Windows XP、Windows Vista、および Windows 7 にログオンするための Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを有効または無効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 308226 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP308226
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows XP、Windows Vista、および Windows にログオンするための Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを有効または無効にする方法について説明します。

ユーザーが Windows XP ベースのコンピューター、Windows Vista ベースのコンピューター、または Windows 7 ベースのコンピューターにログオンするときに、Ctrl + Alt + Del キーを押すように設定することができます。ログオン処理を簡略化するため、このキー シーケンスを無効にすることもできます。次の手順を実行するには、管理者権限のあるアカウントを使用してログオンする必要があります。


Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを有効または無効にするには

ログオンするために Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを有効または無効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
ログオンするために Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを有効にする
Microsoft Fix it 50405
ログオンするために Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを無効にする
Microsoft Fix it 50406

注意事項
  • お使いのコンピューターがドメインに属する場合、ドメイン全体のポリシーがローカル コンピューターの設定に優先するように設定されている場合があります。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。
次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

Windows XP の場合は、以下の手順を実行します。
  1. 管理者としてコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[ユーザー アカウント] をダブルクリックします。
  3. [ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する] をクリックします。
  4. Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを有効または無効にする場合は、[ようこそ画面を使用する] チェック ボックスをオンにします。
  5. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「Control Userpasswords2」と入力して Enter キーを押します。
    : 次のダイアログ ボックスが表示されることがあります。
    [ユーザー アカウント] を開けるのは、このコンピューターの Administrators グループのメンバーだけです。現在のログオン名 user name は Administrators グループのメンバーではありません。
    この場合、コンピューターの管理者のユーザー名とパスワードの入力を求めるダイアログ ボックスが表示され、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。
  6. [詳細] タブ (または [コントローラー ID] タブ) をクリックします。
  7. Ctrl + Alt + Del シーケンスを有効または無効にする場合は、[セキュリティで保護されたログオン] セクションの [ユーザーが必ず Ctrl + Alt + Del キーを押す] チェック ボックスをオフにします。
Windows Vista および Windows 7 では、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「Control Userpasswords2」と入力して Enter キーを押します。
    注: コンピューターの管理者のユーザー名とパスワードの入力を求めるダイアログ ボックスが表示され、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。
  2. [詳細] タブ (または [コントローラー ID] タブ) をクリックします。
  3. Ctrl + Alt + Del シーケンスを有効または無効にする場合は、[セキュリティで保護されたログオン] セクションの [ユーザーが必ず Ctrl + Alt + Del キーを押す] チェック ボックスをオフにします。

注:
[詳細設定] タブが使用できない場合は、[スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「control userpasswords2」と入力し、[OK] をクリックします。

特定の条件下では [詳細設定] タブを使用できません。たとえば、制限付きユーザーの場合、[詳細設定] タブは使用できません。 詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
306992 Windows XP でドメイン内のコンピューター上で保存されているユーザー名とパスワードを管理する方法

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。

注意事項

  • お使いのコンピューターがドメインに属する場合、ドメイン全体のポリシーがローカル コンピューターの設定に優先するように設定されている場合があります。
  • Ctrl + Alt + Del キー シーケンスを無効にすると、"セキュリティ ホール" が発生します。Ctrl + Alt + Del キー シーケンスは Windows によってのみ読み取り可能であるため、その後に表示されるログオン ダイアログ ボックスの内容も、Windows 以外から読み取られることはありません。これにより、承認されていないプログラムによる不当なアクセスを防止できます。
  • MS-DOS ベースのコンピューター (および一部の旧 UNIX ベースのコンピューター) では、Ctrl + Alt + Del キーを押すと BIOS が呼び出され、"ウォーム" リブートが実行される場合があります。この場合、キーボードを使用してオペレーティング システムをシャットダウンできます。Windows ベースのコンピューター (Microsoft Windows NT 以降) では、Ctrl + Alt + Del キー シーケンスが Windows によってインターセプト (傍受) されます。キーストローク インターセプト技術を使用すると、正当なアクセス権のないユーザーによる Windows のシャットダウン防止に役立ちます。


関連情報

詳細については、以下のいずれかのリンクをクリックしてください。

  • 279765 Windows XP のユーザーの簡易切り替え機能を使用する方法
  • 282866 Windows XP のユーザー アカウントに自動ログオンする方法
  • 291559 Windows XP でログオン画面とシャットダウン設定を変更する方法

プロパティ

文書番号: 308226 - 最終更新日: 2010年8月9日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
キーワード:?
kbhowtomaster kbmsifixme kbfixme KB308226
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com