文書番号: 307545 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、レジストリの破損により起動しない Windows XP システムを回復する方法について説明します。この手順は以前の状態にシステムの完全な復旧を保証しませんただし、この手順を使用すると、データを回復することができます。

警告OEM がインストールされているオペレーティング システムがコンピューターには、この資料に記載されている手順を使用しません。OEM のインストール上のシステム ハイブは、既に存在しないユーザー アカウントとパスワードを作成します。この資料に記載されている手順を使用する場合、元のレジストリ ハイブを復元するには、回復コンソールにログオンできません可能性があります。

Windows XP で、破損したレジストリを修復することができます。レジストリが破損しているファイルには、さまざまな別のエラー メッセージ可能性があります。レジストリの問題に関連するエラー メッセージに関する資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

この資料は、一般的な回復方法で失敗し、回復コンソールを使用して、システムへのアクセスは以外に使用可能なものとします。自動システム回復 (ASR) のバックアップが存在する場合、回復に適した方法です。この資料に記載されている手順を実行する前に、ASR バックアップを使用することをお勧めします。

メモ 5 つのレジストリ ハイブすべてを置き換えることを確認します。のみ 1 つのハイブまたは 2 つを置き換える場合は、ソフトウェアとハードウェアが設定、レジストリ内の複数の場所で潜在的な問題ができます。

詳細

開始または Windows XP ベースのコンピューターを再起動しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
次のファイルが存在しないか破損しているため、Windows XP を開始できませんでした \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
次のファイルが見つからないか壊れているために、Windows XP は起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE
Stop: c0000218 {レジストリ ファイル エラー} レジストリは、ハイブ (ファイル) を読み込むことができません: \SystemRoot\System32\Config\SOFTWARE またはそのログ、または代替
システム エラー: Lsass.exe
パスワードを更新しようとすると、返却ステータスは現在のパスワードとして指定した値が正しくないことを示します。

Windows XP が起動するのを妨げる、破損したレジストリを復元します。

この資料で説明する手順は、回復コンソールとシステムの復元を使用します。この資料では、プロセスが完全に完了したことを確認するには、特定の順序で必要なすべての手順も示します。この手順を完了したら、問題が発生する前に、の状態に非常に近い状態にシステムを返します。これまで NTBackup を実行して、システム状態のバックアップを完了すると、する場合は、パート 2 と 3 の手順を実行する必要はありません。4 つの部分に移動できます。

パート 1

パート 1 では、回復コンソールを起動、一時フォルダーを作成、新しい場所に、既存のレジストリ ファイルをバックアップ、既存の場所のレジストリ ファイルを削除して、repair フォルダーからのレジストリ ファイルをコピーを system32 \config フォルダーに。この手順を完了したら、Windows XP の起動時に使用することができます、レジストリが作成されます。このレジストリが作成され、Windows XP の初期セットアップ中に保存します。したがって、変更とセットアップ プログラムが完了した後に発生した設定は失われます。

パート 1 を実行、するこれらの手順に従います。
  1. Windows XP 起動ディスクを挿入します、フロッピー ディスク、または CD-ROM ドライブ、し、コンピューターの再起動の Windows XP の CD-ROM を挿入します。
    選択するように求められた場合、CD-ROM ドライブからコンピューターを起動するために必要なすべてのオプションをクリックします。
  2. "セットアップへようこそ] 画面が表示されたら、R 開始回復コンソールには、キーを押します。
  3. 場合は、デュアル ブートまたはマルチ ブートのコンピューターに、回復コンソールからアクセスするインストールの選択があります。
  4. これを行うにメッセージが表示されたら、ときに、Administratorpassword を入力します。管理者のパスワードが空白の場合場合は、ENTER キーを押します。
  5. 回復コンソールのコマンド プロンプトで、各行の入力後に ENTER キーを押して、followinglines を入力します。
    tmp の md
    copy c:\windows\system32\config\system c:\windows\tmp\system.bak
    c:\windows\system32\config\software c:\windows\tmp\software.bak をコピーします。
    c:\windows\system32\config\sam c:\windows\tmp\sam.bak をコピーします。
    c:\windows\system32\config\security c:\windows\tmp\security.bak をコピーします。
    c:\windows\system32\config\default c:\windows\tmp\default.bak をコピーします。

    c:\windows\system32\config\system を削除します。
    c:\windows\system32\config\software を削除します。
    c:\windows\system32\config\sam を削除します。
    c:\windows\system32\config\security を削除します。
    c:\windows\system32\config\default を削除します。

    c:\windows\repair\system c:\windows\system32\config\system をコピーします。
    c:\windows\repair\software c:\windows\system32\config\software をコピーします。
    コピーの c:\windows\repair\sam c:\windows\system32\config\sam
    c:\windows\repair\security c:\windows\system32\config\security をコピーします。
    c:\windows\repair\default c:\windows\system32\config\default をコピーします。
  6. タイプ exit Console.Your の回復コンピューターを終了するのには再起動します。
メモ この手順では、C:\Windows フォルダーに Windows XP がインストールされています。C:\Windows を適切に変更してください。 windows_folder 場合は、別の場所です。

