ASP.NET ロードマップを情報:

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 305140
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP305140
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で学び、習得するためのロードマップを提供します。ASP.NET。ロードマップ資料オンラインなど、有用な情報へのリンクを提供します。ドキュメント、技術記事、および Microsoft のホワイト ペーパー、マイクロソフトの製品またはテクノロジの学習を支援します。

詳細

はじめに

ASP.NET では、Microsoft .net の centerpieces の 1 つです。フレームワークと容易に開発については、.net の動的なインフラストラクチャを提供Web アプリケーションです。ASP.NET は、Microsoft Active Server の後継となるないです。Pages (ASP)、それは提供の統一された Web 開発プラットフォーム、サービスを開発者向けエンタープライズ Web アプリケーションを構築するために必要です。ASP.NETASP に対して大きな機能強化が用意されていて、多くの新機能が含まれています。

ASP.NET の簡単な概要については、マイクロソフトの次のトピックを参照してください。.NET Framework ソフトウェア開発キット (SDK) のドキュメント:
ASP.NET の概要
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/4w3ex9c2 (vs.71)
ASP.NET クイック スタート チュートリアルを開始する別の起点となります次の Microsoft GotDotNet Web サイトまたは、次のように共有をローカル コンピューターの場合:
http://quickstarts.asp.net/QuickStartv20/

- または -

http://localhost/quickstart/aspplus

概要

このセクションのほとんどの ASP.NET ページの概要します。フレームワークの機能します。

ページ フレームワーク

ASP.NET のページ フレームワークは、スケーラブルでプログラミング モデルサーバー上の Web ページを動的に生成する使えます。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
305141 情報: ASP.NET ページのフレームワークの概要

サーバー コントロール

ASP.NET サーバー コントロールを開発するコントロールのセットです。プロパティをメソッドにアクセスするのには、構造化プログラミング モデルを提供するにはサーバー側のコードからユーザー インターフェイスのコントロールのイベント。以外にも、組み込みコントロール、ASP.NET ページのフレームワークによりユーザを作成するにはコントロールとカスタム コントロール。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
306459 情報: ASP.NET サーバー コントロールの概要

状態の管理

HTTP はステートレス プロトコルです。要求ごとにサービスを受けています。用意されています。要求が処理された後は、すべてのデータは破棄されます。状態なし同じクライアントからの要求にわたって保持されます。

しかし、そのソリューションによっては要求間で状態を維持するために非常に便利です。ASP.NETアプリケーション状態とセッション状態の使用を維持することができます。アプリケーションおよびセッション変数それぞれ。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
307598 情報: ASP.NET の状態管理の概要

キャッシュ

ASP.NET キャッシュは汎用キャッシュの Web です。アプリケーションです。キャッシュ用の単純なインターフェイスと詳細の両方を提供します。期限切れおよび変更の依存関係サービスを公開する高度なインターフェイスです。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
307225 情報: ASP.NET のキャッシュの概要

データのバインド

ASP.NET のデータ バインド コンポーネントをデータにバインドすることができます。ソースと単純なプロパティ、コレクション、式、およびメソッドデータベースやその他のデータを使用すると、柔軟性の高いことができます。意味します。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
307860 情報: ASP.NET のデータ バインドの概要

セキュリティ

ASP.NET 使用するとセキュリティを実装する複数のコントロールがアプリケーションです。ASP.NET セキュリティと共にインターネット機能します。情報サービス (IIS) のセキュリティと認証が含まれていて、承認サービスを使用して、ASP.NET のセキュリティ モデルを実装します。ASP.NET も両方を実装することができますは、ロール ベースのセキュリティ機能が含まれています。Microsoft Windows および Windows 以外のユーザー アカウント。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
306590 情報: ASP.NET の「セキュリティの概要

構成

構成にはすべてのアプリケーション設定などが含まれます。as データベースのセキュリティの詳細および方法に関する情報への接続エラー処理する必要があります。構成ファイルはコンピューターに固有の場所を提供します。することなくが変更できるアプリケーション固有の情報コードを再コンパイルします。 詳細については、次の文書番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには。
307626 情報: ASP.NET の構成の概要

HTTP モジュールと HTTP ハンドラー

HTTP モジュールと HTTP ハンドラーの不可欠な部分には、ASP.NET のアーキテクチャです。複数の HTTP モジュール ASP.NET の各要求を処理します。(たとえば、認証モジュールとセッション モジュール) と、1 つの HTTP ハンドラーによって処理します。ハンドラーは、処理を完了した後、要求は HTTP モジュールでの要求フローします。 詳細については、記事をクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには、次の番号:
307985 情報: ASP.NET の HTTP モジュールと HTTP ハンドラーの概要

技術"How To"資料

記事を達成するための手順を実現する方法特定のタスク。クリックしてください。ここでは ASP.NET How To 資料の一覧を表示するには

ガイドライン

ASP.NET に関するガイドラインの詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。
ASP.NET の認証: .net セキュリティ ガイド
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms978378.aspx

Microsoft .net と COM の移行と相互運用性
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms978506.aspx

トラブルシューティング

問題が発生して、質問への回答が必要な場合は、ニュースグループを参照してください、マイクロソフト サポート技術を検索できます。
Microsoft ASP.NET のパブリック ニュースグループ
http://msdn.microsoft.com/en-us/netframework/aa569261.aspx
関連情報については、ASP.NET は検索可能なキーワード、内の記事を表示するには、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
303992 情報: が .net のキーワードはナレッジ ベースの記事を関連

関連情報

詳細については、次の Microsoft .net を参照してください。Web サイト:
Microsoft .net 開発
(.NET Framework SDK ドキュメント、ホワイト ・ ペーパー、その他のリソースが含まれています)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms950381.aspx

CodPlex
(Microsoft 製品グループ チームのページ、ホワイト ペーパー、サンプル、および、リソース センターが含まれています)
http://www.codeplex.com

マイクロソフト ASP.NET
(リソースおよびサード ・ パーティ製の ASP.NET サイトへのリンクが含まれています)
http://www.asp.net
詳細については一般的な情報については、ASP.NET は、次の MSDN ニュースグループを参照してください。
microsoft.public.dotnet.framework.aspnet

プロパティ

文書番号: 305140 - 最終更新日: 2012年6月29日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbcaching kbhttpruntime kbdatabinding kbstate kbwebforms kbsecurity kbconfig kbarttyperoadmap kbservercontrols kbmt KB305140 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:305140
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com