ASP.NET アプリケーションに偽装を実装する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306158 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306158
この資料では、次の Microsoft .NET Framework クラス ライブラリの名前空間を参照しています。
  • System.Web.Security
  • System.Security.Principal
  • System.Runtime.InteropServices
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ASP.NET アプリケーションに偽装を実装するさまざまな方法について説明します。

詳細

ASP.NET のスレッドでユーザーを偽装する場合、必要に応じて、以下のいずれかの方法を使用できます。 : 次のコードを使用すると、スレッドを実行しているユーザーを判断できます。
System.Security.Principal.WindowsIdentity.GetCurrent().Name
				

IIS が認証済みのアカウントまたはユーザーを偽装する

ASP.NET アプリケーションのすべてのページに対するすべての要求で Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) が認証したユーザーを偽装するには、このアプリケーションの Web.config ファイルに <identity> タグを含め、impersonate 属性を true に設定する必要があります。以下に例を示します。
<identity impersonate="true" />
				

ASP.NET アプリケーションのすべての要求に対し、特定のユーザーを偽装する

ASP.NET アプリケーションのすべてのページで、すべての要求に対して特定のユーザーを偽装するには、そのアプリケーションの Web.config 内の <identity> タグに userName 属性と password 属性を指定できます。以下に例を示します。
<identity impersonate="true" userName="accountname" password="password" />
				
: スレッドで特定のユーザーを偽装するプロセスの ID は、"オペレーティング システムの一部として機能する" 特権を持つ必要があります。デフォルトでは、Aspnet_wp.exe プロセスは ASPNET というコンピュータ アカウントで実行されます。しかし、このアカウントには、特定のユーザーを偽装するために必要な特権がありません。特定のユーザーを偽装しようとすると、エラー メッセージが表示されます。このことは .NET Framework 1.0 にのみ当てはまります。この特権は .NET Framework 1.1 では必要ありません。

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • ASPNET アカウント (最小限の特権を持つアカウント) に "オペレーティング システムの一部として機能する" 特権を与えます。

    : この方法を使用しても問題を回避できますが、この方法を使用することはお勧めできません。
  • Aspnet_wp.exe プロセスを実行するアカウントを、Machine.config ファイルの <processModel> 構成セクションにある System アカウントに変更します。

コード内で認証中のユーザーを偽装する

コードの特定部分を実行するときのみ、認証中のユーザー (User.Identity) を偽装するために、以下のコードを使用できます。この方法を実行するには、認証中のユーザーの ID が WindowsIdentity 型である必要があります。

Visual Basic .NET
Dim impersonationContext As System.Security.Principal.WindowsImpersonationContext
Dim currentWindowsIdentity As System.Security.Principal.WindowsIdentity
currentWindowsIdentity = CType(User.Identity, System.Security.Principal.WindowsIdentity)
impersonationContext = currentWindowsIdentity.Impersonate()
'Insert your code that runs under the security context of the authenticating user here.
impersonationContext.Undo()
				
Visual C# .NET
System.Security.Principal.WindowsImpersonationContext impersonationContext;
impersonationContext = 
    ((System.Security.Principal.WindowsIdentity)User.Identity).Impersonate();
//Insert your code that runs under the security context of the authenticating user here.
impersonationContext.Undo();
				
Visual J# .NET
System.Security.Principal.WindowsImpersonationContext impersonationContext;
impersonationContext = 
    ((System.Security.Principal.WindowsIdentity)get_User().get_Identity()).Impersonate();
//Insert your code that runs under the security context of the authenticating user here.
impersonationContext.Undo();
				

