文書番号: 306559 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306559
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows XP を以下のオペレーティング システムとのマルチブート システムとしてセットアップする方法について説明します。
  • Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows NT 4.0、および Microsoft Windows NT 3.51
  • Microsoft Windows 95 Operating System Release 2 (OSR2)、Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows Millennium Edition (Me)
  • MS-DOS または Microsoft Windows 3.x
コンピューター上に複数のオペレーティング システムをインストールし、コンピューターを起動するたびに使用するオペレーティング システムを選ぶことができます。これは、デュアルブート構成またはマルチブート構成と呼ばれます (意味のわからない用語については、この資料の末尾の用語集を参照してください)。

ディスク ボリュームとディスク フォーマット

暗号化ファイル システム (EFS) は、Windows XP Home Edition では使用できません。

ハード ディスクの再フォーマットと修復

以下の条件に該当する場合は、ハード ディスクの再フォーマットとパーティションの再作成を行う必要があります。
  • ボリュームが 1 つしかない場合

    各オペレーティング システムは、それぞれ独自のファイルおよび構成情報を保持できるように、コンピューター上の別々のボリュームにインストールする必要があります。
  • ブート パーティションが適切なファイル システムでフォーマットされていない場合
    • MS-DOS、Windows 95、Windows 98 または Windows Me を使用してマルチブート システムを作成する場合は、システム パーティションを FAT16 または FAT32 でフォーマットする必要があります。これは、システム パーティションが NTFS の場合には、オペレーティング システムが起動できないためです。
    • Windows 95、Windows 98、または Windows Me と Microsoft Windows XP とを使用してマルチブート システムを作成する場合は、ブート パーティションを FAT16 でフォーマットする必要があります。これは、Windows 95、Windows 98 および Windows Me で NTFS ファイル システムがサポートされていないためです。
    • Windows 95、Windows 98、または Windows Me を、Windows NT 4.0、Windows 2000、または Windows XP と共にインストールする場合は、ブート パーティションを FAT16 でフォーマットします。これは、Windows NT 4.0 で FAT32 ファイル システムがサポートされていないためです。
    • Windows 98 または Windows Me と Windows 2000 または Windows XP とを使用してマルチブート システムを作成する場合は、ブート パーティションを FAT32 でフォーマットできます。

      注: Windows NT 4.0、Windows 2000、または Windows XP のボリュームを NTFS 以外のファイル システムでフォーマットすると、NTFS 固有の機能が失われます。失われる機能には、ファイル システム セキュリティ、暗号化ファイル システム (EFS) の設定、ディスク クォータ、リモート記憶域などの Windows XP のいくつかの機能が含まれます。同様に、Windows 95、Windows 98 および Windows Me では、NTFS パーティションが認識されず、不明なパーティションと見なされます。したがって、Windows 98 または Windows Me のパーティションを FAT としてフォーマットし、Windows XP のパーティションを NTFS としてフォーマットした場合、Windows 98 または Windows Me の実行中に NTFS パーティション上のファイルを使用したり表示したりすることはできません。

サポートされているファイル システム

以下の表は、Microsoft オペレーティング システムでサポートされているファイル システムを示しています。
オペレーティング システム   サポートされているファイル システム
   -----------------------------------------

MS-DOS                 FAT
Windows 3.1            FAT
Windows NT             FAT、NTFS
Windows 95             FAT
Windows 95 OSR2        FAT、FAT32
Windows 98             FAT、FAT32
Windows Me             FAT、FAT32
Windows 2000           FAT、FAT32、NTFS
Windows XP             FAT、FAT32、NTFS
				

