FRS イベント ログのエラー コード

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 308406
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、ファイル レプリケーション サービス (FRS) が生成されます。 イベント ログのエントリについて説明します。

詳細

Windows Server 2003 およびそれ以降のイベント:

==

イベント ID = の 13500
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス

==

イベント ID = の 13501
重要度 = 情報
ファイル レプリケーション サービスを開始しています。

==

イベント ID = の 13502
重要度 = 情報
ファイル レプリケーション サービスを停止しています。

==

イベント ID = の 13503
重要度 = 情報
ファイル レプリケーション サービスが停止しました。

==

イベント ID = の 13504
重要度 = エラー
クリーンアップを行うことがなく、ファイル レプリケーション サービスを停止します。

==

イベント ID = の 13505
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスはアサーション エラーのあと停止しました。

==

イベント ID 13506 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス、整合性チェックに失敗しました
(%3)
"%1"内の行 %2 にします。

ファイル レプリケーション サービスは後で自動的に再起動します。
このイベント ログに次のエントリのこの問題が引き続き発生する場合について説明します、
リカバリの手順します。

自動的な再起動についての右クリックします。
コンピューターと管理、システム ツール、サービスをクリックし、
ファイル複製サービス、および回復。

==

イベント ID = の 13507
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス %2 のコンピューターに複製物セット %1 を開始できません。
%3 をディレクトリ %4 にボリュームの種類は NTFS 5.0 またはそれ以降でないため。

「Chkdsk %4」を入力することにより、ボリュームの種類を確認できます。

NTFS 5.0 または入力して後でボリュームをアップグレードできる「chkntfs/E % 4"します。

==

イベント ID 13508 =
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービス レプリケーションを有効にするときには
%1 への %2 を %3 の DNS を使用してから %4 を名前します。FRS が再試行されます。
この警告が表示されます理由のいくつかを次に示します。

[1] FRS このコンピューターからの DNS 名 %4 を正しく解決できます。
[2] FRS は 4% は実行されていません。
[3] では、Active Directory ドメイン サービスのトポロジ情報
このレプリカは、まだすべてのドメイン コント ローラーにレプリケートされていません。

このイベント ログ メッセージが 1 回 1 つの問題との接続表示されます。
修正されることを示す別のイベント ログ メッセージが表示されます、接続
確立されています。

==

イベント ID = の 13509
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービス %2 %3 に %1 からレプリケーション有効にいます。
繰り返し再試行後。

==

イベント ID = の 13510
重要度 = エラー
コンピューター %1 でファイル レプリケーション サービスと通信できません。
ファイル レプリケーション サービスで、コンピューターが %2。

コンピューター %2 が実行中であることを確認します。

ファイル レプリケーション サービス %2 で実行されていることを確認します。
%2 上の"net start ntfrs"を入力します。

%1 〜 %2 によってネットワークが機能していることを確認します。
"ping 1"%2"ping %2"%1 を入力します。
Ping に成功すると、失敗した操作を再試行してください。
Ping が失敗した場合、問題がある DNS サーバー。

DNS サーバーのコンピューター名を IP アドレスにマップするための責任です。
コマンド"ipconfig"と"nslookup"の問題を診断、
DNS サーバーです。

入力"ipconfig/all"、コンピューターの IP アドレスと ip アドレスが一覧表示されます
コンピューターの DNS サーバーのアドレスです。タイプ" <DNS server's="" ip="" address="">"</DNS>の ping
DNS サーバーが使用可能であることを確認します。%2 の %1 の DNS のマッピング
"nslookup"を入力して"%2"と、"%1"を入力を検証できます。
%1 から %2 にします。DNS サーバーは %1 から %2 の両方をチェック アウトすることを確認しています。
DNS の問題のいずれかのコンピューターが正しく通信をできなくなります。

%1 と %2 の間のいくつかのネットワーク問題のフラッシュをクリアできます
DNS リゾルバー キャッシュします。「Ipconfig/flushdns」と入力します。

いくつかネットワーク問題を %1 から %2 の間更新することでクリアできます
IP アドレス。「続けて ipconfig/release」と入力"ipconfig 更新/"。

%1 と %2 の間のいくつかのネットワーク問題をリセットしてクリアできます
コンピューターの DNS エントリ。タイプ"net stop NetLogon"が続いてください。
"net start NetLogon"。

%1 と %2 の間のいくつかの問題を再起動してクリアできます
ファイル レプリケーション サービス。"続けて net stop ntfrs"を入力します。
"net start ntfrs"。

%1 と %2 の間のいくつかの問題を再起動してクリアできます
コンピューター %1 と %2 の後を閉じるを実行しているアプリケーション、
dcpromo では特に。起動、シャット ダウン、再起動する選択をクリックし、
[ok] をクリックします。

その他のネットワークとコンピューターの問題の範囲外にあります。
このイベント ログ メッセージします。

==

イベント ID = の 13511
重要度 = エラー
空きのないため、ファイル複製サービス コンピューター %1 では停止しています
%2 に格納されているボリューム上の領域。

ボリューム上の空き容量のコマンドで確認できます。
"dir %2"します。

空き %2 が含まれているボリュームには使用可能で、
入力して、ファイル レプリケーション サービスを即座に再起動することができます。
"net start ntfrs"。それ以外の場合は、ファイル レプリケーション サービスは
後でを自動的に再起動します。

自動的な再起動についての右クリックします。
管理、システム ツール、サービス、ファイルをクリックして、コンピューターと
複製サービス、および回復。

領域は、ボリュームの種類を管理する方法については「コピー/?"、
」の名前を変更/か。」、」del/?」、"rmdir/?」、と」dir/?」。

==

イベント ID = の 13512
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスは有効になっているディスクの書き込みキャッシュが検出されました
ドライブに、コンピューター %1 のディレクトリ %2 を含みます。
ファイル複製サービスに電源と回復可能性がありますいない、
ドライブが中断され、重要な更新が失われます。

