Office XP Service Pack 1 (SP-1) の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307843 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307843
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office XP Service Pack 1 (SP-1) は Office XP の最新の更新プログラムを提供します。Office XP SP-1 ではセキュリティが大幅に強化され、安定性とパフォーマンスも向上します。Office XP SP-1 の修正の一部には、従来個別にリリースされてきた更新プログラムが含まれています。この Service Pack では、それらの更新プログラムが 1 つのパッケージに統合され、それ以外にも Office XP プログラムの信頼性およびパフォーマンスを強化するために行われた多数の変更が組み込まれています。

この資料では、Office XP SP-1 のダウンロードとインストールの方法について説明します。

詳細

Office XP SP-1 のダウンロードとインストールの方法

クライアント用更新プログラム

Office XP を CD-ROM からインストールした場合は、以下のいずれかの方法を使用できます。
  • Office ダウンロード サイトを使用して、Service Pack 1 を含めた最新の更新プログラムをすべて自動的にインストールします。

    または
  • 以下の手順を実行して Service Pack 1 のみをインストールします。
いずれの方法を使用する場合も、インストール処理中、Office XP CD-ROM を手元に用意しておく必要があります。

Office ダウンロード サイト

Office ダウンロード サイトで、コンピュータにインストールする必要がある更新プログラムを検出するには、以下のリンクをクリックします。
http://office.microsoft.com/officeupdate/default.aspx
検出が完了すると、確認のために、推奨する更新プログラムの一覧が表示されます。[同意してインストール] をクリックして手順を完了します。

Service Pack 1 のみをインストールする

SP-1 クライアント用更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=D4D8A9A4-31FC-480B-9CD9-ADCCB6997CE3&displaylang=JA
  2. [ダウンロード]、[保存] を順にクリックして、選択したフォルダに Oxpsp1.exe ファイルを保存します。
  3. エクスプローラで、[Oxpsp1.exe] ファイルをダブルクリックします。
  4. 更新プログラムをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. [はい] をクリックして、使用許諾契約書に同意します。
  6. Office XP の CD-ROM を挿入するように指示されたら、CD-ROM を挿入し、[OK] をクリックします。
  7. 更新プログラムが正常に適用されたことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: この更新プログラムは、一度インストールすると削除できません。SP-1 をインストールする前の状態に戻すには、Office XP をすべて削除し、元の CD から再インストールする必要があります。

管理者用更新プログラム

この資料の対象製品として記載されている製品のいずれかをサーバーからインストールした場合、サーバーの管理者が管理者用更新プログラムを使用してサーバーを更新した後、更新プログラムをクライアント コンピュータに展開する必要があります。

サーバーの管理者は、次の手順を実行して管理者用更新プログラムをダウンロードしてください。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
    http://www.microsoft.com/japan/office/ork/journ/oxpsp1.asp
  2. ファイルをデスクトップにダウンロードします。
  3. エクスプローラで、[oxpsp1a.exe] ファイルをダブルクリックします。
  4. [はい] をクリックして、使用許諾契約書に同意します。
  5. [展開されたファイルを保存する場所を指定してください] ボックスに C:\oxpsp1a と入力し、[OK] をクリックします。
  6. フォルダを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. 管理者用インストールの更新手順を十分に理解している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a Admin Path\MSI File /p C:\adminUpdate\MSP File SHORTFILENAMES=1
    Admin Path には、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。

    MSI File には、Office XP 製品用 MSI データベース パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

    MSP File には、管理者用インストールの更新プログラムの名前を指定します。

    : 上記のコマンド ラインに /qb+ を追加すると、[Microsoft Office XP 管理者用セットアップ] ダイアログ ボックスと [使用許諾契約書] ダイアログ ボックスが表示されなくなります。

  8. クライアント ワークステーションに更新プログラムを配布するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i Admin Path\MSI File REINSTALL=Feature List REINSTALLMODE=vomus
    Admin Path には、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (たとえば、C:\OfficeXP) を指定します。

    MSI File には、Office XP 製品用 MSI データベース パッケージ (たとえば、ProPlus.msi) を指定します。

    Feature List には、更新の際に再インストールする必要がある機能の一覧 (大文字と小文字が区別されます) を指定します。すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を指定します。
管理者用インストールの更新方法およびクライアント ワークステーションへの展開方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301348 [OFFXP]管理者用インストールをSP-1にアップデートする方法
上記の資料には、管理者用更新プログラムをインストールするための標準的な手順が掲載されています。

