[参照の追加] ダイアログ ボックスにアセンブリを表示する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306149 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Visual Studio .NET でクラス ライブラリを開発しているとき、作成したライブラリが [参照の追加] ダイアログ ボックスの [.NET] タブの一覧に表示されるようにすることができます。この方法を利用すれば、[参照の追加] ダイアログ ボックスの [参照] をクリックしてコンポーネントを選択する必要はありません。

この方法は、アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュにインストールしている場合は利用できません。[参照の追加] ダイアログ ボックスはパスに基づいており、グローバル アセンブリ キャッシュからはコンポーネントを列挙できないためです。

アセンブリを [参照の追加] ダイアログ ボックスに表示するには、以下のようにレジストリ キーを追加して、アセンブリの場所を指定します。
[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\AssemblyFolders\MyAssemblies]@="C:\MyAssemblies"
MyAssemblies は、アセンブリがあるフォルダの名前です。

: このレジストリ エントリは、HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブの下に作成できます。この場所にエントリを作成すると、システム上のすべてのユーザーの設定が変更されます。このレジストリ エントリを HKEY_CURRENT_USER の下に作成すると、このエントリは現在のユーザーの設定にのみ影響を与えます。

キーの追加後、Visual Studio .NET を再起動します。

詳細

システムで実行している他のアプリケーションとアセンブリを共有する場合を除いて、アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュにインストールしないことを強くお勧めします。また、プロジェクトでグローバル アセンブリ キャッシュからアセンブリを直接参照することはできません。グローバル アセンブリ キャッシュからアセンブリを使用する場合は、ローカル フォルダにアセンブリをドロップし、そのフォルダからアセンブリへの参照を追加する必要があります。アセンブリをローカルのプロジェクト フォルダにコピーしない場合、そのアセンブリの "ローカル コピー" プロパティを [False] に設定します。実行時、アプリケーションによってグローバル アセンブリ キャッシュからそのアセンブリが使用されます。

.NET Framework 3.0 Service Pack 1 (SP1) をインストールすると、以下のレジストリ サブキーが追加されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\AssemblyFolders\v3.0
.NET Framework 3.5 をインストールすると、以下のレジストリ サブキーが追加されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\AssemblyFolders\v3.5
: これらのレジストリ サブキーは、オブジェクト ブラウザに含まれている新機能をサポートするために追加されます。オブジェクト ブラウザの詳細については、以下の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/exy1facf(VS.71).aspx

関連情報

アセンブリおよびグローバル アセンブリ キャッシュの関連情報については、以下の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/yf1d93sz(vs.71).aspx
[参照の追加] ダイアログ ボックスの関連情報については、以下の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ftcwa60a(vs.71).aspx

プロパティ

文書番号: 306149 - 最終更新日: 2008年10月27日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 1.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Academic Edition
    • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Architect
    • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Developer
    • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft .NET Framework 1.1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Academic Edition
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
    • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft .NET Framework 2.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition
    • Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition
    • Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition
  • Microsoft .NET Framework 3.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio 2008 Academic Edition
    • Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition
    • Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition
  • Microsoft .NET Framework 3.5?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Visual Studio 2008 Academic Edition
    • Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition
    • Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition
キーワード:?
kbcmndlg kbdeployment kbhowto kbideproject kbinfo KB306149
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com