[HOW TO] ターミナル サービス ライセンスを使用して、ライセンス サーバーをアクティブ化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306622 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306622
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ターミナル サービス ライセンス使用して、ライセンス サーバーをアクティブ化する方法について説明しています。

概要

ターミナル サービス クライアントにライセンスを発行するには、ライセンス サーバーをアクティブ化しなければなりません。ライセンス サーバーをアクティブ化すると、サーバーの所有権と ID が正しいことを証明するデジタル証明書がマイクロソフトから提供されます。ライセンス サーバーは、この証明書を使ってマイクロソフトと所定の手続きを行い、ターミナル サービス サーバーで使用するクライアント ライセンスを受け取ります。この資料では、Windows 2000 Server および Windows 2000 Advanced Server におけるターミナル サービスのライセンス機能をアクティブ化する方法について説明します。以下の手順を実行するには、ターミナル サービス ライセンス コンポーネントがサーバーにインストールされている必要があります。

ライセンス サーバーは、次の 4 つの方法でアクティブ化することができます。
  • インターネットを使用する
  • World Wide Web を使用する
  • FAX を使用する
  • 電話を使用する
どの方法を使用する場合でも、[ターミナル サービス ライセンス] ウィンドウ内でコンソールを起動する必要があります。コンソールを起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、 [ターミナル サービス ライセンス] をクリックします。

上記の手順で [管理ツール] が見つからない場合は、次の手順を使って、コントロール パネルの [ターミナル サービス ライセンス] を起動してください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [管理ツール] をダブルクリックします。
  3. [Terminal Service Items] をクリックします。
  4. [ターミナル サービス ライセンス] をダブルクリックします。

インターネットを使ってライセンス サーバーをアクティブ化するには

  1. [ターミナル サービス ライセンス] ウィンドウを開きます。
  2. コンソール ツリーでアクティブ化したいライセンス サーバーを右クリックし、[サーバーのアクティブ化] をクリックして、[ライセンス ウィザード] を開始します。
  3. [接続方法] ページで [インターネット] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [ライセンス発行プログラム] ページでライセンスを購入した製品をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. 以降のページに、 サーバー アクティブ化暗証番号 (PIN) の取得に必要な情報を入力し、[次へ] をクリックします。ライセンス サーバーの情報がマイクロソフトに送信されます。要求が処理されると、マイクロソフトからサーバー アクティブ化 PIN が記載された電子メール メッセージが届きます。
  6. [手続きを完了しています] で、直ちに処理を完了させるか、暗証番号 (PIN) を受け取るまで完了を延期するか、あるいはアクティブ化処理を再開するかを選択し、[次へ] をクリックします。
  7. [アクティブ化暗証番号 (PIN)] に、マイクロソフトから受け取った暗証番号 (PIN) を入力し、[次へ] をクリックします。デジタル署名された証明書を使って、ライセンス サーバーがアクティブ化されます。次のいずれかの操作を行います。
    • ライセンス サーバーのクライアント ライセンス キー パックをインストールする場合は、[次へ] をクリックします。
    • キー パックを後でインストールする場合は、 [今すぐライセンスを登録する] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

World Wide Web を使ってライセンス サーバーをアクティブ化するには

  1. ターミナル サービス ライセンスを起動します。
  2. コンソール ツリーでアクティブ化したいライセンス サーバーを右クリックし、[サーバーのアクティブ化] をクリックして、[ライセンス ウィザード] を開始します。
  3. [接続方法] ページで [World Wide Web] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 画面上に示されたターミナル サービス Web サイトに接続します。このサイトには、インターネットにアクセスできるコンピュータならどのコンピュータからでも接続できます。必要な情報を入力すると、ライセンス サーバー ID が返されます。
  5. [ライセンス サーバーのアクティブ化] ページの ID 入力欄にライセンス サーバー ID を入力して、[次へ] をクリックします。これで、ライセンス サーバーがアクティブ化されます。次のいずれかの操作を行います。
    • ライセンス サーバーのクライアント ライセンス キー パックをインストールする場合は、[次へ] をクリックします。
    • キー パックを後でインストールする場合は、 [今すぐライセンスを登録する] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

FAX を使ってライセンス サーバーをアクティブ化するには

  1. ターミナル サービス ライセンスを起動します。
  2. コンソール ツリーでアクティブ化したいライセンス サーバーを右クリックし、[サーバーのアクティブ化] をクリックして、[ライセンス ウィザード] を開始します。
  3. [接続方法] ページで [FAX] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [国/地域の選択] ページで国または地域を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. その後の数ページに、ライセンス サーバーをアクティブ化するために必要な情報を入力していきます。サーバーをアクティブ化するときに、同時にクライアント ラインセンス キー パックをインストールするオプションも選択できます。
  6. [印刷] をクリックして、必要事項の記入されたアクティブ化要求フォームを印刷し、フォームに示されているマイクロソフトの FAX 番号宛てに FAX で送信します。ライセンス サーバー ID の記載された FAX がマイクロソフトから届きます。
  7. [ライセンス サーバーのアクティブ化] ページの ID 入力欄にライセンス サーバー ID を入力して、[次へ] をクリックします。これで、ライセンス サーバーがアクティブ化されます。

電話でライセンス サーバーをアクティブ化するには

  1. ターミナル サービス ライセンスを起動します。
  2. コンソール ツリーでアクティブ化したいライセンス サーバーを右クリックし、[サーバーのアクティブ化] をクリックして、[ライセンス ウィザード] を開始します。
  3. [接続方法] ページで [電話] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [国/地域の選択] ページで国または地域を選択し、[次へ] をクリックします。選択した地域用の電話番号が表示されます。
  5. ターミナル サービス ライセンス センター に電話をかけ、[ライセンス サーバーのアクティブ化] ページに表示されているプロダクト ID を伝えます。このとき、氏名、所属する組織名、使用しているライセンス プログラムの種類もお伺いします。センター内でライセンス サーバー アクティブ化要求が処理され、ライセンス サーバー用の一意な ID が作成されます。
  6. 担当者から伝えられたライセンス サーバー ID を入力し、[次へ] をクリックします。これで、ライセンス サーバーがアクティブ化されます。次のいずれかの操作を行います。
    • ライセンス サーバーのクライアント ライセンス キー パックをインストールする場合は、[次へ] をクリックします。
    • キー パックを後でインストールする場合は、 [今すぐライセンスを登録する] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

トラブルシューティング

  • アクティブ化されたライセンス サーバーは、ターミナル サービス クライアント ライセンスを管理するサーバーとして機能します。アクティブ化が完了するまでの間は、ターミナル サービス サーバーを 90 日間使用できる一時ライセンスをクライアントに発行することができます。
  • 入力した電子メール アドレスが正しいことを確認してください。
  • アクティブ化するときに [ライセンス ウィザード] に入力した接続方法や会社情報などは、後から変更することができます。

関連情報

ライセンス サーバーの起動方法およびインターネットを介したクライアントのインストール方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
237811 How to Activate a Terminal Services License Server and Install CALs Over the Internet
237811 インターネット経由で CAL をインストールする方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306622 (最終更新日 2001-11-02) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 306622 - 最終更新日: 2004年5月17日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbhowtomaster jptrf KB306622
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com