また、Microsoft Office XP リソース キットの次の資料も参照できます。
http://www.microsoft.com/japan/office/ork/journ/oxpsp1.asp

Setup.ini のバージョン情報が更新されない

管理者用インストールの Files\Setup フォルダにある Setup.ini ファイルでは、[Product] セクションに製品のバージョン情報が記載されています。このバージョン情報は、SP-1 を管理者用インストールに適用した後も更新されません。この点は以前のバージョンの Office と異なります。

インストール中のコンピュータの再起動について

以下の条件下では、Office XP SP-1 のインストール後にコンピュータを再起動するように要求される場合があります。
  • Microsoft Windows 2000 を実行しており、最新版の Windows インストーラがインストールされていない場合。コンピュータが再起動しないようにするには、Windows インストーラ 2.0 にアップグレードします。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=4B6140F9-2D36-4977-8FA1-6F8A0F5DCA8F
  • Office ショートカット バーが実行されている場合。コンピュータが再起動しないようにするには、更新プログラムを適用する前に Office ショートカット バーを終了します。
  • Microsoft SharePoint Team Services がインストールされている場合。コンピュータが再起動しないようにするには、更新プログラムを適用する前に SharePoint Team Services サービスを停止します。

SP-1 のインストール時に Office の CD-ROM またはネットワーク上のサーバーの場所を要求されることがある

インストールされている Office が正規の製品であることを確認するために、インストール処理中、Office 製品の CD の挿入またはネットワーク上のサーバーの場所へのアクセスを求められる場合があります。

Office XP Multilingual User Interface Pack について

Office XP Multilingual User Interface Pack を使用している場合は、Office XP SP-1 の機能を完全にするために以下の更新プログラムをインストールする必要があります。
  • Office XP 更新プログラム : Service Pack 1 (SP-1)
  • Office XP 更新プログラム : Office XP Multilingual User Interface Pack 用 Service Pack 1 (SP-1)
Office XP Multilingual User Interface Pack 用 Service Pack 1 (SP-1) をダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=D5B7D606-F755-4847-8E1A-A259AFE34458

Service Pack 1 がインストールされているかどうかを判断する方法

Office XP SP-1 によって更新されるファイルは以下のとおりです。
Blnmgr.dll            Blnmgrps.dll         Cfgwiz.exe
Contab32.dll          Emablt32.dll         Emsabp32.dll
Emsmdb32.dll          EmSui32.dll          Eurotool.xla
Excel.exe             Exsec32.dll          Fontschm.ini
Fp5amsft.dll          Fp5autl.dll          Fp5avnb.dll
Fp5awec.dll           Fp5awel.dll          Fpcutl.dll
Fpeditax.dll          Fpmmc.dll            Frontpg.exe
Graph.exe             Imjp8k.dll           Intldate.dll
Mofl.dll              Msaccess.exe         Mscdm.dll
Msdaipp.dll           Mseuro.dll           Msgr2pb.dll
Msgrit32.DLL          MsMapi32.dll         Mso.dll
Msowc.dll             MsPst32.dll          Mspub.exe
Mssp3ko.dll           mssp3ko.lex          Msstko32.dll
Mstore.exe            Mstores.dll          Offfilt.dll
Olappt.fae            Outex.dll            Outlcm.dll
Outlctl.dll           Outllib.dll          Outllibr.dll
Outlmime.dll          Outlook.exe          Outlph.dll
Owc10.dll             Owsclt.dll           Owssvr.dll
Powerpnt.exe          Pstprx32.dll         Pub6intl.dll
Pubconv.dll           Qamgt.xlt            Rm.dll
Rtfhtml.dll           Setup.exe            Transform.mst
Vtidb.exe             Winword.exe          Wwintl.ddl
				
SP-1 がインストールされているかどうかを確認するには、Office XP プログラムのいずれかを起動し、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。バージョン情報に "(SP-1)" と表示されていれば、SP-1 がインストールされています。

