Windows XP のセットアップ プログラムを MS-DOS から開始する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307848 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307848
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

この資料では、Windows XP セットアップ プログラムをコマンド プロンプトから開始する方法について説明します。

詳細

セットアップ プログラム実行の準備

Windows XP をインストールする前に、次の準備を行います。
  1. コンピュータのハードウェアが Windows XP と互換性があることを確認します。互換性に関する最新の情報を確認し、一覧にあるハードウェア用のドライバをダウンロードしてインストールするには、次に示す Microsoft Windows Hardware Quality Labs の Web サイトにアクセスしてください。
    http://www.microsoft.com/japan/whdc/whql/default.mspx
    Windows XP オペレーティング システムのシステム要件の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    314865 Windows XP オペレーティング システムのシステム要件
  2. Windows XP の CD-ROM で以下のドキュメントを参照します (Drive は、Windows XP の CD-ROM が挿入されているドライブを示します)。これらのドキュメントには、インストールの準備に役立つ情報が含まれています。
    • Drive:\Docs\Read1st.txt : マニュアルや CD-ROM 上の他の .txt ファイルに含まれていない、重要な最新情報が含まれています。
    • Drive:\Docs\RelNotes.htm : Windows XP リリース ノートが含まれています。
    • Drive:\Readme.htm : Windows XP のマニュアルの補足となる、最新の情報やその他の情報が含まれています。
  3. ハード ディスク上にパーティションを作成して、それを FAT または FAT32 のいずれかのファイル システムでフォーマットします。 パーティションの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    255867 Fdisk および Format ツールを使ったハードディスクにおけるパーティションの作成/再作成方法
    : Windows XP のセットアップ プログラムには、インストール ファイルをコピーするために、383 MB 以上の空きディスク容量が必要です。

Windows XP セットアップ プログラムをコマンド プロンプトから開始する

Windows XP をコマンド プロンプトから開始するには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP の CD-ROM を CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入します。
  2. CD-ROM をサポートするコマンド プロンプトでコンピュータを起動します。使用しているコンピュータに MS-DOS がインストールされていない場合、またはブート メニューでコマンド プロンプトでの起動を選択できない場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
    187632 FAT32 に対応した Windows 98 起動ディスクの作成方法
  3. SMARTDrive が起動していない場合は起動します。これを行うには、Smartdrv.exe ファイルが含まれているフォルダに移動し、smartdrv と入力して、Enter キーを押します。SMARTDrive を使用しない場合は、Windows XP セットアップのハード ディスクにファイルをコピーする部分で、動作が遅くなる場合があります。
  4. コマンド プロンプトで drive: と入力し、Enter キーを押します (drive は Windows XP の CD-ROM が挿入されているドライブ名です)。
  5. cd i386 と入力し、Enter キーを押します。
  6. winnt と入力して、Enter キーを押します。Windows XP のセットアップ プログラムが起動します。
  7. Windows XP インストール ファイルのパスを入力して、Enter キーを押します。たとえば、d:\i386 と入力します。

    Windows セットアップ プログラムにより、ファイルがハード ディスクにコピーされます。ファイルがコピーされると、以下のメッセージが表示されます。
    セットアップ プログラムの MS-DOS 実行部は完了しました。
    コンピュータを再起動します。コンピュータの再起動後、
    Windows XP セットアップを続行します。

    ドライブ A: にフロッピー ディスクが挿入されている場合は、取り出してください。

    準備ができたら、Enter キーを押してください。
  8. コンピュータからフロッピー ディスクを取り出し、Enter キーを押します。コンピュータが再起動し、Windows XP のセットアップ プログラムが再開されます。Enter キーを押して続行します。
  9. 手順に従って、Windows XP のインストール先となるパーティションを選択し、フォーマットします。使用しているハード ディスクに含まれているパーティションが 1 つのみの場合は、既存のパーティションのリストから削除しないでください。Windows XP セットアップ プログラムにより、このパーティションにインストール ファイルがコピーされています。

    FAT32 フォーマットのパーティションは、後で NTFS ファイル システムに変換することができます。

    セットアップにより、Windows XP セットアップ プログラムに必要なファイルがコピーされ、コンピュータが再起動します。NTFS ファイル システムを使用してドライブをフォーマットするように選択している場合は、Windows によってドライブのエラー チェックが行われ、その後、Windows が再起動します。Windows XP セットアップが、グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) モードで再開されます。
  10. Windows セットアップ ウィザードの手順に従って Windows XP のインストールを完了します。

プロパティ

文書番号: 307848 - 最終更新日: 2006年3月1日 - リビジョン: 5.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowtomaster KB307848
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com