コード内で特定のユーザーを偽装する

コードの特定部分を実行するときのみ、特定のユーザーを偽装するために、以下のコードを使用します。

Visual Basic .NET
<%@ Page Language="VB" %>
<%@ Import Namespace = "System.Web" %>
<%@ Import Namespace = "System.Web.Security" %>
<%@ Import Namespace = "System.Security.Principal" %>
<%@ Import Namespace = "System.Runtime.InteropServices" %>
<script runat=server>
Dim LOGON32_LOGON_INTERACTIVE As Integer = 2
Dim LOGON32_PROVIDER_DEFAULT As Integer = 0
Dim impersonationContext As WindowsImpersonationContext
Declare Function LogonUserA Lib "advapi32.dll" (ByVal lpszUsername As String, _
                        ByVal lpszDomain As String, _
                        ByVal lpszPassword As String, _
                        ByVal dwLogonType As Integer, _
                        ByVal dwLogonProvider As Integer, _
                        ByRef phToken As IntPtr) As Integer
Declare Auto Function DuplicateToken Lib "advapi32.dll" ( _
                        ByVal ExistingTokenHandle As IntPtr, _
                        ByVal ImpersonationLevel As Integer, _
                        ByRef DuplicateTokenHandle As IntPtr) As Integer
Declare Auto Function RevertToSelf Lib "advapi32.dll" () As Long
Declare Auto Function CloseHandle Lib "kernel32.dll" (ByVal handle As IntPtr) As Long
Public Sub Page_Load(ByVal s As Object, ByVal e As EventArgs)
    If impersonateValidUser("username", "domain", "password") Then
        'Insert your code that runs under the security context of a specific user here.
        undoImpersonation()
    Else
        'Your impersonation failed. Therefore, include a fail-safe mechanism here.
    End If
End Sub
Private Function impersonateValidUser(ByVal userName As String, _
ByVal domain As String, ByVal password As String) As Boolean
    Dim tempWindowsIdentity As WindowsIdentity
    Dim token As IntPtr = IntPtr.Zero
    Dim tokenDuplicate As IntPtr = IntPtr.Zero
    impersonateValidUser = False
    If RevertToSelf() Then
        If LogonUserA(userName, domain, password, LOGON32_LOGON_INTERACTIVE, 
                     LOGON32_PROVIDER_DEFAULT, token) <> 0 Then
            If DuplicateToken(token, 2, tokenDuplicate) <> 0 Then
                tempWindowsIdentity = New WindowsIdentity(tokenDuplicate)
                impersonationContext = tempWindowsIdentity.Impersonate()
                If Not impersonationContext Is Nothing Then
                    impersonateValidUser = True
                End If
            End If
        End If
    End If
    If Not tokenDuplicate.Equals(IntPtr.Zero) Then
        CloseHandle(tokenDuplicate)
    End If
    If Not token.Equals(IntPtr.Zero) Then
        CloseHandle(token)
    End If
End Function
Private Sub undoImpersonation()
    impersonationContext.Undo()
End Sub
</script>
Visual C# .NET
<%@ Page Language="C#"%>
<%@ Import Namespace = "System.Web" %>
<%@ Import Namespace = "System.Web.Security" %>
<%@ Import Namespace = "System.Security.Principal" %>
<%@ Import Namespace = "System.Runtime.InteropServices" %>
<script runat=server>
public const int LOGON32_LOGON_INTERACTIVE = 2;
public const int LOGON32_PROVIDER_DEFAULT = 0;
WindowsImpersonationContext impersonationContext; 
[DllImport("advapi32.dll")]
public static extern int LogonUserA(String lpszUserName, 
	String lpszDomain,
	String lpszPassword,
	int dwLogonType, 
	int dwLogonProvider,
	ref IntPtr phToken);
[DllImport("advapi32.dll", CharSet=CharSet.Auto, SetLastError=true)]
public static extern int DuplicateToken(IntPtr hToken, 
	int impersonationLevel,  
	ref IntPtr hNewToken);
                          
