記憶域ネットワーク (SAN) からの起動のサポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 305547 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP305547
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、記憶域ネットワーク (SAN) からの Windows サーバーの起動のサポートについて説明しています。

詳細

SAN 製造元が Windows サーバーを起動する特定のハードウェア プラットフォームをサポートしている場合、マイクロソフトは、記憶域ネットワーク (SAN) からの起動をサポートします。SAN およびホスト バス アダプタ (HBA) は、SAN 製造元のガイドラインに従って構成されている必要があります。また、SAN 製造元は、起動に関連した問題についての中心的な問い合わせ窓口として機能する必要があります。この要件は、SAN からの起動がきわめて複雑なためにあります。SAN 製造元は SAN 起動についてのサポートを表明しているため、製造元は特定の構成をサポートする必要があります。この資料に含まれている情報は、SAN からの起動に必要な項目をすべて網羅することを目的としていないことに注意することが重要です。SAN 製造元は、そのハードウェアを全体として正しく機能させるための方法に関する固有の手順、ドライバ、ファームウェアの改定およびリソースを提供する必要があります。

構成

複数のコンピュータを SAN から正常に起動するためには、次の問題に対処する必要があります。
  • SAN は、スイッチを使用した環境で構成するか、各ホストから、ストレージ サブシステムの 1 つの Fibre Channel ポートに直接接続する必要があります。SAN に接続されたホストは相互に厳密には分離されないため、Fiber Channel - Arbitrated Loop (FC-AL) は使用できません。スイッチを使用した環境では、ホストが相互に分離されます。

  • ホストは、起動元となるディスクに排他的アクセスする必要があります。SAN 上の他のホストが、同じ論理ディスクを検出したり、アクセスしたりすることがないようにする必要があります。これは、論理ユニット番号 (LUN) マスク、ゾーン作成、またはこれらの方法の組み合わせなど、ある種の LUN 管理によって達成することができます。LUN 管理は通常、スイッチ、ストレージ サブシステム、ホスト バス アダプタ (HBA) レベルで構成し、Windows では構成できません。LUN の割り当て機能は、Windows では提供されません。

  • マルチパス ソフトウェアと複数の HBA によって、パス障害からの回復の可能性が高くなります。単独のホストに複数の HBA を搭載する目的は、冗長性と (おそらく) スループットの増大です。しかし、障害が発生し、SAN へのパスが失われると、一定の時間 SAN 上のドライブにアクセスできなくなることがあります。このパスの障害が原因で、Windows サーバーに問題が発生することがあります。マルチパス ソフトウェアの動作は、製造元によって大きく異なります。Windows カタログ (以前はハードウェア互換性リスト (HCL) と呼ばれていました) でストレージ/RAID システムをチェックし、ストレージ システムと共にマルチパス ドライバが Windows カタログに記載されていることを確認してください。マルチパス ソフトウェアが見つからない場合は、SAN の製造元に問い合わせてください。

    ストレージおよび RAID の Windows カタログを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/whdc/hcl/default.mspx
  • 接続されているホストが、クラスタ ソリューションに含まれる場合、同一の SAN に接続されている複数のクラスタの使い方に関する次の資料を参照してください。
    304415 同一の SAN デバイスに接続された複数のクラスタに関するサポート
  • 接続されているホストが、Windows 2000 クラスタ ソリューションの一部である場合は、起動処理用に 1 つの HBA を使用し、共有記憶域用には別個の HBA を使用する必要があります。
  • 接続されているホストが、Windows 2000 クラスタ ソリューションの一部であり、Microsoft マルチパス I/O (MPIO) 機能を使用している場合は、4 つの HBA が必要です。

