文書番号: 306531 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306531
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows XP で圧縮 (zip) フォルダーを作成および使用する方法について説明します。ファイル、フォルダー、およびプログラムを圧縮すると、サイズが小さくなり、ドライブやリムーバブル記憶装置で使用される領域が少なくなります。

また、この資料では、圧縮フォルダーへのアイテムの追加および削除方法、およびパスワードを使用してフォルダーを保護する方法についても説明します。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

詳細

圧縮フォルダーの作成方法

別のフォルダー内に圧縮フォルダーを作成する場合は、方法 1. に進みます。デスクトップに圧縮フォルダーを作成する場合は、方法 2. に進みます。

方法 1:マイ コンピューターを使用して圧縮フォルダーを作成する

マイ コンピューターを使用して圧縮フォルダーを作成するには、次の手順に従います。
  1. デスクトップで [マイ コンピューター] をダブルクリックし、圧縮フォルダーを作成するフォルダーを開きます。たとえば、ドライブ C のルート フォルダーに圧縮フォルダーを作成する場合は、[マイ コンピューター] をダブルクリックし、ドライブ C をダブルクリックしてルート フォルダーを開きます。

    注: デスクトップに [マイ コンピューター] アイコンが表示されていない場合は、[スタート] をクリックし、[マイ コンピューター] をクリックします。
  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[圧縮 (zip 形式) フォルダー] をクリックします。
  3. 新しいフォルダーの名前を入力して、Enter キーを押します。新しい圧縮フォルダーは、ジッパーの付いたフォルダー アイコンで表示されます。設定されているフォルダー オプションによっては、.zip ファイル名拡張子も表示されます。

方法 2: デスクトップまたはフォルダーに圧縮フォルダーを作成する

  1. デスクトップまたは開いているフォルダーの空白の領域を右クリックし、[新規作成] をポイントし、[圧縮 (zip 形式) フォルダー] をクリックします。
  2. 新しいフォルダーの名前を入力して、Enter キーを押します。新しい圧縮フォルダーは、ジッパーの付いたフォルダー アイコンで表示されます。設定によっては、.zip ファイル名拡張子も表示されます。

ファイルやフォルダーを圧縮フォルダーから移動する方法

圧縮されていないフォルダーからファイルやフォルダーを移動する場合と同様に、圧縮フォルダーからファイルやフォルダーを移動します。たとえば、ファイルやフォルダーを圧縮フォルダーにドラッグできます。ファイルやフォルダーを圧縮フォルダーに移動すると、そのファイルは自動的に圧縮されます。圧縮フォルダーから移動したファイルは自動的に展開されます。

圧縮フォルダーからファイルを展開する方法

圧縮フォルダーからファイルやフォルダーを取得することを展開するといいます。一度に 1 つのファイルまたはフォルダーを展開することも、複数のファイルまたはフォルダーを展開することもできます。1 つのファイルまたはフォルダーを展開するには、次の手順を実行します。
  1. 圧縮フォルダーをダブルクリックして開きます。
  2. 次に、ファイルまたはフォルダーを圧縮フォルダーから新しい場所にドラッグします。
注: 元の圧縮ファイルは、圧縮フォルダー内に残ります。

圧縮フォルダーからすべてのファイルおよびフォルダーを展開するには、展開ウィザードを使用します。展開ウィザードを使用するには、次の手順を実行します。
  1. 圧縮フォルダーをダブルクリックして開きます。[フォルダーのタスク] リストに [ファイルをすべて展開] コマンドが表示されます。
  2. [ファイルをすべて展開] をクリックして展開ウィザードを起動し、[次へ] をクリックして展開プロセスを開始します。
  3. ファイルの展開先を指定するように求めるメッセージが表示されたら、場所を指定し、[次へ] をクリックします。既定では、[展開されたファイルを表示する] が選択されています。
  4. [完了] をクリックして、展開したファイルを表示します。
注: 展開ウィザードを実行した後、元の圧縮ファイルは圧縮フォルダーに残っています。

パスワードにより圧縮フォルダーを保護する方法

パスワードを使用して、圧縮フォルダー内のファイルやフォルダーへのアクセスを制限できます。

重要 パスワードで保護された圧縮ファイルのパスワードは復元できません。パスワードを紛失すると、そのファイルにアクセスできなくなります。

注: 空の圧縮フォルダーをパスワードで保護することはできません。

圧縮されたフォルダーのコンテンツを保護するには、次の手順を実行します。
  1. パスワードで保護する圧縮フォルダーをダブルクリックします。
  2. [ファイル] メニューの [パスワードの追加] をクリックします。
  3. [パスワード] ボックスに、使用するパスワードを入力します。[パスワードの確認入力] ボックスに同じパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
注: パスワードで保護されたファイルを移動したり、開いたりすると、[パスワードの入力] ダイアログ ボックスが表示されます。[パスワード] ボックスに正しいパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 306531 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbui KB306531
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com