Direct3D ベースのスクリーン セーバーが動作中の場合、コンピュータがスタンバイまたは休止状態にならない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 306676 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306676
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows XP で [3D フラワーボックス]、[3D 飛行物体]、[3D パイプ]、[3D テキスト]、または他の Direct3D ベースのスクリーン セーバーが動作中の場合、コンピュータが [電源オプションのプロパティ] のタイマどおりに、スタンバイまたは休止状態に移行しないことがあります。

この問題は、ビデオ アダプタの種類とは無関係に発生します。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 最新の Windows XP Service Pack を入手して、インストールします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    322389 How to Obtain the Latest Windows XP Service Pack
    322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
  2. Q306676_WXP_SP1_x86_JPN パッケージをダウンロードします。

    下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
    元に戻す画像を拡大する
    Download
    Download the Q306676_WXP_Shttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=516ac7c6-1704-4631-afcf-652154534800&DisplayLang=ja_x86_JPN package now. リリース日 : 2002 年 4 月 11 日

    マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
       日付            時刻    バージョン       サイズ   ファイル名
       --------------------------------------------------------
       20-Feb-2002  22:48  5.1.2600.29  1,181,184  D3d8.dll         
       20-Feb-2002  22:49  5.1.2600.29    252,416  Ddraw.dll        
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29    321,536  Logon.scr
       20-Feb-2002  22:50  5.1.2600.29      8,192  Scrnsave.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29    667,648  Ss3dfo.scr
       20-Feb-2002  22:50  5.1.2600.29     18,944  Ssbezier.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29    364,544  Ssflwbox.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29     19,456  Ssmarque.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29     17,408  Ssmyst.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29    569,344  Sspipes.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29     13,312  Ssstars.scr
       20-Feb-2002  22:51  5.1.2600.29    638,976  Sstext3d.scr
       20-Feb-2002  22:46  5.1.2600.29  1,670,912  Win32k.sys
       21-Feb-2002  14:54  5.1.2600.29    429,056  Winlogon.exe     
    

  3. 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 815304 から修正プログラムを入手して、インストールします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    815304 The Computer Does Not Return from Hibernation Correctly
    815304 コンピュータが休止状態から正常に復帰しない

回避策

この問題を回避するには、3D 以外のスクリーン セーバーを使用します。これにより、コンピュータがスタンバイまたは休止状態に移行できるようになります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

CPU が指定時間連続してアイドル状態であった場合にのみ、ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) はコンピュータをスタンバイ モードに移行させます。OpenGL スクリーン セーバーが起動すると、CPU はアイドル状態ではなくなり、スタンバイ モード用の ACPI タイマはリセットされます。

修正プログラムを適用すると、モニタの電源が切れたときにシステムが 3D スクリーン セーバーを停止します。そのようにすることにより、システムの CPU はアイドル状態と見なされ、その後システムがスタンバイ状態に入ることができるようになります。修正プログラムのインストール後、以下の現象が発生することがあります。
  • モニタの電源が切れた後、スタンバイ用の電源管理タイマがリセットされます。
  • 3D スクリーン セーバーをプレビューした場合、システムは直接スタンバイ モードに入りません。代わりに、システムがプレビューから復帰し、その後タイムアウトした際にスタンバイに入ります。
  • モニタの電源が切れるのと同時にスクリーン セーバーが起動するよう設定した場合、コンピュータはスタンバイおよび休止状態に入ることができません。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306676 (最終更新日 2003-06-04) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 306676 - 最終更新日: 2006年5月5日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhotfixserver kbbug kbenv kbfix kboswin2000fix kbshell kbwinxpsp1fix KB306676
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com