情報: ASP。NET の構成の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307626
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307626
この資料で、次のマイクロソフトを参照します。NET Framework クラスライブラリの名前空間。
  • System.Configuration
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、asp の概要を示します。NET のページフレームワーク。

その他の ASP。NET の概要については、次を参照してください。マイクロソフト サポート技術情報の記事:
305140 情報: ASP。NET のロードマップ

詳細

構成にはすべてのアプリケーション設定が含まれます。セキュリティの詳細および方法に関する情報などのデータベース接続エラーを処理する必要があります。構成ファイルの場所を提供します。変更することができますコンピューターやアプリケーションに特有の情報コードを再コンパイルしなくてもします。

この資料で、次の構成に関するトピックについて説明します。

新機能の構成。

Active Server Pages (ASP) のアプリケーション設定のとは対照的に、です。Microsoft インターネット インフォメーション サービスに格納されています。(IIS) メタベース、ASP を使用します。拡張可能なマークアップに NET の構成設定が格納されています。言語 (XML) ファイル。必要がある場合これは、次の利点を提供します。構成の設定を変更して、アプリケーションを展開します。
  • ASP。同じ NET 構成ファイルが格納されています。サイトのコンテンツ ディレクトリ。展開時に、コピーするだけのコンテンツのディレクトリ、コンテンツとアプリケーションの両方を取得するのには構成します。
  • 標準のテキスト エディターを使用して、構成を変更することができます。ファイル。これは、構成設定をローカルで変更を容易にし、リモートで。
  • 構成ファイルは拡張可能です。結果として、独自のカスタム構成設定を追加できます。
  • システムは、ASP への変更を自動的に検出します。NET構成ファイル。IIS や Web サーバーを再起動する必要はありません。設定を有効にするために。

ファイル形式と構成の階層

2 種類の構成のファイルを使用する必要があります。ASP を懸念しています。Net: Machine.config と Web.config。両方ともファイルは、XML ベースのものし、類似の構成セクションが含まれています。ただし、Machine.config ファイルには、すべての構成情報が含まれています。NETアプリケーションのフレームワークでは、特定のバージョンに対し、Web.config詳細な構成の設定に関する特定の ASP ファイルを含みます。NETアプリケーション。Machine.config と Web.config 内のテキストします。大文字小文字を区別します。

Asp 形式の詳細については。NET構成ファイルを参照するには、次のトピックでは。NET フレームワークソフトウェア開発キット (SDK) のドキュメント:
ASP の形式です。NET の構成ファイル
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ackhksh7 (vs.71)
場合は、.aspx ページの要求が実行される構成ファイルこのような方法でコンパイルされる Web.config ファイル内の構成設定設定は、web.config ファイルで、サブディレクトリの上書きで保存される、Web サイト レベルの設定よりも優先されますアプリケーション ディレクトリ、と。Machine.config ファイルに設定します。構成の設定をした後コンパイルは、将来の要求を構成のいずれかまでキャッシュされます。変更されたファイルです。

構成の例を次に示しますファイルの場所、http://myserver/myapplication/mydir/mypage.aspxURL:

元に戻す全体を表示する
レベルパス
このバージョンの構成の設定をします。NETフレームワークWinnt\Microsoft.net\Framework\v。バージョン\Config\Machine.config
Web サイトの設定Inetpub\Wwwroot\Web.config
アプリケーション設定Inetpub\Wwwroot\Myapplication\Web.config
サブディレクトリ設定Inetpub\Wwwroot\Myapplication\Mydir\Web.config

任意のレベルの Web.config ファイルは省略可能ですが、Machine.config ファイルが必要です。

詳細については構成階層では、次のトピックを参照してくださいが。NET Framework SDKドキュメント:
構成の階層構造
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa720128 (v=vs.71)
構成設定を特定のリソースに適用するを使用して、<location></location>に適切な path 属性のタグ。パスを使用することができます。特定のファイルまたは子ディレクトリを一意に識別する属性構成設定を適用します。

詳細については、<location></location>タグ、次のトピックを参照してくださいが。NET Framework SDKドキュメント:
<Location>設定の構成
</Location>.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/6hbkh9s7 (v=vs.71)

ASP。NET の構成セクション

ASP。NET の構成セクションが含まれている、<system.web></system.web>に含まれるセクションは、<configuration></configuration>タグ。
   <configuration>
      <appSettings></appSettings>
      <system.web>
         ...
         <webServices></webServices>
      </system.web>
   </configuration>
				
