URLScan で FrontPage を使用すると、エラー メッセージが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307976 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Web サイトに接続するか、Web サイトを発行する FrontPage 2003 クライアントを使用するときは、次のエラー メッセージが表示され、Web サイトが開かれていません。
http://address で、Web サーバーには、FrontPage 2003 にないサーバー拡張機能がインストールされています。
http://address は、次のように構成を持つサーバー。
  • サーバーが Microsoft インターネット情報実行されているサービス (IIS)。
  • FrontPage サーバー拡張はサーバーにインストールします。
  • URLScan ユーティリティはインストールされます。

原因

URLScan ユーティリティをインストールする、Urlscan.ini ファイルを既定の設定を一覧表示がインストールされます。 既定の設定からサーバーへのアクセス要求を拒否します。

解決方法

Urlscan.ini ファイルの設定を編集する場合、FrontPage の使用できます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. エクスプローラーで、Urlscan.ini ファイルを探します。 既定では、このファイルは、次のフォルダーに作成されます。
    Drive: \WINNT\System32\Inetsrv\urlscan
    場所 Drive は、ハード_ディスクのドライブ文字を表します。
  2. ファイルのコピーを作成し、Urlscan.old という名前をします。
  3. メモ帳で、Urlscan.ini の元のコピーを開きますファイル。
  4. [Options] セクションを見つけます。 AllowDotInPath を変更する = 0 の設定 = 1 AllowDotInPath にします。
  5. [AllowVerbs] セクションを見つけます。 変更は、オプションの動詞のオプションをします。 (行 uncomments、セミコロン (;) を削除する)

    : URLScan 2. 1 がインストールされている場合はこの変更を行う必要はありません。 これは、URLScan 2. 1 で修正されました。 URLScan 2. 1 は、次のマイクロソフト Web サイトです。
    http://www.microsoft.com/security
    URLScan 2. 0 を持っている場合はこの変更する必要があります。 バージョン 2. 0 は、CD-ROM に含まれます。
  6. 置換元ファイルの保存します。
  7. 停止し、IIS サービスを再開します。
    236166NET STOP と NET 開始コマンドの IIS サービスの設定を使用して、レジストリの Re-Read を
    202013インターネット インフォメーション Iisreset.exe のコマンドラインの構文を 5. 0 のサービスします。
  8. FrontPage 2003 で接続する機能をテストします。
場合さらに問題が発生他の IIS で URLScan の実行中に機能設定 EnableLogging = 1、[オプション] に Urlscan.ini およびし再起動 IIS のセクション。 エラーが発生した場合、は、最後のエントリのどのような要求が拒否されたについて Urlscan.log ファイルを調べてください。

詳細

URLScan がサーバーによって使用されていない機能をオフにすることにより攻撃からサーバーを保護できます。 ダウンロード可能なファイルに含まれる、Urlscan.ini ファイルでデフォルト設定は Active Server Pages (ASP) とハイパーテキスト マークアップ言語 (HTML) ページおよびイメージなどの静的コンテンツのみ、サーバーが処理することと仮定します。 次のテクノロジを使用していないいることもものと。
  • CGI (.exe) 実行可能ファイル
  • WebDAV
  • インデックス サーバー
  • インターネットまたは HTTP ベースの印刷
  • サーバー側インクルード (SSI)
これらのテクノロジの使用する場合は、必要に応じて、Urlscan.ini ファイルを変更させます。

URLScan を ◆ セグ: 前の追加についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
307608IIS で URLScan を使用します。
309394FrontPage 2000 で URLScan を使用する方法

FrontPage 2003 に影響があるその他の設定

  • AlternateServerName を指定する FrontPage もできないように接続または発行する、実際の Web を返すように構成されてサーバー名。
  • RemoveServerHeader の設定 = 1 も接続または公開から FrontPage 2003 を防止します。
  • 関数に、FrontPage のヒット カウンター Web の CGI ベース コンポーネントする必要が Urlscan.ini ファイルに拡張子.exe を持つファイルを使用できるようにします。 ある これにより、他の CGI アプリケーションも実行する、ため、管理者は、ISAPI または ASP ベースのヒット カウンターを使用して検討する必要があります。 FrontPage で ASP ベースのヒット カウンターを使用の追加についてはをクリックして資料以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
    309008[HOW TO FrontPage 2000 で ASP PageCounter コンポーネントを使用します。
    .exe 拡張子を持つファイルに対する要求を許可するには、のいずれかの次の構成を設定します。
    • UseAllowExtensions を設定した場合の <= 0 でコメント アウトまたは、Urlscan.ini の [DenyExtensions] セクションから.exe を削除し、ファイル。

      - または -
    • UseAllowExtensions を設定する場合 = 1、.exe、Urlscan.ini ファイルの [AllowExtensions] セクションに追加します。
  • AllowLateScanning の設定 = 1 の負荷を優先度の低いフィルターとして URLScan。 これにより、FrontPage、下位互換性のあるフィルター Fpexedll.dll 下読み込まれる URLScan できます。 URLScan と Fpexedll.dll フィルターの追加については、以下の「をクリック記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
    189799Fpexedll.dll に関してよく寄せられる質問 (FAQ)
    309394FrontPage 2000 で URLScan を使用する方法

プロパティ

文書番号: 307976 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Server Extensions
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Server Extensions
  • Microsoft Visual InterDev 1.0 Standard Edition
  • Microsoft Visual InterDev 6.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbwebserver kbprb kbopenfile kbwebpublishing kbmt KB307976 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:307976
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com