Windows XP のブリーフケース機能の使用方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307885 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307885
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows XP のブリーフケース機能の使用方法について説明します。

ブリーフケースの使用方法

Windows XP のブリーフケース機能を使用して、個々のファイルの複数のコピーを自動的に同期させることにより、ファイルを最新の状態に保つことができます。つまり、ブリーフケースでは、複数のコンピューター上のファイル間の関係が追跡されます。たとえば、オフィスではデスクトップ コンピューターを使用し、外出中はポータブル コンピューターを使用している場合、ポータブル コンピューターをデスクトップ コンピューターに再接続すると、ブリーフケースによってデスクトップ コンピューター上のファイルが同期され、変更済みのバージョンに更新されます。

ブリーフケースでは、ファイルの更新状態の保存および表示を行うことができます。ブリーフケースでは、ファイルがメイン コンピューター上の元のファイルにリンクされているかどうか、またはそれが孤立したファイル (ブリーフケースに保存されていて、別のファイルにリンクされていないファイル) であるかどうかが追跡されます。この情報を使用して、ファイルの構成を維持し、ファイルの最新版を追跡することができます。

複数のコンピューターを使用してファイルを操作する場合、またはケーブルで直接接続するかリムーバブル ディスクを使用してコンピューター間で頻繁にファイルを転送する必要がある場合に、ブリーフケースを使用します。

新しいブリーフケースの作成方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピューター] をクリックします。
  2. 新しいブリーフケースを作成するフォルダーをクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[ブリーフケース] をクリックします。新しいブリーフケースが作成されます。ブリーフケースを開くには、アイコンをダブルクリックします。

    デスクトップ上に新しいブリーフケースを作成する場合は、デスクトップ上の空白の領域を右クリックし、[新規作成] をクリックして、[ブリーフケース] をクリックします。

ブリーフケースを使用して、2 台のコンピューター上のファイルを同期する方法

  1. 注: 以下の手順では、プライマリ コンピューターとしてデスクトップ コンピューターを使用し、セカンダリ コンピューターとしてポータブル コンピューターを使用するものと仮定しています。

  2. ポータブル コンピューターをデスクトップ コンピューターに接続します。

    コンピューターは、ネットワーク経由で接続するか、ケーブルを使用して直接接続できます。
  3. ポータブル コンピューター上のブリーフケースを起動し、操作するファイルやフォルダーをデスクトップ コンピューターからブリーフケースにドラッグします。

    : フォルダーやファイルをデスクトップ コンピューターからブリーフケースにコピーする前に、ファイルが格納されているフォルダーを共有する必要があります。
  4. ブリーフケースを起動し、ファイルに必要な変更を加えます。
  5. ファイルの操作が終了したら、ポータブル コンピューターがデスクトップ コンピューターに接続されていない場合は接続し、ポータブル コンピューター上のブリーフケースを起動します。
  6. 次のいずれかの手順を実行します。
    • すべてのファイルを更新するには、[ブリーフケース] メニューの [すべて更新] をクリックします。

      または
    • 一部のファイルのみを更新するには、更新するファイルを選択して、[ブリーフケース] メニューの [選択して更新] をクリックします。
  7. [ブリーフケースの更新] ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスに表示されたファイルやフォルダーに対する更新処理を確認し、[更新] をクリックします。
デスクトップ コンピューター上のファイルが、ポータブル コンピューター上のブリーフケース内にある更新済みのファイルによって更新されます。

ブリーフケースを使用して、フロッピー ディスクに保存されたファイルを同期する方法

  1. 注: 以下の手順では、プライマリ コンピューターとしてデスクトップ コンピューターを使用し、セカンダリ コンピューターとしてポータブル コンピューターを使用するものと仮定しています。

  2. デスクトップ コンピューター上のフロッピー ディスク ドライブにフロッピー ディスクを挿入します。
  3. ブリーフケースを起動し、コンピューターから操作するファイルやフォルダーをブリーフケースにコピーします。
  4. ブリーフケースをフロッピー ディスクにドラッグします。

