インデックス用カタログを作成および構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 308202 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 2000 でインデックス用カタログを作成および構成する方法について、手順を追って説明します。Windows 2000 のインデックス サービスは、ドキュメントの内容とプロパティ (ファイル名、作成日時、変更日時、作成者名、文字数など) のインデックスを、ローカル ハード ディスク上や共有ネットワーク ドライブ上に作成します。インデックス情報は、カタログに格納されます。

詳細

ドキュメントのインデックスを作成し、インデックス サービスを起動する (デフォルトでは起動されません) と、以下のいずれかの方法でインデックスに対してクエリを実行し、ドキュメントまたはドキュメントのプロパティに含まれる特定のテキストを、検索することができます。
  • エクスプローラを起動し、[検索] をクリックします。
  • [スタート] ボタンをクリックして [検索] をクリックします。
  • インデックス サービス クエリ フォームを使用します。この操作を行うには、インデックス サービス スナップインを起動し、検索するカタログをクリックして展開し、[カタログのクエリ] をクリックします。右側のウィンドウに、クエリ フォームが表示されます。
  • Web ブラウザを使用し、Web マスターまたは管理者によって作成された Web ページを使用して検索 (クエリ) を送信します。
Windows 2000 でインデックス サービスがインストールされると、以下のカタログが自動的に作成されます。
  • System カタログ : System カタログには、デフォルトで、恒久的に接続されているすべてのディスク ドライブ上のすべてのフォルダが一覧表示されます。これには、すべてのファイル システム ドキュメント (一部のシステム ファイルや一時ファイルを除く) が含まれます。System カタログは、利用可能な空き領域が最も多いハード ディスクに作成されます。
  • Web カタログ : インターネット インフォメーション サービス (IIS) がインストールされていると、インデックス サービスは、IIS のコンテンツのインデックスを含む Web カタログを作成します。Web カタログは、デフォルトでは、Inetpub フォルダに作成されます。
必要に応じて、いつでも他のカタログの追加およびその削除、または既存のカタログの構成を行うことができます。

カタログを新規作成する

新規にカタログを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [管理ツール] をダブルクリックし、[コンピュータの管理] をダブルクリックします。
  3. コンソール ツリーの [サービスとアプリケーション] をダブルクリックし、[インデックス サービス] をダブルクリックします。
  4. [インデックス サービス] を右クリックし、[新規作成] をポイントし、[カタログ] をクリックします。
  5. [名前] ボックスに新規カタログの名前を入力します。
  6. [参照] をクリックし、新規カタログを格納するフォルダをクリックし、[OK] を 2 回クリックします。
  7. "インデックス サービスを再開するまでカタログはオフラインです" というメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
新規にカタログが作成され、コンソール ツリーの [インデックス サービス] の下に表示されます。

カタログのスコープを定義する

新規にカタログを作成した後に、カタログのスコープに含めるフォルダを追加する必要があります。スコープは、カタログに含める一連のフォルダおよびカタログから除外する一連のフォルダです。スコープにより、インデックスに含めるコンテンツおよびインデックスから除外するコンテンツが定義されます。フォルダを含めるかまたは除外すると、そのすべてのサブフォルダもそれぞれ、含まれるかまたは除外されます。

カタログのスコープを定義するには、以下の手順を実行します。
  1. コンソール ツリーで、カタログをダブルクリックして、そのコンテナを展開します (展開されていない場合)。
  2. [ディレクトリ] を右クリックし、[新規作成] をポイントして、[ディレクトリ] をクリックします。
  3. [参照] をクリックし、追加するフォルダを見つけてクリックし、[OK] をクリックします。

    追加するフォルダが別のコンピュータ上に存在する場合、以下の手順を実行します。
    1. [アカウント情報] の [ユーザー名] ボックスに、そのコンピュータにアクセスするためのアクセス許可を持っているユーザー アカウントのドメイン名とユーザー名を、たとえば、domain\username のように入力します。
    2. [パスワード] ボックスに、このユーザー アカウント用のパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
    3. [エイリアス (UNC)] ボックスに、汎用名前付け規則 (UNC) で表したフォルダのパスを、たとえば \\computername\sharename のように入力します。
  4. [インデックスに含めますか?] で、以下のいずれかの操作を実行します。
    • フォルダをカタログに含める場合は、[はい] をクリックします。
    • フォルダをカタログから除外する場合は、[いいえ] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. 他のフォルダをカタログに追加する場合は、手順 2. 〜 5. を繰り返します。
  7. インデックス サービスが実行中の場合は、コンソール ツリーで [インデックス サービス] を右クリックして、[停止] をクリックします。
  8. [インデックス サービス] を右クリックし、[開始] をクリックします。
以上で、指定されたフォルダが追加され、カタログに含まれるかどうかの設定が行われます。[ディレクトリ] をクリックすると、[コンピュータの管理] コンソールの詳細ウィンドウに、フォルダが一覧表示されます。

  • カタログが Web サーバーを追跡している場合、フォルダは自動的に追加されます。
  • NTFS ファイル システムのファイルまたはフォルダがインデックスに含まれないようにするには、以下の手順を実行します。
    1. エクスプローラを起動し、インデックスに含まれないようにするファイルまたはフォルダを見つけてクリックします。
    2. [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブをクリックし、[詳細] をクリックします。
    4. [属性の詳細] ダイアログ ボックスで、[検索を速くするため、このファイルにインデックスを付ける] チェック ボックスをオフにします。