==

イベント ID = の 13513
重要度 = エラー
コンピューター %1 でファイル レプリケーション サービスが停止しているため、
データベース %2 は壊れています。

「この種類/d % 2」を入力して、データベースをリカバリできます。 されます

データベースが正常にリカバリされたら、
ファイル レプリケーション サービスは"net start ntfrs"を入力して再起動できます。

==

イベント ID = の 13514
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスから別のデータでシステム ボリュームを初期化しています
ドメイン コント ローラーです。このプロセスがするまでコンピューター %1 のドメイン コント ローラーことはできません。
完了です。システム ボリューム SYSVOL として共有されます。

コマンド プロンプトで SYSVOL 共有を確認するのには次のように入力します。
net share

ファイル複製サービス SYSVOL、初期化プロセスを完了したとき
共有が表示されます。

システム ボリュームの初期化に時間がかかります。
時間はシステム ボリュームのデータ量に依存している、
他のドメイン コント ローラー、およびレプリケーションの可用性
ドメイン コント ローラー間の間隔です。

==

イベント ID = の 13515
重大度レベルの警告 =
ファイル複製サービスによってコンピューター %1 になってからできない可能性があります、
ドメイン コント ローラーのシステム ボリュームを初期化中ですし、
SYSVOL として共有します。

"Net share"の種類は、SYSVOL 共有を確認します。ファイル レプリケーション
コンピューターがドメインを妨げなくサービスが停止しました
SYSVOL 共有とコント ローラーが表示されます。

システム ボリュームの初期化に時間がかかります。
時間はシステム ボリュームでのデータの量によって異なります。

最初に入力することにより、システム ボリュームの初期化は省略可能
regedit SysvolReady の値を 1 に設定し、再起動
Netlogon サービス。

警告 - システム ボリュームの初期化を回避はお勧めできません。
アプリケーションは、予期しない方法で失敗可能性があります。

[HKEY_LOCAL_MACHINE] をクリックして、SysvolReady の値にあります。
システム、対処、サービス、Netlogon をクリックすると、
また、パラメーター。

Netlogon サービスを再開するには、"net stop netlogon"を入力して
「net netlogon のでを開始」の後に。

==

イベント ID = の 13516
重要度 = 情報
ファイル レプリケーション サービス %1 コンピューターからはできません。
ドメイン コント ローラーになります。システム ボリュームは、正常に処理されました
初期化し、Netlogon サービスされて通知システム
ボリュームは SYSVOL として共有できるようになりました。

"Net share"の種類は、SYSVOL 共有を確認します。

==

イベント ID = の 13517
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービス API「1」へのアクセスが確認されなくなります。

アクセスは regedit を実行して"%1"を有効にすることができますを確認します。

開始、実行、regedit と入力してをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE、システム、対処、サービス、NtFrs パラメーターを展開、
チェック、%、「1」と"%2"へをアクセスします。有効にするには、文字列を変更します。

「1」を強調表示しをクリックしてアクセス許可を変更できますが、
ツールバーのオプションのセキュリティと、アクセス許可.

==

イベント ID = の 13518
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスが「%3」のユーザーへのアクセスを与えられていません、
API「1」です。

Regedit を実行することにより、"%1"のアクセス許可を変更できます。

開始、実行、regedit と入力してをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE、システム、対処、サービス、NtFrs パラメーターを展開、
アクセス チェックは、「1」を強調表示します。
ツールバー オプションのセキュリティをポイントし、[のアクセス許可をクリックします。

"%1"のアクセス チェックを無効にすることができます。"%2"に] をダブルクリックし、
無効にするには、文字列を変更します。

==

イベント ID = の 13519
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス、不明なユーザー アクセスを許可できませんでした、
API「1」です。

アクセスは regedit を実行して"%1"を無効にすることができますを確認します。

開始、実行、regedit と入力してをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE、システム、対処、サービス、NtFrs パラメーターを展開、
チェック、%、「1」と"%2"へをアクセスします。無効にするには、文字列を変更します。

「1」を強調表示しをクリックしてアクセス許可を変更できますが、
ツールバーのオプションのセキュリティと、アクセス許可.

==

イベント ID = の 13520
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービス %1 を %2 に %1 にある既存のファイルを移動します。

ファイル レプリケーション サービス %2 内のファイルはいつでも削除できます。
%2 からのそれらをコピーしてからファイルを保存できます。コピー
ファイルが既に存在する場合、ファイル %1 に名前が競合する可能性があります。
いくつかの他の複製パートナーに。

場合によっては、ファイル複製サービスのファイルをコピー可能性があります。
その他のファイルをレプリケートするのではなく %1 に %2 から
パートナーに複製しています。

%2 のファイルを削除することによって、いつでもスペースをリカバリできます。

==

イベント ID = の 13521
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス、コンピューター %1 でのレプリケーションを有効にすることはできません。
バックアップ/リストア、アプリケーションが終了するまで。

バックアップ/復元アプリケーションは、レジストリ キーに設定
ファイル レプリケーション サービスを防止するまでレジストリ
キーを削除または、システムを再起動します。

バックアップ/復元アプリケーションがまだ実行されています。確認、
ローカル アドミニストレーターを使用して、先へ進む前に。

開始、シャット ダウンをクリックして、コンピューターを再起動することができ、
再起動を選択します。

警告 - レジストリ キーの削除は推奨されません。
アプリケーションは、予期しない方法で失敗可能性があります。

Regedit を実行してレジストリ キーを削除できます。

開始、実行、regedit と入力してをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE、システム、対処、サービス、NtFrs パラメーターを展開、
バックアップと復元、"Stop NtFrs を開始"。ツールバーの編集と選択] をクリックします。
削除します。注意が必要です。「停止 NtFrs から開始"以外キーを削除します。
できます予期しない sideeffects。