注意事項

Windows XP と他のオペレーティング システムとのマルチブート構成を作成する前に、以下の点に注意してください。
  • マルチブート システムの作成を実行する前に、必ず現在のシステムおよびすべてのデータ ファイルのバックアップを作成してください。
  • 各オペレーティング システムは別々のボリュームにインストールする必要があります。マイクロソフトでは、同じボリュームに対する複数のオペレーティング システムのインストールはサポートしていません。
  • コンピューター上にボリュームが 1 つしかない場合は、マルチブート構成の作成を開始する前に、ハード ディスクの再フォーマットおよびパーティションの再作成を実行して複数のボリュームを作成しておく必要があります。ただし、単に Windows XP の別のコピーをインストールする場合を除きます。
  • NTFS 圧縮ユーティリティを使用して圧縮されていない圧縮ドライブ上に Windows XP をインストールしないでください。
  • コンピューターが Windows 2000 または Windows XP のセキュリティで保護されたドメイン上にある場合は、各オペレーティング システムに対して異なるコンピューター名を使用する必要があります。
  • オペレーティング システムは以下の順序でインストールします。
    1. MS-DOS
    2. Windows 95、Windows 98 または Windows Me
    3. Windows NT
    4. Windows 2000
    5. Windows XP

Windows XP と MS-DOS、Windows 95、Windows 98、または Windows Me とのマルチブート システムを作成する

注: マルチブート構成にインストールできる Windows 95、Windows 98、または Windows Me のインスタンスは 1 つです。Windows 95、Windows 98、および Windows Me の各プラットフォームでは同じブート ファイルを使用するため、1 台のコンピューターで Windows 95、Windows 98、または Windows Me がマルチブートするように構成することはできません。たとえば、Windows 95、Windows 2000、および Windows XP をマルチブートで使用することはできますが、Windows 95、Windows 98、および Windows XP をマルチブートで使用することはできません。

Windows XP のブート セクターおよびスタートアップ ファイルが、他のオペレーティング システムによって上書きされるのを防ぐため、Windows XP のインストールは、MS-DOS、Windows 95、Windows 98、または Windows Me のインストール後に行う必要があります。

Windows XP と MS-DOS、Windows 95、Windows 98、または Windows Me とのマルチブート システムを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. ハード ディスクが適切なファイル システムでフォーマットされていることを確認します。
  2. 複数のオペレーティング システムを別々のボリュームにインストールします。MS-DOS、次に Windows 95、Windows 98 または Windows Me、その次に Windows XP という順序でインストールしてください。
  3. 以下のいずれかの手順を実行します。
    • MS-DOS、Windows 95、Windows 98 または Windows Me と Windows XP とのマルチブート システムを作成する場合は、MS-DOS、Windows 95、Windows 98 または Windows Me をインストールした後、Windows XP をインストールします。
    • Windows 95、Windows 98 または Windows Me と Windows XP とのデュアルブート システムを作成する場合は、Windows 95、Windows 98 または Windows Me をインストールした後、Windows XP をインストールします。
    各オペレーティング システムは、標準のインストール手順に従ってインストールします。

Windows NT 4.0 と Windows XP とのマルチブート システムを作成する

Windows NT 4.0 と Windows XP の両方を含むマルチブート システムを長期的なソリューションとして使用することはお勧めしません。Windows NT 4.0 の Service Pack 5 (SP5) に含まれている NTFS 更新プログラムは、Windows XP の評価およびアップグレードのみを目的とするものです。

Windows NT 4.0 と Windows XP とのマルチブート システムを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. ハード ディスクが適切なファイル システムでフォーマットされていることを確認します。
  2. Windows NT 4.0 をインストールして SP5 を適用した後、Windows XP を別のボリュームにインストールします。 各オペレーティング システムは、標準のインストール手順に従ってインストールします。
注: Windows NT 4.0 と、Windows 2000 または Windows XP のいずれかとの組み合わせから成る複数のオペレーティング システムをインストールする (これ以外のオペレーティング システムはインストールされていない) 場合には、Windows NT 4.0 の SP5 がインストールされていることを確認してください。Windows XP は、システム上で検出されたすべての NTFS パーティションを Windows 2000 および Windows XP で使用されている NTFS のバージョンにアップグレードします。Windows NT 4.0 で、Windows 2000 および Windows XP で使用されている NTFS のバージョンによってフォーマットされたボリューム上のファイルを読み書きするには、SP5 を使用する必要があります。

