アカデミック、Microsoft Windows 2000 ネットワーク インフラストラクチャのコメントと修正の設計シリーズのラーニング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 309009 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここにはコメント、修正、および教育] の横ラーニング系列の Microsoft Windows 2000 ネットワーク インフラストラクチャの設計、マイクロソフト プレス帳 ISBN 0-7356-1268年-4 に関連する既知のエラーに関する情報が含まれています。

次のトピックが含まれます。

  • CD-ROM: 評価版 CD-ROM がされないブート可能なことがあります。
  • ページの 26: OSI に ISO を変更します。
  • ページの 30:「インターネット ドメインが"to"Interdomain」を変更します。
  • 図 2. 11 でページ 40: 無効なサブネット ID
  • ページ 46: ビットのバイト数である必要があります。
  • ページ 46: 25 ビットが 24 ビットをする必要があります。
  • ページ 177: ルーター セグメントである必要があります。
  • 図 9. 6 内のページ 441: 無効なテキスト
  • ページ 572: 正しくない見出し
  • ページ 573: 同時リモート ユーザー数が正しくありません。
  • ページ 578: Word 情報が表示されません。
  • ページ 824: 質問 4 への応答が表示されません。

詳細

CD-ROM: 評価版 CD-ROM がされないブート可能なことがあります。

Windows 2000 Server の評価版 CD が本に付属の起動できない場合があります。 不可能、評価版 CD を使って Windows 2000 Server をインストールするには Windows 2000 Server セットアップ ブート ディスク作成する必要があります。

Windows 2000 Server セットアップ ブート ディスクを作成する方法については、評価版 CD-ROM 上にある ADVSRV3.TXTfile を参照してください。

"セットアップしてを起動する新しいインストールをフロッピー ディスクからコンピューターを起動
1.、Windows 2000 セットアップ フロッピー ディスクと、Windows 2000 CD-ROM の両方を見つけます。
2. オフになっている、コンピューターにコンピューターのドライブ A の最初のセットアップ ディスクを挿入します。
3. コンピューターを入れます。
4. セットアップ指示に従います。

フォルダー、Windows 2000 のセットアップ CD-ROM の Bootdisk、Makeboot ユーティリティを使用してフロッピー ディスクのセットを作成できます。 任意のバージョンの Windows または MS-DOS を実行しているコンピューターから、セットアップ ディスクを作成することができます。

4 つの空白、書式設定された、3. 5 インチ、1. 44 MB フロッピー ディスクが必要です。 セットアップ ディスク 1、セットアップ ディスク 2、セットアップ ディスク 3」、およびセットアップ ディスク 4 つのラベルをします。 セットアップ ディスクを作成するには
1 をフロッピー ディスク ドライブに、空白、書式設定された、3. 5 インチ、1. 44 MB のフロッピー ディスクを挿入します。
2.、CD-ROM ドライブに、Windows 2000 CD-ROM を挿入します。
3. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
[4、ファイルを開くボックスで、d:\bootdisk\makeboot の A: (d: は CD-ROM ドライブに割り当てられたドライブ文字) を入力し、[OK] をクリックします。
5. に従って画面:"

ページの 26: OSI に ISO を変更します。

26 ページに最初の文を変更します。
「TCP/IP ネットワーク プロトコル設計重点、国際標準化機構 (ISO) モデルのトランスポートおよびネットワーク レイヤー。」

: を
「TCP/IP ネットワーク プロトコル設計重点開くシステム型間相互接続 (OSI) 参照モデルのトランスポートおよびネットワークの層。」

ページの 30:「インターネット ドメインが"to"Interdomain」を変更します。

[30] ページで、5 番目の箇条書き項目からテキストを変更します。
「ネットワーク サービスの設計に影響のクラスレス インターネット ドメイン ルーティング (CIDR) を判断」

: を
クラスレスの Interdomain ルーティング (CIDR) のネットワーク サービスの設計上の影響を判断"

図 2. 11 でページ 40: 無効なサブネット ID

2. 図 11、[""サブネット マスク] で、page40、第 3 オクテット「255」から「240」に変更します。

ページ 46: ビットのバイト数である必要があります。

最初の箇条書き項目を 46] ページします。

変更:
"... なく IP アドレス] の最初の 3 ビット"

: を
"... なく IP アドレス] の最初の 3 バイト"

ページ 46: 25 ビットが 24 ビットをする必要があります。

ページ 46、最初の箇条書きの段落で、変更します。

25 ビット

: を
24 ビット

ページ 177: ルーター セグメントである必要があります。

177、] ページで、3 番目の行頭文字

変更:
"ルーター A、B、および C"の間

: を
"セグメント A、B、および C"の間

図 9. 6 内のページ 441: 無効なテキスト

図 9. 6 440 ページの右側にあるは、不適切な名前空間、ドメインの親のボックスにします。 ボックスが現在"contoso.msft"を読み取ります

読み取る変更このすべき"contoso-i.msft。"をこのダイアグラムのテキストとキャプション コメントを反映します。

ページ 572: 正しくない見出し

572] ページの第 2 の見出しからページを変更します。
リモート アクセス サーバーの配置を決定する"

: を
"リモート アクセス サーバーの数の決定

ページ 573: 同時リモート ユーザー数が正しくありません。

ページ 573、2 番目の箇条書き項目で、変更します。
"設定 750 リモート ユーザーに..."

: を
"を 700 リモート ユーザーに..."

ページ 578: Word 情報が表示されません。

ページ 578、4 番目のテキスト ブロックの最後の行に、変更します。
「リモート アクセス クライアント DHCP によって提供されるすべての IP 構成受信できます」。

: を
「リモート アクセス クライアント DHCP によって提供されるすべての IP 構成情報受信できます」。

ページ 824: 質問 4 への応答が表示されません。

[824] ページで、ページ 87 質問 4 の確認の答えがありません。 不足している答えは。

"を確実に、担当者データにアクセスできることができます。

ルーター障害に備えて冗長ルート パスを提供するその他のルーターを追加します。

ネットワーク セグメントが使えなくなる場合は、冗長ルート パスを提供する重要なセグメント間の追加の接続を追加します。

配布の他のルーターと、Web ベース アプリケーションの応答時間を短縮への接続間のネットワーク トラフィック。"

Microsoft Press は、有益で正確な書籍を提供することを約束いたします。 上記のコメントと修正内容はすべて、この書籍の今後の版に含まれることになっています。 この本の新しい版を入手されている場合、上記の修正内容のほとんどまたはすべてが既に含まれている可能性があります。

プロパティ

文書番号: 309009 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • MSPRESS Academic Learning Series Designing a Microsoft Windows 2000 Network Infrastructure ISBN 0-7356-1268-4
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbdocfix kbdocerr kbmt KB309009 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:309009
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com