==

イベント ID = の 13522
重大度レベルの警告 =
ステージング領域がいっぱいであるため、ファイル レプリケーション サービスを一時停止します。ファイルのステージング
パートナー間で作成、削除、または変更されたファイルをレプリケートするために使用されます。FRS が
このステージング ・ エリア (順序でから、少なくとも最近使用したファイルを自動的に削除します。
前回のアクセス以来長い時間) の使用領域の量になるまで
60% のステージング領域の制限を削除した後、レプリケーションを再開します。

このような状況が頻繁に発生する場合。

直接アウト バウンドの複製パートナーのこれから更新を受け取ったことを確認します。
オンラインおよび受信側の更新プログラムです。

パートナーの受信複製スケジュールが開いていることを確認、または"on"を
レプリケートされるファイルの数に対応する時間の十分なウィンドウです。

システムのパフォーマンスを向上させるためには、ステージング領域を増やすことを検討します。


現在のステージング領域の限度値は %1 KB です。ステージングを変更するには
領域の制限、regedit を実行します。

-> は、実行の開始] をクリックし、REGEDT を入力します。HKEY_LOCAL_MACHINE をシステムを展開し、
対処、サービス、NtFrs、パラメーター、値"ステージング領域
KB に制限する"。

==

イベント ID = の 13523
重大度レベルの警告 =
ファイルのサイズを超えているため、ファイル レプリケーション サービスが一時停止して、
ステージング領域の限度。場合は、ステージング領域の制限値は、レプリケーションを再開します
増加しています。

ステージング領域の限度 %1 KB では、ファイル サイズが %2 KB です。

ステージング領域の限度を変更するには、regedit を実行します。

開始、実行、およびタイプ regedit をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE、システム、対処、サービス、NtFrs パラメーターを展開、
値が「ステージング領域の制限で KB」。

==

イベント ID = の 13524
重要度 = エラー
ファイル複製サービスによってコンピューター %1 のためを停止しています
ユニバーサル ・ ユニーク ID (UUID) を作成することはできません。

エラー"%2"の SDK 関数 UuidCreate() を返します。

イーサネット アドレスがないために問題がある可能性があります、
トークン リング アドレス、またはネットワーク アドレス。ネットワークの欠如
サポートされていないネットワーク カード アドレスを意味します。

ファイル レプリケーション サービスは後で自動的に再起動します。
自動的な再起動についての右クリックします。
コンピューターと管理、システム ツール、サービスをクリックし、
ファイル複製サービス、および回復。

==

イベント ID = の 13525
重大度レベルの警告 =
ファイル複製サービスによってコンピューター %1 の DNS 名が見つかりません
"%2"属性を読み取れなかったため、識別から
"%3"という名前をします。

ファイル レプリケーション サービス"%1"という名前を使用するまで試みます、
コンピューターの DNS 名が表示されます。

==

イベント ID = の 13526
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスが、コンピューター %1 をレプリケートできません。
%2、コンピューターの SID は、識別を確認することはできませんので
"%3"という名前をします。

ファイル レプリケーション サービスは後で再試行します。

==

イベント ID 13527 =
重要度 = エラー
FileReplicaSet オブジェクトの Open 関数で RPC 結合に失敗しました。、
このオブジェクトのカウンター データは利用できません。FileReplicaSet オブジェクト
ファイルがされている複製物セットのパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイル レプリケーション サービスでレプリケートします。

==

イベント ID 13528 =
重要度 = エラー
FileReplicaConn オブジェクトの Open 関数で RPC 結合に失敗しました。、
このオブジェクトのカウンター データは利用できません。FileReplicaConn オブジェクト
どのファイルがされている、接続のパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイル レプリケーション サービスでレプリケートします。

==

イベント ID = の 13529
重要度 = エラー
FileReplicaSet オブジェクトの Open 関数で RPC 呼び出しに失敗しました。、
このオブジェクトのカウンター データは利用できません。FileReplicaSet オブジェクト
ファイルがされている複製物セットのパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイル レプリケーション サービスでレプリケートします。

==

イベント ID = の 13530
重要度 = エラー
FileReplicaConn オブジェクトの Open 関数で RPC 呼び出しに失敗しました。、
このオブジェクトのカウンター データは利用できません。FileReplicaConn オブジェクト
どのファイルがされている、接続のパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイル レプリケーション サービスでレプリケートします。

==

イベント ID = の 13531
重要度 = エラー
FileReplicaSet オブジェクトの Collect 関数で RPC 結合に失敗しました。、
バインドが成功するまでこのオブジェクトのカウンター データは利用できません。
FileReplicaSet オブジェクトには、レプリカ セットのパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイルは、ファイル レプリケーション サービスによってレプリケートされます。

==

イベント ID = の 13532
重要度 = エラー
FileReplicaConn オブジェクトの Collect 関数で RPC 結合に失敗しました。
このオブジェクトのカウンター データ バインディングまでは表示されません。
成功します。FileReplicaConn オブジェクトにはパフォーマンス カウンターが含まれています、
接続を経由、ファイル レプリケーションによってレプリケートされるファイル
サービスです。

==

イベント ID = の 13533
重要度 = エラー
FileReplicaSet オブジェクトの Collect 関数で RPC 呼び出しに失敗しました。、
呼び出しが成功するまでこのオブジェクトのカウンター データは利用できません。、
FileReplicaSet オブジェクトには、レプリカ セットのパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイルは、ファイル レプリケーション サービスによってレプリケートされます。

==

イベント ID = の 13534
重要度 = エラー
FileReplicaConn オブジェクトの Collect 関数で RPC 呼び出しに失敗しました。、
呼び出しが成功するまでこのオブジェクトのカウンター データは利用できません。、
FileReplicaConn オブジェクト経由での接続のパフォーマンス カウンターを含む
ファイル レプリケーション サービスによりレプリケートされるファイル。

