ドメイン コント ローラーまたはクライアントのサイト外にあるグローバル カタログの場所を最適化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306602 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ドメイン コント ローラー ロケーター メカニズム Windows 2000 では、常にドメイン コント ローラーを検索して、クライアントのサイト内にあるドメイン コント ローラーを優先します。これは、ドメイン コント ローラーが存在するサイトのサイト固有のドメイン コント ローラー ロケーター DNS SRV リソース レコードを登録するドメイン コント ローラーで実行されます。

さらに、ドメイン コント ローラーはサイト固有のドメイン コント ローラー ロケーター DNS SRV リソース レコードは、ドメイン コント ローラーにドメイン コント ローラーのサイトに最も近い同じロールが格納されていない他のすべてのサイトを登録可能性があります。このような役割には、同じドメインのホストまたはグローバル カタログの役割が含まれます)。このメカニズムは、クライアントでないドメイン コント ローラーは、クライアントのサイトである場合に、最も近いドメイン コント ローラーが検索されることを確認します。

このメカニズムの詳細については、Windows 2000 Server リソース キットには 『 分散システム ガイド 』 の書籍、第 3 章を参照してください名前解決 Active directory。」。

場合はすべてのドメイン コント ローラーで同じ役割を (、同じドメインをホストしている、またはグローバル カタログがされている) が利用できなくなった、特定のサイトで同じサイトに存在するクライアント、他のサイトの最適化なしで他のドメイン コント ローラーにフェールオーバーします。

詳細

次の情報は、すべての特定のサイトが提供している、ドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログが使用できない場合、ドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログの場所を最適化するために使用する、推奨構成について説明します。「セクション 1」のハブ アンド スポーク トポロジの構成について説明します。「セクション II」について他のトポロジーの構成をについて説明します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

セクション i: ハブとスポークのトポロジ

ここでの推奨事項は、ハブとスポークのトポロジで以下の前提に基づいています。

すべてのサテライト サイト内のグローバル カタログおよびドメイン コント ローラーが利用不可になる場合は、ドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログには、そのサイトを検索して、クライアントがドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログは、中央のハブであり、他のサテライト サイトへフェイル オーバーことが望ましいです。このソリューションは、1 つのハブ サイトやがサテライト クライアントがフェイル オーバーは、セントラル サイトに関連するされていない場合に、複数の中央ハブにあるトポロジに適しています。

これにはをサテライト オフィス内のグローバル カタログとドメイン コント ローラー (サイト固有ではない) の汎用的なドメイン コント ローラー ロケーター DNS レコード登録する必要があります。これらのレコードだけが、ドメイン コント ローラーとグローバル カタログを中心に登録されます。クライアントがドメイン コント ローラーとは自分のサイトのグローバル カタログを見つけられない場合は、汎用 (サイト固有ではない) のドメイン コント ローラー ロケーター DNS レコードを使用して、すべてのドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログを検索してください。

次のレコードは、ドメイン コント ローラーまたはサテライト サイト内のグローバル カタログ登録されません。
  • Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラー
  • Windows 2000 ベースのドメイン コント ローラーを Service Pack 2 (SP2) 以降がインストールされて、または 267855 の記事では、サポート技術情報」で指定されている修正プログラム

ドメイン コント ローラーまたは汎用レコードを登録しないように、グローバル カタログを構成するのには

Windows 2000

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: DnsAvoidRegisterRecords
    データ型: REG_MULTI_SZ

    [参照テーブル] セクションで指定されている入力区切りニーモニックのリストには、値を設定します。
  4. レジストリ エディターを終了します。

Windows Server 2003

Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラーを構成するのには、「Dc によって登録されない DC ロケーター DNS レコード"の Net Logon サービス グループ ポリシーを使用します。これを行うには、[参照テーブル] セクションで指定された、空白で区切られたニーモニックの一覧を指定します。

参照テーブル

次の表には、ニーモニック、種類、およびサテライトのドメイン コント ローラーとドメイン コント ローラーの場所を最適化するのには、グローバル カタログで登録の対象外のドメイン コント ローラー ロケーター DNS レコードの所有者名が含まれます。