    ブリーフケース内のファイルやフォルダーがディスクにコピーされます。
  5. デスクトップ コンピューターからフロッピー ディスクを取り出し、ブリーフケースを保存したディスクをポータブル コンピューター上のフロッピー ディスク ドライブに挿入します。
  6. フロッピー ディスクからブリーフケースを起動し、ファイルに必要な変更を加えます。
  7. ファイルの操作が終了したら、ポータブル コンピューターからフロッピー ディスクを取り出し、それを再びデスクトップ コンピューターのフロッピー ディスク ドライブに挿入します。
  8. フロッピー ディスクからブリーフケースを起動し、以下のいずれかを実行します。
    • すべてのファイルを更新するには、[ブリーフケース] メニューの [すべて更新] をクリックします。

      または
    • ブリーフケースに保存されている一部のファイルのみを更新するには、更新するファイルを選択して、[ブリーフケース] メニューの [選択して更新] をクリックします。
  9. [ブリーフケースの更新] ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスに表示されたファイルやフォルダーに対する更新処理を確認し、[更新] をクリックします。
デスクトップ コンピューター上のファイルは、フロッピー ディスク上のブリーフケース内にある更新済みのファイルによって同期されます。

ブリーフケースに保存されているファイルの状態を確認する方法

  1. ブリーフケースを起動し、確認するファイルを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. [更新状態] タブをクリックします。
    • ブリーフケースのファイルとブリーフケースの外部にある対応するファイル (別のコンピューター上のファイルの元のコピー) が同期されていると、[最新の状態] アイコンが表示されます。
    • ブリーフケースのファイルと対応するファイルが同期されていない場合、[置換] 矢印が表示されます。この矢印は、更新が必要なファイルのコピーを指しています。

      [更新] をクリックして、ファイルを同期します。

      ブリーフケースに保存されたファイルとブリーフケースの外部にある対応するファイルが同期されます。

ブリーフケースに保存されたファイルをそれらに対応するファイルから切り離す方法

ブリーフケースに保存されたファイルを切り離すと、ブリーフケースのファイルのコピーは、ブリーフケースの外部にある対応するファイルから切り離されます。ブリーフケース内に保存された孤立ファイルは、同期されなくなります。

ブリーフケースに保存されたファイルを対応するファイルから切り離すには、以下の手順を実行します。
  1. ブリーフケースを起動し、切り離すファイルを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. [更新状態] タブをクリックします。
  3. [元の場所から切り離す] をクリックし、メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。それ以降ファイルは更新されなくなります。
  4. [閉じる] をクリックして、ブリーフケースを終了します。
ファイルが孤立します。

トラブルシューティング

  • ブリーフケースにファイルをコピーして編集し、ファイルを同期しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
    File name は独立しています。更新されませんでした。
    この現象は、元のファイルが移動された場合に発生することがあります。ブリーフケースは、ブリーフケースにコピーされたすべてのファイルの元の場所を追跡します。しかし、元のファイルが別の場所に移動されると、追跡できなくなります。プライマリ コンピューター上のファイルを移動すると、ブリーフケース内に保存されたファイルは孤立するため、ブリーフケースの外部にある元の対応するファイルと同期できなくなります。これは、ファイルを元の場所に戻しても同じです。

    この問題を解決するには、変更済みのバージョンのファイルの名前を変更し、元のファイルをブリーフケースにコピーします。変更済みのバージョンのファイルを開き、先にブリーフケースにコピーした元のファイルと同じ名前で保存してから、孤立ファイルを削除します。

  • ファイルの同期に使用する Windows XP の機能を決定するには、以下のガイドラインを使用してください。
    • 通常、リムーバブル ディスク (フロッピー ディスクなど) または直接のケーブル接続によって、コンピューター間でファイルを転送する場合に、ブリーフケース機能を使用します。
    • ネットワーク上の共有ファイルを操作する場合は、オフライン ファイル機能を使用します。


関連情報

Windows XP のオフライン ファイル機能の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
307853 [HOW TO] Windows XP でのオフライン ファイルの使用方法
詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
314512 同期マネージャーでモバイル デバイスとデスクトップ コンピューターを同期する方法
詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
312171 特定のネットワーク接続がアクティブになったときに同期するようにオフライン ファイルを構成する方法
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 307885 - 最終更新日: 2013年7月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbenv kberrmsg kbhowto KB307885
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com