==

イベント ID = の 13535
重要度 = エラー
FileReplicaSet の Open 関数で VirtualAlloc の呼び出しに失敗しました
オブジェクト。このオブジェクトのカウンター データは利用できません。、
FileReplicaSet オブジェクトには、レプリカ セットのパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイルは、ファイル レプリケーション サービスによってレプリケートされます。

==

イベント ID = の 13536
重要度 = エラー
FileReplicaConn の Open 関数で VirtualAlloc の呼び出しに失敗しました
オブジェクト。このオブジェクトのカウンター データは利用できません。、
FileReplicaConn オブジェクト経由での接続のパフォーマンス カウンターを含む
ファイル レプリケーション サービスによりレプリケートされるファイル。

==

イベント ID = の 13537
重要度 = エラー
FileReplicaSet の Open 関数で、レジストリへの呼び出しに失敗しました
オブジェクト。このオブジェクトのカウンター データは利用できません。、
FileReplicaSet オブジェクトには、レプリカ セットのパフォーマンス カウンターが含まれています。
ファイルは、ファイル レプリケーション サービスによってレプリケートされます。

==

イベント ID = の 13538
重要度 = エラー
FileReplicaConn の Open 関数で、レジストリへの呼び出しに失敗しました
オブジェクト。このオブジェクトのカウンター データは利用できません。、
FileReplicaConn オブジェクト経由での接続のパフォーマンス カウンターを含む
ファイル レプリケーション サービスによりレプリケートされるファイル。

==

イベント ID = の 13539
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできません、
レプリケートされたディレクトリのパス名は絶対ではありません。
既存のアクセス可能なローカル ディレクトリのパス名。

==

イベント ID = の 13540
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできませんパス名
お客様のステージング ディレクトリを指定します。
%2
既存のアクセス可能なローカル ディレクトリの完全修飾パス名ではありません。

==

イベント ID = の 13541
重要度 = エラー
これは、ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできません。
ファイル レプリケーション サービス ログのパス %2。

==

イベント ID = の 13542
重要度 = エラー
これは、ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできません。
ファイル レプリケーション サービスの作業ディレクトリ %2。

==

イベント ID = の 13543
重要度 = エラー
これは、ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできません。
ステージング ディレクトリ %2。

==

イベント ID = の 13544
重要度 = エラー
これは、ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできません。
複製ディレクトリ %2。

==

イベント ID = の 13545
重要度 = エラー
これは、ファイル レプリケーション サービス %1 をレプリケートできません。
複製ディレクトリ %3 のステージング ディレクトリ %2 です。
.

イベント ID = の 13546
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、ルート ディレクトリを準備できませんでした。
%1 を複製します。これは、問題を作成するために可能性がありますが、
ルート ディレクトリまたはルートに存在するファイルを削除する問題
ディレクトリです。

つながるパスのルート ディレクトリが存在してを確認します。
アクセスできます。

==

イベント ID = の 13547
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスは、無効なパラメーター値を検出、
レジストリ。%1。

予想されるレジストリ キーの名前は、"%2"です。
予期される値の名前は、"%3"です。
必要なレジストリのデータ型は %4 です。
このパラメーターの許容範囲 %5 のです。
このパラメーターの値のデータ単位は %6 です。
ファイル レプリケーション サービスは、既定値を「% 7」を使用しています。

このパラメーターを変更するには、regedit を実行します。

開始、実行、およびタイプ regedit をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
キー パス下へ] をクリックします"% 8」。
値の名前をダブルクリックする-
"%9"
値を更新します。
値の名前が存在しない場合、新しい関数を追加可能性があります。
[編集] メニュー項目。値の名前を使用し、上記に示すように、正確に入力、
上記のレジストリ データ型。データの単位数を確認し、許容範囲内にいることを確認します。
値を入力するとします。

==

イベント ID 13548 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、パートナーのコンピューターにレプリケートできません。
時計の時刻の差をプラスまたはマイナスの範囲外であるため
%1 分後。

パートナーのコンピューターへの接続です。
"%2"
検出された時間差です: %3 分。

この時間差が 60 分の倍数に注: を閉じる
このコンピューター、またはそのパートナーのコンピューター設定されている可能性があります、
不適切な時間、コンピューターの時刻が最初に設定したときにゾーンです。確認します。
タイム ゾーンとシステム時間は両方のコンピューターで正しく設定されます。

必要に応じて、既定値がコンピューターの時刻の整合性をテストするには使用かどうか
このコンピューター上のレジストリで変更できます。(注: これはお勧めできません)。

このパラメーターを変更するには、regedit を実行します。

開始、実行、およびタイプ regedit をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
キー パス下へをクリックします。
"System\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters"
[値の名前をダブルクリックします。
「パートナー クロックス (分)]
値を更新します。

値の名前が存在しない場合は新規作成 DWORD 値関数-> を追加可能性があります。
[編集] メニュー項目。上に示したとおり、値の名前を入力します。

==

イベント ID = の 13549
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスがパートナーからレプリケートできません。
イベント時間をレプリケートするファイルに関連するため、すぎです。
未来。これは %1 分に現在の時刻よりも後です。これは、ことができます。
システム時刻をパートナーのコンピューターが設定が正しくない場合に発生します。
ファイルの作成または更新します。レプリカの整合性を維持するのには
このファイルの更新をしない実行またはされるさらに伝達のセットです。

ファイル名:「%2」
パートナーのコンピューターへの接続です。
"%3"

この時間差が 60 分の倍数に注: を閉じる
このファイルが作成またはパートナーを更新することは可能性があります。
コンピューターが、不適切なタイム ゾーンに設定されていたときに、コンピューターとその
コンピューターの時刻が最初に設定されています。タイム ゾーンと時刻チェック
正しく、パートナーのコンピューター上に設定します。

