Visual Studio .NET でセットアップ パッケージを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307353 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307353
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Visual Studio .NET の IDE (Integrated Development Environment) でセットアップ パッケージを作成する方法について、具体的な手順を示しながら説明します。また、各種セットアップ プロジェクトの概要と、セットアップにファイルや属性を含める方法についても説明します。

デプロイメント プロジェクトの種類

デプロイメント プロジェクトには、マージ モジュール プロジェクト、セットアップ プロジェクト、Web セットアップ プロジェクト、Cab プロジェクト、セットアップ ウィザードの 5 種類があります。最後のセットアップ ウィザードは、デプロイメント プロジェクトを作成するためのウィザードです。作成しようとするプロジェクトに合ったデプロイメント プロジェクトを選択するには、以下のガイドラインを参考にしてください。

元に戻す全体を表示する
プロジェクトの種類 目的
マージ モジュール プロジェクト (.msm) 複数のアプリケーションで共有可能なコンポーネント パッケージの作成
セットアップ プロジェクト (.msi) Windows ベースのアプリケーション用インストーラの作成
Web セットアップ プロジェクト (.msi) Web アプリケーション用インストーラの作成
Cab プロジェクト (.cab) 従来の Web ブラウザにダウンロードするキャビネット ファイルの作成
セットアップ ウィザード (.msi) 上記のいずれかのデプロイメント プロジェクトの自動作成の補助

マージ モジュール プロジェクトを使用すると、ファイルやコンポーネントが単一のモジュールにパッケージ化され、共有が簡単になります。パッケージ化された .msm ファイルは他のデプロイメント プロジェクトに含めて使用するものであり、.msm ファイル単独で展開することはできません。

セットアップ プロジェクトと Web セットアップ プロジェクトには、インストーラが展開される場所に違いがあります。
  • セットアップ プロジェクトを使用すると、インストール先のコンピュータの Program Files ディレクトリにファイルがインストールされます。
  • Web セットアップ プロジェクトを使用すると、Web サーバーの仮想ルート ディレクトリにファイルがインストールされます。
Cab プロジェクトを使用すると、ActiveX コンポーネントが 1 つの .cab ファイルにパッケージ化され、Web サーバーから Web ブラウザにダウンロードできるようになります。

セットアップ パッケージの作成方法

  1. 次のいずれかの操作を実行して新しいプロジェクトを開きます。
    • [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[プロジェクト] をクリックします。

      または
    • セットアップ パッケージでパッケージ化するプロジェクトが既に開いている場合は、ソリューション エクスプローラで [ソリューション MyProject] (プロジェクト名が MyProject の場合) を右クリックし、[追加] をポイントして、[新しいプロジェクト] をクリックします。
  2. [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスで、[プロジェクトの種類] ボックスの一覧の [セットアップ/デプロイメント プロジェクト] をクリックし、[テンプレート] ボックスの一覧で、指定するセットアップの種類を選択します。

    ソリューション エクスプローラにプロジェクトが追加され、ファイル システム エディタが開きます。
  3. [プロパティ] ダイアログ ボックスで [ProductName] プロパティを選択し、製品名を入力します。

セットアップ パッケージにファイルを追加する方法

  1. ファイル システム エディタで、[アプリケーション フォルダ] ノードをクリックします。
  2. [アプリケーション フォルダ] を右クリックし、[追加] をポイントし、[ファイル] をクリックします。[ファイルの追加] ダイアログ ボックスで、アプリケーションに追加する任意のファイルを選択します。

    : ソリューションに既にアプリケーション プロジェクトがある場合は、[ファイル] の代わりに [プロジェクト出力] をクリックしてプロジェクト出力を追加することができます。
  3. セットアップ パッケージに既存のマージ モジュールを追加するには (Cab プロジェクトでは追加できません)、ソリューション エクスプローラでセットアップ パッケージ名を右クリックし、[追加] をクリックし、[マージ モジュール] をクリックします。[モジュールの追加] ダイアログ ボックスでアプリケーションに追加する任意のマージ モジュールを選択します。

関連情報

プロジェクトにショートカットを追加するには、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
307358 [HOW TO] .NET デプロイメント プロジェクトのショートカットを作成する方法
インストールしたファイルが正しく登録されているかどうかを確認する方法については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
307367 [HOW TO] Visual Studio .NET で COM オブジェクトを登録する方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 307353 (最終更新日 2005-05-23) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 307353 - 最終更新日: 2005年9月20日 - リビジョン: 2.6
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Academic Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Academic Edition
キーワード:?
kbdeployment kbfaq kbhowtomaster kbinfo KB307353
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com