トラブルシューティング

ここでは、Windows サーバーの SAN からの正常な起動を妨げる可能性のあるいくつかの問題について説明しています。
  • SAN を構成する際に非常によく見られる問題は、複数のホストが同一の論理ディスクにアクセスする可能性があることです。この問題は通常、適切な LUN 管理機能が展開されていないために発生します。Windows のデフォルトの動作では、HBA ドライバの読み込み時に、検出されたすべての論理ユニットを接続し、マウントします。複数のホストが同じディスクをマウントした場合、ファイル システムの破損をまねく可能性があります。SAN の構成しだいで、単独のホストだけが特定の論理ディスクに同時にアクセスできるようにすることができます。複数のホストが同一の論理ディスクにアクセスしている現象は次のように現れます。
    ディスクの管理で、複数のホスト上に同一の論理ディスクが表示される。新しい論理ディスクを追加または構成した場合、複数のホストで、プラグ アンド プレイにより新しいハードウェアが検出されることがあります。マイ コンピュータまたはエクスプローラを使用して、論理ディスクにアクセスしようとした場合、同一の論理ディスクに他のホストがアクセスしていることを示す "アクセスが拒否されました"、"デバイスの準備ができていません" または類似したエラー メッセージが表示されることがあります。
  • コンピュータが応答を停止 (ハング) するか、応答に時間がかかる。これは、ページファイルの待機時間が大きいことを意味する可能性があり、次のようなシステム ログのイベントを伴うことがあります。
    イベント ID : 51
    種類 : 警告
    ソース : Disk
    説明 : ページング操作中にデバイス \Device\Harddisk0\DR0 上でエラーが検出されました。

    イベント ID : 11
    ソース : %HBA_DRIVER_NAME%
    説明 : ドライバは Device\ScsiPort0 でコントローラ エラーを検出しました。

    イベント ID : 9
    ソース : %HBA_DRIVER_NAME%
    説明 : デバイス \Device\ScsiPort0 はタイムアウト期間内に応答しませんでした。
    上記のエラー メッセージがシステム ログに書き込まれている場合、Windows がディスクにアクセスしようとして、問題があったことを示しています。参照先のディスクが SAN 上にある場合、待機時間の問題を示している可能性があります。イベント ID 51 が見られる場合、メモリ マネージャがメモリから、またはメモリへデータをコピーしようとして、問題があったことを示しています。他に、ページファイルの待機時間の問題を示す現象として、Windows サーバーにシステム障害が発生した場合に、次のいずれかのエラー メッセージがブルー スクリーン上に表示されます。
    0x00000050 PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

    または

    0x0000000A IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL

    可能性のある解決方法は、ページファイルをホストのローカル ハード ディスク上に置くことです。Windows では、データをメモリにページ インまたはページ アウトする際に、ページファイルに安定してアクセスできる必要があります。ページファイルをホストのローカルに置くことで、アクセスが SAN 上の他のデバイスやホストから影響を受けないようにします。

    : ページファイルがブート パーティション (通常 c:\Windows か c:\WINNT) と同じパーティション上にない場合、Memory.dmp ファイルが作成されません。Memory.dmp ファイルは、STOP エラーが発生した Windows コンピュータのトラブルシューティングに使用されます。crashdump 用にコンピュータを構成する方法については、Windows のヘルプを参照してください。
前の問題を解決する方法はいくつかあります。第一の方法は、SAN 上で発生しているすべてのイベントの時刻を関連付けることです。たとえば、HostA が大きなコピー処理を実行していて、HostB がエラー 9 を報告している場合、LUN 管理が適切でないことを示している可能性があります。別の例として、HostA の再起動時に必ず HostB でエラーが発生している場合があります。これは、FC-AL が使用されていて、HostB が HostA の LIP (Loop Initialization Primitive) シーケンスによる影響を受けていることを示している可能性があります。これらの問題は、SAN の再構成によって修正される可能性が高く、そのためには、ハードウェアの製造元による支援が必要です。待機時間の問題は、いずれもページファイルを Windows サーバーのローカル ハード ディスク上に配置することによって、解決する可能性がありますが、これによって、メモリ ダンプの作成ができなくなります。理解すべき要点は、SAN のハードウェア製造元は、適切な構成に関するほとんどの情報を所有し、構成上の疑問や問題のすべてに対する最初の問い合わせ窓口となる必要があることです。

SAN 環境での Windows サーバー クラスタの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
304415 同一の SAN デバイスに接続された複数のクラスタに関するサポート
280743 地理的に分散したサイトでの Windows クラスタリング
301647 記憶域ネットワークにおけるクラスタ サービスの強化点

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 305547 (最終更新日 2004-11-16) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 305547 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 10.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbenv kbnetwork KB305547
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com