==

イベント ID = の 13550
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス、お客様の指定を開くことができませんです。
ステージング ディレクトリの複製物 %1 を設定します。ステージングに使用するパス
ディレクトリは、
"%2"
このレプリカ セットに対して顧客指定されたルート パスです。
"%3"

サービスはこのレプリカ セットの複製を開始することです。間で、
潜在的なエラーを確認するには、次のとおりです。
-無効なステージング パス
-存在しないディレクトリ、
-、不足しているディスク ボリューム
: ファイル ・ システムの Acl をサポートしていないボリューム
-ステージング ディレクトリの他のアプリケーションとの共有競合します。

この問題を解決し、サービスのレプリケーションの再開を試行
それ以降の時に自動的にします。

==

イベント ID 13551 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスを開く (または作成) インストール前ことができません。
お客様指定の複製ツリー ディレクトリの下のディレクトリ
複製物セット %1。インストールの前に使用するパス
ディレクトリは、
"%2"
このレプリカ セットに対して顧客指定されたルート パスです。
"%3"

サービスはこのレプリカ セットの複製を開始することです。間で、
潜在的なエラーを確認するには、次のとおりです。
-、無効なルート パス
-存在しないディレクトリ、
-、不足しているディスク ボリューム
: ファイル ・ システム上のボリュームは、NTFS 5.0 でサポートされません。
-プレインストール ディレクトリの他のアプリケーションとの共有競合します。

この問題を解決し、サービスのレプリケーションの再開を試行
それ以降の時に自動的にします。

==

イベント ID 13552 =
重要度 = エラー
ファイル複製サービスこのコンピューターは、次のように追加できません。
複製物セット:
"%1"

これによって多くの問題などが原因します。
-、無効なルート パス
-存在しないディレクトリ、
-、不足しているディスク ボリューム
: ファイル ・ システム上のボリュームは、NTFS 5.0 でサポートされません。

この問題を解決するのには、以下の情報が役立ちます。
コンピューターの DNS 名は「%2」です。
レプリカ セットのメンバーの名前は"%3"です。
レプリカ セット ルート パスは「%4」です。
"%5"レプリカ ステージング ディレクトリのパスをされて
レプリカの作業ディレクトリのパスは「%6」です。
Windows のエラーの状態コードは %7 です。
FRS エラー状態コードは %8 です。

その他のイベント ログ メッセージも、問題を特定しやすくなります。修正は
問題とサービスに自動的にレプリケーションの再開を試行します。
後。

==

イベント ID 13553 =
重要度 = 情報
ファイル複製サービスは正常にこのコンピューターを次のように追加
複製物セット:
"%1"

このイベントに関連する情報は次のとおりです。
コンピューターの DNS 名は「%2」です。
レプリカ セットのメンバーの名前は"%3"です。
レプリカ セット ルート パスは「%4」です。
"%5"レプリカ ステージング ディレクトリのパスをされて
レプリカの作業ディレクトリのパスは「%6」です。

==

イベント ID = の 13554
重要度 = 情報
以下の接続が正常に、ファイル複製サービスを追加
レプリカに設定します。
"%1"

%2
%3
%4
%5
%6
%7
%8
%9

詳細内の次のイベント ログ メッセージが表示されます。

==

イベント ID 13555 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、エラー状態です。ファイルはレプリケートされません。
1 つまたはすべてのレプリカを設定このコンピューターまで、
次の回復手順が実行されます。

修復手順:

[停止して、FRS サービスを再開すると、1] エラー状態自体クリアされます。
これは、コマンド ウィンドウで、次を実行することによって実行できます。

net stop ntfrs
net start ntfrs

これで問題が解決されない場合は次のとおり実行します。

[Active Directory ドメイン サービス ドメイン コント ローラー 2] の任意の DFS をホスト、しないで
代替またはその他のレプリカでレプリケーションを有効に設定しています。

ドメインがある場合に、少なくとも 1 つの他のドメイン コント ローラーこのでし
この DC の「システム状態」(ntbackup またはその他を使用してバックアップからの復元します。
バックアップ復元ユーティリティ) と、その権限がないようにします。

このドメイン内のドメイン コント ローラーがない場合に、復元します。
この DC (ntbackup またはその他を使用してバックアップからの「システム状態」
バックアップ復元ユーティリティ)、[詳細設定] をクリックし、マークのオプション
主として、sysvols。

ある場合、他のドメイン コント ローラーがこのドメインのすべて
このイベント ログ メッセージがあるし、1 つのプライマリ復元
(プライマリ データ ファイルはレプリケートすべて)、その他として
権限のないです。


[アクティブなディレクトリ サービスのドメイン DFS をホスト ドメイン 3] の代替します。
または、他のレプリカ セットのレプリケーションが有効になっています。

(3 a)場合は、Dfs の代替この DC 上に他のレプリケーションはありません。
パートナーは、Dfs 共有下のデータを安全な場所にコピーします。
(3 b)このサーバーのみアクティブなディレクトリ ドメイン サービス ドメイン コント ローラーの場合
ドメイン、(3-c) を開始する前に確認このサーバーはありません。
以前ドメインにあったその他のサーバーへの接続を受信または送信
このドメイン コント ローラーが、ネットになりました (となることはありません。
再びオンラインになる) または新しく降格されることがなくインストールされました。
サイトとサービス スナップインを削除する接続を使用して検索するには
サイト サーバーの NTDS 設定接続->-> NAME_OF_SERVER->-> NAME_OF_SITE->。
(3 c)この DC の「システム状態」(ntbackup を使用してバックアップからの復元
またはその他のバックアップ復元ユーティリティ) と、その権限がないようにします。
(3 d)手順 (3-a) の上から元の場所にデータをコピーします。
sysvol 共有を公開するとします。


