[XCON ルーティングが使用しないアドレス スペースの制限のためは、以上の特定のアドレス空間が使用できない場合でも、メッセージを配信するには小さい特定が

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 305525 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Exchange 2000、さまざまなアドレス空間に複数のコネクタがあり、"集計アドレス スペース"他のルーティング グループから送信先ルーティング グループを使用する場合ルーティング可能性がありますいない使用制限のためより固有なアドレス空間がない場合でも、メッセージを配信する小さい固有のアドレス スペース。

解決方法

この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
301378[XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
この修正プログラムの英語版には、次のファイル属性があります以降。

コンポーネント : ルーティング

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン
Mtaroute.dll6.0.4720.41
Phatq.dll6.0.4720.41
Reapi.dll6.0.4720.41
Resvc.dll6.0.4720.41
Tranmsg.dll6.0.4720.41

: ファイルの依存関係のため、この更新プログラムには Microsoft Exchange Server 2000 Service Pack 1 必要があります。

状況

マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange 2000 Server の問題として認識しています。 この問題は、まず Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 で修正されました。

詳細

コネクタ、ルーティング グループ、およびアドレス スペース情報

Exchange 2000 で作成できる組織全体ではなく、ルーティング グループのみで利用できるコネクタ。 このコネクタにアクセスする複数のダウンストリームのルーティング グループおくことです。 これを行う、下位のルーティング グループから、元のコネクタを格納する、ルーティング グループへのコネクタを作成、同じアドレス タイプと領域を使用します。

RoutingGroupA が ConnectorA の X400 アドレス スペースを持つを格納する例を検討する: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = 組織、ルーティング グループに範囲指定します。 RoutingGroupB ConnectorA を使用するのコネクタをする必要があります RoutingGroupB からへの存在の X400 アドレス スペースを持つ RoutingGroupA: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = 組織。 ようにメール ループでは、このコネクタを (組織) の代わりにルーティング グループにスコープがもする必要があります。

RoutingGroupC は RoutingGroupB からダウンストリームであるため、コネクタをする必要があります RoutingGroupC からへの存在の X400 アドレス スペースを持つ RoutingGroupB: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = ルーティング グループ スコープする必要があります組織。

場合、ルーティング エンジン、メッセージ RoutingGroupC から、アドレスに対して送信 X400 に似ています: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = 組織、s Justin、「最適一致」のルートをルーティング エンジン検索 = し、すべての 3 つのルート (RoutingGroupB コネクタと、RoutingGroupB、RoutingGroupA コネクタ--> RoutingGroupA コネクタを最終的な宛先--> RoutingGroupC) を検索します。

ルーティング エンジンはことが必要があります、ためメッセージを送信、ローカル コネクタ (RoutingGroupB コネクタ--> RoutingGroupC) 経由で、他のルートは、別のルーティング グループにスコープおよびそのルートがこのルーティング グループを使用できないため決定します。

この資料の「解決方法」」に記載されている修正プログラムの適用後、この動作は変わりません。

集計のアドレス スペース

さまざまなアドレス空間に複数のコネクタがあり、他のルーティング グループから送信先ルーティング グループに集計のアドレス スペースを使用しておくことがあります。

次の RoutingGroupA が、次のアドレス スペースを含む次のコネクタを格納する例
  • ConnectorA - X400: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = Org1、ルーティング グループに範囲指定します。
  • ConnectorB - X400: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = Org2、ルーティング グループに範囲指定します。
  • ConnectorC - X400: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = Org3、ルーティング グループに範囲指定します。
これらのコネクタを使用する RoutingGroupB を許可] に X 400 の集計のアドレス スペースを作成できます: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD RoutingGroupB から RoutingGroupA へのコネクタ。 としての例で [コネクタの情報"] セクションでこの資料のこのコネクタする必要がありますもはスコープ (組織) の代わりにルーティング グループにメール ループようにします。

RoutingGroupC は RoutingGroupB からダウンストリームであるため、コネクタをする必要があります RoutingGroupC から送信者の受信 RoutingGroupB を存在します。 そのコネクタの X400 集計アドレス スペースを使用できます: C 米国、A = ADMD、P = PRMD、= あり、そのルーティング グループにスコープする必要があります。

X400 などのアドレスに RoutingGroupC からメッセージを送信するかどうか: C 米国、A = ADMD、P = = PRMD、O = Org1、s = Justin、「最適一致」のルートをルーティング エンジン検索およびすべての 3 つのルート (RoutingGroupB コネクタと、RoutingGroupB、RoutingGroupA コネクタ--> RoutingGroupA でコネクタの最終的な宛先に--> RoutingGroupC) を検索します。

ルーティング エンジンこと、必要があります送信が決定、メッセージ RoutingGroupA で、コネクタ経由で、他のコネクタは低い特定の"であり、最適でないためであるため。 ルーティング エンジンは、コネクタが RoutingGroupA、できるだけされ、メッセージのような配信不能レポート (NDR) が生成されることという事実を考慮しません。
The following recipient(s) could not be reached:

   C=US,A=ADMD,P=PRMD,O=Org1,S=Justin on 8/8/2001 12:00 AM
      You do not have permission to send to this recipient. For assistance, contact your system administrator.
      <cpandl.adatum.com.com #5.7.1>
					
この現象は直感的でないしては Microsoft Exchange Server 5. 5 の動作と一致しません。

この資料の「解決方法」セクションで、修正プログラム適用すると、可能なルートとして次ルートが破棄、ルーティング エンジン。
  • コネクタのスコープは、ルーティング グループとローカルられていないをします。 - と -

  • ルートは、Exchange Server 5. 5 から学んだし、スコープは、サイトまたはローカルにします。
この方法で集計アドレス スペースを構成しようとしてください場合は、潜在的なメール ループが発生しないことを確認します。 ルーティング グループにこれらのアドレス スペースに追加するすべてのコネクタのスコープはある各ルーティング グループを確認します。

プロパティ

文書番号: 305525 - 最終更新日: 2014年1月29日 - リビジョン: 1.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange2000presp2fix kbmt KB305525 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:305525
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com