次の表に Office 製品のビルド番号を示します。
 Office プログラム   SP-1 でのバージョン
 ---------------------------------
 Access            10.3409.3501
 Excel             10.3506.3501
 FrontPage         10.3402.3501
 Outlook           10.3513.3501
 PowerPoint        10.3506.3501
 Word              10.3416.3501
				
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291331 Office XP のバージョンを確認する方法

SP-1 によって修正される問題

Office XP SP-1 をインストールすることによって、マイクロソフト セキュリティ情報に掲載されている以下の問題が修正されます。 Service Pack には、以前リリースされた Office XP 用更新プログラムがすべて含まれています。
300550 [OL2002] Outlook 2002 アップデート(2001 年 6 月 21 日) の概要
300553 Word 2002 更新プログラム (2001 年 6 月 21 日) について
299040 [PUB2002] Publisher 2002 アップデート (2001 年 6 月 21 日付) の概要
300552 [OFFXP] Office XP Web コンポーネント アップデート (2001 年 8 月 9 日付) の概要
303825 [OL2002] Outlook 2002 アップデート (2001 年 8 月 16 日) の概要
307741 [OFFXP] Office XP Activation Update (2001 年 10 月 4 日付) の概要
300551 [OL2002] Outlook 2002 アップデート(2001 年 10 月 4 日)の概要
306605 2001 年 10 月 4 日リリースの PowerPoint 2002 更新プログラムの概要
306606 2001 年 10 月 4 日リリースの Excel 2002 アップデートの概要
Office XP SP-1 は、この資料の上記の一覧に記載されている更新プログラムが 1 つ以上コンピュータにインストールされていても正しくインストールされます。

Office XP SP-1 には、Office XP ユーザーから寄せられた Microsoft エラー報告を基に開発された、安定性を強化するための更新プログラムも含まれています。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Microsoft エラー報告
Office XP SP-1 を適用すると、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている問題が修正されます。

Microsoft Excel
311597 [XL2002] Office XP Service Pack 1 で修正された Excel 2002 の問題

Microsoft FrontPage
311574 [FP2002] Microsoft Office XP Service Pack 1 で修正される FrontPage 2002 の問題
Microsoft SharePoint Team Services
312543 [SPTS/FPSE] Office XP SP-1 で修正される SharePoint Team Services および FrontPage Server Extensions の問題
Microsoft Outlook
311573 [OL2002] Microsoft Office XP Service Pack 1 for Outlook 2002 で修正される問題
Microsoft Office
307560 OFFXP:OfficeXPでクライアント証明を必要とするWebフォルダの文書を開くことができない
304226 Enterprise Edition からインストールした Office XP プログラムを起動するとライセンス認証を要求するメッセージが表示される
305086 [OFFXP] ドメイン DFS 上のファイルを開くか DFS に保存すると "アクセス権がありません" というエラー メッセージが表示される
Microsoft PowerPoint
298797 [PPT2002] グラフの種類を変更すると Microsoft Graph が予期せず終了する
304568 [PPT2002] 異なるバージョンの PowerPoint でプレゼンテーションを実行すると、マルチメディアのアニメーションのタイミングが失われる
310409 [PPT2002] PowerPoint プレゼンテーションへのハイパーリンクをクリックすると "ページを表示できません" エラー メッセージが表示される
Microsoft Publisher
297082 [PUB2002] Web ページのサイズが非常に大きくなり、表示に時間がかかる
301221 [PUB2002] フォント一覧にフォントがまったく表示されない
Microsoft Word
311594 [WD2002] Office XP Service Pack 1 で修正される Word 2002 の問題
301405 [WD2002] オートシェイプを挿入すると、Word 2002 が応答しなくなる
また、以下の問題も修正されます。

Microsoft Access

Microsoft Access からデータベースに接続して連結データページを作成できない

Microsoft Access トルコ語版でデータ ページをデザインしようとすると、フィールド一覧が空欄になることがあります。

Office

ショートカット メニューの [送る] が使用できない

Microsoft Office プログラムの [ファイルを開く] ダイアログ ボックス ([ファイル] メニューの [開く] をクリックして表示) 内でファイルを右クリックしたとき、[送る] が使用できません (淡色表示されています)。

