文書番号: 305478 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP305478
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows XP でドメイン メンバではないコンピュータ用のパスワード リセット ディスクを作成し使用する方法について説明します。問題が発生した場合のトラブルシューティング手順はこの資料の最後に記載しています。

はじめに

この資料では、ワークグループに所属するコンピュータ、またはネットワークに接続されていないコンピュータのパスワード リセット ディスクの作成方法と使用方法について説明します。パスワード リセット ディスクを使用すると、パスワードを忘れた場合でも Windows XP ベースのコンピュータにログオンできます。

ドメイン メンバのコンピュータ用のパスワード リセット ディスクを作成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306214 [HOW TO] ドメイン内のコンピュータでパスワード リセット ディスクを作成して使用する方法

パスワード リセット ディスクの作成方法

ローカル ユーザー アカウント用のパスワード リセット ディスクを作成するには、以下のいずれかの方法を使用します。

必要条件

以下の手順では、空のフォーマット済みフロッピー ディスクが 1 枚必要です。

コンピュータの管理者アカウントを使用している場合

管理者のアカウントを使用してコンピュータにログオンしている場合、以下の手順に従ってユーザー アカウントのパスワード リセット ディスクを作成します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [ユーザー アカウント] をクリックします。
  3. [ユーザー アカウント] ウィンドウで、作業を行うアカウントをクリックします。
  4. [関連した作業] の [パスワードを忘れないようにする] をクリックしてパスワード ディスクの作成ウィザードを開始し、[次へ] をクリックします。
  5. 空のフォーマット済みディスクをドライブ A に挿入して、[次へ] をクリックします。
  6. [現在のユーザー アカウント パスワード] ボックスに、手順 3. で選択したユーザー アカウントのパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。

    : ユーザー アカウントにパスワードを設定していない場合は、[現在のユーザー アカウント パスワード] ボックスにパスワードを入力しないでください。

    パスワード ディスクの作成ウィザードにより、ディスクが作成されます。
  7. [進行状況] バーが [100% 完了] に到達したら [次へ] をクリックして、[完了] をクリックします。
  8. パスワード リセット ディスクを取り出し、ラベルを貼ります。ディスクを安全な場所に保管します。

制限付きアカウントを使用している場合

制限付きアカウントを使用してコンピュータにログオンしている場合、以下の手順に従ってユーザー アカウントのパスワード リセット ディスクを作成します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [作業する分野を選びます] で [ユーザー アカウント] をクリックします。
  3. [関連した作業] の [パスワードを忘れないようにする] をクリックして、パスワード ディスクの作成ウィザードを開始します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 空のフォーマット済みディスクをドライブ A に挿入して、[次へ] をクリックします。
  6. [現在のユーザー アカウント パスワード] ボックスにパスワードを入力して、[次へ] をクリックします。

    : ユーザー アカウントにパスワードを設定していない場合は、[現在のユーザー アカウント パスワード] ボックスにパスワードを入力しないでください。

    パスワード ディスクの作成ウィザードにより、ディスクが作成されます。
  7. [進行状況] バーが [100% 完了] に到達したら [次へ] をクリックして、[完了] をクリックします。
  8. パスワード リセット ディスクを取り出し、ラベルを貼ります。ディスクを安全な場所に保管します。

パスワード リセット ディスクを使用してコンピュータにログオンする方法

パスワードを忘れた場合、パスワード リセット ディスクとパスワードのリセット ウィザードを使用して、作成した新しいパスワードでコンピュータにログオンできます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP のログオン画面で、使用するユーザー名をクリックします。[パスワードの入力] ボックスが表示されます。Enter キーを押すか、または右矢印ボタンをクリックします。以下のエラー メッセージが表示されます。
    パスワードを忘れてしまいましたか?
    [?] をクリックして、パスワードのヒントを参照することができます。
    または、パスワード リセット ディスクを使うことができます。

    もう一度パスワードを入力してください。
    大文字と小文字を区別して正しく入力してください。
  2. [パスワード リセット ディスクを使う] をクリックします。パスワードのリセット ウィザードが開始されます。パスワードのリセット ウィザードを使用するとユーザー アカウントの新しいパスワードを作成できます。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. パスワード リセット ディスクをドライブ A に挿入し、[次へ] をクリックします。
  5. [新しいパスワード] ボックスに新しいパスワードを入力します。
  6. [パスワードの確認入力] ボックスに同じパスワードを入力します。
  7. [新しいパスワードのヒントを入力してください] ボックスに、パスワードを忘れた場合に思い出すためのヒントを入力します。

    : このヒントは、このユーザー アカウントを使用してコンピュータにログオンするすべてのユーザーに表示されます。
  8. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。パスワードのリセット ウィザードが終了し、Windows XP のログオン画面に戻ります。

    : パスワード リセット ディスクは、新しいパスワードの情報に自動的に更新されます。新しいパスワード リセット ディスクを作成する必要はありません。
  9. [パスワードの入力] ボックスに新しいパスワードを入力し、右矢印ボタンをクリックしてコンピュータにログオンします。

トラブルシューティング

  • パスワード リセット ディスクを使用して、他のコンピュータのパスワードをリセットすることはできません。

    作成するパスワード リセット ディスクは、そのディスクを作成したコンピュータのみで使用できます。たとえば、同じユーザー名とパスワードの Windows XP ベースのコンピュータが 2 台ある場合に、1 台目のコンピュータで作成したパスワード リセット ディスクを使用して、2 台目のコンピュータのパスワードをリセットすることはできません。
  • パスワード リセット ディスクには機密情報が含まれています。

    パスワード リセット ディスクを使用すれば、第三者でもコンピュータにアクセスすることができます。このため、ディスクは安全で信頼できる場所に保管することが重要です。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 305478 (最終更新日 2004-05-24) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 305478 - 最終更新日: 2005年6月10日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster KB305478
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com