別のコンピューターへのアクセス権がある場合は、時間を節約するために、手順 5 内のテキストをコピーし、たとえば "Regcopy1.txt" という名前のテキストファイルを作成することもできます。このファイルを使用するには、回復コンソールで起動すると、次のコマンドを実行します。
バッチの節約
回復コンソールでbatchコマンドを使用テキスト ファイル内のすべてのコマンドを順番に処理できます。「バッチ」コマンドを使用する場合手動で多くコマンドを入力する必要はありません。

パート 2

このセクションで説明する手順を完了するには管理者、または管理者のユーザー (管理者グループにアカウントを持つユーザー) としてログオンする必要があります。Windows XP Home Edition を使用している場合は、管理ユーザーとしてログオンできます。管理者としてログオンする場合は、セーフ モードで Windows XP Home Edition を初めて起動する必要があります。Windows XP Home Edition コンピューターをセーフ モードで起動するには、以下の手順を実行します。

メモ 続行する前に、次の手順を印刷します。セーフ モードでコンピューターを再起動した後、次の手順を表示できません。NTFS ファイル システムを使用する場合は、サポート技術情報の記事 KB309531 から指示を印刷も。手順 7 には、この資料への参照が含まれます。
  1. [スタート] ボタン、 [シャット ダウン] をクリックします (またはコンピューターをオフにする] をクリックします)、[再起動を、し[OK ] をクリックします (または [再起動する] をクリック) します。
  2. F8 キーを押します。

    コンピューター上に複数のオペレーティング システムを起動するように構成 F8 キーを押しますと適切なスタートアップ メニューします。
  3. 矢印キーを使用して、適切な安全な modeoption を選択して、し、ENTER キーを押します。
  4. デュアル ブートまたはマルチ ブート システムの場合は、thearrow キーへのアクセスに必要なインストールを選択して、し、enter キーを押しますを使用します。
パート 2 では、バックアップの場所からレジストリ ファイルをコピーするにはシステムの復元を使用しています。このフォルダーは回復コンソールでは利用できず、一般に表示されていない標準的な使用中です。この手順を開始する前に、フォルダーを表示するには、いくつかの設定を変更する必要があります。
  1. Windows エクスプ ローラーを起動します。
  2. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
  3. 表示] タブをクリックします。
  4. [隠しファイルとフォルダー隠しファイルとフォルダーの表示] をクリックを[保護されたオペレーティング システム ファイル (推奨) ] チェック ボックスをオフにします。
  5. これらのファイルを表示する、ダイアログ ボックス thatconfirms が表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. Windows XP のフォルダーの一覧を表示するをインストールしたドライブをダブルクリックします。場合、correctdrive をクリックしてください。
  7. システム ボリューム情報フォルダーを開きます。このフォルダーの使用できませんが、スーパー hiddenfolder として設定されているため淡色表示されます。

    メモ このフォルダーには"_restore {87BD3667-3246-476B-923F-F86E30B3E7F8}"などの 1 つまたは複数の _restore {GUID} フォルダーが含まれます。

