[PRB] ASP.NET の ASPCOMPAT モードでコンストラクタから STA コンポーネントを作成するとパフォーマンスが低下する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 308095 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP308095
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

アパートメント スレッド コンポーネントを ASPCOMPAT モードの ASP.NET ページから呼び出すと、深刻なパフォーマンス低下が発生することがあります。

原因

ASP.NET で ASPCOMPAT モード (<%@ ASPCOMPAT="true" %> ディレクティブが指定されたページ) を使用すると、そのページは STA スレッド プール上で実行されます。しかし、ページの構築時に作成される COM (Component Object Model) コンポーネントは、要求がシングルスレッド アパートメント (STA) スレッド プールにスケジュールされる前に作成されるため、マルチスレッド アパートメント (MTA) スレッドから作成されます。こうした状況で、著しいパフォーマンスの低下が発生します。

最も重要な点は、MTA スレッドから作成されるアパートメントスレッド コンポーネントのすべてのインスタンスが、同じスレッド (ホスト STA) によって実行されることです。つまり、すべてのユーザーが COM コンポーネントの独自のインスタンスに対する参照を持っている場合でも、これらのコンポーネントに対する呼び出しはすべて、この 1 つのスレッドにシリアル化されることになります (一度に 1 つの呼び出ししか実行されません)。

さらに、Page のいずれかのイベントからコンポーネントが呼び出しされるときにも、毎回、スレッドの切り替えに伴う小さなパフォーマンスへの影響が発生しています。これは、Page の各イベントが STA プールからのスレッド上で実行されるのに対して、COM コンポーネントは引き続きホストの STA 上で実行されるためです (COM コンポーネントが MTA クライアントから作成されているため)。このスレッドの切り替えは、偽装を使用する場合に別のエラーの原因にもなります。詳細については、この資料の「関連情報」を参照してください。

解決方法

ASPCOMPAT モードで STA コンポーネントを使用する場合、COM コンポーネントは、メソッドまたは Page の各イベント (Page_Load や Page_Init など) の中だけで作成し、構築時には COM コンポーネントを作成しないようにしてください。

たとえば、構築時にコンポーネントが作成される以下のようなメンバ宣言は使用しないでください。

Visual Basic .NET の場合
<%@ Page Language="VB" ASPCOMPAT="TRUE" %>
<script runat="server">

Dim comObj As MyComObject = New MyComObject()

Public Sub Page_Load()
   comObj.DoSomething()
End Sub
</script>
				
Visual C# .NET の場合
<%@ Page Language="C#" ASPCOMPAT="TRUE" %>
<script runat="server">

MyComObject comObj = new MyComObject();

public void Page_Load()
{
   comObj.DoSomething()
}
</script>
				
Visual J# .NET の場合
<%@ Page Language="VJ#" ASPCOMPAT="TRUE" %>
<script runat="server">

MyComObject comObj = new MyComObject();

public void Page_Load()
{
  comObj.DoSomething();
}
</script>
				
代わりに以下のコードを使用するようにします。

Visual Basic .NET の場合
<%@ Page Language="VB" ASPCOMPAT="TRUE" %>
<script runat="server">

Dim comObj As MyComObject 

Public Sub Page_Load()
   comObj = New MyComObject()
   comObj.DoSomething()
End Sub
				
Visual C# .NET の場合
<%@ Page Language="C#" ASPCOMPAT="TRUE" %>
<script runat="server">

MyComObject comObj;

public void Page_Load()
{
   comObj = new MyComObject();
   comObj.DoSomething();
}
				
Visual J# .NET の場合
<%@ Page Language="VJ#" ASPCOMPAT="TRUE" %>
<script runat="server">

MyComObject comObj;

public void Page_Load()
{
  comObj = new MyComObject();
  comObj.DoSomething();
}
</script>
				

状況

この動作は仕様です。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
325791 [PRB] ASP.NET でアカウントを偽装し STA COM コンポーネントを呼び出すと「アクセス拒否」エラーになる

プロパティ

文書番号: 308095 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 2.7
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.1
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft ASP.NET 1.0
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual J# .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft .NET Framework 1.1
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhttpruntime kbinterop kbperformance kbprb kbreadme kbthread KB308095
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com