方法: Visual Studio インストーラーを使用してスマート タグ DLL を配置します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 305110 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

スマート タグは、Office 開発者に外部リソースは、Office XP ベースのドキュメント内のテキストをリンクするか他のカスタム ソリューションと連携して Office XP ベースのドキュメントでテキストを使用できる Microsoft Office XP で導入された機能です。 この資料でスマート タグを配置する方法について説明しますダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイル、Microsoft Visual Studio インストーラーを使用して Microsoft Office XP のユーザーをします。

Visual Studio インストーラーを使用して、スマート タグ DLL を展開します。

スマート タグ DLL を配置する Office 開発者は、エンドユーザー、ローカルのハード_ディスクに、スマート タグ DLL をコピーして自分のコンピューターのレジストリを手動で変更を必要する可能性がありますがこのアプローチのエラーの機会を紹介し、可能性保守頭痛後で。

適切な手法は Microsoft Visual Studio インストーラーなど展開ツールを使用してです。 技術情報および Visual Studio インストーラーのダウンロードについては、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/vstudio/downloads/tools/vsi11/default.aspx
Visual Studio インストーラーを使用して、スマート タグ DLL を展開する、次の手順に従います。
  1. [ スタート ] メニューの [ プログラム ] をポイントし、 Microsoft Visual Studio 6. 0 を指す、 Microsoft Visual Studio 6. 0 エンタープライズ ツール ] をポイントし、 Visual Studio インストーラー
  2. [ 新しいプロジェクト ] ダイアログ ボックスの 新規作成 ]、 Visual Studio フォルダーを展開し、 Visual Studio インストーラー プロジェクト フォルダーをクリックします。
  3. 空インストーラー アイコンをクリックして、 名前 ] ボックスに新しいプロジェクトの名前を入力を新しいプロジェクトをビルドする位置を示す 場所 ] ボックスに、パスを入力して [ 開く ] をクリックします。
  4. プロジェクト エクスプローラー ウィンドウ] で レジストリ をダブルクリックします。
  5. 対象コンピューター上のレジストリ フォルダーを展開し、[ HKEY_CURRENT_USER フォルダー] を展開します。
  6. [ ソフトウェア ] フォルダーを右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を Microsoft に変更します。
  7. 新しく作成した Microsoft フォルダーを右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を Office に変更します。
  8. 新しく作成された Office フォルダーを右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を 一般的な </a0> に変更します。
  9. 新しく作成したを右クリックして、 共通 のフォルダーの 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を スマート タグ に変更します。
  10. 新しく作成した スマート タグ のフォルダーを右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を 操作 に変更します。
  11. [新しく作成した アクション ] フォルダーを右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を続けて、スマート タグ アクション クラス ファイル、ファイル拡張子をすべてマイナスの名をピリオドでパターンを続けて、スマート タグ DLL の名前に変更します。 などの場合、スマート タグ アクションのクラス ファイルの名前は"SmartTagAction"、スマート タグ DLL の名前は"MyFirstSmartTag"、キーの名前を MyFirstSmartTag.SmartTagAction することができます。
  12. スマート タグ フォルダー手順 9 を 新規作成 ] をポイントで作成して [ キー ] をクリックを右クリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を データとして認識する対象 に変更します。
  13. 新しく作成された データとして認識する対象 フォルダーを右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ キー ] をクリックします。 New Key #1 フォルダーの名前を続けて、スマート タグ レコグナイザー クラス ファイル、ファイル拡張子をすべてマイナスの名をピリオドでパターンを続けて、スマート タグ DLL の名前に変更します。 などの場合、スマート タグ アクションのクラス ファイルの名前は"SmartTagRecognizer"、スマート タグ DLL の名前は"MyFirstSmartTag"、キーの名前を MyFirstSmartTag.SmartTagRecognizer することができます。
  14. プロジェクト エクスプローラー ウィンドウで、 ファイル を右クリックして 追加 ] をポイントして [ ファイル ] をクリックします。 スマート タグ、エンド ユーザーのコンピューターにインストールする DLL を探して [ 開く ] をクリックします。
  15. [ ビルド ] の [ ビルド ] をクリックします。 : エラー メッセージ"インストール ダイアログには、の開始が無効です"などが表示される場合不一致バージョン Mergemod.dll 付属している Visual Studio インストーラーでというファイルのしている可能性がありますを 作成 する </a0>] をクリックするとします。 この問題を解決する方法の詳細についてをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
    281650BUG: 昇降計 (VSI) プロジェクト-] ダイアログのインストール エラーをコンパイルできません。
  16. 手順 3 で作成したパスを Windows エクスプローラーを使用して参照します。 そのパスでは 出力 という名前のフォルダーが見つかります。 [ 出力 ] </a0> フォルダーを開き [ DISK_1 という名前のフォルダーを開きます。 このフォルダーでは、.msi 拡張子のファイルが見つかります。 これはエンドユーザーに配布が Visual Studio インストーラー ファイルです。 インストールして、スマート タグ DLL を登録するには、エンドユーザーする必要があります、.msi ファイルをダブルクリックして、デフォルトのセットアップ ウィザードを示す値を受け入れてだけです。

次の手順

Visual Studio インストーラーのインストールの豊富なセット] ダイアログ ボックス示しアンインストールまたは修復の操作について、エンドユーザーの アプリケーションの追加と削除 アプレットにエントリを挿入します。

関連情報

スマート タグ DLL を作成する方法の詳細については、次の記事を参照してください。
スマート タグ DLL を開発します。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa140238.aspx

Microsoft Office XP のスマート タグ ソフトウェア開発キット (SDK)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=3d8edcee-0246-43ef-a70f-94c0899f1e8f&displaylang=en
詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) 資料を参照してください:
286267[HOW TO Office XP での使用を Visual Basic で、スマート タグ DLL を作成
292596方法: Office XP での使用の ATL でスマート タグ DLL を作成します。
スマート タグ DLL を展開の詳細については、次の資料を参照してください。
Visual Studio インストーラーを使用してスマート タグ DLL を展開します。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa140235(office.10).aspx

プロパティ

文書番号: 305110 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 10.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Visual Studio 6.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowtomaster kbmt KB305110 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:305110
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com