[他の Windows サーバー 4]。

(4 a)DFS の代替、またはその他のレプリカのいずれかに設定するとホスト
このサーバーには、コピーは他のレプリケーション パートナーがありません、
[データ] の下の共有またはレプリカ ・ ツリーのルートを安全な場所にします。
(4 b) net stop ntfrs
(4 c) rd/s/q %1
(4 d) net start ntfrs
(4-e)手順 (4-a) 上の後、元の場所にデータをコピーします。
サービスを初期化しています (安全な待機時間は 5 分です)。

注: このエラー メッセージのすべてのメンバーのイベント ログである、
特定のレプリカ セット、実行手順 (4 a) と (4-e) 上では
メンバーの 1 つです。

==

イベント ID = の 13556
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスがしようと思われる状況が検出されました
次のレプリカ セット ルート パスを変更するには。
"%1"

これは許可されていません。この操作を実行するのには、このメンバーを削除する必要があります。
レプリカを設定し、メンバーと共に新しいルート パスを追加します。

これは、Active Directory ドメイン サービスのために一時的なエラーであること
FRS 構成オブジェクトの更新に関連するレプリケーションの遅延します。場合
適切な待機時間とファイルのレプリケーションは実行されません、
Active Directory ドメイン サービスの複製をサイト間の場合はいくつかの時間をできませんでした。
削除してこのメンバーをレプリカ セットに再度追加する必要があります。

このイベントに関連する情報は次のとおりです。
コンピューターの DNS 名は「%2」です。
レプリカ セットのメンバーの名前は"%3"です。
現在のレプリカ セット ルート パスは「%4」です。
目的の新しいレプリカ セット ルート パスは「%5」
レプリカ ステージング ディレクトリのパスは「%6」です。

==

イベント ID = の 13557
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス間での重複した接続オブジェクトが検出されました
この「%6」のコンピューターとコンピューター"%1"。
これを次のレプリカ セットが検出されました。
"%2"

これは許可されていませんし、これらの 2 つのレプリケーションは行われません
重複した接続オブジェクトが削除されるまでのコンピューターです。

これは、Active Directory ドメイン サービスのために一時的なエラーであること
FRS 構成オブジェクトの更新に関連するレプリケーションの遅延します。場合
適切な待機時間とファイルのレプリケーションは実行されません、
Active Directory ドメイン サービスの複製をサイト間の場合はいくつかの時間をできませんでした。
必要となる、手動で、重複した接続オブジェクトを削除する必要があります
以下の手順を実行します。

[1]、[Active Directory ドメイン サービスのサイトとサービス スナップインを起動します。
[2]「% 3 %4、%5、%6、%7 で」をクリックします。
[3] 重複した接続から"%1"のサイト"%8"を検索します。
[4] は、接続を 1 つだけ削除します。

==

イベント ID = の 13558
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス間での重複した接続オブジェクトが検出されました
このコンピューターは「%7」とコンピューター"%1"。
これを次のレプリカ セットが検出されました。
"%2"

これは許可されていませんし、これらの 2 つのレプリケーションは行われません
重複した接続オブジェクトが削除されるまでのコンピューターです。

これは、Active Directory ドメイン サービスのために一時的なエラーであること
FRS 構成オブジェクトの更新に関連するレプリケーションの遅延します。場合
適切な待機時間とファイルのレプリケーションは実行されません、
Active Directory ドメイン サービスの複製をサイト間の場合はいくつかの時間をできませんでした。
必要となる、手動で、重複した接続オブジェクトを削除する必要があります
以下の手順を実行します。

[1]、[Active Directory ドメイン サービスのユーザーとコンピューター スナップインを起動します。
[2]、[ビュー] ボタンとシステム] ノードを表示するには、高度な機能をクリックします。
[3]「% 3 %4、%5 で」をクリックします。
[「%5」4] で、いずれかの表示されます、または複数の DFS 関連レプリカ オブジェクトを設定します。
FRS メンバー オブジェクトの「%6」の下のサブツリーをレプリカ セット「%2」を参照してください。
[5] ["%6"外観"%1"からの重複した接続をします。
[6] は、接続を 1 つだけ削除します。

==

イベント ID 13559 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、レプリカのルート パスが変更されたことが検出されました
"%2"から「%3」に。これは意図的に移動し、名前のファイルがある場合
NTFRS_CMD_FILE_MOVE_ROOT は、新しいルート パスの下に作成する必要があります。
これを次のレプリカ セットが検出されました。
"%1"

によってトリガーされる、2 つのステップ プロセスでのレプリカのルート パスを変更します。
NTFRS_CMD_FILE_MOVE_ROOT ファイルを作成します。

[1] は最初の %4 分後にこのコンピューターがポーリングになります。
レプリカ セットから削除します。
[削除後のポーリング 2] ではこのコンピューターに再度追加になりますが
レプリカを新しいルート パスを設定します。この物は完全なツリーをトリガーします。
レプリカ セットを同期します。同期の最後にすべてのファイルを新規になります。
場所です。ファイル可能性があります、またはかどうかに応じて、元の場所からは削除できません。
これらが必要です。

==

イベント ID 13560 を =
重大度レベルの警告 =
ファイル複製サービスこのコンピューターをレプリカ セット「1」を削除しています
エラー状態から回復する、
エラーの状態 = %2
%3 分後に発生するは、次のポーリングで、このコンピューターに再度追加される、
レプリカ セット。物は、レプリカ セットに対して完全なツリーの同期が発生します。

==

イベント ID = の 13561
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、レプリカ セット「1」が JRNL_WRAP_ERROR のあることが検出されました。

レプリカ セットの名前です「1」。
レプリカのルート パスです"% 2」。
レプリカ ルート ボリューム:「% 3」


NTFS USN ジャーナルから読み取るしようとしているレコードが見つからない場合、レプリカは JRNL_WRAP_ERROR のヒットに設定します。
これは、いずれか、次の理由のために発生します。