複数のオペレーティング システムにプログラムをインストールする

複数のオペレーティング システムにプログラムをインストールする場合は、各オペレーティング システムを別々のエンティティとして扱う必要があります。プログラムやドライバーは、これらを使用する各オペレーティング システムにインストールしなければなりません。たとえば、同じコンピューター上の Windows 98 と Windows XP の両方で Microsoft Word を使用する場合は、Windows 98 を起動して Microsoft Word をインストールした後、コンピューターを Windows XP で再起動し、Microsoft Word を再びインストールする必要があります。

: Windows 95 または Windows 98 では、初回使用時にハードウェアの設定が再構成される場合があります。これにより、Windows XP の起動時に構成に関する問題が発生することがあります。

起動時の既定のオペレーティング システムを指定する

コンピューター上に複数のオペレーティング システムがある場合、コンピューター起動時の既定として任意のオペレーティング システムを設定することができます。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[システム] をダブルクリックします。
  • [詳細設定] タブの [起動と回復] で、[設定] をクリックします。
  • [起動システム] の [既定のオペレーティング システム] ボックスの一覧で、コンピューターの電源を入れたときまたはコンピューターを再起動したときに起動するオペレーティング システムをクリックします。
  • [オペレーティング システムの一覧を表示する時間] チェック ボックスをオンにし、既定のオペレーティング システムが自動的に起動する前に一覧を表示する秒数を入力します。

    ブート オプション ファイルを手動で編集するには、[編集] をクリックします。ブート オプション ファイル (Boot.ini) を編集すると、コンピューターが使用できなくなる可能性があるため、マイクロソフトではこのファイルを修正しないことを強く推奨します。

トラブルシューティング

  • Microsoft Internet Explorer を起動すると、Internet Explorer が終了し、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。
    iexplore の一般保護エラーです。モジュール: kernel32.dll
    このエラーは、1 つのボリューム上に複数のオペレーティング システムをインストールした場合に発生することがあります。

    この問題を解決するには、各オペレーティング システムを別々のボリューム上にインストールしてください。
  • コンピューター上で Windows 95 および Windows 98 (または Windows Me) の両方が起動するように構成することができません。

    コンピューター上で Windows 95 と Windows 98 (または Windows Me) がマルチブートするように構成することはできません。これらのプラットフォームでは同じブート ファイルを使用するため、Windows 95、Windows 98 および Windows Me の同時マルチブートはサポートされていません。
  • コンピューターを起動したとき、ブート メニューが表示されず、Windows XP を起動できません。

    この問題は、Windows XP をインストールした後に、Windows 95、Windows 98 または Windows Me をインストールした場合に発生することがあります。

    この問題を解決するには、Windows XP を修復または再インストールします。



グロッサリー



ブート パーティション
ブート パーティションには、Windows オペレーティング システムとそのサポート ファイルが含まれています。ブート パーティションは、システム パーティションと同じ場合もありますが、同じである必要はありません。システム パーティションは 1 つだけですが、マルチブート システムでは各オペレーティング システムに 1 つのブート パーティションがあります。

: ダイナミック ディスクでは、ブート ボリュームと呼ばれています。

Windows XP でのディスク記憶域の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
314343 Windows XP のベーシック記憶域とダイナミック記憶域
関連項目: システム パーティション、ボリューム



デュアルブート
2 つの異なるオペレーティング システムを起動できるコンピューターの構成。
関連項目: マルチブート



拡張パーティション
拡張パーティションは、1 つのディスク ドライブに 5 つ以上のパーティションを必要とする場合のために開発されたものです。拡張パーティションは、それ自体に複数のパーティションを搭載でき、これによって単一ドライブ上に作成できるパーティション数を増やすことができます。拡張パーティションは、フォーマット済みでドライブ文字が割り当てられた論理ドライブのコンテナーです。新しいディスク ドライブの容量の増大によって、拡張パーティションの導入が進みました。