ドメイン コント ローラーに固有のレコード
元に戻す全体を表示する
ニーモニック種類DNS レコード
LdapIpAddressA<DnsDomainName></DnsDomainName>
LdapSRV_ldap._tcp。<DnsDomainName></DnsDomainName>
DcByGuidSRV_ldap._tcp。<DomainGuid>.domains._msdcs。<DnsForestName></DnsForestName></DomainGuid>
KdcSRV_kerberos._tcp.dc._msdcs。<DnsDomainName></DnsDomainName>
DcSRV[する a。<DnsDomainName></DnsDomainName>
Rfc1510KdcSRV_kerberos._tcp。<DnsDomainName></DnsDomainName>
Rfc1510UdpKdcSRV_kerberos._udp。<DnsDomainName></DnsDomainName>
Rfc1510KpwdSRV_kpasswd._tcp。<DnsDomainName></DnsDomainName>
Rfc1510UdpKpwdSRV_kpasswd._udp。<DnsDomainName></DnsDomainName>
グローバル カタログに固有のレコード
元に戻す全体を表示する
ニーモニック種類DNS レコード
GcSRV_ldap._tcp.gc._msdcs。<DnsForestName></DnsForestName>
GcIpAddressA対する。<DnsForestName></DnsForestName>
GenericGcSRV_gc._tcp。<DnsForestName></DnsForestName>
ドメイン コント ローラー ロケーター DNS レコードの完全な一覧については、『 Windows 2000 Server リソース キット分散システム ガイド」の書籍、第 3 章を参照してください名前解決 Active directory。」。ドメイン コント ローラー ロケーター DNS レコードの完全な一覧については、サポート技術情報の記事 Q267855 は、この資料に記載されて参照してください。

セクション II: その他のトポロジ

ローカル ドメイン コント ローラーとグローバル カタログが使用できなくなりますと中央のハブへのフェールオーバーが要件を満たしていない場合は、次の構成を使用できます。

場合は、クライアント (Microsoft Exchange サーバーを実行しているサーバー) サイトでドメイン コント ローラーとグローバル カタログをサイト B へのフェイル オーバーでは、一部またはすべてのドメイン コント ローラーの管理者を設定でき、サイトのドメイン コント ローラーとグローバル カタログの A サイト A のサイト固有のレコードを登録するには、サイト B 内のグローバル カタログが使用できなくなります。のみ、ドメイン コント ローラーとグローバル カタログをサイト A は SRV がドメイン コント ローラーとサイト A をカバーするグローバル カタログに登録する必要があります使用できません、その下を含む記録されている場合、ドメインを確認するのにはコント ローラーとグローバル カタログをサイト B からサイト内のクライアントから選択 (値高い) 優先順位。

メモ ドメイン コント ローラーによって登録された SRV レコードの優先度設定が適用されます。このため、管理者、オンサイト-specific-自分のサイトを含め、レコードの優先順位の低いドメイン コント ローラーが登録されるため、ドメイン コント ローラーを使用するのには、低い優先順位を設定するときは注意してください。

別のサイトのサイト固有のレコードを登録するのには、ドメイン コント ローラーを構成するのには

Windows 2000

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: SiteCoverage
    データ型: REG_MULTI_SZ

    ドメイン コント ローラーを登録する必要があります、スペースで区切られたサイト名の一覧に値を設定します。
  4. レジストリ エディターを終了します。

Windows Server 2003

Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラーを構成するのには、「サイト、ドメイン コント ローラー ロケーター DNS SRV レコードによってカバー」を使用して Net Logon サービス グループ ポリシー。これを行うには、ドメイン コント ローラーを登録する必要があります、スペースで区切られたサイト名の一覧を指定します。

別のサイトのサイト固有のレコードを登録するのには、グローバル カタログを構成するのには

Windows 2000

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: GcSiteCoverage
    データ型: REG_MULTI_SZ

    グローバル カタログを登録する必要があります、スペースで区切られたサイト名の一覧に値を設定します。
  4. レジストリ エディターを終了します。

Windows Server 2003

「サイト グローバル カタログ ロケーター DNS SRV レコードによってカバー」を使用して、キャリッジ リターンで区切られたサイトのリストを指定して、Net Logon サービス グループ ポリシー名、グローバル カタログの登録が必要に。

ドメイン コント ローラー SRV レコードを登録する特定の優先順位を構成するのには

Windows 2000

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: LdapSrvPriority
    データ型: REG_DWORD

    値は、優先順位の値を設定します。終了
  4. レジストリ エディターを終了します。

Windows Server 2003

Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラーを構成するのには、「優先ドメイン コント ローラー ロケーター DNS SRV レコード セット」を使用して Net Logon サービス グループ ポリシー。

関連情報

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
267855多くのドメイン コント ローラーで Active Directory 統合 DNS ゾーンに関する問題

プロパティ

文書番号: 306602 - 最終更新日: 2013年5月29日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbenv kbhowto kbnetwork kbmt KB306602 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:306602
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com