文書番号: 308029 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows XP をシャットダウンするときに発生する可能性のある問題のトラブルシューティング方法について説明します。この資料は、上級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。高度なトラブルシューティングに自信がない場合は、サポート担当者にお問い合わせください。お問い合わせ方法については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/
: 始める前に、コンピュータに最新の Service Pack および更新プログラムがインストールされていることを確認してください。 最新の Windows XP Service Pack および更新プログラムを入手する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

詳細

コンピュータのシャットダウン時または再起動時にエラー メッセージが表示される

この問題を解決するには、いずれかの方法を使用します。

方法 1 : エラー メッセージに示されたファイルまたはサービスを読み込まないように Windows を構成する

エラー メッセージにファイルやサービスが示されている場合、そのファイルやサービスがシステム構成ユーティリティ (Msconfig.exe) のいずれかのタブに表示されている可能性があります。これらが表示されている場合は、次の 2 番目の資料に記載されている手順を実行して該当するファイルやサービスを無効にします。表示されていない場合は、次のトラブルシューティング手順に進みます。

システム構成ユーティリティを使用して、ファイルまたはサービスを無効にする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310353 "クリーン ブート" 状態で起動するように Windows XP を構成する方法
コンピュータの管理を使用して、サービスを無効にする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310602 Windows の起動を妨げるサービスまたはデバイスを無効にする方法
詳細については、障害が発生しているサービスの製造元に問い合わせてください。

: 問題の原因になっているファイルやサービスの詳細については、Microsoft Customer Support Services 担当者にお問い合わせください。Support Services 担当者への問い合わせ方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com
OEM 版のコンピュータに Windows XP がインストールされている場合、この問題については製造元にお問い合わせください。

方法 2 : 最近コンピュータからプログラムを削除したかどうかを確認する

最近コンピュータからプログラムまたは Windows コンポーネントを手動で削除した場合は、コンピュータに残っている関連情報が問題の原因になっていることがあります。いったんプログラムまたはコンポーネントを再インストールした後、[プログラムの追加と削除] を使用するか、製造元から提供されているマニュアルに従って、そのプログラムまたはコンポーネントを削除してください。

コンピュータからプログラムを削除するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[プログラムの追加と削除] をクリックします。
  2. プログラムの一覧で、削除するプログラムをクリックし、[変更と削除] をクリックします。
  3. プログラムを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
[プログラムの追加と削除] にプログラムが表示されない場合は、プログラムの削除方法について製造元に問い合わせてください。

シャットダウン時または再起動時にコンピュータが応答を停止する

この問題を解決するには、以下に記載されているいずれかの方法を使用します。

方法 1 : セーフ モードでコンピュータをシャットダウンまたは再起動する

セーフ モードを使用した Windows XP のトラブルシューティングの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
315222 Windows XP のセーフ モード ブート オプションについて
310602 Windows の起動を妨げるサービスまたはデバイスを無効にする方法
: セーフ モードでコンピュータをシャットダウンまたは再起動できる場合は、次の手順に進み、問題の原因になっている可能性があるドライバのトラブルシューティングを行います。

方法 2 : デバイス マネージャを使用して、問題がデバイス ドライバに関連しているかどうかを調べる

デバイス マネージャを使用して、ソフトウェアによって構成されたデバイスの検査および変更を行うことができます。ハードウェア デバイスでジャンパ ピンまたはディップ スイッチが使用されている場合は、手動でデバイスを構成する必要があります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310126 デバイス マネージャによるデバイス競合のトラブルシューティング
314464 Windows XP のデバイス マネージャに表示される不明なデバイスのトラブルシューティング方法

方法 3 : システムの復元を使用して Windows XP の動作状態を復元する

システムの復元を使用して、コンピュータを以前の正常な状態に戻すことができます。システムの復元では、重要なシステム ファイルや一部のプログラム ファイルの "スナップショット" を作成し、その情報を復元ポイントとして保存します。これらの復元ポイントに基づいて、Windows XP を以前の状態に戻すことができます。

システムの復元機能の使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306084 システムの復元を使用して Windows XP を復元する方法
システムの復元の関連情報を参照するには、[スタート] ボタンをクリックして [ヘルプとサポート] をクリックし、[検索] ボックスにシステムの復元と入力して Enter キーを押します。