FAT (ファイル アロケーション テーブル)
MS-DOS およびその他の Windows ベースのオペレーティング システムでファイルを管理するのに使用されているファイル システム。ファイル アロケーション テーブル (FAT) とは、FAT または FAT32 ファイル システムを使用してボリュームをフォーマットしたときに Windows によって作成されるデータ構造です。Windows では、各ファイルに関する情報を FAT の中に格納し、後で取り出せるようにしています。
関連項目: FAT32、ファイル システム、NTFS ファイル システム



FAT32
FAT ファイル システムの一種。FAT32 では、FAT よりも小さいクラスター サイズと大きいボリュームをサポートしています。その結果、FAT32 ボリューム上では、領域の割り当てがより効率的になっています。
関連項目: FAT (ファイル アロケーション テーブル)、NTFS ファイル システム、ボリューム



ファイル システム
オペレーティング システムにおいてファイルの命名、格納、管理が行われる全体的な構造。NTFS、FAT、および FAT32 などの種類があります。
関連項目: NTFS ファイル システム、FAT (ファイル アロケーション テーブル)、FAT32



論理パーティション
論理パーティションは、拡張パーティション内に含まれるパーティションです。使用法に関しては、拡張されていないプライマリ パーティションと違いはありません。 拡張パーティション内に作成可能な論理ドライブの数は、使用できるドライブ文字の数、およびドライブの作成に利用できるハード ディスク空き容量によって制限されます。



マルチブート
2 つの異なるオペレーティング システムを起動できるコンピューターの構成。
関連項目: デュアルブート



NTFS ファイル システム
優れたパフォーマンス、セキュリティ (ファイルおよびフォルダーのアクセス許可)、信頼性を実現し、FAT のどのバージョンにも見られない高度な機能を備えたハイレベルのファイル システム。たとえば、NTFS では、標準のトランザクション ログ記録と復旧技術を使用して、ボリュームの整合性を保障しています。システムでエラーが発生した場合には、そのログ ファイルとチェックポイント情報を使用して、ファイル システムの整合性を復元します。また、Windows 2000 および Windows XP では、NTFS によって、暗号化、再解析ポイント、スパース ファイル、USN ジャーナル、ディスク クォータなどの高度な機能も提供されています。
関連項目: FAT32、FAT (ファイル アロケーション テーブル)、ファイル システム



プライマリ パーティション
オペレーティング システムの起動に使用するパーティション。プライマリ パーティションは、ディスク ドライブのパーティション テーブルで 4 つのプライマリ パーティション スロットのいずれかを利用します。 オペレーティング システムを含まないプライマリ パーティションを使用することもできます。



システム パーティション
システム パーティションとは、Ntldr、Boot.ini、Ntdetect.com など、Windows の起動に必要なハードウェア固有のファイルを含むディスク ボリュームです。システム パーティションは、ブート パーティションと同じ場合もありますが、同じである必要はありません。

: ダイナミック ディスクでは、システム ボリュームと呼ばれています。

関連項目: ブート パーティション、ボリューム



ボリューム
ボリュームとは、ハード ディスク上の格納領域のことで、プライマリ パーティションまたは拡張パーティション内の論理ドライブのいずれかを指します。ボリュームは、FAT や NTFS などのファイル システムによってフォーマットされ、ドライブ文字が割り当てられます。エクスプローラーまたはマイ コンピューターでボリュームのアイコンをクリックすると、そのボリュームの内容を表示できます。1 つのハード ディスクには、複数のボリュームを作成することができます。また、複数のディスクにまたがるボリュームを作成することもできます。
関連項目: FAT (ファイル アロケーション テーブル)、NTFS ファイル システム




注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 306559 - 最終更新日: 2013年9月26日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbenv kbhowtomaster KB306559
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com