次の表では、ASP のすべて。NET の構成セクション:

元に戻す全体を表示する
セクション説明
<appSettings></appSettings>構成カスタム アプリケーション設定をします。このセクションで設定可能します。アプリケーション変数を比較します。
<authentication></authentication>構成使用する認証の種類を決定する認証モードを指定します。
<authorization></authorization>構成承認をサポートし、URL リソースへのクライアント アクセスを制御します。
<browserCaps></browserCaps>構成ブラウザー機能コンポーネントの設定を指定します。
<compilation></compilation>構成すべてのコンパイル設定、ASP。NET を使用します。
<customErrors></customErrors>提供ASP のカスタム エラー メッセージに関する情報。NET アプリケーション。
<globalization></globalization>構成アプリケーションのグローバリゼーション設定値。
<httpHandlers></httpHandlers>地図着信 URL 要求をIHttpHandlerクラスにします。
<httpModules></httpModules>追加、削除、またはアプリケーション内の HTTP モジュールをオフにします。
<httpRuntime></httpRuntime>構成ASP。Net アプリケーション実行時の設定です。
<identity></identity>コントロールWeb アプリケーションのアプリケーション id。
<machineKey></machineKey>構成暗号化とフォーム認証の cookie データの暗号化解除に使用するキーを指定します。このセクションでメッセージを実行する検証キーを構成することができます。認証では、ビュー ステート データの確認およびフォーム認証チケット。
<pages></pages>識別ページ固有の構成設定。
<processModel></processModel>構成ASP。NET のプロセス モデルの設定では、IIS Web サーバーのシステム。できます注意してください。のみ、Machine.config ファイルでこのタグを使用します。
<securityPolicy></securityPolicy>定義名前付きセキュリティ レベルのポリシー ファイルのマッピングが有効です。
<sessionState></sessionState>構成セッション状態モジュール。
<trace></trace>構成ASP。NET のトレース サービス。
<trust></trust>構成特定の実行に使用されるコード アクセス セキュリティのアクセス許可のセットアプリケーション。
<webServices></webServices>コントロールASP の設定を指定します。Asp サービスです。

構成情報を取得します。

構成に格納されている情報を取得することができます。ファイルが、メソッドの別の設定は異なります。いくつかの設定のプロパティとして公開します。そのため、組み込みオブジェクト、およびその他の設定アクセスできません。asp の内部設定します。NET。

次を使用できますたとえば、コードへのアクセスを<browserCaps></browserCaps>Request.Browserオブジェクトを設定します。

マイクロソフトの Visual Basic。NET
Response.Write(Request.Browser.VBScript.ToString())
				
Microsoft Visual c# で。NET
Response.Write(Request.Browser.VBScript.ToString());
				
構成設定を取得する方法の詳細については、次のトピックを参照してくださいが。NET Framework SDK のドキュメント:
構成設定にアクセスします。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/4c2kcht0.aspx

構成セクションの拡張

します。NET Framework の構成機能を完全にあります。引き伸ばし式。2 のとおりに構成を拡張できます。
  • 作成カスタム構成セクション ハンドラー。

    追加カスタムの ASP を作成する方法の詳細については。NET の構成セクション ハンドラーマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の文書番号をクリックします。ベース:
    309045 方法: カスタムの ASP を作成します。NET の構成セクション ハンドラーに Visual C# の場合は。NET
  • 使用して、<appSettings></appSettings>アプリケーション固有のデータを格納するセクション。については、構文は<appSettings></appSettings>セクションで、次のトピックを参照してくださいが。NET Framework SDKドキュメント:
    .aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa903313 (v=vs.71)
    値を取得するのには、<appSettings></appSettings>で、.config ファイルで次のコードを使用します。
            <appSettings>
    		<add key="MySetting" value="Valuable Information" />
            </appSettings>
    						
    次のコードを使用して値を取得するのには。

    : appSettingsにアクセスするには、 System.Configuration名前空間を含める必要があります。

    Visual Basic.NET
        Label1.Text = ConfigurationSettings.AppSettings.Item("MySetting")
    					
    Visual C# で。NET
        Label1.Text = ConfigurationSettings.AppSettings["MySetting"];
    					

プロパティ

文書番号: 307626 - 最終更新日: 2012年6月20日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbweb kbconfig kbarttyperoadmap kbproductlink kbmt KB307626 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:307626
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com