[1]"%3"のボリュームはフォーマットされました。
[2] ボリューム"%3"の NTFS USN ジャーナルが削除されました。
[3] ボリューム"%3"の NTFS USN ジャーナルが切り詰められました。Chkdsk を切り詰めることができます。
ジャーナルは、仕訳帳の最後のエントリが破損が検出された場合。
[4] ファイル複製サービスこのコンピューターに長時間を実行されていません。
[5] ファイル複製サービス ディスク IO アクティビティ"%3"での速度に対応できませんでしたされません。

回復手順を実行します。 自動的にこのエラー状態から回復するのにが表示されます。
[1] は最初の %4 分後にこのコンピューターがポーリングになります。
レプリカ セットから削除します。
[削除後のポーリング 2] ではこのコンピューターに再度追加になりますが
レプリカ セット。物は、レプリカ セットに対して完全なツリーの同期が発生します。

==

イベント ID = の 13562
重大度レベルの警告 =
警告とファイル レプリケーション サービスが検出したエラーの概要を次に示します
FRS レプリカ セット構成情報に対するドメイン コント ローラー %1 をポーリング中にします。

%2

==

イベント ID = の 13563
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスのレプリカのステージング パス %1 を設定することが検出されました
変更されています。

現在のステージング パス = %2
新しいステージング パス = %3

再起動後、新しいステージング パスを使用して、サービスが開始されます。
サービスは、再起動のたびに再起動する設定されます。お勧めは、手動で
ステージング ディレクトリのデータの損失を防ぐために、サービスを再起動します。手動で再起動するには
サービスは次の操作を行います。

[1]"Net stop ntfrs"を実行するか、サービス スナップインを使用して、ファイル レプリケーション サービスを停止します。
[2] に対応する複製物セット %1 の新しいステージング ステージング ファイルを移動します。
場所です。1 つ以上のレプリカ セットの場合は、現在のステージング ディレクトリにし、共有しています。
ステージング ファイルを新しいステージング ディレクトリにコピーする方が安全です。
[3]"Net start ntfrs"を実行するか、サービス スナップインを使用して、ファイル レプリケーション サービスを開始します。

==

イベント ID = の 13564
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスは、FRS デバッグを保持しているボリュームがログに記録することが検出されました
ディスク領域が不足実行されています。これは、複製にしない限り、影響はないこのボリュームのホスト
データベース、ステージング、またはレプリカのルート パス。

ログ ディレクトリへのパス = %1

次のレジストリ値を調整することによって、ログのサイズと数を変更できます。
値の例を以下に示します。これらの値はレジストリ キーの下には"//対処/
サービス/NtFrs とパラメーター

デバッグ ログ ファイル REG_DWORD 0x5
デバッグ ログ重要度 REG_DWORD 0x2
0X2710 の REG_DWORD の最大ログ メッセージをデバッグします。

次の値に変更することによって、ログ ディレクトリにパスを変更することもできます、
同じ場所にします。

デバッグ ログ ファイル REG_SZ 同様

レジストリの値を変更するには、次のポーリング サイクルに影響を与えるがかかります。

==

イベント ID = の 13565
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスから別のデータでシステム ボリュームを初期化しています
ドメイン コント ローラーです。このプロセスがするまでコンピューター %1 のドメイン コント ローラーことはできません。
完了です。システム ボリューム SYSVOL として共有されます。

コマンド プロンプトで SYSVOL 共有を確認するのには次のように入力します。
net share

ファイル複製サービス SYSVOL、初期化プロセスを完了したとき
共有が表示されます。

システム ボリュームの初期化に時間がかかります。
時間はシステム ボリュームのデータ量に依存している、
他のドメイン コント ローラー、およびレプリケーションの可用性
ドメイン コント ローラー間の間隔です。

==

イベント ID = の 13566
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスで、システム ボリュームのデータをスキャンしています。コンピューター %1
このプロセスが完了するまで、ドメイン コント ローラーになることはできません。
システム ボリューム SYSVOL として共有されます。

コマンド プロンプトで SYSVOL 共有を確認するのには次のように入力します。
net share

ファイル レプリケーション サービス、スキャン処理、SYSVOL を完了したとき
共有が表示されます。

システム ボリュームの初期化に時間がかかります。
時間はシステム ボリュームでのデータの量によって異なります。

==

イベント ID = の 13567
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスが検出され、平均 %1 以上のファイルの更新を抑制します。
毎時間の最後の %2 時間、更新プログラムの内容を変更していないので
ファイルです。FRS デバッグ ログの追跡レコード、ファイル名とイベント時刻をが
抑制された更新をします。追跡レコードは、日付と時刻の後にある: t:
プレフィックスとして。

防ぐために、ファイルの内容が変更されない更新が抑制されています。
不要なレプリケーション トラフィック。それ以外の更新プログラムの一般的な例を次に示します
ファイルの内容を変更します。

[1] に、同じファイルのコピーで上書きします。
[2]、同じ Acl 上のファイルを複数回設定します。
[3] 既存のステレオタイプ経由でファイルのコピーを復元しています。

更新の抑制は、regedit を実行して無効にできます。

開始、実行、およびタイプ regedit をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE、システム、対処、サービス、NtFrs パラメーターを展開、
作成や強制的に値「抑制と同じ更新ファイル」0 (デフォルトは 1 だ) を更新
レプリケートする同一の更新。

==

イベント ID 13568 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、レプリカ セット「1」が JRNL_WRAP_ERROR のあることが検出されました。

レプリカ セットの名前です「1」。
レプリカのルート パスです"% 2」。
レプリカ ルート ボリューム:「% 3」

場合、レコードは、レプリカ セットは JRNL_WRAP_ERROR ヒットを読み取るしようとしています。
NTFS USN ジャーナルが見つかりません。これのいずれかの発生することができます、
次のような。

[1]"%3"のボリュームはフォーマットされました。
[2] ボリューム"%3"の NTFS USN ジャーナルが削除されました。
[3] ボリューム"%3"の NTFS USN ジャーナルが切り詰められました。Chkdsk を切り詰めることができます。
ジャーナルは、仕訳帳の最後のエントリが破損が検出された場合。
[4] ファイル複製サービスこのコンピューターに長時間を実行されていません。
[5] ファイル複製サービス ディスク IO アクティビティ"%3"での速度に対応できませんでしたされません。