TIFF イメージが Macintosh 版の Office で表示されない

Microsoft Word 文書、Microsoft Excel ドキュメント、または Microsoft PowerPoint 2002 ドキュメントに TIFF ファイルを挿入すると、次の問題が発生する場合があります。ファイルを Microsoft Office 98 Macintosh Edition または Microsoft Office 2001 for Mac で保存してから再び開くと、図が赤い大きな X 印に置き換えられます。

MSN コミュニティにドキュメントを保存できない

状況によっては、ドキュメントを Office プログラムから MSN コミュニティに保存できないことがあります。

Office の更新プログラムのインストール中にエラー 25003 が発生する

コンピュータの製造元によってプレインストールされた Microsoft Office XP プログラムに、SP-1 より前の更新プログラムを適用するときに、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
インストール元のファイルが壊れているため Microsoft Office のセットアップを継続できません。

更新の際にセットアップが開始されない

セットアップを実行して Office XP を更新しようとすると、別のバージョンの製品がインストールされていることを示すエラー メッセージが表示されることがあります。更新プログラムをインストールするには、元のバージョンを削除する必要があります。

ラップトップ コンピュータをドッキングまたはアンドックすると、ライセンス認証のメッセージが表示される

ラップトップ コンピュータをドッキングまたはアンドックすると、コンピュータの構成に重要な変更が行われたことを示すメッセージが表示されることがあります。この場合、製品を再度ライセンス認証する必要があります。

HTML ドキュメントを開くとバッファのオーバーフローが発生する

特定のタグに非常に長い文字列が含まれている HTML ファイルを開くと、すべての Office XP プログラムが突然終了することがあります。

Outlook

Outlook ヘブライ語版で Geresh 記号が % 記号として表示される

Outlook ヘブライ語版で、ツール バーのテキスト ボックスのいずれかに Geresh 記号 (ヘブライ語の句点) を入力すると、Geresh 記号が % 記号として表示されます。

PowerPoint

PowerPoint 2000 と PowerPoint 2002 との間で、ユーザー設定のタイミングが失われる

Microsoft PowerPoint 2002 で作成されたプレゼンテーションを、それより前のバージョンの PowerPoint または PowerPoint ビューアで開くと次の問題が発生することがあります。メディア オブジェクトのアニメーションのタイミングが使用されません。この問題は、PowerPoint 2000 プレゼンテーションを PowerPoint 2002 スライドショーで開いたときにも発生することがあります。

Publisher

フォント プレビューの一覧にフォントが表示されない

Microsoft Publisher 2002 で特定の配色パターンを使用すると、[書式設定] ツール バーの [フォント] ボックスが空白になることがあります。

クリップ アート ギャラリーに標準アイコンが表示される

状況によっては、Web コレクションを開いてクリップ アートを表示しようとすると、すべてのクリップがファイルの種類を表すシステム アイコンとして表示されることがあります。

Publisher ヘブライ語版でフォント パターンを適用できない

ヘブライ語のユーザー インターフェイスで動作している Publisher 2002 ヘブライ語版で、フォント パターンを適用しようとしても何も起こりません。ユーザー インターフェイスを英語に切り替えると、フォント パターンが適用できるようになります。

Web コンポーネント

Analysis ToolPak がメモリを解放しない

Analysis ToolPak アドインを使用している Web サーバーで、メモリ不足になることがあります。Analysis ToolPak アドインはメモリ上でインスタンスを作成しますが、メモリが不要になってもメモリを解放しません。

Analysis ToolPak でメモリ リークが発生する

Analysis ToolPak のスプレッドシート Web コンポーネントを Web ページ上で使用すると、数式の循環参照が発生したときに割り当てられたメモリが解放されません。サーバーで使用可能なメモリ容量が少しずつ減少します。

Analysis ToolPak の関数で誤ったパラメータを使用してもエラーが発生しない

Analysis ToolPak のスプレッドシート Web コンポーネントを Web ページ上で使用しているとき、関数のパラメータ数が不適切な場合でも値 "0" (ゼロ) が返され、エラー値 (#VALUE!) が返されません。

関連情報

関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=D4D8A9A4-31FC-480B-9CD9-ADCCB6997CE3

プロパティ

文書番号: 307843 - 最終更新日: 2007年12月4日 - リビジョン: 6.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Standard Edition for Students and Teachers
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbdownload kbother kbother kbinfo kbofficexpsp1fix KB307843
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com