文書番号: 306524 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306524
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

コンピュータに CD (コンパクト ディスク) レコーダーを設置すると、CD-R (compact disc-recordable) または CD-RW (compact disc-rewritable) にファイルやフォルダをバックアップできます。この資料では、CD-R または CD-RW にファイルやフォルダをバックアップする方法について説明します。


ファイルとフォルダを CD にコピーする

ファイルとフォルダを CD にコピーするには、次の手順を実行します。
  1. 空の書き込み可能な CD を CD レコーダーに挿入します。
  2. [マイ コンピュータ] をダブルクリックし、CD にコピーするファイルまたはフォルダをクリックします。複数のファイルを選択するには、Ctrl キーを押しながらファイルをクリックします。
  3. 以下のいずれかのオプションをクリックします。
    • [このファイルをコピーする]
    • [このフォルダをコピーする]
    • [選択した項目をコピーする]
  4. [項目のコピー] ダイアログ ボックスで、記録する CD ドライブをクリックし、[コピー] をクリックします。
  5. マイ コンピュータの記録する CD ドライブをダブルクリックします。

    ファイルが CD にコピーされるまで保持される一時領域が表示されます。CD にコピーするファイルとフォルダが [CD に書き込む準備ができたファイル] に表示されていることを確認します。
  6. [CD 書き込みのタスク] の [これらのファイルを CD に書き込む] をクリックします。
  7. CD 書き込みウィザードが起動したら、ウィザードの指示に従います。
  8. 処理が終了すると、ウィザードに同じ手順で別の CD を作成するためのチェック ボックスが表示されます。同じ CD の複数のコピーを作成する場合は、[ はい、これらのファイルを別の CD に書き込む ] をクリックし、空の書き込み可能な CD を CD レコーダーに挿入します。ウィザードの指示に従います。 : ファイルまたはフォルダを CD にコピーした後、CD を参照して、ファイルがコピーされていることを確認することをお勧めします。

CD レコーダーの一時ファイルを削除する

CD レコーダーの一時格納領域からファイルとフォルダを削除するには、次の手順を実行します。
  1. [マイ コンピュータ] をダブルクリックし、記録する CD ドライブをダブルクリックします。

    ファイルが CD にコピーされるまで保持される一時格納領域が表示されます。一時格納領域内のファイルまたはフォルダは、[CD に書き込む準備ができたファイル] に表示されます。
  2. [CD 書き込みのタスク] の [一時的なファイルを削除する] をクリックします。

    一時格納領域からファイルとフォルダが削除され、ごみ箱に移動されます。 : 一時格納領域の内容を削除すると、この領域を CD にコピーする他のファイルとフォルダ用に使用できます。コンピュータ上の元の場所または CD からファイルが削除されるわけではありません。

対処方法

  • 古い CD レコーダーでは、CD-RW ディスクを作成する (または "焼く") ことができない場合があります。この問題を解決するには、CD レコーダーを使用して、CD-R ディスクに情報をバックアップします。
  • CD-RW ディスクは消去して再利用できますが、ディスクを他のデバイス (オーディオ CD プレーヤーなど) で再生することはできません。この問題を解決するには、CD レコーダーを使用して、CD-R ディスクに情報をバックアップします。CD-R への書き込みは 1 度しかできませんが、ほとんどの CD プレーヤーおよび CD-ROM ドライブで再生できます。
  • CD への記録が散発的に失敗する場合があります。この問題を解決するには、次のいずれかの方法を実行してください。
    • 定期的にハード ディスクを最適化します。[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[ディスク デフラグ] をクリックします。
    • 定期的にハード ディスクのエラーをチェックします。エラー チェック ツールを使用して、ハード ディスク上のファイル システムのエラーや不良セクタをチェックできます。
      1. [マイ コンピュータ] をダブルクリックし、チェックするローカル ハード ディスクをクリックします。
      2. [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。
      3. [ツール] タブをクリックし、[エラー チェック] の [チェックする] をクリックします。
      4. [チェック ディスクのオプション] にある [不良セクタをスキャンし、回復する] チェック ボックスをオンにします。
    • CD に記録するファイル用に、十分なハード ディスク領域を確保します。ディスク クリーンアップを使用して、ハード ディスク上に空き領域を確保します。[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[ディスク クリーンアップ] をクリックします。
    • 記録処理を開始する前に、他のすべてのプログラム (スクリーン セーバーやウイルス対策ソフトウェアなど) を閉じ、記録処理を妨げる可能性のあるプログラムを起動しないようにします。




関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306524 (最終更新日 2001-11-02) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 306524 - 最終更新日: 2011年5月15日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
jptrf kbbackup kbhowto kbhowtomaster KB306524
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com