カタログを構成する

カタログを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. 構成するカタログを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [追跡] タブをクリックします。
  3. [継承可能な設定] で、以下のいずれかの操作を実行します。
    • インデックス サービスで、共有フォルダの共有名をそのフォルダのエイリアスとして使用する場合、[サービスから上記の設定を継承する] チェック ボックスをオフにし、[ネットワーク共有のエイリアスを自動的に追加する] チェック ボックスをオンにします。

      または
    • サービスと同じ設定を使用する場合は、[サービスから上記の設定を継承する] チェック ボックスをオンにします (オンになっていない場合)。
  4. コンピュータに IIS がインストールされており、Web サーバーにインデックスを付ける場合、インデックスを付ける Web サーバーを [WWW サーバー] ボックスでクリックします。
  5. コンピュータに NNTP サービスがインストールおよび実行されており、仮想ニュース サーバーにインデックスを付ける場合は、使用する NNTP 仮想サーバーを [NNTP サーバー] ボックスでクリックします。
  6. [生成] タブをクリックします。
  7. [継承可能な設定] で、以下の操作の 1 つまたは複数を行います。
    • 拡張子が登録されていないファイルにインデックスを付ける場合、[サービスから上記の設定を継承する] チェック ボックスをオフにし、[未登録の拡張子のファイルにインデックスを付ける] チェック ボックスをオンにします。
    • 検索で見つかったファイルの概要を作成する場合は、[サービスから上記の設定を継承する] チェック ボックスをオフにして、[概要を作成する] チェック ボックスをオンにし、[最大サイズ] ボックスに概要のサイズの上限を入力します。
    • サービスと同じ設定を使用する場合は、[サービスから上記の設定を継承する] チェック ボックスをオンにします (オンになっていない場合)。
  8. [OK] をクリックします。
  9. インデックス サービスが実行中の場合、コンソール ツリーで [インデックス サービス] を右クリックし、[停止] をクリックします。
  10. [インデックス サービス] を右クリックし、[開始] をクリックします。
これで、特定の単語、句、またはプロパティを含むドキュメントをインデックスから検索できます。

トラブルシューティング

検索結果に何も表示されない

検索でインデックスにクエリを実行しても、予期した検索結果が返されない場合、インデックス データが破損している可能性があります。

この問題のトラブルシューティングを行うには、インデックス サービスを停止して再度開始し、すべてのドキュメントのインデックスを付け直す必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [管理ツール] をダブルクリックし、[コンピュータの管理] をダブルクリックします。
  3. コンソール ツリーの [サービスとアプリケーション] をダブルクリックします。
  4. [インデックス サービス] を右クリックし、[停止] をクリックします。
  5. [インデックス サービス] を右クリックし、[開始] をクリックします。

ディスクに空き領域がない

カタログが格納されているボリュームでディスク領域が不足すると、インデックス サービスは一時的に停止します。利用可能なディスク領域が非常に少なくなると (20 MB 未満)、インデックス サービスは、十分なディスク領域が利用可能となるまで、一時的に停止します。カタログが格納されているボリュームでディスク領域が不足し始めると、イベント ビューアのアプリケーション ログにメッセージが記録されます。

この問題のトラブルシューティングを行うには、イベント ビューアのアプリケーション ログでこれらのメッセージを監視し、必要に応じて、ディスクの空き領域を解放します。

特定のドキュメントでインデックスが作成されない

インデックス サービスで破損したファイルが検出される場合、または特定のドキュメントへのアクセス中に継続して問題が発生する場合、これらのドキュメントは、"インデックスが作成されていない" としてマークされます。

この問題のトラブルシューティングを行うには、インデックス サービス クエリ フォームを使用して、インデックスが作成されていないドキュメントの一覧を作成します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [管理ツール] をダブルクリックし、[コンピュータの管理] をダブルクリックします。
  3. コンソール ツリーの [サービスとアプリケーション] をダブルクリックし、[インデックス サービス] をダブルクリックします。
  4. カタログを展開し、[カタログのクエリ] をクリックします。
  5. [フリー テキスト クエリを入力してください] ボックスで、@unfiltered=true と入力し、[検索] をクリックします。

    インデックスが作成されていないドキュメントの一覧が、詳細ウィンドウのクエリ フォームの下に表示されます。特定の種類のドキュメントにはインデックスが常に作成されない場合は、これらのドキュメントへのインデックス作成時に使用されるフィルタに問題がないかどうかを調査します。

ネットワーク接続が失われる

カタログ内のフォルダがリモート コンピュータにある場合に、そのネットワーク共有への接続が失われると、インデックス サービスは、ネットワーク共有の検出とスキャンを行って、接続が再度アクティブになるタイミングを判断します。この場合、カタログを再構成する必要はありません。

関連情報

インデックス サービスを構成してニュートラル ワード ブレーカを使用する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
271818 Windows 2000 インデックス サービスを構成してニュートラル ワード ブレーカを使用する方法
Windows 2000 インデックス サービスを汎用的なクラスタ サービスとしてセットアップする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
292542 [IIS] HOWTO: Windows 2000 インデックス サービスを汎用クラスタ サービスとしてセットアップする方法

プロパティ

文書番号: 308202 - 最終更新日: 2006年5月17日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbinfo KB308202
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com