Internet Explorer で cookie の数およびサイズの制限

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306070
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306070
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Internet Explorer には、最低限の制限を推奨、次の RFC 2109 に準拠しています。
  • 少なくとも 300 の cookie
  • cookie ごとに、少なくとも 4,096 バイト (のサイズによって測定される、構文では、端末の cookie を構成する文字Set-cookie ヘッダーの説明)
  • 一意のホストまたはドメイン名ごとに少なくとも 20 の cookie
これらの推奨最小制限で、RFC 2109、6.3 では、「実装制限」のセクションが表示されます。詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

詳細

各 cookie は、名前と値のペアで開始します。このペアは、0、またはセミコロンで区切られた属性と値のペアを複数続きます。1 つのドメイン名は、各 cookie の 4,096 バイトに制限されてです。この合計は 4 キロバイト (KB) の 1 つの名前/値ペアとして存在できます。 または、合計 4 KB までに 20 の名前と値を組み合わせた。コンピューターに cookie を格納するのに十分な領域を持たない場合は、cookie は破棄されます。それは切り捨てられません。アプリケーションはいくつかのクッキー、可能な限り小さなとして cookie 限り使用してください。さらに、アプリケーションは cookie の損失を処理することができます。

19 を超えるカスタム cookie は、Web アプリケーションを使用する場合は、ASP セッション状態が失われる場合があります。Internet Explorer 4.0 以降では、合計 20 の cookie のドメインごとのことができます。20 またはよりカスタム cookie を使用する場合は ASPSessionID cookie をであるため、ブラウザーは ASPSessionID cookie を破棄し、セッションが失われるに強制的されます。

20 以上の名前/値ペアを格納するには、各 cookie を cookie の 4,096 バイトの制限をいくつかの名前/値ペアを連結することによって、cookie ディクショナリを作成できます。現在、クライアント側のスクリプトからこれらの値を取得するには、cookie を手動で解析する必要があります。ただし、Active Server Pages の要求および応答オブジェクトの cookie ディクショナリ ディクショナリ オブジェクトとして使用する組み込みの機能が含まれます。次のサンプル コードは、ASP ページで cookie 辞書の使用を示しています。
<%
   Response.Cookies ("MyCookie")("a")="A"
   Response.Cookies ("MyCookie")("b")="B"   
   Response.Cookies ("MyCookie")("c")="C"
   Response.Cookies ("MyCookie")("d")="D"
   Response.Cookies ("MyCookie")("e")="E"
   Response.Cookies ("MyCookie")("f")="F"
   Response.Cookies ("MyCookie")("g")="G"
   Response.Cookies ("MyCookie")("h")="H"
   Response.Cookies ("MyCookie")("i")="I"
   Response.Cookies ("MyCookie")("j")="J"
   Response.Cookies ("MyCookie")("k")="K"
   Response.Cookies ("MyCookie")("l")="L"
   Response.Cookies ("MyCookie")("a1")="A"
   Response.Cookies ("MyCookie")("b1")="B"   
   Response.Cookies ("MyCookie")("c1")="C"
   Response.Cookies ("MyCookie")("d1")="D"
   Response.Cookies ("MyCookie")("e1")="E"
   Response.Cookies ("MyCookie")("f1")="F"
   Response.Cookies ("MyCookie")("g1")="G"
   Response.Cookies ("MyCookie")("h1")="H"
   Response.Cookies ("MyCookie")("i1")="I"
   Response.Cookies ("MyCookie")("j1")="J"
   Response.Cookies ("MyCookie")("k1")="K"
   Response.Cookies ("MyCookie")("l1")="L"
  
   Response.Cookies("MyCookie").Expires = "12/31/2001"


    For Each strKey In Request.Cookies
      Response.Write strKey & " = " & Request.Cookies(strKey) & "<BR><BR>"
      If Request.Cookies(strKey).HasKeys Then
        For Each strSubKey In Request.Cookies(strKey)
          Response.Write "->" & strKey & "(" & strSubKey & ") = " & _
            Request.Cookies(strKey)(strSubKey) & "<BR>"
        Next
      End If
    Next
%>
Internet Explorer 5.0 以降のバージョンでは、セッション間でデータを永続化するのには、 userData動作を使用できます。この現象は、cookie よりも大きい容量があります。

Document.cookieプロパティはdocument.cookieプロパティを使用して、クライアント側の cookie を取得する場合は、4,096 バイトのみを取得できます。このバイトの合計が 4 kb の 1 つの名前/値ペアを指定できます。 または 4 KB の合計サイズが、最大 20 の名前/値ペアを指定できます。

Document.getcookie関数は、Microsoft の HTML のCDocument::GetCookieメソッドを呼び出します。

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
820536Document.Cookie プロパティは空の文字列を返します

関連情報

RFC 2109 仕様の詳細については、次の Web サイトを参照してください。
インターネット エンジニア リング タスク フォース (IETF)
http://www.ietf.org/rfc/rfc2109.txt

World Wide Web コンソーシアム (W3C)
http://www.w3.org/Protocols/rfc2109/rfc2109
Cookieコレクションの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms525394 (v=vs.90)
UserData動作の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms531424.aspx
Cookie の詳細については、次のクッキーの中心的な Web サイトを参照してください。
http://www.cookiecentral.com/
詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
157906VBScript でのページ間で状態を維持する方法
175167 Active Server Pages アプリケーションの状態を保存する方法
Microsoft Internet Explorer 用の Web ベース ソリューションの開発の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ie/

http://support.microsoft.com/iep
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

プロパティ

文書番号: 306070 - 最終更新日: 2012年6月18日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB306070 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:306070
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com