方法 4 : 前回正常起動時の構成機能を使用して Windows XP の動作状態を復元する

Windows が起動しない場合は、前回正常起動時の構成機能を使用して Windows を再起動します。
  1. コンピュータを起動し、Windows の起動中に F8 キーを押して、[Windows 拡張オプション メニュー] を表示します。
  2. 方向キーを使用して [前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)] を選択し、Enter キーを押します。
  3. 起動するシステムを選択するメニューが表示される場合は、方向キーを使用して [Microsoft Windows XP] を選択し、Enter キーを押します。

    Windows XP は、前回のシャットダウン時に保存されたレジストリ情報を使用してコンピュータを起動します。

方法 5 : インプレース アップグレードを実行して Windows XP を修復する

Windows XP CD-ROM から Windows セットアップを実行すると、破損した Windows を修復することができます。

Windows XP のインプレース アップグレードの実行方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
315341 Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法

方法 6 : CMOS/BIOS の設定が正しいことを確認する

警告 : この手順では、CMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor) 設定と BIOS (Basic Input/Output System) 設定の変更が必要な場合があります。コンピュータの BIOS の変更を誤ると、深刻な問題が発生するおそれがあります。マイクロソフトは、BIOS の変更によって発生した問題に関しては一切責任を負わないものとします。CMOS 設定の変更は、自己の責任において行ってください。

CMOS と BIOS の設定が誤っていたり破損していたりすると、起動時またはシャットダウン時に問題が発生することがあります。CMOS と BIOS の設定はコンピュータ固有の設定であるため、マイクロソフトでは、その変更について特定の情報を提供することはできません。

コンピュータの CMOS と BIOS の正しい設定、およびこれらの設定の確認方法と変更方法については、コンピュータのマニュアルを参照するか、コンピュータの製造元に問い合わせてください。

: 内部バッテリが破損している場合や十分に充電されていない場合は、CMOS または BIOS の設定が破損する可能性があります。

方法 7 : ハード ディスクまたはファイル システムが破損していないことを確認する

Windows XP CD-ROM からコンピュータを起動し、回復コンソールを読み込んで Chkdsk コマンド ライン ユーティリティを使用すると、問題を解決できる場合があります。

重要 : 回復コンソールは、高度な知識を持つユーザーまたは管理者が使用することをお勧めします。回復コンソールを使用するには管理者 (Administrator) のパスワードが必要です。

Chkdsk を使用して、破損したハード ディスクのチェックおよび修復を行う方法の関連情報については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックして、資料内の「回復コンソールの使用方法」および「回復コンソール コマンド プロンプトの使用方法」を参照してください。
307654 Windows XP での回復コンソールのインストールおよび使用方法
: Chkdsk コマンドで、ハード ディスクにアクセスできないことが報告される場合は、ハードウェア障害の可能性があります。ドライブ上のケーブル接続とジャンパ設定のすべてを調べてください。詳細については、コンピュータの修理担当者、またはコンピュータの製造元に問い合わせてください。

chkdsk コマンドで、解決できないハード ディスクの問題があることが報告された場合は、ファイル システムまたはマスタ ブート レコード (MBR) が破損しているか、アクセスできない状態である可能性があります。fixmbr や fixboot など、適切な回復コンソール コマンドを試行するか、データ回復サービスに問い合わせるか、またはハード ディスクのパーティションを再作成して再フォーマットしてください。

: ハード ディスクのパーティションを再作成して再フォーマットすると、ディスクに保存されているデータはすべて失われます。

重要 : この問題についてさらに詳しい情報が必要な場合は、コンピュータの製造元、または Microsoft Product Support Services に問い合わせてください。

コンピュータの修理については、資格を持つ担当者に依頼することを推奨します。それ以外の担当者が行った場合は、コンピュータの保証が無効になることがあります。

コンピュータが突然再起動する、またはシャットダウン時に再起動する

Windows XP における予期しない再起動の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
320299 Windows XP が突然、またはコンピュータのシャットダウン時に再起動する

プロパティ

文書番号: 308029 - 最終更新日: 2008年2月12日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbenv kbresolve KB308029
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com