Windows 2000 における ATAPI ディスク ドライブへの 48 ビット LBA サポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 305098 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP305098
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) およびそれ以前の Windows 2000 のバージョンでは、ATA/ATAPI 6.0 仕様で規定されている 48 ビットの Logical Block Addressing (LBA) はサポートされません。

解決方法

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付           時刻        バージョン       サイズ    ファイル名
   --------------------------------------------------------
   10/19/2001  01:42 PM  5.0.2195.4529  86,768  Atapi.sys
   04/19/2002  05:43 PM                214,938  Update.inf
				

48 ビット LBA ATAPI のサポートが正しく機能するためには、以下の条件を満たしている必要があります。
  • コンピュータに 48 ビット LBA 対応の BIOS がインストールされている。
  • コンピュータに 137 GB 以上の容量のハード ディスクが搭載されている。
  • Windows レジストリの次のレジストリ サブキーの EnableBigLba レジストリ値を 1 に変更するか、またはこの値を追加することにより、サポートを有効にしている。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\atapi\Parameters
レジストリで 48 ビット LBA 大容量ディスクのサポートを有効にするには、以下の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Atapi\Parameters
  3. [編集] メニューの [値の追加] をクリックし、次のレジストリの値を追加します。
    値の名前 : EnableBigLba
    データ型 : REG_DWORD
    値のデータ : 0x1
  4. レジストリ エディタを終了します。
: システムの最小要件を満たさない状態で、上記のレジストリ キーを編集して 48 ビット LBA ATAPI のサポートを有効にすると、以下の現象が発生することがあります。
  • デフォルトで 48 ビット LBA のサポートが有効にされていないオペレーティング システム (Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、Windows 2000 など) が 28 ビット LBA の限界 (137 GB) を超えるパーティションにインストールされている場合、データの破損や紛失が発生します。
  • デフォルトで 48 ビット LBA のサポートが有効にされていないオペレーティング システム (Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、Windows 2000 など) を 28 ビット LBA の限界 (137 GB) を超えるパーティションにインストールしようとしても成功せず、一時インストール フォルダが残ります。
  • Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) をインストールする前に 48 ビット LBA を有効にする修正プログラムをインストールしている場合、ハード ディスクのデータの整合性を確保するために SP3 のインストール時に適切なレジストリ キーが自動的に作成されます。
  • 適切なレジストリ キーを追加して、48 ビット LBA のサポートを有効にした後、このレジストリ キーを削除したり、Windows 2000 SP3 を削除 (アンインストール) した場合に、データが破損することがあります。
  • 48 ビットの LBA 対応オペレーティング システムを使用してフォーマット済みの大容量ハード ディスクに、SP3 を含む (SP3 統合) Windows 2000 をインストールすると、セットアップのテキストモード部実行中に、ATAPI サブシステムから、48 ビット LBA のサポートなしでアドレス指定可能な容量より大きいハード ディスクの容量 (約 137 GB 以上) が報告されることがあります。この場合、ハード ディスクのパーティション テーブル情報が既に作成されています。誤ったディスク情報を修正するには、ディスク パーティション ユーティリティを使用して、パーティションを削除するか、またはセットアップのテキストモード部実行中に、パーティションを削除してから、再作成します。新しいパーティションの作成後は、F3 キーを押して、セットアップを終了し、Windows のインストール プロセスを再起動します。これで、ATAPI サブシステムは約 137 GB のハード ディスク容量を正しく表示するようになります。
  • レジストリ値 EnableBigLba を無効にした場合

    137 GB を超える容量のハード ディスクをサポートする 48 ビット対応の BIOS を使用している場合でも、アドレス指定できるのは、ハード ディスクの先頭の 137 GB のみです。ハード ディスクの残りの部分は使用されません。
  • 48 ビット LBA 対応の BIOS を使用していない場合、EnableBigLba レジストリ値を有効にしても、137 GB 以下の先頭のパーティションにオペレーティング システムをインストールする必要があります。

    レジストリ設定を編集して 48 ビット LBA ATAPI のサポートを有効にしても、48 ビット LBA 対応の BIOS と 137 GB を超える容量のハード ディスクの両方を使用していない場合、ハード ディスクは 137 GB のアドレス指定の制限を持つ標準のハード ディスクとして従来どおり機能します。
  • 48 ビット LBA 対応の BIOS を使用しておらず、137 GB を超える容量のハード ディスクを搭載したコンピュータで、EnableBigLba レジストリ値を有効にした場合、オペレーティング システムをインストールする先頭のパーティションのサイズは 137 GB 以下にし、ハード ディスクの残りの部分は別のパーティション (1 つまたは複数) にする必要があります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 3 で最初に修正されました。 重要 : 48 ビット LBA のサポートは Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) 以降に含まれていますが、その場合でも、この資料の「解決方法」で説明しているレジストリの修正は必要です。

詳細

Windows 2000 Datacenter Server 用の修正プログラムの入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265173 Datacenter Program と Windows 2000 Datacenter Server
複数の修正プログラムのインストールを 1 回の再起動のみで行う方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
296861 複数の Windows Update または修正プログラムを同時にインストールし、再起動を 1 回で済ませる方法
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Microsoft Windows 2000 および Windows 2000 ホットフィックスのインストール

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 305098 (最終更新日 2003-11-13) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 305098 - 最終更新日: 2006年3月24日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbhotfixserver kbbug kbfix kboswin2000fix kbwin2000sp3fix KB305098
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com