レジストリ パラメーターを 1 に、「を有効にするジャーナル ラップの自動復元」を設定をします。
自動的にリカバリするためには、次の回復手順が発生します。
このエラーの状態です。
[%4 分後に発生するが、最初のポーリング 1] は、コンピューターであります。
レプリカ セットから削除します。%4 分後に待機するたくない場合
"後にファイルを再起動するのには、「net ntfrs のでを開始」net stop ntfrs"を実行します。
レプリケーション サービス。
[削除後のポーリング 2] ではこのコンピューターに再度追加になりますが
レプリカ セット。物は、レプリカ セットに対して完全なツリーの同期が発生します。

警告: 回復プロセス データ複製物に中にツリーできない可能性があります。
前に説明したように 0 にレジストリ パラメーターをリセットする必要があります。
データが予期せず使用不可の場合これをすることからの自動復旧
エラー条件が再発します。

このレジストリ パラメーターを変更するには、regedit を実行します。

開始、実行、およびタイプ regedit をクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
キー パス下へをクリックします。
"System\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters"
[値の名前をダブルクリックします。
「ジャーナル ラップの自動復元を有効にする]
値を更新します。

値の名前が存在しない場合は新規作成 DWORD 値関数-> を追加可能性があります。
[編集] メニュー項目。上に示したとおり、値の名前を入力します。

==

イベント ID = の 13569
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービス一次読み込み時に 1 つまたは複数のファイルまたはディレクトリをスキップしました。
次のレプリカ セットの。スキップしたファイルを他のメンバーにレプリケートされません。
複製物セットの。

レプリカ セットの名前です「1」。


スキップされたすべてのファイルの一覧で次の場所にあります。ディレクトリの場合
ディレクトリの下のすべてのファイルもスキップされ、はスキップされます。

スキップしたファイルの一覧:「%2」


FRS は、ファイルを開くことができない場合は、ファイルはプライマリの読み込み中にスキップされます。これらのチェック
ファイルが開いています。これらのファイルは、次に、変更されるレプリケートされます。

==

イベント ID 13570 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、このパスをホストしているボリュームが検出されました
%1 は、ディスク領域が不足しています。ディスクの空き領域になるまでファイルのレプリケートは行われません
このボリューム上で利用可能。

ボリューム上の空き容量のコマンドで確認できます。
「dir/a 1」。

領域は、ボリュームの種類を管理する方法については「コピー/?"、
」の名前を変更/か。」、」del/?」、"rmdir/?」、と」dir/?」。

==

イベント ID 13571 =
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスを 1 つ検出しました以上のボリュームで
このコンピューターは、同じボリューム シリアル番号があります。ファイル レプリケーション
サービスはこの構成をサポートしていません。ファイルのレプリケートは行われません
この競合を解決するまで。

ボリューム シリアル番号: %1
このボリュームのシリアル番号を持つボリュームの一覧: %2

"Dir"コマンドの出力は、ボリュームのシリアル番号が表示されます。
フォルダーの内容を一覧表示する前にします。

==

イベント ID = の 13572
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、デバッグ ログ ファイルを格納するディレクトリ"%1"を作成できませんでした。

このディレクトリが存在しない場合は、FRS はデバッグ ログを書き込むことができません。デバッグ ログが見つからない、不可能場合、FRS の問題の診断に困難します。

==

イベント ID 13573 =
重大度レベルの警告 =
ファイル レプリケーション サービスは繰り返し更新を許可されていません。

ファイル名:"%1"
ファイル GUID:"%2"

ファイルで一貫性のある共有違反のために。他と共有違反が発生するユーザーや
アプリケーションは、ファイルから、更新する FRS を開いて、ブロックを保持します。共有違反がブロックされていることができます。
期限切れの結果のコンテンツを複製します。FRS はこの更新を再試行し続けますがブロックされます。
共有違反が解消されるまで。トラブルシューティングの詳細についてを参照してください。 http://support.microsoft.com/?id=822300.


Windows Server 2008 R2 と後イベント:


イベント ID = の 13574
重要度 = エラー
ファイル レプリケーション サービスは、このサーバーがドメイン コント ローラーではないことが検出されました。
ファイル レプリケーション サービスの非 SYSVOL コンテンツ セットのレプリケーションが使用されています
廃止し、サービスが停止されたため、します。DFS レプリケーション サービスします。
推奨のフォルダーのレプリケーションに、SYSVOL が共有ドメイン コント ローラーと DFS
リンクのターゲット。

==

イベント ID 13575 =
重要度 = エラー
このドメイン コント ローラーをレプリケートする DFS レプリケーション サービスを使用するのには移行しました、
SYSVOL の共有します。ファイル レプリケーション サービスの非 SYSVOL の内容のレプリケーションの使用
設定は推奨されて、したがって、サービスが停止されました。DFS レプリケーション
サービスのレプリケーションのドメイン コント ローラー上の SYSVOL 共有フォルダーのお勧め
さらに、DFS リンクのターゲット。

==

イベント ID = の 13576
重要度 = エラー
「1」のコンテンツ セットのレプリケーションがブロックされているファイルのレプリケーションを使用します。
非 SYSVOL コンテンツ セットのレプリケーション サービスは廃止されました。DFS レプリケーション
サービスのレプリケーションのドメイン コント ローラー上の SYSVOL 共有フォルダーのお勧め
さらに、DFS リンクのターゲット。

?
注:

Windows Server 2008 は、新しいイベントを追加していません。

プロパティ

文書番号: 308406 - 最終更新日: 2011年11月18日 - リビジョン: 4.1
キーワード:?
kbinfo kbmt KB308406 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:308406
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com