一部の Web サイトでアクセス中に新しいウィンドウが自動的に表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 308446 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP308446
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

一部の Web サイトで、アクセスしたときに新しい Internet Explorer ウィンドウ (場合によっては複数の新しいウィンドウ) が開くことがあります。多くの場合、このようなウィンドウは広告目的で使用されます。

原因

この現象は、Web ページを読み込んでいるときやサイトへのアクセス中に何らかのタイミングでポップアップ ウィンドウを開くコードを、サイトの管理者やコンテンツ制作会社がページに埋め込んでいることが原因です。

解決方法

この問題を解決するには、Web サイトの管理者に問い合わせ、ポップアップ ウィンドウが開かれないようにする方法があるかどうかを確認します。

詳細

多くの場合、Internet Explorer でアクティブ スクリプトを無効にすることによって、ポップアップ ウィンドウが開かないようにすることができます。特定の Web サイトに対してアクティブ スクリプトを無効にするには、そのサイトを制限付きサイト ゾーンに追加し、制限付きサイト ゾーンでアクティブ スクリプトやその他のコンテンツを無効にします。アクティブ スクリプトを無効にすると、スクリプトによって機能するリンクも同時に機能しなくなりますが、この動作は制限付きサイト ゾーンに追加したサイトに限られます。

Internet Explorer で制限付きサイト ゾーンにサイトを追加するには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [制限付きサイト] をクリックし、[サイト] をクリックします。
  5. [次の Web サイトをゾーンに追加する] ボックスに、制限するサイトの Web アドレスを入力し、[追加] をクリックします。他にも制限付きサイト ゾーンに追加するサイトがある場合は、各サイトに対してこの手順を繰り返します。
  6. [OK] をクリックします。
  7. 制限付きサイト ゾーンに対して推奨設定を適用するには、[既定のレベル] をクリックします。推奨設定では、アクティブ スクリプトは無効になります。
  8. [OK] をクリックします。
すべてのサイトに対してアクティブ スクリプトを無効にすることもできます。ただし、すべてのスクリプトが実行されなくなるため、この方法はお勧めできません。多くの Web サイトが正常に表示されなくなるおそれがあります。

すべてのインターネット サイトに対してアクティブ スクリプトを無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [インターネット] をクリックし、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  5. [スクリプト] の [アクティブ スクリプト] で、[無効にする] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
[アクティブ スクリプト] は [ダイアログを表示する] に設定することもできます。この場合は、Web ページからスクリプトが読み込まれるたびに、スクリプトを有効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます。

ポップアップ ウィンドウやポップアンダー ウィンドウの表示を防止するプログラムが、さまざまなサードパーティの製造元から提供されています。ただし、このようなプログラムにより、Web サイトを新しいウィンドウで開くことができなくなったり、スクリプト関連の問題が発生したりするなどの悪影響が生じる可能性があります。マイクロソフトは、サードパーティ製のプログラムのインストール、機能、使用については一切サポートしていません。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/ie_intl/ja/using/howto/restrictedsites/stoppopups.mspx

プロパティ

文書番号: 308446 - 最終更新日: 2006年1月10日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 98 Second Edition
    • Microsoft Windows 98 Standard Edition
    • Microsoft Windows Millennium Edition
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition
    • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Media Center Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
    • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbprb kb3rdparty KB308446
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com