電子メール通信: パート 1: 受信トレイを使用して

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307377 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は 電子メールと通信する方法 に関する一連の 第 1 部 です。 第 1 部では 、受信トレイを使用する方法 について説明します。 データ系列でアーティクルを表示するには、のいずれかの次のリンクをクリックします。
パート 2: Composing Messages の Q310484
パート 3: Addressing Messages Quickly Q310485
パート 4: Attaching Files to Messages の Q310486
パート 5: Sending and Retrieving Messages の Q310491
パート 6: Replying to Messages Q310487
パート 7: Forwarding Messages Q310488
手順 8: Deleting Messages の Q310489
手順 9: Organizing Messages Q307438
手順 10: Applying Custom Filters の Q310579
手順 11: Using Folders Q310580
手順 12: Moving Messages の Q310581
手順 13: Organizing Messages with the Rules Wizard Q310582
この資料で説明情報はによって提供されます: Microsoft Press

この情報は、 Microsoft Outlook 2000 でリンクのコース 帳、第 3 章からの抜粋です:"電子メールで通信します。

詳細

スタンドアロン コンピューターまたはネットワーク上で作業するかどうかここでは 送信、読み取り、および電子メール メッセージに返信する Outlook の電子メールのコンポーネントの使用方法 最大の効率のメッセージを整理する方法を説明 します。

実行されるタスクと説明の概念

この一連の記事では、以下のタスクと概念について説明します。

  • メッセージをオフラインでを作成してそれらを後で配信するため、送信トレイに送信
  • 内部の両方が表示されると 1 つの受信トレイ内のインターネット電子メール
  • 選択されたメッセージをプレビューまたは独自のウィンドウで読む
  • 簡単な取得のメッセージを整理するフォルダーを作成します。
  • 電子メール メッセージの 1 つまたは複数の受信者に送信するファイルを添付します。
  • 返信して、ボタンのクリックでメッセージを転送
電子メールは、ビジネス通信の手段だけできなくされ、同僚や、先生、友人に書き込むかどうかに対応のすべてのフォームに、この章で学習する手法できます適用されます。

Outlook の連絡先のコンポーネントでは、実際に通信せず人に関する情報を整理できます。 仕事仲間との通信は、毎日の作業の一環近年、電子メールや電子メールなどなった、多くの人にとっての通信の主要手段です。 一部の人々 が内部電子メール (全社または金融機関にわたる) をあるされ、インターネット電子メールがいくつかある両方。 ある電子メールのどのような種類にかかわらず、すべてで処理できる Outlook の電子メールのコンポーネント。 この資料で作成、送信、受信、このコンポーネントを使用および電子メール メッセージを管理する方法について説明します。

何も電子メールの概念に関する困難です。 従来のポスト オフィスをバイパスするメッセージの送信方法だけです。 電子メールの美しさは用紙リソースを使用しませんが、方が高速で、および何ものコストは、(少なくとも、何もすることがありますインターネット アクセス用支払は既に複数)。 お勧めでも電話タグの再生のリスクを実行するのではなくすぐ重要なビジネスで処理できるため、電話を使用するよりもします。 これらの利点にという事実を追加ことと含めることができますファイル、プログラムと、送信したメッセージもした他の添付ファイルと同じメッセージを追加の作業も複数のユーザーに送信できます。 abysmal 文字書き込み習慣を持つ偶数の人に通信の手段としての電子メールの staunch advocates なることを驚くべきことのないです。