    メモ 次のエラー メッセージが表示されます。
    C:\System ボリュームの情報にアクセスできません。アクセスが拒否されました。
    このメッセージを受信する場合は、このフォルダーへのアクセスが継続されると、次の Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
    309531 システム ボリューム情報フォルダーにアクセスする方法
  8. 現在の時刻に作成されていないフォルダーを開きます。これらのフォルダーが作成されたときに表示するには、[表示] メニューの [詳細] をクリックすることがあります。ある可能性があります 1 つ以上フォルダーを RP」から始まるx このフォルダーには。これらは復元ポイントです。
  9. スナップショットのサブフォルダーを検索するこれらのフォルダーのいずれかを開きます。スナップショット フォルダーへのフォルダー パスの例を次のパスには。
    C:\System ボリューム Information\_restore {D86480E3-73EF-47BC-A0EB-A81BE6EE3ED8} \RP1\Snapshot
  10. スナップショット フォルダーから、次のファイルを theC:\Windows\Tmp フォルダーにコピーします。
    • _REGISTRY_USER_。既定
    • _REGISTRY_MACHINE_SECURITY
    • _REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE
    • _REGISTRY_MACHINE_SYSTEM
    • _REGISTRY_MACHINE_SAM
  11. C:\Windows\Tmp フォルダー内のファイルを次のように名前変更します。
    • _REGISTRY_USER_ の名前を変更します。既定値が設定します。
    • セキュリティ _REGISTRY_MACHINE_SECURITY の名前を変更します。
    • _REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE ソフトウェアの名前を変更します。
    • システムに _REGISTRY_MACHINE_SYSTEM の名前を変更します。
    • _REGISTRY_MACHINE_SAM SAM に名前の変更します。
これらのファイルは、システムの復元からのレジストリ ファイルをバックアップします。レジストリ ファイルを作成すると、セットアップ プログラムこのレジストリ知らないこれらの復元を使用しているのでポイントが存在しは。システム ボリューム情報の下に、新しい GUID での新しいフォルダーを作成、パート 1 の中にコピーされたレジストリ ファイルのコピーが含まれている復元ポイントが作成されます。したがって、ことが重要、最も現在のフォルダーを使用するには、いないフォルダーのタイムスタンプが、現在の時刻と同じ場合は特に。

現在のシステム構成は、以前の復元ポイントに注意してください。レジストリを以前の復元ポイントを再度使用できるようにするには、以前の復元ポイントからの以前のコピーが必要です。

C:\Windows フォルダー内の Tmp フォルダーにコピーしたレジストリ ファイルは、ファイルを回復コンソールで使用できるかどうかを確認するに移動します。これらのファイルを使用すると、C:\Windows\System32\Config フォルダーには、現在のレジストリ ファイルを置き換える必要があります。既定では、回復コンソールはフォルダーへのアクセスが限られているし、System Volume フォルダーからファイルをコピーすることはできません。

メモ このセクションで説明する手順は、FAT32 ファイル システムでコンピューターを実行していることを前提としています。NTFS ファイル システムで、システム ボリューム情報フォルダーにアクセスする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
309531 システム ボリューム情報フォルダーにアクセスする方法

第 3 部

3 つの部分では、既存のレジストリ ファイルを削除してし、システムの復元のレジストリ ファイルを C:\Windows\System32\Config フォルダーにコピーします。
  1. StartRecovery コンソール。
  2. コマンド プロンプトで、次の行の各行を入力した後、pressingENTER を入力します。
    c:\windows\system32\config\sam

    del c:\windows\system32\config\security

    del c:\windows\system32\config\software

    del c:\windows\system32\config\default

    del c:\windows\system32\config\system

    c:\windows\tmp\software c:\windows\system32\config\software をコピーします。

    c:\windows\tmp\system c:\windows\system32\config\system をコピーします。

    コピーの c:\windows\tmp\sam c:\windows\system32\config\sam

    c:\windows\tmp\security c:\windows\system32\config\security をコピーします。

    c:\windows\tmp\default c:\windows\system32\config\default をコピーします。
    メモ 次のコマンド行のいくつかの forreadability をラップする可能性があります。
  3. タイプ exit Console.Your の回復コンピューターを終了するを再起動します。
メモ この手順では、C:\Windows フォルダーに Windows XP がインストールされています。C:\Windows を適切に変更してください。 windows_folder 場合は、別の場所です。

を別のコンピューターへのアクセスがある場合は、時間を節約するの 2 つの手順でテキストをコピーして (例えば) の「Regcopy2.txt」と呼ばれるテキスト ファイルを作成しします。このファイルを使用するには、回復コンソールで起動すると、次のコマンドを実行します。
バッチ regcopy2.txt

パート 4

  1. 開始] をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。
  2. [アクセサリ] をクリックし、[システム ツール] をクリックします。
  3. システムの復元] をクリックし、previousRestorePoint に復元] をクリックします。

関連情報

回復コンソールを使用しての詳細については、「、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次資料番号をクリックします。
307654 Windows XP の回復コンソールをインストールして使用する方法
216417 Windows 回復コンソールをインストールする方法
240831 回復コンソールからリムーバブル メディアにファイルをコピーする方法
314058 Windows XP の回復コンソールの説明
システムの復元に関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
306084 Windows XP を以前の状態に復元する方法
261716 システムの復元は、復元処理中にファイルを削除します。
詳細については、3 つの可能性が高いのレジストリの破損と分離して、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックする方法が発生します。
822705 レジストリの上級ユーザー向けのトラブルシューティング

プロパティ

文書番号: 307545 - 最終更新日: 2013年11月23日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
キーワード:?
kbenv kbinfo kbmt KB307545 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:307545
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com