                      NULL, 
                      MAPI_BEST_ACCESS, 
                      &pMsgStore);  
    
      // Open Inbox.
      ULONG        ulObjType;
      ULONG        cbEntryID;
      LPENTRYID    lppEntryID;
      IMAPIFolder  *lpFolder;
    
      hRes = pMsgStore->GetReceiveFolder(NULL, 
                         NULL, 
                         &cbEntryID, 
                         &lppEntryID, 
                         NULL);
    
      hRes = pMsgStore->OpenEntry(cbEntryID, 
                    lppEntryID, 
                    NULL, 
                    MAPI_BEST_ACCESS, 
                    &ulObjType, 
                    (LPUNKNOWN *)&lpFolder);
    
    
      // Get Inbox items.
      LPMAPITABLE  lpContentsTable = NULL;
      LPSRowSet    pRows = NULL;
      enum {ePR_SUBJECT, ePR_ENTRYID,  NUM_COLS};
      static SizedSPropTagArray(NUM_COLS,sptCols) 
      = {NUM_COLS, PR_SUBJECT, PR_ENTRYID};
      
    
      hRes = lpFolder->GetContentsTable(0, 
                        &lpContentsTable);
    
      hRes = HrQueryAllRows(lpContentsTable, 
                  (LPSPropTagArray) &sptCols, 
                  NULL, 
                  NULL, 
                  0, 
                  &pRows);
      
      if (pRows->cRows > 0) // Make sure there is at least one message.
      {
        // Get the first item in the Inbox and get its entry ID.
        IMessage    *lpMessage;
        LPSPropValue  pspvEID = NULL;
    
        hRes = pMsgStore->OpenEntry(pRows->aRow[0].lpProps[ePR_ENTRYID].Value.bin.cb, 
                                 (LPENTRYID)pRows->aRow[0].lpProps[ePR_ENTRYID].Value.bin.lpb, 
                                 NULL, 
                                 MAPI_BEST_ACCESS, 
                                 &ulObjType, 
                                 (LPUNKNOWN *)&lpMessage);
        
        hRes = HrGetOneProp(lpMessage, 
                  PR_ENTRYID, 
                  &pspvEID);
        
        char szEID[1001];
        HexFromBin(pspvEID[0].Value.bin.lpb, 
                   pspvEID[0].Value.bin.cb, 
                   szEID);
    
        // Open Outlook item using the entry ID we got from MAPI.
    
        try{
          OL::_ApplicationPtr  pOutlook("Outlook.Application");
          OL::_NameSpacePtr    pNameSpace = pOutlook->GetNamespace("MAPI");
          OL::_MailItemPtr     pMailItem = NULL;
    
          pMailItem = pNameSpace->GetItemFromID(szEID, vtMissing);
          if (pMailItem)
          {
            // Display message.
            pMailItem->Display(vtMissing);
          }
        } 
    
        catch (_com_error &e)
        {
          dump_com_error(e);
        }
    
        UlRelease(lpMessage);
      }
      else
      {
        MessageBox(NULL, 
               "There are no messages in the inbox", 
               "Open Item", 
               MB_OK);
      }
    
      pSession->Logoff(NULL, 0L, 0);
    
      FreeProws(pRows);
      UlRelease(lpContentsTable);
      UlRelease(lpFolder);
      UlRelease(pMsgStore);
      UlRelease(pSession);
    
      return 0;
    } 
    					
  3. で、 プロジェクト メニューをクリックして 設定.クリックして、 リンク タブおよび選択 入力 として分類します。

    は、 [オブジェクト/ライブラリ モジュールで、次のコード追加します。
    MSVCRT.LIB addrLkup.lib edkguid.lib edkdebug.lib edkmapi.lib edkutils.lib mapi32.lib
    						
    は、 ライブラリを無視します。 libcd.lib、libc.lib を追加します。

    閉じる、 プロジェクトの設定 ダイアログ ボックスです。
  4. ビルドして、プロジェクトを実行します。
  5. 受信トレイの最初のメッセージになります表示します。

関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
259298#Import ステートメントを使用して Visual C から Outlook オブジェクト モデルを使用する方法

プロパティ

文書番号: 304894 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowto kbmsg kbprogramming kbemail kbopenfile kbmt KB304894 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304894
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com