[DllImport("advapi32.dll", CharSet=CharSet.Auto, SetLastError=true)]
public static extern bool RevertToSelf();
[DllImport("kernel32.dll", CharSet=CharSet.Auto)]
public static extern  bool CloseHandle(IntPtr handle);
public void Page_Load(Object s, EventArgs e)
{
	if(impersonateValidUser("username", "domain", "password"))
	{
		//Insert your code that runs under the security context of a specific user here.
		undoImpersonation();
	}
	else
	{
		//Your impersonation failed. Therefore, include a fail-safe mechanism here.
	}
}
private bool impersonateValidUser(String userName, String domain, String password)
{
	WindowsIdentity tempWindowsIdentity;
	IntPtr token = IntPtr.Zero;
	IntPtr tokenDuplicate = IntPtr.Zero;
	if(RevertToSelf())
	{
		if(LogonUserA(userName, domain, password, LOGON32_LOGON_INTERACTIVE, 
			LOGON32_PROVIDER_DEFAULT, ref token) != 0)
		{
			if(DuplicateToken(token, 2, ref tokenDuplicate) != 0) 
			{
				tempWindowsIdentity = new WindowsIdentity(tokenDuplicate);
				impersonationContext = tempWindowsIdentity.Impersonate();
				if (impersonationContext != null)
				{
					CloseHandle(token);
					CloseHandle(tokenDuplicate);
					return true;
				}
			}
		} 
	}
	if(token!= IntPtr.Zero)
		CloseHandle(token);
	if(tokenDuplicate!=IntPtr.Zero)
		CloseHandle(tokenDuplicate);
	return false;
}
private void undoImpersonation()
{
	impersonationContext.Undo();
}
</script>
Visual J# .NET
<%@ Page language="VJ#" %>
<%@ Import Namespace="System.Web" %>
<%@ Import Namespace="System.Web.Security" %>
<%@ Import Namespace="System.Security.Principal" %>
<%@ Import Namespace="System.Runtime.InteropServices" %>
<script runat=server>
public static int LOGON32_LOGON_INTERACTIVE = 2;
public static int LOGON32_PROVIDER_DEFAULT = 0;
WindowsImpersonationContext impersonationContext; 
/** @attribute DllImport("advapi32.dll") */ 
public static native int LogonUserA(String lpszUserName, 
	String lpszDomain, 
	String lpszPassword,
	int dwLogonType, 
	int dwLogonProvider, 
	System.IntPtr[] phToken);
/** @attribute DllImport("advapi32.dll",
 CharSet=CharSet.Auto, SetLastError=true) */ 
public static native int DuplicateToken(System.IntPtr hToken,
	int impersonationLevel,
	System.IntPtr[] hNewToken);
/** @attribute DllImport("kernel32.dll",CharSet=CharSet.Auto) */ 
public static native  boolean CloseHandle(System.IntPtr[] handle);
/** @attribute DllImport("advapi32.dll",
 	 CharSet=CharSet.Auto,SetLastError=true) */	 
public static native boolean RevertToSelf();
public void Page_Load(Object s, System.EventArgs e)
{
	if(impersonateValidUser("username", "domain", " password"))
	{
		//Insert your code that runs under the security context of a specific user here.
		undoImpersonation();
	}
	else
	{
		//Your impersonation failed. Therefore, include a fail-safe mechanism here.
	}
}
private boolean impersonateValidUser(String userName, String domain, String password)
{
	WindowsIdentity tempWindowsIdentity;
	System.IntPtr[] token = new System.IntPtr[1];
	System.IntPtr[] tokenDuplicate = new System.IntPtr[1];
	if(RevertToSelf())
	{
		if(LogonUserA(userName, domain, password, LOGON32_LOGON_INTERACTIVE, 
			LOGON32_PROVIDER_DEFAULT, token) != 0)
		{
			if(DuplicateToken(token[0], 2, tokenDuplicate) != 0) 
			{
				tempWindowsIdentity = new WindowsIdentity(tokenDuplicate[0]);
				impersonationContext = tempWindowsIdentity.Impersonate();
				if (impersonationContext != null)
				{
					CloseHandle(tokenDuplicate);
					CloseHandle(token);
					return true;
				}				
			}			
		} 
	}
	if(!token[0].Equals(System.IntPtr.Zero))
		CloseHandle(token);
	if(!tokenDuplicate[0].Equals(System.IntPtr.Zero))
		CloseHandle(tokenDuplicate);
	return false;
}
private void undoImpersonation()
{
	impersonationContext.Undo();
}
</script>
				
: スレッドで特定のユーザーを偽装するプロセスの ID は、"オペレーティング システムの一部として機能する" 特権を持つ必要があります。デフォルトでは、Aspnet_wp.exe プロセスは ASPNET というコンピュータ アカウントで実行されます。しかし、このアカウントには、特定のユーザーを偽装するために必要な特権がありません。特定のユーザーを偽装しようとすると、エラー メッセージが表示されます。このことは .NET Framework 1.0 にのみ当てはまります。この特権は .NET Framework 1.1 では必要ありません。

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • ASPNET アカウントに "オペレーティング システムの一部として機能する" 特権を与えます。

    : 問題の回避策としてこの方法を使用することはお勧めできません。
  • Aspnet_wp.exe プロセスを実行するアカウントを、Machine.config ファイルの <processModel> 構成セクションにある System アカウントに変更します。

関連情報

ASP.NET セキュリティの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306590 [INFO] ASP.NET のセキュリティについて

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306158 (最終更新日 2004-11-03) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。

プロパティ

文書番号: 306158 - 最終更新日: 2005年7月11日 - リビジョン: 4.7
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.0
  • Microsoft ASP.NET 1.1
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual J# .NET 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbsecurity KB306158
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com