インターネット電子メール設定 大規模な組織の作業または学校コンピューターを介してインターネットにアクセスする、電子メールおそらく既に設定されてコンピューターにします。 スタンドアロン コンピューターで作業している場合は、送信かを設定するまで、Outlook でインターネット電子メールを受信することはできません。 まず、ISP から送信および受信電子メール サーバーのドメイン名を取得させます。 [スタート ] メニューの [から 設定 し、[ コントロール パネル] を選択して、 インターネット オプション ] アイコンをダブルクリックからの インターネットのプロパティ ] ダイアログ ボックスの [ 接続 ] タブをクリックして、インターネット接続ウィザードを開始します。 接続 </a0> をクリックしてウィザードを開始します。 ダイアログ ボックスを使用、電子メール アドレス、アカウント名、パスワードなどの情報を入力させます。 このセットアップのヘルプ </a0> の場合は、ISP に問い合わせてください。 ISP に既にダイヤルアップ ネットワーク接続がある場合、Outlook プロファイルに、インターネット電子メール サービスを追加する可能性があります。 [ ツール ] メニューの [ サービス を選びし、このサービスの設定] ダイアログ ボックスのすべてのタブを完了します。

場合があります人は内部電子メールとインターネット電子メールを混同ください。 とても簡単はのような多くの方法でため、その理由を理解します。 ただし、内部の電子メールが必ずしもがわけではありませんするインターネット電子メール、およびその逆です。 内部電子メール、ホール ダウン同僚に電子メールを送信できるは、コンピューターと、仕事仲間のコンピューターの両方、組織のネットワークに接続する必要があります。 インターネット経由で別の状態でクライアントに電子メールを送信できる、コンピューターと、クライアントのコンピューターの両方するをインターネットにアクセスできます。 このアクセスは表示せず、ネットワークは、さらに内部違いをぼかし上のサーバーによって提供されますとインターネット電子メール。 または、アクセスがより見えるに提供する、モデム接続を介した、インターネット サービス プロバイダー (ISP)。 どちらの方法でも、Outlook を使用できます。 インターネット電子メールの詳細についての見開きページで、ポップ ヒントを参照してください。 扱うより一般的な電子メール プログラムの多くが Outlook の機能の一部をフルに活用 Outlook を構成できます、Microsoft Exchange Server を実行するネットワークに接続する必要があります。

受信トレイを使用します。

既定では、受信トレイは Outlook を起動すると、ワークスペースで表示コンポーネントです。 受信トレイは Outlook のメインのメール フォルダーと、時間のほとんどを費やすは場所位置電子メールを使用する場合。 (の他電子メール フォルダー--[下書き]、[送信トレイ]、および送信済みアイテム--のアイコンは、Outlook バーの自分のショートカット グループにある)。 よく、右にしてメッセージの送受信を開始しましょうジャンプします。

Outlook をまずデスクトップのアイコンをダブルクリックします。 2 つのいずれかが起こります。
  • 起動時に Outlook が電子メール サーバーにログオンして自動的にする設定にされて場合、Outlook は、サーバーに接続し、新しいメッセージをチェックします。

    [下書き] フォルダー

    重要な電子メール メッセージ (またはの非常に長いもの) を作成するときに少し調査を行うまたはかもしれませんブレークを実行する直前に一時停止する必要があります。 ファイル メニューの 保存 コマンドを未完成のメッセージを [下書き] フォルダーに格納できます。 再開する準備ができたら、メッセージをダブルクリック [下書き] フォルダーをすべての情報には、メッセージ ウィンドウを再びそのまま入力済みします。 メッセージを終了し、その方法で送信します。
  • Outlook が電子メール サーバーにログオンを自動的に設定されていない場合、Outlook は、サーバーに接続できません。 (方法を呼び出されますオフラインします。) 心配もする必要はありません。 でもでき、お表示されますを手動でページ 69、接続を行う方法。

    元に戻す画像を拡大する
    Picture of the Inbox icon

    [受信トレイのアイコン
Outlook の別のコンポーネントで作業していますが場合の 受信トレイ のアイコンは Outlook バーの Outlook ショートカット] をクリックして、受信トレイの内容をワークスペースに表示できます。

プロパティ

文書番号: 307377 - 最終更新日: 2007年1月31日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
  • Microsoft Outlook 2000 Service Pack 1
キーワード:?
kbhowto kbmt KB307377 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:307377
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com