ASP を使用して、ブラウザーにバイナリファイルを書き込む方法を指定します。NET と Visual C# で。NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306654
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306654
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではサンプルのページが作成されます。ファイルからバイナリ データを取得する方法、および書き込む方法の例を示します、ASP を使用して、ブラウザーでデータをします。NET と Visual C# で。このファイル (Web アプリケーションのデモでは、Adobe Acrobat (.pdf)開発者がよく利用、その他のバイナリ ファイルにこの手順を適用することができます書式を設定します。

要件

  • マイクロソフト。NET フレームワーク
  • Microsoft Windows 2000 または Windows XP
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS)

ASP を作成します。Visual c# を使用して NET Web アプリケーション

このセクションでは、新しい ASP を作成する方法を示します。Netアプリケーションは、BinaryDemo をといいます。
  1. Microsoft Visual Studio を開きます。NET
  2. ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[プロジェクト] をクリックします。
  3. Visual c# プロジェクトの [プロジェクトの種類] をクリックします。ASPテンプレート] をクリックします。NET Web アプリケーションの
  4. ] ボックスに、入力します。 BinaryDemo.[場所] ボックスで、サーバー名を入力します。ローカルを使用している場合サーバー、場所として http://localhost のままにします。

PDF ファイルをプロジェクトに追加します。

追加したり、コードを実行できるように、プロジェクトを構成を設定するのには、 ASPX ページを作成します。 セクションにに従って、まずは、Adobe Acrobat (.pdf) ファイルを現在に追加します。プロジェクトです。Visual Studio でこれを行うには。NET は、次の手順を実行します。
  1. ソリューション エクスプ ローラーでプロジェクト ノードを右クリックし、 [追加] をクリックし、[既存項目の追加] をクリックします。
  2. .Pdf ファイルの場所への参照をシステム。
  3. ファイルを強調表示する] をクリックし、[開く] をクリックします。
  4. Visual Studio で。NET ソリューション エクスプ ローラーを右クリックし、ファイル、[名前の変更] をクリックします。ファイル名が一致するように、.pdf ファイルの名前を変更します。次のコードで使用する Acrobat.pdf。
さらに、Adobe Acrobat Reader がインストールされていることを確認してください。ブラウザーをできるようにの .aspx ページを表示したクライアント コンピューター正しく読んで、バイナリ データをレンダリングします。Adobe Acrobat をダウンロードすることができます。次の Adobe Web サイトからのリーダー。
http://www.adobe.com

ASPX ページを作成します。

  1. 現在に BinaryData.aspx をという名前の新しい .aspx ページを追加します。プロジェクトは次のとおり。
    1. ソリューション エクスプ ローラーで、プロジェクト ノードを右クリックし、[追加] をクリックし、[ Web フォームの追加] をクリックします。
    2. BinaryData.aspx、ページの名前を指定し、[開く] をクリックします。

      : 同じプロジェクトにページを追加してください前のセクションで追加した .pdf ファイルのレベル。これは非常にあります。コードが最初の参照の相対パスを使用するために重要な.pdf ファイル。
  2. エディターでBinaryData.aspxを右クリックし、[コードの表示] をクリックします。
  3. 次のコードを選択し、コードを右クリックし、[コピー] をクリックします。コード ビハインド ページのPage_Loadイベントで、コードを貼り付けるには、[編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
    private void Page_Load(object sender, System.EventArgs e)
    	{
                 //Set the appropriate ContentType.
    	    Response.ContentType = "Application/pdf";
                 //Get the physical path to the file.
    	    string FilePath = MapPath("acrobat.pdf");
                 //Write the file directly to the HTTP content output stream.
    	    Response.WriteFile(FilePath);
                Response.End();
    	}
    					
  4. ファイル] メニューの[すべてを保存をクリックします。
  5. [ビルド] メニューの [ビルド] をクリックします。
  6. コードを実行するには、ソリューション エクスプ ローラーでBinaryData.aspx ] を右クリックし、 [ブラウザーで表示] をクリックします。ダイアログ ボックスが表示されたらを開くし、ブラウザーで表示するには、開くをクリックします。
: その他のバイナリをサポートするために、上記のコードを使用する場合ファイルの種類、適切なファイル形式を指定するようにContentType文字列の値を変更する必要があります。、この文字列の構文は、通常「型と「種類」がサブタイプとして、」書式設定されています。全般的なコンテンツのカテゴリおよび [サブタイプ] は、特定のコンテンツ タイプです。は、完全にサポートされているコンテンツの種類の一覧、Web ブラウザーのマニュアルを参照してください。または、現在の HTTP 仕様。よく使用されるコンテンツ タイプ値は次のとおりです。
  • "TEXT/HTML"
  • "IMAGE/GIF"
  • "イメージまたは JPEG"
  • 「プレーン テキスト」
  • "アプリケーションと msword"(を Word ファイル)
  • "アプリケーションと x-msexcel"(Microsoft Excel のファイル)

関連情報

詳細については、以下のトピックを参照してください、.NET Framework ソフトウェア開発キット (SDK) のドキュメント:
HttpResponse.WriteFile メソッド

要求に対する応答のクラス

.NET Framework SDK

.NET Framework クラス ライブラリ
このタスクを実行する方法の詳細についてMicrosoft Active Server Pages (ASP) を使用すると、次の文書番号を] をクリックします。「サポート技術情報」資料を表示。
276488 ADODB を使用するには、方法です。ブラウザー ASP からへのバイナリ ファイルを送信するのには、ストリーム オブジェクト
マイクロソフト提供を見つけるために、サード ・ パーティ製の連絡先情報を対象としています。テクニカル サポートします。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先の正確さを保証しません情報。

サードパーティの製品この資料で説明の独立している会社によって製造されていますマイクロソフト。マイクロソフト、黙示の保証は負わないまたはそれ以外の場合は、関連、パフォーマンスや信頼性これらの製品。

プロパティ

文書番号: 306654 - 最終更新日: 2012年6月12日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB306654 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:306654
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com